Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Trusted Platform Module(TPM)セキュリティ機能をアクティブにする

Summary: この記事では、Trusted Platform Module(TPM)のアクティブ化について説明します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

目次:

  1. BIOSでTPMセキュリティ機能を有効にする
  2. Trusted Platform Module(TPM)セキュリティ機能をアクティブにする
  3. TPMソフトウェアとドライバをインストール
  4. TPMウィザードを完了
 
 

BIOSでTPMセキュリティ機能を有効にする

BIOSでTPMセキュリティ機能を有効にするには、次の手順に従います。      

  1. システムを再起動する。
  2. Press <F2> to enter Setup」というメッセージが表示されたら、<F2>キーを押します。
  3. BIOSが表示されたら、<↓>キーを使用して[Security]グループに移動します。
  4. +キーを押してグループを展開します。
  5. [TPM Security][Security]の下に表示されていることを確認します。
  6. <↓>キーを使用して、[TPM Security]セクションに移動します。
  7. <Enter>キーを押します。
  8. 矢印キーを押して、設定を[On]に変更します。
  9. これで、TPMが有効になりました。
  10. Escキーを押します。
  11. キーを使用して[Exit]をハイライトし、Enterキーを押します。
  12. システムが再起動します。

トップに戻る


Trusted Platform Module(TPM)セキュリティ機能をアクティブにする

TPMをアクティブにするには、次の手順に従います。      

  1. Dellロゴ画面が表示されたら、F2キーを押してBIOSでシステムを起動します。
  2. <↓>キーを使用して、[Security]グループに移動します。
  3. +キーを押してグループを展開します。
  4. キーを使用して、[TPM Activation]に移動します。
  5. [TPM Activation]フィールドで[Activate]を選択します。
  6. <Esc>キーを押します。
  7. キーを使用して、[Save Changes and Exit]をハイライトして選択し、Enterキーを押して、コンピューターを再起動してオペレーティング システムで起動します。

トップに戻る


TPMソフトウェアとドライバをインストール

メモ: TPMをインストールし、アクティブ化すると、Microsoft® Windows® XPの[システムの復元]を実行したときに、既存のシステム復元ポイントがすべて削除されます。今後のシステムの安定性を確保するために、Personal Secure Driveをアクティブにして機能させた後で復元ポイントを手動で作成してください。


スタート]をクリックし、[ファイル名を指定して実行]をクリックします。ソフトウェアとドライバをインストールするには、次の手順に従います。

  1. 名前]フィールドに「C:\Dell\TPM\setup.exe」と入力し、[OK]をクリックして、Broadcom Secure Foundation™ TPM - InstallShield Wizardを実行します。
  2. コンピュータを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。カスタム イメージをロードしたか、OSを再インストールした場合は、TPMソフトウェアをDellダウンロード サイトからダウンロードする必要があります。 
メモ: TPMソフトウェアのインストール中、このソフトウェアにより最新のネットワーク ドライバーが確認されます。ネットワーク ドライバーが最新リビジョンでない場合、インストール ウィザードからドライバーのアップデートを促すメッセージが表示されます。最新リビジョンに更新しなかった場合は、TPMは正しく動作しません。

トップに戻る


TPMウィザードを完了

Trusted Platform Module (TPM) Initialization Wizard]では、TPMの所有者アカウントを設定し、TPM情報のバックアップを作成します。

  1. システム トレイのアイコン(図1)をダブルクリックします。

    SLN57489_en_US__3I_port_TMPSysTray_pm_1a
    図1: 初期化前のTPMシステム トレイ アイコン
  2. [Welcome](ようこそ)ウィンドウが表示されたら、[Next](次へ)をクリックします。
  3. TPMの基本ユーザーになるためのパスワードを入力して、[Next](次へ)をクリックします。TPMの基本ユーザーアカウントでは、Eメールの保護、ファイルの暗号化、およびパーソナル セキュア ドライブの作成を行います。
  4. 必要な機能を選択して、[Next](次へ)をクリックします。

トップに戻る


セットアップおよび詳細な設定手順については、Broadcomセキュリティプラットフォームのヘルプファイルを参照するか、情報技術部門に問い合わせます。


Cause

なし

    Resolution

    なし

    Article Properties


    Affected Product

    Security

    Product

    Trusted Device Security

    Last Published Date

    21 Jul 2021

    Version

    6

    Article Type

    Solution