Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell PowerEdge:サーバーでのiDRACおよびシステム管理オプションの設定方法

Summary: iDRACにはWebインターフェイスとコマンド ライン インターフェイスがあるため、管理者はリモートで管理タスクを実行できます。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

この記事では、Dell PowerEdgeサーバーを管理するためのさまざまなオプションについて説明します。
インストール ガイドと高度な構成は、対話形式のユーザー ガイドに記載されています。

基本レベルの管理は、マザーボードに組み込まれたコントローラカードであるiDRACで提供されます。詳細設定の管理オプションは、OpenManageスイートを使用してオペレーティング・システム・レベルで提供されます。OpenManageスイートは、デル製サーバの検出、監視、管理、および導入に役立つソフトウェアのコレクションです。

 

メモ: Dell PowerEdgeサーバーの世代を識別する方法の詳細については、Dellナレッジベース記事Dell EMC PowerEdgeサーバーの世代を識別する方法」を参照してください。

 

管理システムの概要

次の表では、3段階の管理レベルについて説明しています。メニューをクリックすると詳細な情報が表示されます。 

 

名前 次のコマンドを入力します。 インターフェイス サポートされているOS
iDRAC 物理的にインストールされています。
ローカルデバイスを管理します。
リモートでアクセスできます。
HTTPS OSに依存しません。
OpenManage Server Administrator
(OMSA)

 
ソフトウェアのインストール。
1台のサーバーを管理
リモートでアクセス可能。
HTTPS Windows
Linux。
VMware。
OpenManage Enterprise
(OME)

 
ソフトウェアのインストール
インフラストラクチャを管理するコンソール。
リモートでアクセスできます。
HTTPS Windowsの下にインストールします。
すべてのデルデバイスがサポートされます。
 

Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)

iDRACは、サーバーのマザーボード上に配置されているハードウェアの一部であり、サーバーの電源がオフになっている場合でも、システム管理者がDellシステムをアップデートおよび管理することができます。

また、iDRACは、管理者がリモート管理タスクを実行できるWebインターフェイスとコマンド ライン インターフェイスの両方を提供します。現在のほぼすべてのデル製サーバには、iDRACのオプションがあります。
 

 

メモ: IDRACの機能はライセンスのレベルによって異なります。ライセンスの詳細については、『iDRACユーザーズ ガイド』を参照してください。 

 

メモ: iDRACの利点には、リモート コンソール セッション(リモート デスクトップに似ているがOSが起動していなくても機能)、リモートでのシステムの再起動または電源のオン/オフ、および仮想ディスク ドライブのリモート ファイル共有へのマッピングを可能にする機能またはOS導入があります。

 

仮想コンソールは非常に強力で、すべてのサポートメンテナンス動作を実施できます。詳細については、Dellナレッジベース記事「iDRAC6、7、8、および9での仮想メディア機能の使用方法」を参照してください。

iDRACのコンポーネントであるDell Lifecycle Controllerは、GUIまたはコマンド ライン インターフェイスを使用して、お使いのDellサーバーでファームウェア アップデートのアップデート、バックアップ、およびリストアに関する高度な機能を可能にするもう1つの便利なツールです。
Lifecycle Controllerは、オペレーティング システムの導入に使用するツールで、OSの導入に関する詳細情報を提供します。詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell PowerEdgeサーバー上にオペレーティング システムをインストールする方法。(OSの導入)」を参照してください

iDRACマニュアルは、「リモート エンタープライズ システム管理」のサイトで入手できます。

 

メモ: iDRAC 8以前のバージョンでは、デフォルトのログインは、「ユーザー:root、パスワード:calvin」です。詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell PowerEdge - iDRACのデフォルトのユーザー名とパスワードについて」を参照してください。

 

 

SLN129295_en_US__1idrac sonole english
 


OpenManage Server Administrator(OMSA)


OpenManage Server Administrator(OMSA)は、以下の2種類の方法で包括的な1対1のシステム管理ソリューションを提供します。
  • 内蔵の、Webブラウザベースのグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)
  • オペレーティングシステムを介したコマンド・ライン・インターフェイス(CLI)

Server Administratorは、システム管理者がネットワーク上でローカルおよびリモートでシステムを管理できるように設計されています。
最新バージョンを取得するには、「Dell EMC OpenManage Server Administrator(OMSA)のサポート」にアクセスしてください。OMSAは以下の2種類のファイルで入手できます。
 
  • 管理対象ノード:エージェントとWebコンポーネントがインストールされている(Windows、Linux)
  • VIB:WebコンポーネントがないOMSAのエージェント(VMWare)。


Webコンポーネントを使わずにOMSAをインストールする場合、Webコンポーネントがインストールされている別のデバイスからOMSAにアクセスする必要があります。
インストール プロセスの詳細については、 OpenManage Server Administratorサイト にあるユーザー ガイドを参照してください。

OMSAをインストールした後、インターフェイスにアクセスするには、ナビゲーターに次のURLを入力します。
 

https://ServerIP:1311/

 

メモ: 接続に問題がある場合は、https://localhost:1311/を使用してローカルでの接続を試してください。これにより、ほとんどのファイアウォールの問題が取り除かれます。

 


ユーザー名とパスワードを入力するためのログインページが表示されます。  


 
メモ: オペレーティング システムの管理者認証情報を使用してください。


 

SLN129295_en_US__2OMSA small

OpenManage Enterprise

OpenManage Enterpriseは、直感的なインフラストラクチャ管理コンソールです。OpenManage Enterpriseは、エンタープライズ ネットワーク上のDell EMCサーバー、シャーシ、ストレージ、ネットワーク スイッチの包括的なビューを提供する、システム管理および監視アプリケーションです。

Cause

 

Resolution

 

Article Properties


Affected Product

Servers, PowerEdge, PowerEdge M420, PowerEdge M520, PowerEdge M620, PowerEdge M620 (for PE VRTX), PowerEdge M820, PowerEdge R320, PowerEdge R420, PowerEdge R520, PowerEdge R620, PowerEdge R720, PowerEdge R720xd, PowerEdge R820, PowerEdge T320Servers, PowerEdge, PowerEdge M420, PowerEdge M520, PowerEdge M620, PowerEdge M620 (for PE VRTX), PowerEdge M820, PowerEdge R320, PowerEdge R420, PowerEdge R520, PowerEdge R620, PowerEdge R720, PowerEdge R720xd, PowerEdge R820, PowerEdge T320, PowerEdge T420, PowerEdge T620See more

Last Published Date

07 Sep 2022

Version

9

Article Type

Solution