Passa al contenuto principale
  • Effettua gli ordini in modo rapido e semplice
  • Visualizza gli ordini e monitora lo stato della spedizione
  • Crea e accedi a un elenco dei tuoi prodotti
  • Gestisci i siti, i prodotti e i contatti per livello di prodotto di Dell EMC tramite l'amministrazione della società.

Dell製コンピューターでBIOSまたはCMOSをリセットする方法およびNVRAMをクリアする方法

Riepilogo: この記事では、お使いのDell製コンピューターでBIOSまたはCMOSのリセットを実行する方法、および/またはNVRAMをクリアする方法について説明します。

È possibile che questo articolo sia stato tradotto automaticamente. Se desideri fornire un riscontro sulla sua qualità, contattaci utilizzando il modulo in fondo a questa pagina.

Contenuto dell'articolo


Istruzioni

デフォルトへのBIOSのロード

再生時間:00:24
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。


目次:

  1. 概要
  2. BIOSインターフェイスからBIOSをリセットする方法
  3. デスクトップ コンピューターのジャンパーを使用して、BIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法
  4. CMOSバッテリーを抜き差ししてBIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法
  5. RTCRSTジャンパーまたはサービス可能なコイン型電池を搭載していないデスクトップ コンピューターでBIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法

概要

 

拡張システム構成データ(ESCD)と呼ばれるシステム セットアップ(BIOS)に保存されている情報は、さまざまな理由により破損することがあります。これらの理由には、電源イベント、誤った設定、特定の設定によるハードウェアの非互換性、電源投入時の自己診断(POST)またはビデオの問題などがあります。このような場合は、BIOSまたは相補型MOS(相補型MOS)を工場出荷時のデフォルト設定にリセットする必要がある場合があります。その他の状況では、不揮発性ランダム アクセス メモリー(NVRAM)をクリアするか、リアルタイム クロック(RTC)リセット操作を実行します。

Warning: BIOSインターフェイスは、上級ユーザー向けに設計されています。BIOSで行う変更について確認します。不明な設定を誤って変更すると、PCの電源が入らなくなったり、オペレーティング システムが起動しなかったり、データが失われたりする可能性があります。

BIOSインターフェイスからBIOSをリセットする方法

注:このプロセスにより、BIOSは工場出荷時のデフォルト設定にリセットされますが、CMOSまたはNVRAMはクリアされません。
  1. コンピュータの電源を入れます。
  2. Entering Setup]が表示されるまでF2キーを数回タップします。
  3. BIOSを工場出荷時のデフォルト設定にリセットします。BIOSをリセットする方法は、PCによって異なります。
    • Load defaults]ボタンをクリックします。
    • F9キーを押して、デフォルト設定をロードします。
    • Alt + Fキーを押して、デフォルト設定をロードします。
  4. Escキーを押して、[Save and exit]または[Exit]を選択します。
  5. Enterキーを押してすべての変更を保存し、BIOSセットアップ画面を終了します。
  6. コンピューターが再起動し、オペレーティング システムが起動します。

デスクトップ コンピューターのジャンパーを使用して、BIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法

Warning: ジャンパーを使用してCMOSまたはNVRAMをクリアすると、BIOSのパスワードがリセットされます。これには、BIOSユーザー パスワード、管理者パスワード、およびハード ドライブ パスワードが含まれます。Windowsログイン、オンライン アカウントなど、その他のパスワードは含まれません。
注:リアルタイム クロック リセット(RTCRST)とパスワード(PSWD)ジャンパーは、一部のDell製デスクトップでは使用できません。RTCRSTジャンパーがないDell製デスクトップの場合は、Dellナレッジベース記事RTCをリセットしてDell製デスクトップをリカバリーする方法
注:RTCRSTおよびPSWDジャンパーは、Dell製ノートパソコンでは使用できません。

RTCRSTジャンパーは、PCのNVRAMをリセットまたはクリアするのに役立ちます。NVRAMに含まれるESCD情報は、以下に記載されている手順に従ってクリアすることができます。ジャンパーが閉じ位置に設定され、PCの電源が10秒間オンになると、NVRAMがクリアされます。

注:CMOSまたはNVRAMをクリアすることによって、セルフテストやビデオの障害が発生した場合にDell製デスクトップ コンピューターを復元できます。
注:RTCRSTとPSWDジャンパーの位置は、Dell製デスクトップによって異なります。ジャンパーの位置の詳細については、お使いのDell製デスクトップのユーザー マニュアル ページを参照してください。
  1. 開始する前に、次の手順に従ってください。「電気機器を取り扱う際の安全上の注意事項」
  2. PCの電源を切って、電源ケーブルをPCから取り外します。
  3. PCのカバーを外します。モデル固有の情報については、お使いのデスクトップの ユーザー マニュアル を参照してください。
  4. マザーボードでPSWDというラベルの付いた2ピン パスワード ジャンパーの位置を確認します。
  5. 2ピン・ジャンパ・プラグを取り外します。
  6. マザーボード上の「RTCRST」というラベルの付いた2ピンCMOSジャンパーの位置を確認します。
  7. 2ピン ジャンパー プラグをパスワード ジャンパーからCMOSジャンパーのピンに移動させます。
  8. 電源ケーブルをPCに接続し、CMOSがクリアされるまで10秒待ちます。
  9. 電源ケーブルをPCから外します。
  10. 2ピンジャンパプラグをパスワードジャンパに戻します。
  11. コンピューターカバーを取り付けます。モデル固有の情報については、お使いのデスクトップの ユーザー マニュアル を参照してください。
  12. 電源ケーブルをPCに接続し、PCの電源をオンにします。

Dell製デスクトップのシステム ボード上のPSWDジャンパーおよびRTCRSTジャンパーの図
図1: Dellデスクトップ コンピューターのシステム ボード上のジャンパーの図


CMOSバッテリーを抜き差ししてBIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法

マザーボードに接続されているCMOSバッテリーを抜き差しすることで、BIOSを工場出荷時のデフォルトにリセットできます。このプロセスはDell製のデスクトップとノートパソコンの両方に適用されます。Dell製デスクトップでPSWDジャンパーまたはRTCRSTジャンパーにアクセスできない場合、またはDell製ノートパソコンを使用している場合は、次の手順を実行します。

Warning: CMOSバッテリーを抜き差しすることでCMOSまたはNVRAMをクリアすると、BIOSのパスワードがリセットされます。これには、BIOSユーザー パスワード、管理者パスワード、およびハード ドライブ パスワードが含まれます。Windowsログイン、オンライン アカウントなど、その他のパスワードは含まれません。
注:一部のDell製ノートパソコンではCMOSバッテリーを抜き差しできません。モデル固有の情報については、お使いのPCの ユーザー マニュアル を参照してください。
  1. 開始する前に、次の手順に従ってください。「電気機器を取り扱う際の安全上の注意事項」
  2. PCの電源を切って、電源ケーブルをPCから取り外します。
  3. Dell製ノートパソコンを使用している場合は、バッテリーをノートパソコンから外します。モデル固有の情報については、お使いのPCの ユーザー マニュアル を参照してください。お使いのDell製ノートパソコンに取り外しできないバッテリーが搭載されている場合は、次のDellナレッジベース記事を参照してください。リアルタイム クロック(RTC)をリセットしてDell製ノートパソコンをリカバリーする方法
  4. PCのカバーを外します。モデル固有の情報については、お使いのPCの ユーザー マニュアル を参照してください。
  5. CMOSコイン型電池の位置を確認します(図2および3)。
  6. コイン型電池をマザーボードから慎重に外します。
  7. 電源ボタンを10~20秒間押して、待機電力を放電します。
  8. コイン型電池をマザーボードに接続します。
  9. PCのカバーを閉じます。
  10. バッテリーと電源ケーブルをPCに接続します。
  11. コンピュータの電源を入れます。
  12. 日付と時刻が設定されていないことを示す警告メッセージが表示されます。
  13. F2キーを押してBIOS画面を起動します。
  14. タイムゾーンに応じて日付と時刻を設定します。
  15. 保存してBIOS画面を終了します。

Dell製デスクトップのシステム ボード上のコイン型電池の図
図2:Dell製デスクトップのシステム ボード上のコイン型電池の図

Dell製ノートパソコンのシステム ボード上のコイン型電池の図
図3:Dell製ノートパソコンのシステム ボード上のコイン型電池の図


RTCRSTジャンパーまたはサービス可能なコイン型電池を搭載していないデスクトップ コンピューターでBIOS、CMOS、またはNVRAMをクリアする方法

お使いのデスクトップ コンピューターが2020年4月より前に製造された場合、コンピューターにはジャンパー ベースのリセットが搭載されている可能性が高くなります。2020年4月以降に製造されたデスクトップ コンピューターは、RTCリセット機能を使用します。

注:2020年4月以降にリリースされたデスクトップ コンピューターでは、デフォルトでRTCリセットが有効になっているはずです。

RTCリセットを使用するデスクトップ コンピューターの場合は、電源ボタンを30秒間押し続けます。

Informazioni aggiuntive

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。


保証期間外サポート保証対象外ですか?それは問題ではありません。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、中国でパーソナル コンピューターをお使いのお客様のみが利用できます。サーバーおよびストレージ製品は対象外です。

Video

Proprietà articolo


Prodotto interessato
Desktops & All-in-Ones, Alienware, G Series, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Legacy Laptop Models, Fixed Workstations, Mobile Workstations, Inspiron 3452, Inspiron 15 7572, Inspiron 7580, Inspiron 3052, Inspiron 20 3064 , Inspiron 3264 AIO, Inspiron 3265, Inspiron 3452 AIO, Inspiron 3455, Inspiron 24 3464, Inspiron 24 5488, Inspiron 27 7775, Inspiron 3252, Inspiron 3268, Inspiron 3655, Inspiron 3668, Latitude 5290 2-in-1, Latitude 7290, Latitude 3390 2-in-1, Latitude 7390 2-in-1, Latitude 7390, Latitude 3490, Latitude 5490, Latitude 5491, Latitude 7490, Latitude 3590, Latitude 5590, Latitude 5591, OptiPlex 3050 All-In-One, OptiPlex 3050 Tower, OptiPlex 3050 Micro, OptiPlex 3050 Small Form Factor, OptiPlex 3060 Tower, OptiPlex 3060 Micro, OptiPlex 3060 Small Form Factor, OptiPlex 5050 Tower, OptiPlex 5050 Micro, OptiPlex 5050 Small Form Factor, OptiPlex 5060 Tower, OptiPlex 5060 Micro, OptiPlex 5060 Small Form Factor, OptiPlex 5250 All-In-One, OptiPlex 7050 Tower, OptiPlex 7050 Micro, OptiPlex 7050 Small Form Factor, OptiPlex 7060 Tower, OptiPlex 7060 Micro, OptiPlex 7060 Small Form Factor, OptiPlex 7450 All-In-One, OptiPlex 7460 All-In-One, OptiPlex 7760 All-In-One, Vostro 5370, Vostro 5471, Vostro 15 3568, Vostro 3578, Vostro 15 5568, Vostro 3470, Vostro 3670, XPS 27 7760, XPS 8920 ...
Ultima data di pubblicazione

14 mag 2024

Versione

21

Tipo di articolo

How To