メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Windows 11またはWindows 10でセーフ モードを起動する方法

概要: この記事では、Windows 11またはWindows 10でセーフ モードを起動する詳細な手順について説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

セーフ モードとネットワークで起動する方法

再生時間:0:50
字幕:英語のみ


セーフ モードでは、限られたファイルとドライバーのセットを使用して、Windowsを基本状態で起動します。セーフ モードで問題が発生しない場合、デフォルト設定と基本的なデバイス ドライバーはこの問題の原因ではありません。セーフ モードでWindowsを観察すると、問題の原因を絞り込み、コンピューターの問題のトラブルシューティングに役立ちます。

[Advanced Boot Options]には、3種類のセーフ モード起動オプションがあります。

  1. セーフ モード] - 可能な限り最小限のドライバーとサービスでWindowsを起動します。
  2. Safe Mode with Networking] - [Safe Mode]と同じですが、インターネット、および使用しているネットワーク上の他のコンピューターにアクセスするために必要なネットワーク ドライバーとサービスが追加されます。USBフラッシュ ドライブなどのデバイスを使用する必要がある場合も、このモードを使用します。
    メモ: [Safe Mode with Networking]では、ワイヤレス(Wi-Fi)インターネット接続はサポートされていません。
  3. セーフ モードとコマンドプロンプト] - セーフ モードと同じですが、Windowsデスクトップのグラフィカル ユーザー インターフェイス(GUI)ではなくコマンド プロンプトをユーザー インターフェイスとして使用します。
メモ: Windowsインストーラー サービスは、「セーフ モード」および「セーフ モードとコマンドプロンプト」で無効になっています。これらの2つのモードでは、アプリケーションをインストールまたはアンインストールすることはできません。

原因

セーフ モードでは、Windowsは限定的な機能で起動します。サウンド、サードパーティーのドライバーおよびサービス、必須ではないWindowsサービスなど、多くの重要でないコンポーネントが無効になっているため、問題を切り分けるタスクがより簡単になります。ソフトウェアやドライバーが破損したり、不適切に設定されたソフトウェアをインストールしたりすると、Windowsが正常に通常モードで起動できなくなります。

解決方法

Windows 11またはWindows 10でセーフ モードで起動する

  1. キーボードでWindows+Iを押して、[設定]を表示します。
    • これで[設定]が開かない場合は、[スタート]をクリックし、[設定]を選択します。
  2. [更新とセキュリティ]をクリックし、左ペインで[回復]を選択します。
  3. PC の起動をカスタマイズする]の下で、[今すぐ再起動]をクリックします。
  4. PCの再起動後、[オプションの選択]画面が表示されたら、[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[スタートアップ設定]>[再起動]の順に選択します。
  5. PCの再起動後、オプションのリストが表示されます。4またはF4を選択して、コンピューターをセーフ モードで起動します。インターネットを使用する必要がある場合、5またはF5を選択して、[Safe Mode with Networking]を選択します。

Windows 11またはWindows 10のサインイン画面からセーフ モードで起動する

  1. コンピューターを再起動します
  2. サインイン画面で、Shiftキーを押しながら、[電源]>[再起動]の順にクリックします。
  3. コンピューターの再起動後、[オプションの選択]画面が表示されたら、[トラブルシューティング]>[詳細オプション]>[スタートアップ設定]>[再起動]の順に選択します。
  4. PCの再起動後、オプションのリストが表示されます。4またはF4を選択して、コンピューターをセーフ モードで起動します。インターネットを使用する必要がある場合、5またはF5を選択して、[Safe Mode with Networking]を選択します。

Windows 11またはWindows 10の外部からセーフ モードで起動する

Windowsが3回連続して起動できない場合、Windows 11およびWindows 10は自動的にWindows Recovery Environment (WinRE)を起動します。3回連続して失敗すると、このアクションがトリガーされます。Windows外からセーフ モードで起動するには、Windows Recovery Environment (WinRE)を使用します。

次の手順に従って、Windows Recovery Environment (WinRE)からセーフ モードに入ります。
  1. オプションの選択]画面で、[トラブルシューティング]を選択します。
  2. トラブルシューティング]画面で、[詳細オプション]を選択します。
  3. 詳細オプション]画面で、[スタートアップ設定]を選択します。
  4. 「スタートアップ設定」を選択します。
  5. [再起動]を選択します。
  6. コンピューターが再起動して、[スタートアップ設定]メニューが表示されます。4またはF4を選択して、コンピューターをセーフ モードで起動します。インターネットを使用する必要がある場合、5またはF5を選択して、[Safe Mode with Networking]を選択します。

その他の情報

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。


保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国カナダ英国フランスドイツ中国日本 の個人向けPCのお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Alienware, Inspiron, OptiPlex, Vostro, XPS, G Series, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Fixed Workstations, Mobile Workstations

最後に公開された日付

15 2月 2023

バージョン

18

文書の種類

Solution