メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dellノートパソコンのバッテリー性能ステータスを確認する方法

概要: この記事では、Dell製ノートパソコンのバッテリー正常性ステータスを確認する方法について説明します。Dell製ノートパソコンのバッテリー正常性を確認するには、さまざまな方法があります。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

ノートパソコン バッテリーの状態の確認

再生時間:02:34
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。


BIOS、SupportAssistまたはePSA起動前システム アセスメント診断、あるいはDell Power ManagerやDell Command | Power ManagerのようなDellユーティリティーでバッテリー正常性ステータスを確認する方法について説明します。


メモ: ほとんどのノートパソコンと同様に、Dellノートパソコンにはリチウムイオン バッテリーが使用されています。リチウムイオン バッテリーは、バッテリーの寿命、充電サイクルの数、高温の露出などの原因によって膨張することがあります。膨張したバッテリパックが安全上の懸念事項とはなりませんが、損傷または膨張した部品は使用しないでください。バッテリー パックが膨張している場合、そのバッテリーの使用を中止してDell認定バッテリーと交換することをデル・テクノロジーズは推奨します。詳細については、Dellナレッジベース記事「バッテリーの膨張に関する情報とガイダンス」を参照してください。

バッテリーの正常性を確認することは、バッテリー関連の問題をトラブルシューティングするための重要なステップであり、古くなったバッテリーを交換する必要があるかどうかを特定するのに役立ちます。

BIOSの情報はDell製コンピューターによって異なる場合があります。お使いのDell製コンピューターに該当する可能性がある2種類のBIOSについては、次の図を参照してください。

メモ: バッテリー正常性が空白または使用不可である場合は、バッテリーが検出されていないか、またはバッテリーに致命的なエラーが発生している可能性があります。必要に応じてバッテリーを取り付け直します(取り外し可能なバッテリーを搭載したノートパソコンの場合のみ)。
メモ: お使いのDell製ノートパソコンのBIOSインターフェイスは異なる場合があります。BIOSへのアクセス方法については、お使いのDell製ノートパソコンのマニュアルを参照してください。

方法1

  1. コンピューターの電源を入れ、Dellロゴ画面でF2キーをタップします。
  2. 左側のペインで[General]の下にある[Battery Information]を選択します。
  3. バッテリー性能の情報を確認します(図1)。

BIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット
図1: BIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット

方法2

  1. PCの電源を入れ、Dellロゴ画面でF2キーをタップします。
  2. Advanced]タブを選択します
  3. バッテリー性能の情報を確認します(図2)。

アニメーション化したBIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット
図2:アニメーション化したBIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット

方法3

  1. コンピューターの電源を入れ、Dellロゴ画面でF2キーをタップします。
  2. 左側のペインで[Overview]を選択します。
  3. 右側の[Battery]の下を見て、[Health]を確認します(図3)。

BIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット
図3:BIOSのバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット

SupportAssist、ePSA、またはPSA起動前コンピューター アセスメント診断テストは、潜在的なバッテリー障害を特定するのに役立ち、コンポーネントに障害が発生した場合はエラー コードを報告します。ePSAコードがある場合、サービス タグePSAエラー コード、および検証コードを「SupportAssist起動前システム パフォーマンス チェック」ページから送信して、その後の対処方法を確認することができます。

メモ:ePSA起動前システム アセスメント テストは、プライマリー コンピューターのバッテリーのみをテストします。バッテリーは、フル チャージに対する割合と全体的な正常性を表示することによってテストされます。
  1. PCの電源を入れ、Dellロゴ画面でF12キーをタップします。
  2. [One Time Boot Menu]で[Diagnostics]を選択して、Enterキーを押します。
  3. 起動前診断で、ユーザー プロンプトに適切に応答します。
  4. バッテリーのテスト結果を確認します(図4)。バッテリー テストでエラーが発生した場合は、サービス タグePSAエラー、および検証コードを「SupportAssist起動前システム パフォーマンス チェック」ページから送信できます。
    メモ:
    • デル・テクノロジーズは、オンライン診断テストも提供しています。「Online Battery Diagnostics」のページを参照してください。
    • テストが自動的に開始されます。
    • SupportAssistプログラムをインストールまたはアップデートするよう求められる場合があります。その場合は、プロンプトに従います。

アニメーション化したePSA起動前システム アセスメント診断におけるバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット
図4:アニメーション化したePSA起動前システム アセスメント診断におけるバッテリー正常性ステータスのスクリーンショット

表1:SupportAssistまたはePSA起動前診断テストのエラー コード
エラー コード エラーメッセージ トラブルシューティング手順
ePSA 2000-0131 ePSA:Battery - The battery is not installed(バッテリ - バッテリが取り付けられていません。)
  1. バッテリーが正しく取り付けられていることを確認します。
  2. バッテリを抜き差しします。
  3. 異物がない、または接点が破損していないか確認します。
取り外しできないバッテリーを搭載したノートパソコンの場合は、修理オプションについてDellテクニカル サポートにお問い合わせください。
ePSA 2000-0132 ePSA:Battery -The battery is reaching the end of its usable life. バッテリーは充電できますが、稼働時間が短くなる場合があります。
  1. バッテリを抜き差しします。
  2. Dellナレッジベース記事「Dellノートパソコンのバッテリー パフォーマンスを向上させる方法」を参照してください。
  3. Dellナレッジベース記事「デル製ノートパソコンのバッテリ問題をトラブルシューティングする方法」を参照してください。
  4. バッテリーでの稼働時間を伸ばすには、バッテリーの交換を検討してください。
ePSA 2000-0133 ePSA:Battery - The battery cannot provide sufficient power.
  1. 接点、電源プラグ、ケーブルを確認します。
  2. バッテリを抜き差しします。
  3. Dellナレッジベース記事「デル製ノートパソコンのバッテリ問題をトラブルシューティングする方法」を参照してください。
  4. バッテリーの交換を検討してください。

Dell Power ManagerおよびDell Command | Power Managerアプリケーションでは、個人の環境設定に基づいてバッテリーを維持する方法を設定することにより、ノートパソコンのバッテリー持続時間を最大化することができます。

  • Dell Power Manager - Windows 10を実行しているDell Inspiron、Vostro、XPSノートパソコンでのみサポートされており、Microsoft .NET Framework 4.6.1がコンピューターにインストールされている必要があります。
  • Dell Command | Power Managerソフトウェアは、Windows 7、Windows 8、またはWindows 10オペレーティング システムを実行しているDell製ノートパソコンおよびタブレット向けに、シンプルで効率的な電源管理機能を提供します。Dell Command | Power Managerは一部のDell LatitudeおよびDell Precisionノートパソコンでサポートされています。

バッテリーの性能は、ハート アイコンと4つの円形アイコンを使用して示されます。色が付いた円形アイコンの数は、バッテリー正常性を示しています。

Dell Power Managerのバッテリー正常性インジケーターのスクリーンショット
図5:Dell Power Managerのバッテリー正常性インジケーターのスクリーンショット

メモ: バッテリー正常性情報は、Dell製バッテリーがお使いのノートパソコンに取り付けられている場合にのみ表示されます。
表2: DCMとDPMのバッテリー ステータスの比較
ステータス 正常性ステータス 動作ステータス プライマリー ステータス DPM正常性ステータス
交換が必要 30 = 回復不可能なエラー 7 = 回復不可能なエラー 3 = エラー 悪い
注意2 25 = 重大な障害 6 = エラー 3 = エラー
注意1 10 = 劣化または警告 5 = 予測エラー 2 = 劣化 良い
通常 5 = OK 2 = OK 1 = OK 非常に良い
不明 - バッテリーが存在しない 0 = 不明 0 = 不明 0 = 不明 不明

表3:バッテリー正常性インジケーター コード
コード 説明
最大容量で動作しているバッテリーの例 優良 — バッテリーは最大容量で動作しています。
バッテリー充電量が十分な例 良好 — バッテリーは正常に充電できますが、長期的なバッテリー持続時間が低下しているため、動作時間が短くなることがあります。
バッテリー充電量が適正な例 普通 — バッテリーは正常に充電できますが、寿命が近づいています。新しいバッテリーをすぐに購入することをお勧めします。
バッテリー充電が不足している例 不良 — バッテリーは十分な電力を供給しなくなっています。バッテリーを交換することをお勧めします。
充電残量なしの例 バッテリーが作動しなくなったか、またはバッテリーの状態を判断できません。バッテリーを交換することをお勧めします。

Dell XPSノートパソコンおよびDell Precisionモバイル ワークステーションの左側または右側には、バッテリー充電インジケーターが付属しています(図6)。充電ステータス ボタンを押すと、バッテリーの充電残量が表示されます。

各LEDライトは、20%のバッテリー充電量を示します。

メモ: お使いのDell製ノートパソコンにバッテリーLEDインジケーターがあるかどうかを確認するには、お使いのDell製ノートパソコンのマニュアルを参照してください。
メモ: バッテリー充電インジケーターは、一部のDell XPSノートパソコンおよびDell Precisionモバイル ワークステーションで使用できます。

Dell XPSおよびDell Precisionモバイル ワークステーションのバッテリー充電インジケーターの図
図6:Dell XPSおよびDell Precisionモバイル ワークステーションのバッテリー充電インジケーターの図

その他の情報

推奨記事

ここでは、推奨される記事をいくつか紹介します。


役に立つビデオ

Utilize power-saving features to extend battery life

再生時間:00:26
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。

ノートパソコン バッテリーのランタイムの最大化

再生時間:01:25
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。


バッテリ 電源追加のリソースと情報については、DellサポートWebサイトの「バッテリー、電源、およびファン」を参照してください。

保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国カナダ英国フランスドイツ中国の個人向けPCのお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Legacy Laptop Models, Mobile Workstations

最後に公開された日付

31 1月 2024

バージョン

23

文書の種類

How To