メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単にご注文が可能
  • 注文内容の表示、配送状況をトラック
  • 会員限定の特典や割引のご利用
  • 製品リストの作成とアクセスが可能
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell Latitude 3500 サービス マニュアル

M-BIST

M-BIST(ビルト イン自己テスト)は、システム ボードのビルトイン自己テスト診断ツールで、システム ボード組み込みコントローラー(EC)障害の診断精度を向上させます。

注:M-BISTは電源オン自己テスト(POST)の前に手動で実行できます。

M-BISTを実行する方法

注:M-BISTを開始する前に、コンピューターの電源がオフになっていることを確認します。
  1. キーボードのMキーと電源ボタンの両方を長押しして、M-BISTを起動します。
  2. バッテリー インジケーターLEDには、次の2種類の状態が表示される場合があります。
    1. 消灯:システム ボードに障害が検出されませんでした。
    2. 橙色:橙色はシステム ボードに問題があることを示します。
  3. システム ボードに障害が発生した場合、バッテリー ステータスLEDは30秒間にわたって次のエラー コードのいずれかに従って点灯します。
    表 1. LED エラーコードLED エラーコード
    点滅パターン 考えられる問題
    橙色 白色
    2 1 CPUの障害
    2 8 LCD電源レールの障害
    1 1 TPM検出エラー
    2 4 メモリー/ RAM の障害です
  4. システム ボードで障害が発生していない場合、LCDにはLCD-BISTセクションで説明されている色の画面が30秒間順に流れて、電源がオフになります。

このコンテンツを評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  この記事は役に立ちましたか?
  コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\