Ir al contenido principal
  • Realice pedidos rápida y fácilmente.
  • Vea los pedidos y haga el seguimiento del estado del envío.
  • Cree una lista de sus productos y acceda a ella
  • Gestione sus sitios, productos y contactos a nivel de producto de Dell EMC con la administración de empresa.

PCIe SSDとは何ですか?また、それらをデルコンピュータの起動ドライブとして使用する方法を教えてください。

Resumen: この記事では、マザーボードのPCIeコネクターに収まるさまざまなタイプのソリッド ステート ドライブ(SSD)について説明します。また、このガイドでは、Dellコンピューターでこのようなドライブをメイン ブート ドライバーとして使用する場合に何が関係するのかについても説明します。

Es posible que este artículo se haya traducido automáticamente. Si nos quiere hacer llegar algún comentario sobre la calidad de la traducción, utilice el formulario ubicado en la parte inferior de la página.

Contenido del artículo


Síntomas

目次:

  1. 概要
  2. PCIe SSDの概要と仕組み
  3. オペレーティングシステムをインストールする方法
  4. 詳細情報:

概要

 

この文書では、Peripheral Component Interconnect Express(PCIe)SSDについて説明します。これらは、最初はデル製サーバーでのみ利用可能になった後、多くのデル製コンピューターで提供されるようになりました。PCIeソリッド・ステート・ドライブ(SSD)とは何か、その仕組みについて説明します。これらのドライブのいずれかをWindowsオペレーティング システム(OS)がインストールされたブート ドライブとして使用するために必要な作業について説明します。このタイプのデバイスを扱う際に知るために役立つその他の関連情報について説明します。


トップに戻る


Causa

PCIe SSDの概要と仕組み

 

PCIe SSDは、SSDとWindowsファイル システム間の通信にマザーボードSATAチップセット インターフェイスを使用しないソリッド ステート ドライブです。

独自のストレージコントローラがSSDに内蔵されており、すべてのSSDで使用される標準のSSDコントローラチップとは異なります。PCIe SSDのストレージ コントローラは、製造元またはOS自体が提供するドライバーを使用します。SSDユーザーは、ドライバーをインストールする必要があります。

PCIe SSDはSATAドライブではありませんが、SATAドライブと1つまたは複数の側面を共有する場合があります。

PCIe SSDをマザーボードに接続するには、いくつかの方法があります。

  • 標準PCIeスロット(x4以上のスロット)
  • M.2スロット
メモ:M.2インターフェイスを備えるSSDがすべてPCIe SSDであるとは限りません。
  • U.2コネクターをオンボードしたM.2スロットまたはマザーボードに接続されているU.2アダプター カードとケーブル(PCIeインターフェイス搭載の2.5インチ フォーム ファクター用)。
  • M.2 PCIe SSDは、M.2からPCIeスロットへのアダプター カードと一緒に使用できます
メモ:複数のx4 SSDを搭載したPCIeアダプター カードを使用していますか? カードは、カードの合計以上の容量のスロットに装着することを忘れないでください。(例:アダプターに2台のx4 SSDが取り付けられている場合、x8 PCIe以上のスロットが必要です。これらのカードでは、最大4台のx4 SSDに対応できるx16を使用することをお勧めします)。そうしない場合、ドライブが検出されないことがあります。

PCIe SSDは、PCIeのSATAインターフェイス(現時点で、最大10チャネル)を取り外すことにより、パフォーマンスが向上します(最大25チャネル)。これにより、バッファリングおよびキャッシュ アプリケーションに適しています。PCIeは、あらゆる種類のデータをプロセッサーに送るように設計された多目的のバスです。ただし、専門性の欠如はプログラミングを困難にします。つまり、 相互運用性 とパフォーマンスのトレードオフが見 られます

非物理インターフェイスには、次の2つのタイプがあります。 

Advanced Host Controller Interface (AHCI)

これは、SATA SSDで使用されるプロトコルと同じです。

Non Volatile-Memory Express(NVMe)

これはSSDストレージ専用に設計されたプロトコルです。SATAとは何も共有せず、AHCIを置き換え、ソリッド・ステート・ストレージをより優れた方法で処理します。またPCIe NVMe SSDは、ドライブに独自のNVMeストレージコントローラを組み込んでいます。


トップに戻る


Resolución

オペレーティングシステムをインストールする方法

 

対応オペレーティングシステム

Windows 7、8、8.1、10、11を使用できます。(一部のドライブの製造元では32ビットおよび64ビットの両方で正しく動作し、他のドライブの製造元では64ビットバージョンのみで正しく動作するとしています)。

Windows 7でのインストールは、特にPCIe NVMe SSDドライブでは困難です。以下のリンクから、この問題に対応するWindows 7ホットフィックスが提供されています。

サポートされるBIOSタイプ

Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)BIOSは、現在、これらのデバイスをサポートする唯一のBIOSです。

BIOSの最新リビジョンがインストールされていることを常に確認してください。

EFIブート ローダーを使用するようにBIOSが設定されていることを確認します。

プリインストール手順

ここでは、PCIe SSDをWindowsのインストールに対応させるためのいくつかの方法について説明します。

デルのロゴ画面で<F2>キーをすばやくタップすると、ほとんどのDellコンピュータのBIOSに直接移動します。

  1. 互換性サポート モジュール (CSM)は、BIOSの 起動 画面でデフォルトで有効になっています。「CSM」をクリックすると、さらにオプションが表示されます。

  2. CSMで、オプション「Launch Storage OpROM Policy(ストレージOpROMポリシーの起動)」を見つけます。デフォルト設定の「Legacy Only(レガシーのみ)」から「UEFI Only(UEFIのみ)」に変更します。

  3. [Storage Configuration]画面には、SATAモードがデフォルトでAHCIに設定されています。これはRAIDまたはIDEに変更できます。(いずれの場合でもIDEには設定しないでください)。多くの場合、追加のSATAドライバーを使用しているか、AHCI PCIe SSDのいずれかを使用している可能性があるため、これはAHCIとして残されます。

  4. 設定を保存してBIOSを終了した後、BIOSに戻ります。

  5. PCIe SSDドライブが [Storage Configuration] 画面または [Boot Order List]に表示されない場合がありますが、 Windowsインストール メディア (USBドライブか光学ドライブか)が [Boot Order] リストに表示されていることを確認します。

  6. リストに[UEFI: <インストール メディア デバイス名>]エントリーが表示されます。(ここで 、 <Installation Media Device Name> は、インストール メディアがインストールされているデバイスです)。

  7. AHCI接頭辞のあるエントリが表示されている場合は無視してください。UEFIプレフィックスを持つエントリーを使用する必要があります。

  8. UEFIエントリーを選択したら、BIOSを再度保存して終了します。Windowsのインストールが開始されます。

  9. 通常のWindowsのインストールが実行されます。インストールするバージョンに適したガイドに従ってください。

  10. Windowsがインストールされると、起動ドライブがBIOS 起動順序 リストに Windowsブート ローダーまたはWindowsブート ローダー として表示されます 。<SSD名>]として表示されます。

  11. PCIe NVMe SSDを使用している場合は、ドライブの製造元から提供されたドライバをインストールすることを忘れないでください

  1. 互換性サポート モジュール (CSM)は、BIOSの 起動 画面でデフォルトで有効になっています。「CSM」をクリックし、「Disabled(無効)」に設定します。

  2. これは、デフォルトの設定を「UEFI Only(UEFIのみ)」に変更しているために、「Launch Storage OpROM Policy(起動ストレージOpROMポリシー)」の場合と同じ効果があります。

  3. この方法では、PCのビデオ ソースがグラフィックス出力プロトコル(GOP)と互換性がある必要があります。(完全に使用されているUEFIファームウェアは、EFIグラフィックス プロトコルであるため、これを必要とします)。

  4. [Storage Configuration]画面には、SATAモードがデフォルトでAHCIに設定されています。これはRAIDまたはIDEに変更できます。(いずれの場合でもIDEには設定しないでください)。多くの場合、追加のSATAドライバーを使用しているか、AHCI PCIe SSDのいずれかを使用している可能性があるため、これはAHCIとして残されます。

  5. 設定を保存してBIOSを終了した後、BIOSに戻ります。

  6. PCIe SSDドライブが [Storage Configuration] 画面または [Boot Order List]に表示されない場合がありますが、 Windowsインストール メディア (USBドライブか光学ドライブか)が [Boot Order] リストに表示されていることを確認します。

  7. リストに[UEFI: <インストール メディア デバイス名>]エントリーが表示されます。(ここで 、 <Installation Media Device Name> は、インストール メディアがインストールされているデバイスです)。

  8. AHCI接頭辞のあるエントリが表示されている場合は無視してください。UEFIプレフィックスを持つエントリーを使用する必要があります。

  9. UEFIエントリーを選択したら、BIOSを再度保存して終了します。Windowsのインストールが開始されます。

  10. 通常のWindowsのインストールが実行されます。インストールするバージョンに適したガイドに従ってください。

  11. Windowsがインストールされると、起動ドライブがBIOS 起動順序 リストに Windowsブート ローダーまたはWindowsブート ローダー として表示されます 。<SSD名>]として表示されます。

  12. PCIe NVMe SSDを使用している場合は、ドライブの製造元から提供されたドライバをインストールすることを忘れないでください

  1. UEFI BIOS の互換性のある最新バージョンがコンピュータにインストールされていることを確認します。

  2. BIOSの「Boot Order(起動順序)」リストで、「Windows Installation Media(Windowsインストールメディア)」ソースが先頭になるように設定します(サムドライブまたは光学ドライブ)。

  3. 設定を保存してBIOSを終了すると、Windowsのインストールが開始します。

  4. Where do you want to install Windows?(Windowsをどこでインストールしますか? )」 プロンプトで、次の手順を実行します。

    • SSDが表示される場合は、SSDを選択し、「次へ」をクリックします。

    • SSDがリストにない場合は、次の手順を実行します。

      1. 「Load Driver(ドライバのロード)」をクリックします。

      2. 製造元からファイルを保存した場所に移動します。

      3. ファイルを選択して、ロードします。

  5. これでSSDが表示されるので、SSDを選択し、「next(次へ)」をクリックします。

  6. インストールが完了するまで、以降のインストールの手順に従います。

  7. BIOSのSSDを プライマリー ブート デバイスに設定します。

  8. 保存してBIOSを終了します

  9. Windowsを起動し、OSのバージョンに対応するデバイスマネージャを開きます。

  10. ストレージコントローラ の下で、お使いのデバイスを見つけて右クリックし、 ドライバソフトウェアのアップデート を選択します。

  11. 最新バージョンを保存した場所に移動し、ロードします。

  12. コンピュータを再起動してインストールを完了します。

メモ:Windowsオペレーティング システムをインストールするためのベスト プラクティスは、インストール時に必要な起動ドライブのみの電源をオンにすることです。


トップに戻る


Información adicional

詳細情報:

 

M.2 SSD

ドライブを識別する場合は、特定の特性を共有するいくつかの異なるドライブがあることに注意してください。例:M.2 SSDは一般的に利用可能なSATAドライブであり、PCIe SSDよりも一般的に使用されます。これらのドライブは、M.2インターフェイスを共有できます。ただし、M.2スロットに接続するドライブのパーツには、ドライブのタイプに応じて異なるキー構成があります。M.2 SATA SSDにはインターフェイスコネクタに2つのスロットがあるのに対して、M.2 PCIe SSDにはインターフェイスコネクタに1つのスロットのみがあります。

非標準PCIe SSD

M.2インターフェイスに従わないPCIe SSDがいくつかあります。こうしたSSDでは、標準のx4インターフェイスではなくx8 PCIeスロットインターフェイスを使用する傾向があります。またこうしたドライブは、独自のSSDコントローラを搭載する2セットのNANDチップグループを使用したRAID 0アレイとして設定される傾向があります。それ以外にも存在しますが、こうしたSSDに遭遇する可能性は減少しつつあります。


トップに戻る


保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国カナダ英国フランスドイツ中国の個人向けPCのお客様のみが利用できます。サーバーおよびストレージには適用されません。

Propiedades del artículo


Producto afectado

Desktops & All-in-Ones, Laptops, Tablets, Workstations

Fecha de la última publicación

16 ene. 2023

Versión

8

Tipo de artículo

Solution