メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Windows 11向けTrusted Platform Module (TPM)に関するよくある質問/FAQ

概要: この記事では、Trusted Platform Module (TPM)に関するよくある質問/FAQに対する回答を提供します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

セキュリティ関連機能の重要なビルディング ブロックとしてWindows 11を実行するには、TPM 2.0が必要です。TPM 2.0は、Id保護用のWindows Helloやデータ保護用のBitLockerなど、いくつかの機能にWindows 11で使用されます。

Windows 11へのアップグレードを検討している場合は、お使いのデバイスでTPM 2.0が有効になっていることを確認してください。ここでは、TPMのアップグレードに関するよくあるお問い合わせ(FAQ)をいくつか紹介します。

TPMは、ソフトウェアの脆弱性に対するPCのセキュリティを強化するセキュリティ テクノロジーです。

実際には、TPMはお使いのデバイスのセキュリティを強化する以下の複数の機能に使用されています。

  • BitLockerドライブ暗号化:PCのドライブを自動的に暗号化して、データを安全に保ちます。
  • データの実行防止:マルウェアなどの不正なアプリケーションがメモリー内で実行されないようにします。
  • Windows Hello:パスワードを使用しない安全なユーザー認証。
  • セキュア ブートとメジャー ブート:悪意のあるドライバーとルートキットがオペレーティング システムの起動プロセスを遮断しないようにブロックします。

2015年以降に出荷されたDell製PCは、TPM 2.0をサポートしています。これは、Windowsデバイス マネージャーで、次の手順で確認できます。

  1. Windowsの[スタート]ボタンを右クリックします。
  2. 「デバイスマネージャ」をクリックします。
  3. セキュリティ デバイス]セクションを展開します。

[トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0]のエントリーが表示されます。

メモ: [セキュリティ デバイス]セクションが表示されていない場合は、Microsoftサポート技術情報の記事『PC で TPM 2.0 を有効にするこのハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照してください。

地域ごとの実装:

ISOメンバーのさまざまな国(オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、日本、韓国、モロッコ、マレーシア、オランダ、ナイジェリア、ノルウェー、ロシア連邦、南アフリカ、アラブ首長国連邦、英国、米国を含む)は、2015年にTPM 2.0標準を承認しました。コンピューター システム内の暗号化コンポーネントのインポートと使用に関する現地の法律および規制は異なる場合があります。この文書の手順に従って、システムがTPMを有効にしているかどうかを確認します。サポートが必要な場合は、アカウント チームにお問い合わせください。詳細については「Trusted Computing Group TPM 2.0 Library Specification Approved as an ISO/IEC International Standard Date Published: June 29, 2015 このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。』を参照してください。

ロシア:

ユーラシア経済委員会の規定(#30)では、2015年以降、暗号化デバイスを搭載したPCシステムの輸入が許可されています。

中国:

2018:WINDOWS 10がプリインストールされている中華民国向けに出荷されたほとんどのシステムには、PTT(インテルCPU用)またはfTPM(AMD CPU用)が付属しており、Windows 11のTPM 2.0要件を満たしています。例外は、ご注文時の構成に基づいて適用されます。

メモ: 一部のモデルでは、ファームウェアTPMのサポートが提供されないか、それのみがサポートされている場合があります(インテルPPT)。Windows 11へのアップグレードがテスト済みのデル製コンピュータを確認します

Microsoftには、Windows 11をインストールする前にTPM 2.0またはそれと同等の機能を有効にするという新しい要件があります。つまり、すべてのPCがWindows 11アップグレードの対象となるわけではありません。

Windows 11へのアップグレードに関するMicrosoftのハードウェアおよびソフトウェア要件を満たすか、またはそれを超えるテスト済みPCのリストについては、Dellナレッジベース記事「Windows 11へのアップグレードがテスト済みのDell PC」を参照してください。

Microsoftは、お使いのパーソナル コンピューターがWindows 11を実行できるかどうかを確認するためのアプリケーションを提供しています。PC正常性チェック このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。 サイトに移動して、このアプリケーションをダウンロードして実行します。

お使いのPCでTPM機能を確認して有効にするには、デルのナレッジベース文書 「 Trusted Platform Module(TPM)を有効にする方法 」を参照してください。

PPTとfTPMの両方とも、Windows 11のTPM要件をサポートしています。地域ごとの差異については、以下を参照し、このドキュメントの手順に従って、お使いのシステムがTPM対応でTPM 2.0と互換性があるかどうかを確認してください。

PTT (Platform Trust Technology)は、MicrosoftのTPM要件に対応するインテルのファームウェア拡張機能です。

fTPM(ファームウェアTPM)は、Microsoft TPM要件をサポートするAMDのファームウェア テクノロジーです。

Windows 11は、TPM 2.0標準を満たすPTT、fTPM、またはハードウェアTPMを搭載したシステムにインストールされます。

これには、次のような複数の理由があります。

BIOSモード:

システムBIOSがレガシー モードに設定されている可能性があります。

TPM 2.0では、BIOSがネイティブUEFIモードで動作する必要があります。

お使いのPCでTPMを有効にする方法については、デルのナレッジベース文書「 Trusted Platform Module(TPM)を有効 にする方法 」を参照してください。

警告:レガシー モードからUEFI モードに切り替えると、現在のWindowsインストールが起動不能になり、Windowsの再インストールが必要になります。

技術的な問題:

TPMオプションが一時的に消える場合があります。

Latitude、Precision、またはXPSのシステムBIOSセットアップでTPMオプションが欠落している

「Dell コンピューターの TPM ファームウェアを正常にアップデートする方法」

Windows 7ダウングレード プログラムを有効にするために、Microsoftから一部の法人向けデバイスにTPMのアップグレード/ダウングレード オプションが提供されました。対象となるデバイスは、後でTPM 2.0にアップグレードできます。このオプションは、個人ユーザー向けデバイスでは使用できません。

TPM 1.2から2.0にアップデートできるコンピュータのリストについては、デルのナレッジベース文書「 TPMバージョン1.2から2.0にアップグレードできるデル製システム 」を参照してください。

お使いのコンピューターがTPMアップグレードの対象である場合は、Dellサポートの「ドライバーおよびダウンロード」サイトからTPMファームウェア アップデートをダウンロードできます。

メモ: TPMファームウェアをダウンロードする方法の詳細については、Dellナレッジベース記事「「Drivers and Downloads(ドライバおよびダウンロード)」に関するよくあるお問い合わせ」を参照してください。TPMファームウェアは、[セキュリティ]カテゴリーにあります(お使いのコンピューターに互換性がある場合)。

一般的な問題の解決に役立つ、Trusted Platform Module(TPM)およびBitLockerに関する一般的な問題をトラブルシューティングして解決する方法について説明します。

その他の情報

Dell Trusted Platform Moduleに関するチュートリアル

再生時間:04:08
字幕:複数の言語で使用できます。字幕アイコンをクリックし、希望の言語を選択します。


Trusted Platform Module(TPM)を有効にする

再生時間:3:49
字幕:複数の言語で使用できます。字幕アイコンをクリックし、希望の言語を選択します。


推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。

文書のプロパティ


最後に公開された日付

01 12月 2023

バージョン

15

文書の種類

How To