メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell OpenManage Enterpriseのサポート

概要: この記事では、OpenManage Enterpriseコンソールの概要と詳細について記載します。 このシステム管理コンソールは、管理タスクの自動化と統合を目的として設計されています。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

Dell OpenManage Enterprise

Dell OpenManage Enterprise 4.0

  • 1つのコンソールからの1対多の管理を行える。拡張性を考慮して構築されている
  • フォームファクターに関係ない、堅牢で直感的な管理機能を実現
  • ITプロセスを自動化して効率性を改善

OpenManage Enterpriseは、直感的なインフラストラクチャ管理コンソールです。OpenManage Enterpriseは、エンタープライズ ネットワーク上のDell製サーバー、シャーシ、ストレージ、ネットワーク スイッチの包括的なビューを提供する、管理および監視アプリケーションです。

 
 

OpenManage Enterpriseの特長とメリット

シンプル:直感的なシステム管理ソリューションによって複雑性を緩和
  • VMware ESXi、Microsoft Hyper-V、およびKVMの各環境向けの仮想アプライアンスとして導入された最新のHTML5 UIコンソール。柔軟性の高い検索テクノロジーにより、OpenManage Enterpriseは直観的なものとなっています。
  • OpenManage Mobileとのシームレスな統合
    • OpenManage Mobileを使用すると、IT管理者はサーバーの設定、モニタリング、トラブルシューティング、修復タスクの一部をどこからでも実行できます
    • プロキシを設定しなくても、OpenManage EnterpriseからOpenManage Mobileにアラート通知をプッシュする
統合:1対多のコンソール、拡張性を考慮して構築されている
OpenManage Enterpriseは、データ センター用の1対多のシステム管理コンソールです。
  • 最大8000デバイスまで拡張:
    単一のツールにより、PowerEdgeラック、タワー、モジュラー サーバー、PowerVault MDおよびMEストレージ システム、サード パーティー インフラストラクチャなど、フォーム ファクターに関係なく、最大8,000のデバイスを管理できます。
  • 拡張可能なプラグイン アーキテクチャ:
    OpenManage Enterpriseでは、新しいプラグイン ダッシュボードを使用してプラグイン拡張機能を追加できます。同じインターフェイスを介して、プラグインのインストール、アップデート、無効化を行えます。
  • 統合と接続:業界をリードするサードパーティー製システム、サービス管理、および自動化ソリューションと統合します。詳細 >
    • Dell OpenManage Integration with ServiceNowは、OpenManage Enterpriseインフラストラクチャ管理機能、ServiceNowサービス、および運用管理機能にわたるインターフェイスを提供するServiceNowプラットフォーム内のネイティブなアプリケーションです。
    • Dell OpenManage Ansible Modulesにより、データ センターおよびIT管理者はRedHat Ansibleを使用して、Integrated Dell Remote Access Controller (iDRAC)、OpenManage Enterprise、およびOpenManage Enterprise Modularに組み込まれている管理自動化機能を利用することで、PowerEdgeサーバーのプロビジョニング、構成、展開、およびアップデートを自動化および調整することができます。
    • Dell OpenManage Micro Focus Operations Bridge Manager | Operations Connectorは、OpenManage EnterpriseとMicro Focus Operations Bridge Manager (OBM)を統合する機能を提供します。
自動化:検出から廃止までのIT管理タスク
  • ハンズフリーの検出と導入:ネットワーク上で既知のサービス タグが検出されると、OpenManage Enterpriseは事前定義されたテンプレートを使用してシステムを自動的に導入できます。既存のサーバーまたはシャーシからクローンを作成するか、シンプルなメニュー駆動テンプレートの作成/編集ガイドに従ってください。
  • 包括的なアップデート:OpenManage Enterpriseは、アップデート プロセスを合理化します。Dell.comの最新のアップデートについては、アップデート機能を使用してください。
  • カスタマイズされたレポート:OpenManage Enterpriseではカスタマイズされたレポートが可能です。たとえば、ベンダーがアップデートを発行する場合に、特定のNICカードを探すことができます。カスタマイズ可能なレポートは、アップデートされたNICカードを使用しているサーバーの詳細情報を提供します。
セキュア: セキュリティは最優先事項
OpenManage Enterpriseは、ユーザー定義の構成テンプレートからの逸脱を検出して、ユーザーにアラートを発し、セットアップ前ポリシーに基づいて誤った構成を修正します。
 
 

OpenManage Enterprise PowerManagerメイン画面ビュー

OpenManage Enterpriseの機能拡張

OpenManage Enterprise 4.0の新機能
  • CyberArk Credential Providerソフトウェアを使用しているお客様のサポート。OMEは、CyberArkヴォールトからiDRACパスワードにアクセスできるようになりました。
  • OMEは、iDRACにアクセスするための暗号化された認証情報の新しいセットを作成し、定期的に自動的にローテーションできるようになりました。
  • RSA SecurIDを使用したローカルの多要素認証(MFA)
  • OMEと共に、OMEサービス プラグインおよびCloudIQプラグインをデフォルトでインストール
  • その他のセキュリティ機能
    • TLS 1.3
    • セキュア ブート(つまり、起動前環境は保護されており、アプライアンスの起動時にOSディストリビューションが提供する署名済みバイナリーのみを実行できます)
    • SMBv1を削除
  • プラットフォーム
    • 新しいプラットフォームのサポート
      • 新しいPowerEdgeサーバー
      • 新しいXR/XE/XC/VxRailプラットフォーム
    • 古いプラットフォームのサポートを削除
      • 第12世代PowerEdgeプラットフォーム
      • M1000eシャーシ
      • Windows Server 2016

OpenManage Enterprise 3.10.1の新機能

  • OpenManage Enterprise 3.10.1には、次のサポートが含まれています。
    • IPまたはFQDNを使用してOMEアプライアンスの内部共有へのデバイス(iDRACなど)アクセスを管理するかどうかをユーザーが選択できるようにする

OpenManage Enterprise 3.9.2/3.10の新機能 

このセクションでは、2つの別々のリリース(1) OpenManage Enterprise 3.9.2と(2) OpenManage Enterprise 3.10と、関連するプラグインについて説明します。

  • OpenManage Enterprise 3.9.2には、品質の向上に加えて、次のサポートが含まれています。
    • ユーザー アカウントの最大数を64から1,000に増加(ローカルまたはADまたはLDAP)
    • SMTPポートが587(SMTPポート465に加えて)として構成されている場合には、Eメールを送信(テスト メールまたは本物のトラップ)
  • OpenManage Enterprise 3.10は、OpenManage Enterpriseとそれに関連するプラグインのメジャー リリースであり、サポートされている機能のリストを以下に示します。

    アップグレードの推奨事項:

    お客様には、OpenManage Enterprise 3.10にアップグレードすることを強くお勧めします。
    • OpenManage Enterprise 3.9のお客様には、OpenManage Enterprise 3.9.2にアップグレードするオプションが表示されます。
    • OpenManage Enterprise 3.9.2にアップグレードすると、OpenManage Enterprise 3.10にアップグレードするオプションが表示されます。

    OpenManage Enterpriseアプライアンスのバックアップとリストア
    • OpenManage Enterpriseとすべてのプラグインを共有ドライブに安全にバックアップし、リストアします。この機能を使用すると、管理者は、アプライアンス、設定、アカウント、グループ、レポート、デバイス インベントリー、テンプレート、ジョブ、スケジュールなどに関して、ユーザーが作成または生成したすべてのコンテンツをバックアップおよびリストアできます。
    • バックアップを手動で作成するか、自動化された日次または週次バックアップを実行します。

    使いやすさ
    • Syslogサーバーへの転送またはSNMPトラップの転送時に、転送されたアラートにデバイスのIPアドレス(OpenManage EnterpriseのIPアドレスではなく)が含まれるようになりました
    • [Device Details]ページの[New Warranty]セクションに、デバイスの保証状況と残り日数が素早く表示されます
    • ユーザーがiDRAC認証情報を必要とせずにiDRAC仮想コンソールにアクセスできるようになりました
    • Eメール構成は、STARTLSまたはSSLまたはTLSの接続暗号化タイプをサポートしています
    • [Device Details]ページに、デバイス検出に関するより詳細な情報が含まれています(システムが検出されたiDRACアカウント、検出範囲、検出に使用されるプロトコル)
    • iDRAC8または13Gサーバーの統合された共有として、HTTPSを使用してファームウェア アップデート パッケージをダウンロードします
    • アラート ポリシーの作成時に1つまたは複数のアラート カテゴリーがクリアされている場合でも、シャーシ アラートはアラート ポリシーによって処理されます
    • 正規化された形式で転送されたアラートに、「Information」ではなく適切な重大度[Warning]または[Critical]が設定されるようになりました
    • SMTPポートが587(SMTPポート465に加えて)として構成されている場合には、Eメールを送信(テスト メールまたは本物のトラップ)- OpenManage Enterprise 3.9.2でもサポート
    • ユーザー アカウントの最大数を64から1,000に増加(ローカルまたはADまたはLDAP)- OpenManage Enterprise 3.9.2でもサポート

    導入が容易
    • OpenManage Enterprise製品のアップグレード中に、すべてのプラグインを選択し、同時に便利にアップグレードします(一度に1つのプラグインをアップグレードするのではない)。これにより、アップグレード時間が短縮されます。

    プラットフォームのサポート
    • Dell PowerEdge第16世代サーバーのサポートを追加
    • Dell PowerEdge第11世代サーバーのサポートを削除

    新規および拡張プラグイン
    • Microsoft System Centerの新しいプラグインのサポート
      • Microsoft Endpoint Configuration Manager (ECM)およびSystems Center Virtual Machine Manager (SCVMM)用ライフサイクル管理プラグイン
      • System Center Operations Manager (SCOM)用プラグインのモニタリング
    • Redfishプロトコルを使用してDell以外のサーバーを検出(主にPower Managerプラグインで電源と温度を追跡するため)
      • iLO5搭載HPEサーバー
      • XCC搭載Lenovoサーバー

     

    OpenManage Enterprise 3.9の新機能

    • VMware vCenterのお客様向けに、新しいOpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter (OMEVV)プラグイン1.0を事前に有効化してあります。このプラグインは、既存のOpenManage Integration for VMware vCenterの代わりに使用されます(OMEVVプラグインは2022年に利用可能です)。
    • 2022年6月に工場出荷時(POS)または販売後(APOS)から利用可能になる新しいOpenManage Enterprise Advanced+ライセンスをサポートします。パートナー向けの既存のすべてのOpenManageライセンスは、最終的にはOpenManage Enterprise Advanced+永久ライセンスに移行します(OpenManage Enterprise Advancedライセンスに変更はありません。OpenManage Enterprise Advanced+ライセンスには、OpenManage Enterprise Advancedライセンスのすべての機能と、すべてのパートナー統合のサポートが含まれます)。
    • お客様のセキュリティ向上のため、トラブルシューティング ツールを改善しました。
    • レポートを実行するようにスケジュール設定し、定期的にEメールを送信するオプションを追加しました。
    • 監査およびEメール アラート、平文メール、SMSメッセージのカスタマイズ(SMSアラートは米国でのみ利用可能)を改善しました。
    • 新しいデバイス タイプ(PowerVault ME5およびAXプラットフォーム)を監視および管理します。
    • ファームウェアおよび構成コンプライアンス オプションを改善しました。
    • OpenManage Enterpriseアプライアンス全体でその他の改善を行いました。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.8.4、3.8.3、3.8.2、3.8.1、3.8の新機能

    • OpenManage Enterprise 3.8.4では、セキュリティの脆弱性を修正して、権限が低いリモートで認証された悪意のあるユーザーがこの脆弱性を悪用し、ブロックされた機能をバイパスして不正なアクションを実行する可能性がある問題(CVE-2021-26857)に対処しました。
    • OpenManage Enterprise 3.8.3では、Apache Log4jをバージョン2.17.1にアップグレードして、Log4Shellの脆弱性(CVE-2021-44832)に対処しました。
    • OpenManage Enterprise 3.8.2では、Apache Log4jをバージョン2.16.0にアップグレードして、Log4Shellの脆弱性(CVE-2021-45046およびCVE-2021-44228)に対処しました。
    • OpenManage Enterprise 3.8.1は、HTTP Request Smugglingの脆弱性(CVE-2021-33037)に対処するためにApache Tomcatパッケージをアップグレードし、Spring Bootの脆弱性に対処するためにApache Shiroパッケージをアップグレードしました。
    • 内部アプライアンス共有を構成して、HTTPSまたはCIFSを介してコンテンツを提供する機能(デフォルト)。
    • Windows 2022でのアプライアンスの導入がサポートされています。
    • フィールド サービス デバッグ(FSD)が有効になっている場合、テキスト ユーザー インターフェイス(TUI)ではなく、[Audit Logs]>[Troubleshoot]サブメニューを使用して、署名済みの.datファイルとSSH公開キーをアップロードできるようになりました。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.7および3.6.xの新機能

    • OpenManage Enterprise 3.7では、OpenManage CloudIQプラグインのサポートが有効になります。デバイス グループを選択して、監視のためにCloudIQにデータを送信できます。
    • OpenManage Enterpriseユーザー(ユーザー タイプ - デバイス マネージャー)を、監視と管理を許可されたデバイスの特定のグループに制限するオプション(スコープ ベースのアクセス制御とも呼ばれる)。
    • アラートをSNMPv3形式で転送します。
    • PowerEdgeサーバーの検出とインベントリー作成のためにRedfishプロトコルを利用します。
    • 20台のシャーシおよび160台のスレッドの完全にプロキシされたグループのファームウェアをシームレスにアップデートします。
    • Smart PDUおよび仮想マシン(Power Managerプラグイン搭載)の電力使用量を追跡します。
    • 言語に依存しない業界標準のREST仕様に準拠したドキュメントの作成と文書化を標準化しました。

    OpenManage 3.7および3.6の改善点

    • OpenManage Enterprise 3.7では、[All-Devices]ページから認証失敗により切断されたデバイスを表示する機能が追加されています。
    • OpenManage Enterprise 3.7では、テキスト ユーザー インターフェイス(TUI)機能が追加され、アプライアンスおよびプラグイン サービスのデバッグ ログを選択的に有効または無効にすることができます。
    • SMTP構成を使用してアラートを作成するときに、Eメールが機能していることをテストします。
    • OpenManage Enterpriseアプライアンス(CPU、メモリー、およびストレージ)のリソース使用率を表示できます。
    • テキスト ユーザー インターフェイス(TUI)を使用してアプライアンスのディスク サイズをスキャンして拡張します。
    • 保証レポートをカスタマイズできます。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise Version 3.7 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.6.1がOpenManage Enterprise 3.6に代わり使用されます。

    OpenManage Enterprise 3.6.1および3.6の新機能

    • OpenManage Enterpriseユーザー(ユーザー タイプ - デバイス マネージャー)を、監視と管理を許可されたデバイスの特定のグループに制限するオプション(スコープ ベースのアクセス制御とも呼ばれる)。
    • アラートをSNMPv3形式で転送します。
    • PowerEdgeサーバーの検出とインベントリー作成のためにRedfishプロトコルを利用します。
    • 20台のシャーシおよび160台のスレッドの完全にプロキシされたグループのファームウェアをシームレスにアップデートします。
    • Smart PDUおよび仮想マシン(Power Managerプラグイン搭載)の電力使用量を追跡します。
    • 言語に依存しない業界標準のREST仕様に準拠したドキュメントの作成と文書化を標準化しました。

    改善点

    • SMTP構成を使用してアラートを作成するときに、Eメールが機能していることをテストします。
    • OpenManage Enterpriseアプライアンス(CPU、メモリー、およびストレージ)のリソース使用率を表示できます。
    • テキスト ユーザー インターフェイス(TUI)を使用してアプライアンスのディスク サイズをスキャンして拡張します。
    • 保証レポートをカスタマイズできます。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.6.1 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.5の新機能

    • 2つの新しいプラグイン - OpenManage Enterprise SupportAssist EnterpriseプラグインとOpenManage Enterprise Update Managerプラグインがこのリリースでサポートされています。
    • ネットワーク共有(NFS、CIFS、HTTP、またはHTTPS)上のカタログの場合、OpenManage Enterpriseは直接Dell.comからDUPをダウンロードすることができます。手動またはDRM経由でのDUPのダウンロードは不要になりました。
    • OpenID Connectプロバイダーによって発行された認可済みクライアントIDアクセス トークンを使用してOpenManage Enterpriseにログインします。KeycloakおよびPingFedarate(ユーザー タイプはOIDCプロバイダーのクライアント ポリシー管理の一部として構成する必要があります)。

    改善点

    • 構成コンプライアンス レポートでは、詳細フィルター、ソート、ページ間での選択をサポートし、IPアドレスが含まれます。詳細フィルターを使用すると、非対応デバイスを表示することもできます。
    • 保証レポートには、デバイス名が含まれるようになりました。
    • OpenManage Enterpriseは以前、単一のIPv6アドレスによる検出をサポートしていました。IPv6範囲をサポートするために検出が拡張されました。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.5 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.4.1の新機能

    • サードパーティーのMIBSでは、受信するアラートのタイプに応じて、特定のアクションを選択できます。

    改善点

    • 保証データはデフォルトで週1回更新されます。
    • カタログ内に存在しないコンポーネントのファームウェア コンプライアンス ステータスは不明となります。
    • HTTPSの安全性の低いCBCおよびAES 128暗号化を削除することにより、セキュリティが向上しました。

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.4.1 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.4の新機能

    • サーバーの起動検出:PowerEdgeサーバーの自動化、確実な検出、およびオンボード化により、導入時間を短縮し、コストのかかる人的エラーを軽減します。
    • テンプレートの導入、編集、ID管理の拡張機能:仮想IDプールを自動化し、テンプレート機能と関連する編集機能を拡張することにより、導入をシンプルに合理化します。
    • 単一統合インターフェイスを介した、PowerEdgeラック サーバーおよびMXシャーシ全体にわたる拡張性に優れた統合システム管理性
      • プールベースのプロファイル管理
      • プロファイルの予約または移行(デバイス単位)
      • モジュラー型コンポーネントの自動検出
    • 帯域内ドライバーのコンプライアンスとアップデート:ファームウェアとWindowsドライバーを追跡またはアップデートすることで、システム メンテナンスをシンプルにします。

    改善点

    • アプライアンスのアップグレード プロセスを改善してダウンタイムを短縮
    • PowerEdge MX7000インフラストラクチャでのOS10 IOMスイッチのSNMP検出をサポート
    • Dell.comからデバイス保証情報を収集して、新たに統合されたV5 APIでOpenManage Enterpriseに入力
    • 設定および導入管理性の向上:
      • ベースラインの作成時に設定インベントリー情報を収集する機能
      • IPアドレスでデバイス グリッドを並べ替える機能を追加
      • アラート ポリシー自動化スケジュール設定およびフィルタリング機能を改善:終了日を入力せずに時間範囲を追加する機能
      • I/Oプール使用率グリッドUIの並べ替えおよびネットワーク設定機能を追加
      • 自動導入のためのサンプル インポート ファイルを追加
    • 権限の変更時に古いユーザー セッションを無効にして、垂直権限のエスカレーションに対するセキュリティを強化

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.4 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.3.1の新機能

    • OpenManage Enterpriseのマルチホーミング ネットワークを使用して社内ネットワークと社外ネットワークを分離詳細情報 >
      • 手動でネットワークを切り替える必要をなくしてオペレーション作業を簡素化
      • データ トラフィックを分離してセキュリティを強化

    改善点

    • アプライアンスのアップグレード プロセスを改善してダウンタイムを短縮
    • PowerEdge MX7000インフラストラクチャでのOS10 IOMスイッチのSNMP検出をサポート
    • Dell.comからデバイス保証情報を収集して、新たに統合されたV5 APIでOpenManage Enterpriseに入力
    • 設定および導入管理性の向上:
      • ベースラインの作成時に設定インベントリー情報を収集する機能
      • IPアドレスでデバイス グリッドを並べ替える機能を追加
      • アラート ポリシー自動化スケジュール設定およびフィルタリング機能を改善:終了日を入力せずに時間範囲を追加する機能
      • I/Oプール使用率グリッドUIの並べ替えおよびネットワーク設定機能を追加
      • 自動導入のためのサンプル インポート ファイルを追加
    • 権限の変更時に古いユーザー セッションを無効にして、垂直権限のエスカレーションに対するセキュリティを強化

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.3.1 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.2.1の新機能

    • OpenManage Enterpriseがプロキシ設定で構成されるときに、保証情報を取得する
    • プロキシを設定しなくても、OpenManage EnterpriseからOpenManage Mobileにアラート通知をプッシュする
    • Intel XXV710 NICはデバイス ファームウェア対応ページにリストされる

    改善点

    • アプライアンスのアップグレード プロセスを改善してダウンタイムを短縮
    • OpenManage Enterprise-ModularエディションからのVLANインポートの効率向上
    • 再起動なしでのVLAN伝播によるアップタイムの改善
    • 疑似属性のサポートによる詳細なデバイス制御の実現
    • セキュア属性のサポートによる「1:多」での認証情報更新
    • ID管理の改善による演算子エラーの可能性の低減

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.2.1 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.2の新機能

    • 直感的に統合されたOpenManage Enterprise Power Managerプラグイン アーキテクチャにより、管理機能を拡張
    • 自動導入によりコストのかかるエラーとダウンタイムを回避しながら導入時間を短縮。既存のテンプレートを指定して、まだ検出されていないサーバーとシャーシを構成
    • PowerVault MDおよびMEストレージ デバイスの検出および監視のサポート
    • 最新バージョンのKVM、ESXi、およびHyper-Vのサポートを拡張
    • VMware ESXiバージョン6.5以降でのプログラムによるアプライアンスの導入のサポート(OVFフォーム ファクターのみ)
    • ADアカウントを使用したログインの高速化
    • オンボード サーバーとMX7000シャーシによる統合管理により、アラート受信を可能にし、コミュニティー文字列を設定することができる
    • 複数のデバイス管理URLのサポート(iDRAC、VxRailマネージャー、XC Prismなどが利用可能な場合)

    改善点

    • 編集可能なテンプレートを使用して、サーバー、シャーシ、およびIOAの管理、導入、および監視を行うことで、IT効率を最大化します
    • 一連のリモート管理タスクを1つのバッチにまとめて合理化し、すぐに実行するか、後で実行するようにスケジュールします
    • OpenManage Enterpriseインターフェイスから最新のリポジトリーを維持します
    • 必要に応じて新しく利用可能なアップデートを特定するか、Dell.comで検索をスケジュールします
    • カスタマイズ可能なフィルタリング、並べ替え、およびページ間での選択を強化することで、グループ化とシステム ラベリング機能の向上を実現します
    • 詳細なログ情報を使用して、根本原因を特定し、修復に関する分析情報を即時に得ることが可能
    • アラート ログ表示で未確認のアラートのみを表示できるようにする新しいアラート設定により、重複する可能性のある作業を削減します
    • アラートを確認するユーザーを追跡するために改善されたプロセス
    • 新しいフィルタリングおよび表示機能による効率性の向上、カスタム レポート ビルダーのオプション
    • 一連のリモート管理タスクを1つのバッチにまとめて合理化し、すぐに実行するか、拡張されたリモート スクリプト実行機能によって後で実行するようにスケジュールします。1つのバッチで最大100の個別のRACADM、IPMIまたはSSHコマンドを実行可能
    • 保証の強化 - 設定は、ホーム ウィジェット、保証レポート、およびダッシュボードに一様に反映されます
    • ファームウェア カタログの自動更新をスケジュールする機能を使用して、ファームウェア アップデート プロセスを合理化します
    • ファームウェア コンプライアンス レポートを強化して、重要または警告ステータスのアップデートを含むコンポーネントのみを表示します

    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.2 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.1の新機能

    • Syslogサーバーを使用したリモート監視のための監査ログの転送機能
    • 最新の第14世代PowerEdgeサーバーのサポート

    改善点

    • アラート ポリシーを作成するための追加のアラート カテゴリーが使用可能
    • サーバー メッセージ ブロック署名をサポートするための強化されたSMBセキュリティ設定
    • ファームウェア アップデートのためのセキュアなCIFSネットワーク共有の使用、およびファームウェア アップデート ジョブ中の改善および問題の修正
    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.1 Release Notes』を参照してください。

    OpenManage Enterprise 3.0の新機能

    • スタンドアロン シャーシとして、およびマルチシャーシ管理(MCM)グループのリード シャーシとしての、MX7000シャーシの検出とインベントリーをサポート
    • MX7000シャーシの構成のコンプライアンスおよび修復のサポート
    • 仮想IDをサーバーに割り当て、ステートレスな導入を実行する機能と、VLAN管理のサポート
    • OpenManage Enterpriseと統合することによってOpenManage Mobileでデバイスを監視し、タスクを修復する機能

    改善点

    • ネットワーク構成、IDプールの作成、デバイス テンプレートの構成、およびプロファイル管理のためのREST APIサービス
    • リモート スクリプトを実行するための追加のリモート トークンのサポート。
    • OpenManage Enterpriseで検出されていないデバイスのアラート ポリシーのサポート。
    拡張機能や制限事項の詳細なリスト、修正された問題、既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Enterprise 3.0 Release Notes』を参照してください。
     

    Dell OpenManage Enterprise Power Manager

    OpenManage Enterpriseのライセンス

    OpenManage Enterpriseをインストールして使用する際に、OpenManage Enterprise AdvancedまたはOpenManage Enterprise Advanced+ライセンスは必要ありません。OpenManage Enterprise AdvancedまたはAdvanced+ライセンスは、主な自動化機能(ベア メタル サーバーの導入とクローン作成、サービス タグまたはノードIDによる自動導入、Power Managerプラグインなど)に加え、高度な構成機能(構成コンプライアンスの適用、IOAプロビジョニングとVLAN管理、プロファイル管理など)に必要です。さらに、OpenManage Advanced+ライセンスを使用すると、パートナー統合用のプラグイン(VMware vCenter向けプラグインなど)が有効になります。(OpenManage Advanced+ライセンスには、OpenManage Advancedライセンスのすべての機能が含まれていることに注意してください)。高度な機能を使用するには、OpenManage Enterprise Advancedライセンスがターゲット サーバーにインストールされている必要があります。OpenManage Enterprise Advancedライセンスは、サーバーの耐用年数の間有効な永久ライセンスで、一度に1台のサーバーのサービス タグにのみバインドすることができます。デバイスとそのライセンスのリストを表示するには、[OpenManage Enterprise]>[Monitor]>[Reports]>[License Report]の順に選択し、[実行]をクリックします。

    OpenManage Enterprise AdvancedまたはAdvanced+ライセンス ベースの機能

    • 自動導入:サーバー タグまたはノードIDを使用してPowerEdgeサーバーを自動的に導入します。
    • 構成とドリフトの検出:コンプライアンスを監視するためにファームウェアと構成ベースラインを作成し、スケジュール設定された自動アップデートを有効にします。
    • 拡張モジュラー管理:直感的なOpenManage Enterpriseユーザー インターフェイスを使用してシャーシ テンプレートをキャプチャおよび編集します。
    • Dell OpenManage Enterprise Power Managerなど、利用可能なプラグインのライセンス機能をアクティブ化します。Power Managerプラグインはインストール可能であり、これにより、OpenManage Enterpriseコンソールから合理化された電源管理が可能になります。

    OpenManage Portfolio Software Licensing Guide』には、組織のライセンス オプションに関する詳細な情報が記載されています。

    OpenManage Enterprise Advancedライセンスの評価、購入、およびダウンロード

    • 評価版ライセンス:OpenManage Enterprise Advancedの評価版ライセンス(90日間)では、Dell OpenManage Enterprise Power Managerのすべての機能を完全にテストして体験できます。この評価版ライセンスは、iDRAC9 Express、Enterprise、およびDataCenterライセンスでのみ使用できます。詳細情報とライセンスのダウンロード >
    • ライセンスの購入:Advancedライセンスは、サーバーの購入時または別途購入時に含めることができます。お住いの地域のデル・テクノロジーズのセールス担当者にお問い合わせください。『OpenManage Portfolio Software Licensing Guide』には、価格を含む、組織のライセンス オプションに関する追加情報が記載されています。
    • ライセンスのダウンロード:購入したOpenManage Enterprise Advancedライセンスは、Dell Digital Lockerからダウンロードすることができます。ライセンス キーはオンラインで保存されており、必要に応じてダウンロードすることができます。既存のライセンス キーがDell Digital Lockerで入手できない、またはライセンス キーに問題がある場合は、デル・テクノロジーズのテクニカル サポートまたはカスタマー ケアにお問い合わせください。

    OpenManage Enterpriseライセンスの管理

    OpenManage Enterprise AdvancedまたはAdvanced+ライセンスは、個々のサーバー単位で管理することも、1対多のライセンスおよび導入ツールであるDell License Managerを使用して管理することもできます。
    • 個々のサーバー
      iDRACを使用すれば、個々のサーバーでOpenManage Enterprise AdvancedまたはAdvanced+ライセンスを管理できます。また、iDRAC Webインターフェイスの[ライセンス]タブを使用してライセンスのインポートやエクスポートを実行したり、『RACADM CLI Guide』の説明に従って、RACADM CLIのLicenseコマンドを使用してライセンスを管理したりできます。
    • サーバーのグループ
      Dell License Managerは、OpenManage Enterprise Advanced、OpenManage Enterprise Advanced+、iDRAC、CMCライセンス向けの、1対多ライセンス導入およびレポート ツールです。License Managerを使用すれば、OpenManage Enterprise Advancedライセンス、iDRAC、CMC、ストレージ スレッドのライセンスのダウンロード、バインド、導入、インベントリー、バックアップを行うことができます。このツールでは、ライセンスが可能なシステムのインベントリーを作成して、有効な管理コントローラーのライセンス ステータスと機能をレポートすることもできます。
     


    Dell OpenManage Enterprise

    OpenManage Enterpriseのダウンロードとインストール

    OpenManage Enterpriseは、ハイパーバイザーに導入されるアプライアンスです。 

    新しいアプライアンスとしてのOME 4.0のインストール

    OME 4.0は、VMware vSphere、Hyper-V、またはカーネルベースのKVMにインストールできます。
    『OMEユーザー ズ ガイド』のセクション2「導入」を参照してください。

    『OMEユーザー ズ ガイド』にアクセスするには、こちらをクリックしてください:『OpenManage Enterprise 4.0ユーザーズ ガイド

    VMware ESXi用OME VMをダウンロードするには、こちらをクリックしてください。

    Microsoft Hyper-V用OME VMをダウンロードするには、こちらをクリックしてください。

    カーネルベースKVM用のOME VMをダウンロードするには、こちらをクリックしてください。  
     

    以前のバージョンからOpenManage Enterprise 4.0へのアップグレード

    OME 4.0を新しいアプライアンスとしてインストールしてから、OME 4.0の手順に従って、以前のバージョンのOME 3.10.xから移行します。
    メモ:OME 4.0に移行するには、OMEバージョン3.10.xを使用している必要があります

    以前のバージョンからOpenManage Enterprise 3.10へのアップグレード

    次のバージョンからOpenManage Enterprise 3.10に直接のアップグレードすることはサポートされていません。OpenManage Enterprise 3.9、3.8.x、3.7.x、3.6.x、3.5.x、3.4.x、3.3.x、3.2.x、OpenManage Enterprise 3.1、OpenManage Enterprise 3.0、OpenManage Enterprise Tech Release (1.0)

    1. OpenManage Enterprise 3.9からアップグレードする場合は、まずバージョン3.9.2にアップグレードしてから、3.10へのアップグレードを検討してください。

      • 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

    2. OpenManage Enterpriseバージョン3.7.xまたは3.8.xは、まずバージョン3.9、次に3.9.2にアップグレードしてから、3.10へのアップグレードを検討する必要があります。

      • 3.7.x -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.8.x -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

    3. OpenManage Enterprise 3.7より前のバージョンは、まずバージョン3.9、次に3.9.2にアップグレードしてから、3.10へのアップグレードを検討する必要があります。

      • 3.6.x -> 3.8 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.5.x -> 3.7 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.4.x -> 3.6.1 -> 3.8 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.3.x -> 3.5 -> 3.7 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.2.x -> 3.4 -> 3.6.1 -> 3.8 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

      • 3.1.x -> 3.3.1 -> 3.5 - > 3.7 -> 3.9 -> 3.9.2 -> 3.10

    OpenManage Enterprise - Tech ReleaseバージョンをまずOpenManage Enterpriseバージョン3.1にアップグレードする必要があります。
     


     

    OpenManage Enterpriseのリソース

    開発運用

    OpenManage Enterprise GitHubリポジトリーには、OME、OMEM API for Python、Ansible、PowerShellの使用方法の例が含まれています。

    マニュアル

    最新のマニュアルについては、OpenManage Enterpriseのマニュアルを参照してください。

    OpenManage Enterpriseの拡張性とパフォーマンス


    2022年6月
    31ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイトペーパーでは、Dell OpenManage Enterpriseの拡張性、信頼性、パフォーマンスの概要について説明し、スケール環境および非スケール環境で最適なパフォーマンスを実現するためのベスト プラクティスを示します。このホワイトペーパーの目標は、テスト結果で示されているように、最適なパフォーマンスを達成するために必要な情報を提供することです。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterpriseアプライアンス共有の設定


    2021年11月
    9ページのホワイト ペーパー
    アプライアンス共有にHTTPSまたはCIFSを使用するようにOpenManage Enterpriseアプライアンスを構成する方法と、関連するメリットについて説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise 3.4を使用したサーバーの起動検出


    2020年10月
    12ページのホワイト ペーパー
    データ センター内のサーバーが自社の存在を通知し、OpenManage Enterpriseによって自動的に管理されている場合の対処法OpenManage Enterprise 3.4のサーバーの起動検出機能を使用すると、サーバーは自動的にOpenManage Enterpriseにその存在を通知し、OpenManage Enterpriseによって検出されます。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterpriseを使用したデータセンター スタッフの生産性の向上


    2020年6月
    227ページのホワイト ペーパー
    このPrincipled Technologiesのホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterpriseシステム管理コンソールの主要機能について、時間と労力の測定結果を示しています。これにより、IT管理者は時間を節約し、エラーやダウンタイムの可能性を低減できます。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterpriseでカスタム グループとレポートを定義します。


    2019年1月
    22ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイトペーパーでは、クエリー ビルダー機能を使用して、データ センターを管理する際にクエリー グループとレポートを管理するための情報を提供します。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterpriseサーバーのドリフト管理によって運用効率を向上させます。


    2022年4月
    5ページのテクニカル ノート
    このDirect from Development (DfD)テクニカル ノートでは、DellのOpenManage Enterpriseサーバー管理アプライアンスの機能がドリフト管理のシンプル化を促進し、問題の可視性を提供すると同時に、解決にかかる時間と労力を削減する方法について説明します。

    テクニカル ノートを読む

    OpenManage Enterprise 3.4を使用したサーバーの起動検出


    2020年10月
    12ページのホワイト ペーパー
    データ センター内のサーバーが自社の存在を発表し、OpenManage Enterpriseによって自動的に管理されている場合の対処法OpenManage Enterprise 3.4のサーバーの起動検出機能を使用すると、サーバーは自動的にOpenManage Enterpriseにその存在を通知し、OpenManage Enterpriseによって検出されます。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise 3.4を使用したWindowsドライバーのアップデート


    2020年7月
    14ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterprise 3.4コンソールを使用してWindowsオペレーティング システム ドライバーのインベントリーとアップデートを管理する方法について説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterpriseバージョン3.3.1を使用したSAN構成からの起動の導入と移行


    2020年3月
    32ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイトペーパーでは、OpenManage Enterpriseを使用した、SAN構成からの起動のサーバーへの導入と、これらの導入済み構成の同一サーバーへの移行について説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterpriseバージョン3.2を使用したシャーシ、スレッド、IOAテンプレートのクローニング


    2019年7月
    39ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterpriseを使用して、シャーシ構成全体を新しく調達したシャーシにクローニングするプロセスについて説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterprise 3.2を使用したサーバーまたはシャーシへのプロビジョニングの自動導入


    2019年7月
    14ページのホワイト ペーパー
    このDellテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterpriseを使用して、未検出のサーバーまたはシャーシに構成を自動導入するプロセスについて説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterpriseを使用したリモート スクリプトの実行


    2019年7月
    28ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterpriseのリモート スクリプト実行機能について説明します。この機能の概要と、この機能を有効にしてシステム管理者として使用する使用事例を示します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterpriseを使用したファームウェア ベースラインおよびカタログの作成


    2018年9月
    31ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイト ペーパーでは、ファームウェア カタログの作成、ファームウェア ベースラインの作成、およびそれらを管理する方法について説明します。ファームウェア ベースライン コンプライアンス レポートを表示し、ファームウェア バージョンをアップグレードする手順について、簡単に説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise APIを使用したファームウェアのアップデート


    2019年9月
    29ページのホワイト ペーパー
    このドキュメントでは、OpenManage Enterprise v3.0、v3.1、v3.2、OpenManage Enterprise - Modular Edition v1.0およびv1.00.10のファームウェア アップデート プロセスに関連するワークフローとAPIについて説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    Dell OpenManage Enterprise 3.0のREST APIによるエンド ツー エンドの自動化


    2019年1月
    23ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ペーパーでは、システム管理用のDell OpenManage Enterprise 3.0でのREST APIの使用について説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise:組み込み型セキュリティ


    2022年6月
    ブログ
    このブログでは、お客様が自信を持って使用できるように、DellがOpenManage Enterpriseのセキュリティを維持するために使用している主な方法と機能のいくつかについて解説してきました。

    ブログを読む

    『Dell OpenManage Enterprise 3.9 - Security Configuration Guide』


    2022年5月
    25ページのホワイト ペーパー
    OpenManage Enterpriseの特定のセキュリティ機能と、各機能の有効化、無効化、および設定方法に関する情報が含まれています。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise 3.6を使用したスコープベースのアクセス制御


    2021年8月
    15ページのホワイト ペーパー
    OpenManage Enterpriseには、管理者、デバイス マネージャー、ビューアーの3つの統合された役割を持つ、ロール ベースのアクセス制御が統合されています。ロールが持っている権限はロールごとに異なります。OpenManage Enterprise 3.6以降では、スコープベースのアクセス制御が実装されています。この機能を使用すると、管理者はデバイス マネージャー ユーザーの範囲を1つ以上のグループに制限できます。OpenManage EnterpriseでSBACを適用する方法と、範囲を制限されたユーザーに表示される内容について説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    PingFederateを使用したDell OpenManage Enterpriseへのログイン


    2020年11月
    19ページのホワイト ペーパー
    このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterprise (OpenManage Enterprise)とPingFederateを設定して、PingFederateを使用してOpenManage Enterpriseにログインできるようにするための情報を提供します。

    ホワイト ペーパーを読む

    OpenManage Enterprise 3.3.1でのマルチホーミング


    2019年12月
    10ページのホワイト ペーパー
    このホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterprise 3.3.1のマルチホーミングの実装について説明します。

    ホワイト ペーパーを読む

    ビデオ

    Dell OpenManage Enterpriseのプレイリスト


    導入、検出、アラート管理、カタログとファームウェアアップデート、ログの読み取り、トラブルシューティングなどのOpenManage Enterpriseビデオのプレイリスト。

    2022年5月

    Dell OpenManage Enterpriseの概要


    OpenManage Enterpriseは、使いやすい1対多のシステム管理コンソールです。

    2022年5月

    Dell OpenManage Enterpriseのセキュリティ機能


    Dell OpenManage Enterpriseシステム管理コンソールには、絶えず変化する環境でデータを保護するためのセキュリティ機能が統合されています。

    2021年11月

    OpenManage Enterpriseによるデータ センター スタッフの生産性の向上


    OpenManage Enterpriseを使用して、データ センター スタッフの生産性を向上させます。

    2020年6月

    OpenManage Enterpriseコンソール


    OpenManage Enterpriseコンソールは、強力な自動化機能を提供することにより管理を簡素化します。これにより、管理者は制御の範囲を広げ、時間を有効に活用することができます。

    2019年8月

    OpenManage Enterpriseの概要


    OpenManage Enterpriseは、リアルタイムの効率性とコストの削減を実現するインテリジェントな自動化機能をITプロフェッショナルに提供します。

    2019年3月

    デバイスの検出


    OpenManage Enterpriseでデバイスを検出する方法

    2019年2月

    Active Directoryサービスの統合


    OpenManage EnterpriseにActive Directoryサービスを追加する方法

    2019年2月

    ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコルの統合


    OpenManage Enterpriseでのライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル(LDAP)の統合方法

    2019年5月

    デバイスの詳細の表示


    OpenManage Enterprise – Tech Releaseを使用して、さまざまなデバイスの詳細を表示するプロセスを示します。

    2018年1月

    Eメール アラート ポリシー


    OpenManage Enterprise - Tech ReleaseでEメール アラート ポリシーを作成するプロセスを示します。

    2018年1月

    ファームウェア ベースライン


    ファームウェア ベースラインを作成し、OpenManage Enterprise - Tech Releaseで非対応の属性を表示するプロセスを示します。

    2018年1月

    文書のプロパティ


    影響を受ける製品

    Dell EMC OpenManage Enterprise

    製品

    OpenManage Enterprise SupportAssist, OpenManage Essentials, OpenManage Enterprise Power Manager

    最後に公開された日付

    01 3月 2024

    バージョン

    43

    文書の種類

    How To