メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell EMC OpenManage Ansible Modulesのサポート

概要: データ センター管理者やIT管理者は、Dell EMC OpenManage Ansible Modulesから、Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)、Dell EMC OpenManage Enterprise-Modular、およびDell EMC OpenManage詳細を表示する

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

Ansibleマーク Ansible

データ センターの管理者やIT管理者は、Dell EMC OpenManage Ansible ModulesからRed Hat Ansibleを使用して、Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)OpenManage Enterprise、およびOpenManage Enterprise -Modularに組み込まれている管理自動化機能を利用して、PowerEdgeサーバーのプロビジョニング、設定、導入、アップデートを行うことができます。Red HatのAnsibleは、システムの設定、ソフトウェアの導入、より高度なITタスク(継続的な導入やダウンタイム ゼロのローリング アップデートなど)の調整を行うDevOpsツールです。

OpenManage Ansibleモジュールは、PowerEdgeサーバーとモジュラー インフラストラクチャのプロビジョニング、導入、およびアップデートを簡素化および自動化します。これにより、システム管理者とソフトウェア開発者は、物理インフラストラクチャのプロビジョニングをソフトウェア プロビジョニング スタックに導入し、既存のDevOpsパイプラインと統合して、バージョン管理を制御する方法でプレイブック、サーバー設定プロファイル、テンプレートといったインフラストラクチャを管理することができます。プレイブック、サーバー構成プロファイル、およびテンプレートは、インフラストラクチャとしてのコード(IaC)の原則に沿っています。

 

Dell EMC OpenManage Ansibleモジュール

OpenManage Ansible Modulesの機能強化

OpenManage Ansibleコレクション
  • OpenManage Ansible modulesは、Ansible Galaxy上でAnsibleコレクションとして利用できます。
  • OpenManage Ansibleコレクションは認定を受けており、Ansibleコミュニティーの一部としてメジャー リリースv 3.0.0以降で提供されています。
OpenManage Ansible Modules for OpenManage Enterprise and OpenManage Enterprise-Modular
  • スマートなファブリック管理:
    • ネットワークVLAN設定
    • ファブリック管理 – ファブリックを作成、変更、削除します
    • アップリンク管理 – アップリンクを作成、変更、削除します
    • ポートのブレイクアウト – ファブリック構成用にポートのブレイクアウトを設定します
OpenManage Ansible Modules for iDRAC
  • ファームウェア アップデートの拡張:
    • チェック モードのサポートによるファームウェア コンプライアンスの確認
    • すべてのコンポーネントのアップデートが完了するまでのジョブ トラッキングの改善
    • iDAC9用python omsdkライブラリーの依存関係を削除
  • ユーザー設定の拡張:
    • プライバシー暗号化プロトコル(AES、DESなど)の設定のサポート
  • サーバー電源管理の拡張:
    • iDRAC7/8およびiDRAC9の両方のomsdkの依存関係を削除
    • 電源管理操作のための標準redfish APIのサポート
    • バグ修正と廃止 – 詳細については、CHANGELOGを参照してください
Ansibleの役割:このリリースの一部として、次のようなAnsibleの役割も提供されています。ただし、コレクションやモジュールとは異なり、これらは現状のままで提供され、コミュニティーのみでサポートされます
  • サーバー構成プロファイルのインポート – リモート ネットワーク共有(CIFS、NFS、HTTP/S)またはローカル パスからSCPをインポートします
  • iDRAC証明書の管理 – 証明書署名要求(CSR)の生成、証明書のインポート/エクスポート、およびSSL証明書の工場出荷時のデフォルトへのリセット
  • iDRAC Lifecycle Controllerジョブ – ジョブ ステータスの取得、ジョブの削除、ジョブ キューの削除、ジョブ キューの強制削除
  • iDRAC Lifecycle Controllerステータス - Lifecycle Controllerのステータスとサーバーのステータスを取得
  • iDRAC属性の設定 - iDRAC、LC、システム属性の設定
 
 
 

OpenManage Ansible Modulesの機能

OpenManage Ansible Modules for OpenManage Enterprise and OpenManage Enterprise-Modular
  • PowerEdgeサーバー、MX7000シャーシ、およびコンピュート ブレードのライフサイクル管理の自動化
  • デバイスのインベントリーおよび正常性ステータス – OpenManage EnterpriseおよびOpenManage Enterprise-Modularによって管理およびモニタリングされているすべてのデバイスの正常性ステータスを含む詳細なデバイス インベントリーを表示
  • テンプレートベースのサーバー導入:
    • 標準の導入テンプレートをゴールデン サーバーから取得し、ターゲット サーバーに導入して、一貫性のある再現可能な構成を実現します
    • 目的のサーバー構成の終了状態に従って、構成テンプレートを編集します
    • 1つのタスクを使用して、テンプレートの導入の一部としてOSイメージを導入します
  • カタログおよびファームウェア リポジトリーを使用したファームウェア ベースライン コンプライアンス
  • ユーザー管理 – OpenManage EnterpriseおよびOpenManage Enterprise-Modularユーザー向けのCRUD操作を自動化します
  • 電源管理 – サーバーおよびコンピュート ブレードの電源投入、電源切断、正常なリスタートなどの電源管理操作を自動化します
  • ジョブ管理 – 複雑なワークフローのために、プレイブック内でジョブの詳細を表示し、進捗状況を監視します
  • アプライアンス設定 - Webサーバー、ネットワーク プロキシー、タイムゾーン、NTP、DNS、マルチホーミング構成を含むIPv4/IPv6アドレス指定
  • アプライアンスwebサーバー証明書の管理 - 証明書署名要求(CSR)の生成と証明書のアップロード
OpenManage Ansible Modules for iDRAC
  • iDRAC7、iDRAC8、iDRAC9により、PowerEdgeサーバーのエージェント フリーで自動化されたベアメタル構成、プロビジョニング、導入、アップデートをサポートします
  • iDRACからRedfish REST APIを利用して、PowerEdgeサーバーに対して、エージェント フリーの(アウトオブバンド)ベアメタル プロビジョニング、導入、およびアップデートを行います
  • リモート ネットワーク共有(CIFSまたはNFS)またはローカル ファイル パスにXMLまたはJSON形式のサーバー構成の完全な表現を含む、サーバー構成プロファイル(SCP)をエクスポートします
  • 一貫性のある再現可能な構成を実現するために、リモート ネットワーク共有(CIFSまたはNFS)またはローカル ファイル パスからサーバー構成プロファイル(SCP)をインポートします
  • Ansibleプレイブックを使用して、PowerEdgeサーバーのエンドツーエンドの自動構成、プロビジョニング、導入、アップデートをノータッチで行えるようになりました。
    • 電源サイクル:電源投入、電源切断、および正常なリスタート
    • iDRAC設定
      • ユーザーおよびパスワード管理 – ローカル ユーザー設定の作成、変更、および削除
      • ネットワーク構成 – DHCPと静的アドレス構成を含むiDRACネットワーク設定
      • サービス – WebサーバーとSNMPの設定
      • SNMP警告とEメール設定
      • タイム ゾーンとNTP設定の構成
      • システムのロックダウン
      • iDRACのリセット
    • BIOS設定 – 起動順序、1回限りの起動設定など1つのタスクで、すべてのBIOS属性を設定します
    • ストレージ構成 – ストレージ コントローラーに関連付けられている直接接続型ストレージの複数のRAIDボリュームを作成、変更、または削除します
    • OSの導入 – リモート ネットワーク共有(CIFS、NFS)からオペレーティング システムのISOを導入します
  • Lifecycle Controllerジョブのステータスを維持するためにAnsible Modulesを使用し、自動化プレイブックのステップバイステップのワークフローを構築します
  • 詳細なコンポーネント レベルのハードウェアおよびファームウェア インベントリーを取得します
  • Dell EMC Update Packageおよびカタログ ファイルを使用して、リモート ネットワーク ファイル共有(HTTP/HTTPS、CIFS、NFS)からアウトオブバンドにファームウェアのアップデートを行います
 
 

OpenManage Ansible Modulesのライセンス

OpenManage Ansible Modulesは、オープンソースであり、GNU GPL v3.0ライセンスの下でライセンスされています。詳細 >

 
 

OpenManage Ansible Modulesのダウンロード

OpenManage Ansible Modulesは、オープンソースのスタンドアロン ソフトウェアです。Dell EMCは、新機能、機能拡張、およびバグ修正を含めたマイナー リリースにより、継続的にモジュールの改善を行っています。詳細については、GitHubリポジトリーのCHANGELOGを参照してください。新しい機能を活用し、Ansible Galaxyから最新のコレクションをダウンロードするか、またはOpenManage Ansible Modules GitHubリポジトリーからリポジトリーのクローンを作成することにより、継続的な開発に寄与します。モジュールのメジャー リリースは、Dell EMCサポートからもダウンロードすることができます。

 
 

OpenManage Ansible Modulesのリソース

コミュニティ

Systems Managementコミュニティーに参加すると以下を利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

ドキュメンテーション

OpenManage Ansible Modulesのマニュアルを参照してください。サンプル プレイブックは、playbookフォルダーにあります。

サポート

  • Dell EMCは、OpenManage Ansible Modulesをサポートしています。
  • さらに、GitHubリポジトリーに問題を直接記録することもできます。
  • 開発チームにフィードバックを提供するには、OpenManageAnsible@Dell.comにEメールを送信してください。

ビデオ

iDRAC向けOpenManage Ansibleモジュール - 概要

 

OpenManage Ansible Modulesを使用したPowerEdgeサーバーの設定のデモンストレーションを行います。さらに、単一のプレイブックを使用したスタック全体の導入のデモンストレーションも行います。

2018年11月

OpenManage Ansible Modules for iDRAC - アウトオブバンドでのファームウェア アップデート

 

OpenManage Ansible Modulesにより、ネットワーク リモート リポジトリーを使用した、アウトオブバンドでのPowerEdgeサーバーのファームウェア アップデートのデモンストレーションを行います。

2018年8月

原因

Dell EMC

解決方法

Dell Technologies 2021

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Dell EMC OpenManage Ansible Modules

最後に公開された日付

21 2 2021

バージョン

7

文書の種類

Solution