メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter

概要: この文書では、Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenterの概要、最新リリースの概要、および統合リソースについて簡単に説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

SLN311238_en_US__1I_DellEMCとVMwareのReady_dv_v1

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenterとは何ですか。

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter(OMIVV)は、VMware vCenter Serverを使用して物理と仮想の両方のサーバー インフラストラクチャ全体を管理できるようにすることで、データ センター環境の管理プロセスを合理化するように設計されています。

  • ホストおよびクラスター ビューとvCenter内のOMIVVダッシュボードで、PowerEdgeハードウェア インベントリーを直接監視します。
  • vCenterで構成可能なアクションのハードウェア システム アラートをバブル アップします。
  • vSphere 7.0以降でvSphere Lifecycle Managerと一緒にファームウェアを管理する。
  • vSphere Lifecycle Manager以外のvSphereおよびvSANクラスターのクラスター対応アップデートを使用して、サーバー構成とファームウェア レベルのベースラインを設定します。
  • ESXiを新しいPowerEdgeサーバーに迅速に導入し、管理対象のvCenterに追加します。

OMIVVには、vCenterの統合に加えて、vRealize Operations Manager用のServer Management Packの権限が含まれています。これにより、vCenterの統合を活用して、新しいダッシュボードを提供し、ハードウェアとの関係をvRealize Operationsデータにマッピングして、より優れたトラブルシューティングと統合レポートを実現します。

 


Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter - 価値提案

VMware管理者としての統合の概要については、次のビデオを参照してください。


YouTubeビデオ: Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter(2:04)

原因

「解決策」の項を参照してください。

解決方法


はじめに

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter 5.4 のダウンロードには、製品をテストしてニーズを満たしているかどうかを確認するための無料の5つのホスト、90日間の評価ライセンスが付属しています。インストールを開始する前に、最新の リリース ノートインストール ガイド を確認して前提条件を確認することをお勧めします。


最新のアップデート

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter v5.4(最新マニュアル)

  • vCenterまたはvSphere 7.0 U3のサポート
  • R750x、R650xs、XR11、XR12プラットフォームを含む複数の新しいプラットフォームのサポート
  • Proactive HA 機能でのメモリ動作モードのサポート
  • vSphere Lifecycle Managerでアップデートされたクラスター イメージと一致するOMIVV UIのクラスター プロファイル バージョン
  • ノースバウンドAPIを拡張して、スクリプトUI機能(ハードウェア インベントリー、電源監視情報、システム イベント ログへのアクセス)を作成
 

OpenManage Management Pack for vRealize Operations v2.1(2.1ダウンロード)(2.1インストール ガイド)

  • OMIVV 4.3.1、5.1、5.2、5.2.1、5.3、5.3.1、5.4のサポート
  • vRealize Operations Manager 8.0、8.1、8.2、8.3、8.4、8.5のサポート
  • 摂氏ウィジェットのダッシュボードサポート


Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenterの機能

表1:機能
機能 説明
BIOSおよびファームウェアのアップデート
  • vCenter 7.0の一部としてvSphere Lifecycle Managerを使用するなど、vCenter内でPowerEdgeサーバーのファームウェア スタック アップデートを直接スケジュールして導入できます。
     
  • VMware DRSが有効になっているvSphereクラスターとvSANクラスターの両方で、ホストをメンテナンス モードに設定するクラスター対応アップデートを導入し、アップデートしてからオンラインに戻してから、vSphere Lifecycle Manager以外のクラスターの次のクラスターに移動できます。
ハードウェア インベントリーの深いレベルの詳細
  • プロセッサー、メモリー、I/Oカード、ファンまたは温度の詳細、ローカル ストレージなどのDell EMC認定コンポーネントのPowerEdgeサーバーとシャーシに関する完全なインベントリー情報(数量、パーツ タイプ、スロットなど)。
監視および警告
  • 通知と手動承認、またはアラートに関連する自動イベントを設定するためのコントロールを使用してvCenterに取り込まれるハードウェア情報とアラート。
     
  • 特定のハードウェア冗長性損失イベントの自動化にvCenterポリシーをさらに活用するためのVMware ProActive HAのサポート(OMIVV 4.0以降およびvCenter 6.5以降が必要)。
     
  • vRealize Operations用OpenManage Management Pack(4.0以降が必要)では、vRealize Operationsの上位アラートと正常性ステータスも表示されます。
ホスト構成およびESXiの導入
  • ハードウェア構成と特定のESXiイメージをリンクするため、PowerEdgeホストに接続した後、構成と導入を迅速に行い、ホストをvCenterに取り込むことができます。
     
  • プロビジョニング サーバーを有効にした状態で注文されたPowerEdgeサーバーを使用すると、管理ネットワークに追加されたときにベアメタル ホストを自動検出し、ハードウェアの構成、ESXiの導入、vCenterへの導入を迅速に行うことができます。
vSphereおよびvSANのコンプライアンス ベースライン
  • クラスター プロファイルを使用すると、サーバー構成、ファームウェア レベル、ドライバー レベル全体で管理対象サーバーに対して追跡するベースラインを設定し、vSphere Lifecycle Managerを使用した場合と使用しない場合の両方で、企業レベルの維持またはコンプライアンス レベルのサポートに役立ちます。
     
  • vSANベースラインにはOMIVV 4.2以降が必要です。
  • vSphereベースラインにはOMIVV 5.0以降が必要です。
  • vSphere Lifecycle Manager(vCenter 7.0以降)には、OMIVV 5.1以降が必要です。
オンライン保証情報
  • 主要なサポート情報は、サーバー、シャーシ、クラスター レベルでのサービス タグ、サービス プロバイダー、保証タイプ、サービスの日付を含めることで、PowerEdge環境のvCenter内で利用できます。


表2: OMIVVバージョン マトリックス
OMIVVのバージョン VSphereのサポート VCenterのサポート VSphereクライアントのサポート vROps用OM管理パックのサポート
5.4 6.0 U3~7.0 U3 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0~7.0 U3 HMTL5 2.1
5.3.1 6.0 U3~7.0 U2 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0~7.0 U2 HMTL5 2.1
5.3 6.0 U3~7.0 U2 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0~7.0 U2 HMTL5 2.1
5.2.1 6.0 U3~7.0 U1 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0~7.0 U1 HMTL5 2.1
5.2 6.0 U3~7.0 U1 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0~7.0 U1 HMTL5 2.1
5.1 6.0 U3~7.0 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3、7.0 HMTL5 2.1
5.0 6.0 U3~6.7 U3 6.5 U2~6.5 U3、6.7~6.7 U3 HMTL5 2.0を切り替える方法
4.3.1 5.1~6.7 U1 6.0 U2~6.5 U2、6.7~6.7 U1 フレックス 1.2, 2.1


表3: OMMP for vROpsバージョン マトリックス
vROps用OM管理パックのバージョン VROpsのサポート OMIVVバージョンのサポート
2.1 8.0 - 8.5 4.3.1, 5.1, 5.2, 5.2.1, 5.3, 5.3.1, 5.4
2.0を切り替える方法 6.7~7.5 5.0
1.2 6.5~7.0 4.2~4.3.1
1.1 6.5~6.6 4.1~4.2
1.0 6.3~6.5 4.0~4.1
 


Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter - ダウンロード

表4:OMIVVダウンロード(OVF導入)
現在のバージョン 以前のバージョン
5.4 4.3

(最新のRPMアップデートは、OMIVVがオンラインになっているか、support.dell.com で見つかるか、最新のアップデートがここにある場合に自動的に検出されます。)  
 

vRealize Operations用OpenManage Management Pack - ダウンロード

表5:vROps用の以前のOMMPダウンロード

バージョン OMIVVの要件
2.1 4.3.1, 5.1 - 5.4
2.0を切り替える方法 5.0
1.2 4.2~4.3.1
1.1 4.0~4.1
1.0 4.0~4.1

 

 Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenter - マニュアル

表6:マニュアルとドキュメント
最新のOMIVV vROPs用の最新のOMMP
5.4 2.1
 


ホワイトペーパー

OMIVVを使用したvSANクラスターのハードウェア互換性の維持
OMIVVを使用したプロアクティブなHA


その他のリソース

Dell EMC OpenManage Integration for VMware vCenterのビデオ

セットアップに関する考慮事項とインストール

ファームウェアのベースラインとアップデート

一般的な使用方法

OMIVV のアップデート

その他のリンク

文書のプロパティ


影響を受ける製品

VMware ESXi, VMware vCenter Lifecycle Manager, VMware vCenter Server, VMware vMotion, VMware VSAN, Vmware Vsphere, VMware vSphere Client Plug-ins

最後に公開された日付

23 11月 2021

バージョン

12

文書の種類

Solution

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字