メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter (OMEVV)

概要: この文書では、OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter(OMEVV)の概要、最新リリースの概要、およびクイック リファレンスのための統合リソースについて説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象


OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenterとは

Dell OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter for VMware vCenter(OMEVV) は、VMware vCenter Serverを使用して物理と仮想の両方のサーバー インフラストラクチャを管理できるようにすることで、VMware 環境で実行されているDell PowerEdgeサーバーの管理プロセスを合理化するように設計されています。  OPENManage Enterpriseをバックエンドとして活用して、OMEVVプラグインをサポートします。

次のような機能があります。  

  • ホストおよびクラスター ビューでのPowerEdgeハードウェアの稼働状態の直接監視
  • vCenter内にプラグイン ダッシュボードを提供すると、管理ハードウェアおよび管理タスクのサマリーの詳細が表示されます。 
  • 各管理対象サーバーおよびシャーシのハードウェアおよびファームウェアインベントリー情報の詳細なレポート   
  • vCenterへのハードウェア アラートの統合
  • オプションのvSphere Lifecycle Managerを使用したファームウェア アップデートの管理 
  • vSphere Lifecycle Manager以外のvSphereおよびvSphere vSANクラスターのクラスター対応アップデート
  • サーバー ファームウェア レベルの監視対象ベースラインの設定  
  • オプションのVMwareホスト プロファイルとデスティネーションvCenterを使用した新しいPowerEdgeサーバーへのESXiのベア メタル導入
  • vCenterに表示される管理対象サーバーごとにiDRACハイパーリンクを含める
  • サポートされているハードウェア アラートに対するVMware HAイベント管理のサポート 
  • 各管理対象サーバーとシャーシの保証ステータス
  • サービス コールの作成や電源管理など、幅広いOpenManage EnterpriseとCloudIQ機能へのアクセス
  • 完全なAPIサポート
製品概要 高照明機能とアーキテクチャ ドキュメント

OMEVVの場合、アクティブ化権は、管理対象サーバーごとに1つのOpenManage Enterprise Advanced+ライセンスに含まれています。 

 


OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter 

VMware管理者として統合ができることの概要については、次のビデオを参照してください。




Dell OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter(OMEVV) Quick Insight Overviewビデオ


はじめに

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter (OMEVV)

OMEVVの最新バージョンの場合は、まずOpenManage Enterpriseをダウンロードしてインストールする必要があります。OMEVVプラグインは、OpenManage Enterpriseの[プラグイン]セクション内のOMEコンソールから使用できます。管理する各サーバーには、OpenManage Advanced+ライセンスが必要です。OMEVVを評価するには、ここから一時的な90日間ライセンスをダウンロードできます。また、最新の OpenManage Enterprise インストールマニュアルを確認することをお勧めします。

最新のアップデート

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter v1.3

新機能:   
  • vSphere 8.0 U2のサポート
  • 新しいVSAN Ready Nodesを含む新しいPowerEdgeサーバーのサポート
  • ベースラインプロファイルを作成し、ファームウェアコンプライアンスを確認し、スタンドアロン(クラスタ化されていない)ホストにもファームウェアアップデートを今すぐ適用します。
    • リポジトリプロファイルは任意のリポジトリにできるようになりました(Dell.com のみではない)
    • その他の機能拡張:
      • クラスターとデータセンター グループを簡単に検索
      • ベースライン プロファイルの作成の効率性が向上
    • 注:OMEVV 1.2 は、クラスタ化されたホストでのみファームウェアアップデートをサポートします
  • ベアメタル ホストの検出/追加/更新/インベントリー/削除ベアメタル ホストへのシステム プロファイルの適用
    • メモ:
      • OMEVV-1.2でコンプライアンスを確認しました。OMEVV 1.3の新しいシステム プロファイル
      • OMEVVへの新しいベア メタルの追加は、2ステップのプロセスです。OMEVVからベア検出をトリガーし、OMEからそれらのベア メタルを追加します。
      • ベアメタル グループは、プラグイン グループの[OMEVV]の下にデフォルトで作成されます(すでに使用可能)
      • 検出中に、複数のコンマ区切りIPアドレスを指定できます。
      • OMEVV 1.2では、OMEによって検出されたベアメタル ホストのみをOMIVVに追加できます。
  • システムプロファイルの作成と導入(システムプロファイル = OME の導入テンプレート)
    • プロファイルの作成/表示/導入
      • リファレンス サーバーは、ESXiホストまたはベアメタル ホストにすることができます。
  • MXシャーシの検出/追加/更新/インベントリー/削除(注: コンプライアンス チェックとシステム プロファイルのサポートなし)
    • MX シャーシがマルチシャーシ管理(MCM)として設定されている場合、 のコンピュートスレッドが検出されると、OMEVV はリードシャーシも検出し、スレッドをリードシャーシ経由で管理できるようにします。
    • 目標は、各NGMシャーシにManage_with_Alertsと非NGMをManage_without_Alertsすることです(OMEはNGMシャーシに対してのみアラートをサポートします)。ただし、アラームには関連するアクションはありません。
      • アラートは、vSphere Web ClientのイベントとOME自体で使用可能
    • 注:OMEVV に関連付けられているが、OME によって検出されないシャーシは検出可能
  • スタンドアロン ホストのvLCMサポート
    • 注:vLCMからのファームウェア アップデートは、より包括的です。ユーザーは、1つのタスクでESXI、ドライバー、アドオン、ファームウェアをアップデートできます。
  • その他の機能拡張
    • SKIP CNチェック オプションを使用できます(これにより、お客様はvCenter証明書の共通名に関係なく、IPアドレスまたはFQDNを使用してvCenterを登録できます) 
Dell OpenManage Management Pack for VMware Aria Operations OMMP 3.0

OMMP 3.0 では、次の監視またはレポートを実行できます。
  • デルサーバ、デルシャーシ、およびそれらのコンポーネントの正常性
  • サーバー拡張メトリックを使用したDellサーバーの電力消費量の詳細
  • ファームウェアのドリフトとファームウェア メトリックを介したアップデートの重要度
  • 保証メトリックを使用したDellサーバーおよびDellシャーシの保証の詳細
  • デルサーバ、デルシャーシ、およびそれらのコンポーネントの正常性ステータスアラート
  • vCenter ESXiとのDellサーバー関係
  • サーバー ダッシュボードには、管理対象のDellサーバーの環境正常性、保証ヒート マップ、上位アラート、ファームウェア アップデート、コンポーネントとの関係、電力消費量の高い、高温、ファン速度の高い情報が表示されます。
  • サーバーとシャーシの関係に関するサーバー ビュー、vSAN対応、Proactive HA対応、ファームウェア アップデートとサマリー、電力消費量、耐障害性モード、SSD書き込み耐久性、保証の詳細
  • 管理対象のDellシャーシの環境正常性、保証ヒート マップ、上位アラート、コンポーネントとの関係、ファン速度の向上の詳細
  • ファームウェアと保証のシャーシ ビューとレポート
最新のvROps SDKのサポート。
vROpsクラウド

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter v1.2のサポート(リリース ノート)

新機能:         
  • 新しくリリースされたDell PowerEdgeサーバーのサポート 
  • VMware ESXi 8.0 U1をサポート 
  • アプライアンスのIPアドレスまたはFQDNを使用したOMEアプライアンスへの通信  
OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter v1.1 (リリース ノート)

新機能: 
  • デルの 16世代PowerEdgeサーバーの次の波をサポート
  • VMware ESXi 8.0をサポート 
  • OMEVVのバックアップと復元 
  • サーバーへのESXi ISOのベア メタル導入とオプションのVMwareホスト プロファイルのサポート
  • OMEVVでOME Update Managerプラグインによって作成されたファームウェア カタログを使用するためのサポート

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter v1.0.1/1.0 (リリース ノート)

新機能:
  • OpenManage Enterprise(OME)プラグインとして導入
  • vCenterによって管理されるPowerEdgeホストの検出
  • OpenManage Enterprise インベントリのアップデート
  • vCenterに統合されたPowerEdgeインベントリー、正常性モニタリング、アラート
  • 次のvCenterクラスター ポリシーへの結び付け:Pro-Active HA
  • VMware DRSによるスタンドアロンまたはクラスター対応のファームウェア アップデート & メンテナンス モード
  • vSphere Lifecycle Managerホスト ファームウェア アップデートのサポート。
  • OpenManage EnterpriseとvCenterの両方でのログ サポート
  • 完全なAPI対応
  • 単一のOpenManage Enterprise + OMEVVインスタンス内で最大4,000台のvCenter管理対象ホストの管理をサポート
  • 管理パネル コントロール用のOpenManage Enterpriseのフル ロールおよびスコープ ベースのコントロール
  • 新しいOMEレポートにはOMIVVデータが含まれる

 

原因

サポートされているデバイス: Dell PowerEdgeサーバー13G以降

サポートされているVMwareソフトウェア:vSphere 7.0 U2以降

解決方法


OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter - ダウンロード

表1:OMEVV OMEプラグインのダウンロード(エア ギャップ/ダーク サイト使用のオフライン コピー)  
現在のバージョン 以前のバージョン
1.2.0 1.1.0

OpenManage Enterprise Integration for VMware vCenter - マニュアル

最新のマニュアルとドキュメント
ユーザーズ ガイド、サポート マトリックス、APIドキュメント、セキュリティ構成ガイド&リリース ノート こちら


ホワイトペーパー

OMIVVからOMIVVへの移行

その他のリソース

OMEVV Quick Insightビデオ 

導入 

ファームウェア アップデート 

役に立つ背景リンク

その他のリンク  OMIVV

OMEVVは、OMIVVを置き換え、別の「OMIVVアプライアンス」からOpenManage Enterpriseプラグインに移行しました。OMIVVは現在、新しい機能を計画していない維持モードになっています。最後にリリースされたバージョンは5.4.1で、最大VMware ESXiおよびvCenterバージョン7.0 U3までサポートされています。VMware ESXi 8および/またはデルの16世代PowerEdgeサーバーのサポートを希望するお客様は、OMEVVに移行する必要があります。OMIVVリリース5.4.1には、統合移行ツールが含まれています。OMIVVは、既存のサポート契約に従って引き続きサポートされます。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

VMware ESXi, VMware vCenter Lifecycle Manager, VMware vCenter Server, VMware VSAN, VMware vSphere Client Plug-ins

最後に公開された日付

31 1月 2024

バージョン

19

文書の種類

Solution