Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell Latitudeタブレット用Dellスタイラス オプション使用ガイド

Summary: この文書は、Latitudeタブレットで使用できるDellスタイラスのガイドです。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms


目次:

  1. Dellスタイラス
  2. ビジュアル ガイド
  3. スタイラスを使用するために
  4. タブレットでのスタイラス オプションの使用方法

 

Dellスタイラス

 

スタイラスは、インクを使用せず、タッチまたは圧力で書き込みを行なえるようになっています。タブレット用のスタイラスは通常、ペンのように見え、オプションの選択、書き込み、タッチ スクリーンでの描画に使用できます。

これは、Dell Latitudeタブレットで使用できるオプションのDellスタイラスのガイドです。ビジュアル ガイドを取り上げて、スタイラスを使用する準備を整え、タブレットでタッチペンを使用します。

 
メモ:スタイラスは別売りで、タブレットには同梱されていません。
 


トップに戻る

 


Cause

 

ビジュアル ガイド

 

Latitudeスタイラス - 凡例のコールアウト

 

スタイラスの外観

 
1 ペン リード:指でのタッチ機能を提供 2 ペン ボタン:左クリックと右クリックの実行に使用
3 中央のバレル:バッテリー ケースにアクセス 4 ペン クリップ/ペンのリア キャップ:スタイラスをポケットに安全に収納
 


トップに戻る


Resolution

 

スタイラスを使用するために

 

  1. 中央のバレルを反時計回りに回します。

    スタイラスを真ん中にねじる

  2. ペンの先の方に+を向けてAAAA電池を挿入します。

    AAAバッテリを挿入します

  3. バレルをしっかりと締めます。

    タッチペンを取り付け直します


トップに戻る


 

タブレットでのスタイラス オプションの使用方法

 

スタイラスは人間工学に基づいて設計されており、タブレットで長時間使用できます。手動モードで切り替えることなく、ペン入力と指での入力を切り替えできます。スタイラスは、パームリジェクション、ホバーティング、圧力検知などの機能をサポートしており、 キャリブレーションを必要とせず、正確さと使いやすさを実現します。

ソフトウェア設定が可能な2つのボタンは、消去、ハイライト、マウス クリックの実行などの機能の実行に使用できます。タブレット上でスタイラスの先端を使用して、図形の描画、テキストの選択、ページ捲り、文字の書き込み、文書の署名を行うことができます。

Windowsの[コントロール パネル]で、ネイティブの[ペンとタッチ]アプリケーションを使用できます。

[コントロール パネル]>[デバイス]>[ペン]

ペンおよびタッチ パネル

または、コンピューターのタイプに応じて 、N-Trig DuoSense アプリケーションを使用することもできます。

NTrig DuoSenseアプリケーション

スタイラスの側面にあるボタンを押して、タブレットの左クリックと右クリックの機能を実行することもできます。

タッチペン ボタンを押す


トップに戻る


Article Properties


Affected Product

Tablets, Latitude 10e ST2E, Latitude 10, Latitude 7212 Rugged Extreme Tablet, Latitude 7350 2-in-1, Latitude 7202 Rugged Tablet

Last Published Date

15 Sep 2022

Version

4

Article Type

Solution