DSA-2021-088:Dell dbutilドライバーに存在する不十分なアクセス制御の脆弱性に関するDellクライアント プラットフォームのセキュリティ アップデート

概要: Dellは、Dellクライアント ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージおよびその他の製品と一緒にパッケージ化されているdbutil_2_3.sysドライバーに影響するセキュリティ脆弱性の修復をリリースしました。

文書の内容


影響

High

詳細

専用コードCVE 説明 CVSS基本スコア CVSS Vector文字列
CVE-2021-21551 Dell dbutil_2_3ドライバーには、権限のエスカレーション、サービス拒否、情報漏洩の原因となる可能性のある不十分なアクセス制御の脆弱性が含まれています。ローカルで認証されたユーザー アクセスが必要です。 8.8 CVSS:3.1/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H
 
上記の表に記載されている脆弱性は、dbutil_2_3.sysドライバーに存在します。このドライバーは、1つまたは複数の対象製品またはコンポーネントによってDellクライアント プラットフォームのWindowsオペレーティング システムにインストールされている可能性があります。

以下の詳細については、このアドバイザリーの「対象製品および修復手順」セクションを参照してください。
  • 対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントの一覧
  • 修復手順には、次が含まれます。
    • システムから脆弱性のあるドライバーを削除する方法
    • アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する方法 
  • サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項

その他の関連情報については、このFAQを参照してください。

専用コードCVE 説明 CVSS基本スコア CVSS Vector文字列
CVE-2021-21551 Dell dbutil_2_3ドライバーには、権限のエスカレーション、サービス拒否、情報漏洩の原因となる可能性のある不十分なアクセス制御の脆弱性が含まれています。ローカルで認証されたユーザー アクセスが必要です。 8.8 CVSS:3.1/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H
 
上記の表に記載されている脆弱性は、dbutil_2_3.sysドライバーに存在します。このドライバーは、1つまたは複数の対象製品またはコンポーネントによってDellクライアント プラットフォームのWindowsオペレーティング システムにインストールされている可能性があります。

以下の詳細については、このアドバイザリーの「対象製品および修復手順」セクションを参照してください。
  • 対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントの一覧
  • 修復手順には、次が含まれます。
    • システムから脆弱性のあるドライバーを削除する方法
    • アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する方法 
  • サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項

その他の関連情報については、このFAQを参照してください。

デル・テクノロジーズでは、すべてのお客様に対して、CVSSベース スコアに加えて、特定のセキュリティの脆弱性に付随する潜在的な重要度に影響する可能性のある現状スコアや環境スコアも考慮することをお勧めしています。

影響を受ける製品と修復

このセクションには、次のサブセクションが含まれます。

  1. 対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネント。

  2. 修復手順:

    1. お使いの環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する。

    2. 脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する。

    3. アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する。

  3. 修復されていないファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを使用してファームウェア アップデートをインストールする際の注意事項。

  4. サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項。

 
1.対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネント
次の1つまたは複数の製品またはコンポーネントにより、脆弱なドライバー(dbutil_2_3.sys)がDellクライアント プラットフォームのWindowsオペレーティング システムにインストールされている可能性があります。

  • BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、およびドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージ(以下のメモ1およびメモ2を参照)。

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか。

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

 

注1:このアドバイザリーの「その他の情報」セクションには、BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、ドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載した特定のDellクライアント プラットフォームが記載されています。

  • この情報は、2つの表に分割されており、表Aにはサポートされている対象プラットフォームの一覧、また表Bにはサポートが終了した(End of Support)対象プラットフォームの一覧が記載されています。

メモ2:この脆弱性は、ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージに含まれているdbutil_2_3.sysドライバーにあります。実際のファームウェアは、この脆弱性の影響を受けません。

 
 
2.修復手順
この脆弱性を修復するには、次の3つの手順を実行します。

  • 2.1.お使いの環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する。

  • 2.2.脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する。

  • 2.3.アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する。

各手順の詳細については、以下を参照してください。  

2.1 環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する

以下の質問に答え、お使いの環境内にある対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定します。次に、定義済みのアクションを実行して、お使いの環境を修復します。

2.1.1 対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載したDellクライアント プラットフォームを使用していますか?

 「はい」の場合は、次のアクションを実行します。

  • アクション1:2.2.2の説明に従って、お使いのシステムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

  • アクション2:2.3に記載されている修復済みバージョンのドライバーを取得します。  

注:このアドバイザリーの「その他の情報」セクションには、BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、ドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載した特定のDellクライアント プラットフォームが記載されています。

  • この情報は、2つの表に分割されており、表Aにはサポートされている対象プラットフォームの一覧、また表Bにはサポートが終了(End of Support)した対象プラットフォームの一覧が記載されています。

2.1.2 次を使用していますか?

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

「はい」の場合は、次のアクションを実行します。

  • アクション1:2.2.1の説明に従って、製品またはコンポーネントの修復済みバージョンにアップデートします。

  • アクション2:2.2.2の説明に従って、お使いのシステムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

2.2.脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する

必要に応じて、次の2つの手順を実行して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

2.2.1 対象の製品またはコンポーネントを修復済みバージョンにアップデートする

次のいずれかの製品またはコンポーネントを使用している場合:

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

まず、以下の各指示に従って、対象の製品またはコンポーネントを修復済みバージョンにアップデートする必要があります。このアクションによって、アップデートされた修復済みバージョンのドライバー(DBUtilDrv2.sys)もインストールされます。

 

Dell Command Update、Dell Update、Alienware Updateの場合:

  • バージョン4.2以降に手動でアップデートします。

    • Dellサポートの「ドライバーおよびダウンロード」サイトを参照して、お使いのプラットフォーム向けのアップデートを取得します。
      または、

    • お使いのシステムでこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効でない場合は、次の操作を実行できます。

      • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

      • [Check for Updates]をクリックします。

注:上記の[Check for Updates]オプションのいずれかを使用する場合、またはこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効な場合は、次の手順(2.2.2)によるドライバー削除の準備を行うために必要に応じてコンポーネントがアップデートされます。ただし、コンポーネントのバージョンはアップデートされたバージョンを反映していない可能性があります。

  • システムを再起動します。

Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsの場合:

  • 入手可能な最新バージョンに手動でアップデートします。

    • Dell SupportAssist for Home PCsバージョン3.9.2以降には、修復済みドライバーが含まれ、2021年6月15日までに提供される予定です。

    • Dell SupportAssist for Business PCsバージョン2.4.1以降には、修復済みドライバーが含まれます。
      または

    • お使いのシステムでこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効でない場合は、次の操作を実行できます。

      • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

      • [Check for Updates]をクリックします。

注:上記の[Check for Updates]オプションのいずれかを使用する場合、またはこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効な場合は、次の手順(2.2.2)によるドライバー削除の準備を行うために必要に応じてコンポーネントがアップデートされます。ただし、コンポーネントのバージョンはアップデートされたバージョンを反映していない可能性があります。

  • システムを再起動します。

 Dell System Inventory Agentの場合:

  • Microsoft System Center Configuration Managerのサード パーティー製アップデート機能、またはMicrosoft System Center Update Publisher(Windows Serverアップデート サービスと一緒に)を、最新のDell提供カタログに同期します。これにより、アップデートされた修復済みのDell System(OpenManage)Inventory Agentを使用して、お使いのエンタープライズ環境のシステムをアップデートします。
    または

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン2.6.0.0以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

Dell Platform Tagsの場合:

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン4.0.20.0、A04、またはそれ以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

Dell BIOSフラッシュ ユーティリティーの場合:

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン3.3.11、A07、またはそれ以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

2.2.2 システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除する

次のいずれかのオプションを使用して、dbutil_2_3.sysドライバーをシステムから削除します。

  • ユーティリティーを手動でダウンロードして実行し、システムからドライバーを削除します(オプションA)。

  • Dellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、自動的にユーティリティーを取得して実行し、システムからドライバーを削除します(オプションB)。

  • システムからドライバーを手動で削除します(オプションC)。

オプションA(推奨):
Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088ユーティリティーを手動でダウンロードして実行し、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

オプションB:
Dellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088ユーティリティーを取得して実行し、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

シナリオ1: Dellダウンロード通知ソリューションがアップデートを自動的に通知して適用するように設定されている場合、このユーティリティーは自動的にダウンロードされて実行されます。

シナリオ2: Dellダウンロード通知ソリューションがアップデートを自動的にダウンロードして適用するように設定されていない場合は、次の手順に従ってユーティリティーを取得して実行します。

  • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

  • [Check for Updates]をクリックします。

  • Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088のオプションを選択して適用します。

オプションC:
次の手順を実行して、脆弱性のあるdbutil_2_3.sysドライバーをシステムから手動で削除します。

1.次の場所でdbutil_2_3.sysドライバー ファイルを確認します。

  • C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp

  • C:\Windows\Temp

2.dbutil_2_3.sysファイルを選択して、SHIFTキーを押したまま、DELETEキーを押し、完全に削除します。

3.管理者のコマンド プロンプトで、「sc.exe delete DBUtil_2_3」を実行します。

リファレンス:sc.exeコマンドの詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

 

2.3 アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する
以下を実行して、お使いのシステムでアップデートされたドライバー(DBUtilDrv2.sys)を取得します。

注意:「2.2.1」セクションの手順の一部として、特定の製品およびコンポーネント用のアップデートされたドライバーが以前にインストールされています。

対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載したDellクライアント プラットフォームの場合:

  • 次にスケジュールされているファームウェア アップデートで、修復済みdbutilドライバー(DBUtilDrv2.sys)を含む入手可能な最新のファームウェア アップデート ユーティリティーをダウンロードして適用します。お客様はDellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、アップデートされたファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを取得できます(該当する場合)。

  • システムを再起動します

メモ:

  • Windows 10を実行しているサポート対象プラットフォームについては、このアドバイザリーの公開時点のアップデートを利用できます(表Aを参照)。

  • Windows 7または8.1を実行しているサポート対象プラットフォームについては、2021年7月31日までにアップデートが利用可能になる予定です。アップデートが利用可能になり次第、このアドバイザリーも更新される予定です。アップデートが利用可能になる前にお使いのBIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアをアップデートする場合は、アップデート直後にこのセクションの手順2.2.2で定義された3つのオプションのいずれかを実行する必要があります。この手順を以前に実行した場合でも実行する必要があります。

 
3.修復されていないファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを使用してファームウェア アップデートをインストールする際の注意事項
今すぐセクション2.1と2.2の手順を実行する必要があります。ただし、後でBIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアを表Aに記載されているバージョンより前のバージョンにアップデートする場合は、ファームウェア アップデートを適用した後に次の操作を行う必要があります。

  1. システムを再起動します。

  2. 手順2.2.2を繰り返して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。


4.サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項
修復済みパッケージは、サポートが終了したプラットフォームには提供されません(表Bを参照)。したがって、次の操作を行う必要があります。

  1. セクション2.1および2.2に記載されている手順を実行します。

  2. BIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアを含むファームウェア アップデートを適用した後に、次の手順を実行します。

  • システムを再起動します。

  • 手順2.2.2を繰り返して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

このセクションには、次のサブセクションが含まれます。

  1. 対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネント。

  2. 修復手順:

    1. お使いの環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する。

    2. 脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する。

    3. アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する。

  3. 修復されていないファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを使用してファームウェア アップデートをインストールする際の注意事項。

  4. サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項。

 
1.対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネント
次の1つまたは複数の製品またはコンポーネントにより、脆弱なドライバー(dbutil_2_3.sys)がDellクライアント プラットフォームのWindowsオペレーティング システムにインストールされている可能性があります。

  • BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、およびドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージ(以下のメモ1およびメモ2を参照)。

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか。

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

 

注1:このアドバイザリーの「その他の情報」セクションには、BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、ドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載した特定のDellクライアント プラットフォームが記載されています。

  • この情報は、2つの表に分割されており、表Aにはサポートされている対象プラットフォームの一覧、また表Bにはサポートが終了した(End of Support)対象プラットフォームの一覧が記載されています。

メモ2:この脆弱性は、ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージに含まれているdbutil_2_3.sysドライバーにあります。実際のファームウェアは、この脆弱性の影響を受けません。

 
 
2.修復手順
この脆弱性を修復するには、次の3つの手順を実行します。

  • 2.1.お使いの環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する。

  • 2.2.脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する。

  • 2.3.アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する。

各手順の詳細については、以下を参照してください。  

2.1 環境内の対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定する

以下の質問に答え、お使いの環境内にある対象プラットフォーム、製品、およびコンポーネントを特定します。次に、定義済みのアクションを実行して、お使いの環境を修復します。

2.1.1 対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載したDellクライアント プラットフォームを使用していますか?

 「はい」の場合は、次のアクションを実行します。

  • アクション1:2.2.2の説明に従って、お使いのシステムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

  • アクション2:2.3に記載されている修復済みバージョンのドライバーを取得します。  

注:このアドバイザリーの「その他の情報」セクションには、BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、ドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティーを含む、対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載した特定のDellクライアント プラットフォームが記載されています。

  • この情報は、2つの表に分割されており、表Aにはサポートされている対象プラットフォームの一覧、また表Bにはサポートが終了(End of Support)した対象プラットフォームの一覧が記載されています。

2.1.2 次を使用していますか?

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

「はい」の場合は、次のアクションを実行します。

  • アクション1:2.2.1の説明に従って、製品またはコンポーネントの修復済みバージョンにアップデートします。

  • アクション2:2.2.2の説明に従って、お使いのシステムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

2.2.脆弱性のあるドライバーをシステムから削除する

必要に応じて、次の2つの手順を実行して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

2.2.1 対象の製品またはコンポーネントを修復済みバージョンにアップデートする

次のいずれかの製品またはコンポーネントを使用している場合:

  • Dell Command Update、Dell Update、Alienware Update、Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを含む、Dellダウンロード通知ソリューションのいずれか

  • Dell System Inventory Agent

  • Dell Platform Tags

  • Dell BIOSフラッシュ ユーティリティー

まず、以下の各指示に従って、対象の製品またはコンポーネントを修復済みバージョンにアップデートする必要があります。このアクションによって、アップデートされた修復済みバージョンのドライバー(DBUtilDrv2.sys)もインストールされます。

 

Dell Command Update、Dell Update、Alienware Updateの場合:

  • バージョン4.2以降に手動でアップデートします。

    • Dellサポートの「ドライバーおよびダウンロード」サイトを参照して、お使いのプラットフォーム向けのアップデートを取得します。
      または、

    • お使いのシステムでこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効でない場合は、次の操作を実行できます。

      • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

      • [Check for Updates]をクリックします。

注:上記の[Check for Updates]オプションのいずれかを使用する場合、またはこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効な場合は、次の手順(2.2.2)によるドライバー削除の準備を行うために必要に応じてコンポーネントがアップデートされます。ただし、コンポーネントのバージョンはアップデートされたバージョンを反映していない可能性があります。

  • システムを再起動します。

Dell SupportAssist for Home PCs/Business PCsの場合:

  • 入手可能な最新バージョンに手動でアップデートします。

    • Dell SupportAssist for Home PCsバージョン3.9.2以降には、修復済みドライバーが含まれ、2021年6月15日までに提供される予定です。

    • Dell SupportAssist for Business PCsバージョン2.4.1以降には、修復済みドライバーが含まれます。
      または

    • お使いのシステムでこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効でない場合は、次の操作を実行できます。

      • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

      • [Check for Updates]をクリックします。

注:上記の[Check for Updates]オプションのいずれかを使用する場合、またはこれらのコンポーネントのセルフアップデート機能が有効な場合は、次の手順(2.2.2)によるドライバー削除の準備を行うために必要に応じてコンポーネントがアップデートされます。ただし、コンポーネントのバージョンはアップデートされたバージョンを反映していない可能性があります。

  • システムを再起動します。

 Dell System Inventory Agentの場合:

  • Microsoft System Center Configuration Managerのサード パーティー製アップデート機能、またはMicrosoft System Center Update Publisher(Windows Serverアップデート サービスと一緒に)を、最新のDell提供カタログに同期します。これにより、アップデートされた修復済みのDell System(OpenManage)Inventory Agentを使用して、お使いのエンタープライズ環境のシステムをアップデートします。
    または

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン2.6.0.0以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

Dell Platform Tagsの場合:

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン4.0.20.0、A04、またはそれ以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

Dell BIOSフラッシュ ユーティリティーの場合:

  • このページから、入手可能な最新のアップデートをダウンロードして適用することにより、バージョン3.3.11、A07、またはそれ以降にアップデートします。

  • システムを再起動します。

2.2.2 システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除する

次のいずれかのオプションを使用して、dbutil_2_3.sysドライバーをシステムから削除します。

  • ユーティリティーを手動でダウンロードして実行し、システムからドライバーを削除します(オプションA)。

  • Dellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、自動的にユーティリティーを取得して実行し、システムからドライバーを削除します(オプションB)。

  • システムからドライバーを手動で削除します(オプションC)。

オプションA(推奨):
Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088ユーティリティーを手動でダウンロードして実行し、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

オプションB:
Dellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088ユーティリティーを取得して実行し、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

シナリオ1: Dellダウンロード通知ソリューションがアップデートを自動的に通知して適用するように設定されている場合、このユーティリティーは自動的にダウンロードされて実行されます。

シナリオ2: Dellダウンロード通知ソリューションがアップデートを自動的にダウンロードして適用するように設定されていない場合は、次の手順に従ってユーティリティーを取得して実行します。

  • インターネットに接続されたシステムで、アプリケーションを起動または実行します。

  • [Check for Updates]をクリックします。

  • Dell Security Advisory Update – DSA-2021-088のオプションを選択して適用します。

オプションC:
次の手順を実行して、脆弱性のあるdbutil_2_3.sysドライバーをシステムから手動で削除します。

1.次の場所でdbutil_2_3.sysドライバー ファイルを確認します。

  • C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp

  • C:\Windows\Temp

2.dbutil_2_3.sysファイルを選択して、SHIFTキーを押したまま、DELETEキーを押し、完全に削除します。

3.管理者のコマンド プロンプトで、「sc.exe delete DBUtil_2_3」を実行します。

リファレンス:sc.exeコマンドの詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

 

2.3 アップデートされた修復済みバージョンのドライバーを取得する
以下を実行して、お使いのシステムでアップデートされたドライバー(DBUtilDrv2.sys)を取得します。

注意:「2.2.1」セクションの手順の一部として、特定の製品およびコンポーネント用のアップデートされたドライバーが以前にインストールされています。

対象ファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを搭載したDellクライアント プラットフォームの場合:

  • 次にスケジュールされているファームウェア アップデートで、修復済みdbutilドライバー(DBUtilDrv2.sys)を含む入手可能な最新のファームウェア アップデート ユーティリティーをダウンロードして適用します。お客様はDellダウンロード通知ソリューションのいずれかを使用して、アップデートされたファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを取得できます(該当する場合)。

  • システムを再起動します

メモ:

  • Windows 10を実行しているサポート対象プラットフォームについては、このアドバイザリーの公開時点のアップデートを利用できます(表Aを参照)。

  • Windows 7または8.1を実行しているサポート対象プラットフォームについては、2021年7月31日までにアップデートが利用可能になる予定です。アップデートが利用可能になり次第、このアドバイザリーも更新される予定です。アップデートが利用可能になる前にお使いのBIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアをアップデートする場合は、アップデート直後にこのセクションの手順2.2.2で定義された3つのオプションのいずれかを実行する必要があります。この手順を以前に実行した場合でも実行する必要があります。

 
3.修復されていないファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージを使用してファームウェア アップデートをインストールする際の注意事項
今すぐセクション2.1と2.2の手順を実行する必要があります。ただし、後でBIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアを表Aに記載されているバージョンより前のバージョンにアップデートする場合は、ファームウェア アップデートを適用した後に次の操作を行う必要があります。

  1. システムを再起動します。

  2. 手順2.2.2を繰り返して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。


4.サポートが終了した(End of Support)プラットフォーム、製品、またはコンポーネントを使用する際の注意事項
修復済みパッケージは、サポートが終了したプラットフォームには提供されません(表Bを参照)。したがって、次の操作を行う必要があります。

  1. セクション2.1および2.2に記載されている手順を実行します。

  2. BIOS、Thunderboltファームウェア、TPMファームウェア、またはドッキング ステーション ファームウェアを含むファームウェア アップデートを適用した後に、次の手順を実行します。

  • システムを再起動します。

  • 手順2.2.2を繰り返して、システムからdbutil_2_3.sysドライバーを削除します。

確認

この問題を報告してくれた、CrowdStrikeのAlex Ionescu、Satoshi Tanda、およびYarden Shafiry、並びに、IOActiveのEnrique Nissim、OSRのScott Noone、SentinelOneのKasif Dekelに感謝いたします。
 

変更履歴

リビジョン

日付

説明

1.0

2021/05/04

イニシャルリリース

1.12021-05-11Dell Security Advisory Updateへの更新されたリンク – DSA-2021-088ユーティリティーv2.1(A02)
2.0を切り替える方法2021/05/25Dell BIOSフラッシュ ユーティリティーおよびDell SupportAssist for Home PCs/Business PCsを対象ソフトウェア製品に追加しました。

 

関連情報

Dell Security Advisories and Notices
Dell Vulnerability Response Policy
CVSS Scoring Guide

その他の情報

その他の関連情報については、このFAQを参照してください。

表A:サポートされているDell製プラットフォームおよび影響を受けるファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージ(BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー、ドッキング ステーション ファームウェア アップデート ユーティリティー)。

注:Windows 10を実行しているプラットフォームの場合:お使いのBIOS、Thunderboltファームウェア アップデート、TPMファームウェア アップデート、ドッキング ステーション ファームウェア アップデートのバージョンについて、表に記載されているバージョンまたは利用可能なそれ以降のバージョンを取得します。Windows 7および8.1向けのアップデート バージョンについては、利用可能になり次第、表に追加して改訂版を公開します。

プラットフォーム/製品 BIOSのバージョン(またはそれ以降) Thunderboltファームウェア アップデートのバージョン(またはそれ以降) TPMファームウェア アップデートのバージョン(またはそれ以降) ドッキング ステーション ファームウェア アップデートのバージョン(またはそれ以降)
ChengMing 3967 1.11.0 なし なし なし
ChengMing 3977 1.11.0 なし なし なし
ChengMing 3980 2.17.0 なし なし なし
ChengMing 3988 1.5.0 なし なし なし
ChengMing 3990 1.3.1 なし なし なし
ChengMing 3991 1.3.1 なし なし なし
Dell G15 5510 1.3.1 なし なし なし
Dell G3 3500 1.7.1 なし なし なし
Dell G3 3579 1.14.0 4.46.154.001、A03 なし なし
Dell G3 3779 1.14.0 4.46.154.001、A03 なし なし
Dell G5 5000 1.1.0 なし なし なし
Dell G5 5090 1.4.0 なし なし なし
Dell G5 5500 1.7.1 なし なし なし
Dell G5 5587 1.15.0 4.46.152.001、A02 なし なし
Dell G5 5590 1.14.0 なし なし なし
Dell G7 7500 1.6.0 なし なし なし
Dell G7 7588 1.15.0 4.46.152.001、A02 なし なし
Dell G7 7590 1.14.0 なし なし なし
Dell G7 7700 1.6.0 なし なし なし
Dell G7 7790 1.14.0 なし なし なし
Dell Gaming G3 3590 1.12.0 なし なし なし
Dell Precision 3430 Tower 1.10.0 なし 7.2.0.2 なし
Dell Precision 3430 XL 1.10.0 なし 7.2.0.2 なし
Dell Precision 3431 Tower 1.7.2 なし なし なし
Dell Precision 3630 Tower 2.7.0 なし なし なし
Dell Precision 3930 Rack 2.10.0 なし 7.2.0.2 なし
Dell Precision 3930 XL Rack 2.10.0 なし 7.2.0.2 なし
Dell Precision 5820 Tower 2.8.0 なし 7.2.0.2 なし
Dell Precision 7820 Tower 2.12.0 なし なし なし
Dell Precision 7820 XL Tower 2.12.0 なし なし なし
Dell Precision 7920 Tower 2.12.0 なし なし なし
Dell Precision 7920 XL Tower 2.12.0 なし なし なし
Embedded Box PC 5000 1.9.1 なし なし なし
Inspiron 13 5370 1.17.0 なし なし なし
Inspiron 14 (5468) 1.13.1 なし なし なし
Inspiron 14 (7460) 1.14.1 なし なし なし
Inspiron 14 Gaming (7466) 1.8.0 なし なし なし
Inspiron 14 Gaming (7467) 1.13.1 なし なし なし
Inspiron 15 (5566) 1.13.1 なし なし なし
Inspiron 15 (5567) 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 15 (7560) 1.14.1 なし なし なし
Inspiron 15 (7572) 1.6.1 なし なし なし
Inspiron 15 5582 2-in-1 2.9.0 なし なし なし
Inspiron 15 Gaming (7566) 1.8.0 なし なし なし
Inspiron 15 Gaming (7567) 1.13.1 なし なし なし
Inspiron 15 Gaming (7577) 1.12.1 4.46.150.001、A05 なし なし
Inspiron 17 (5767) 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 3268 1.15.0 なし なし なし
Inspiron 3470 2.17.0 なし なし なし
Inspiron 3471 1.5.0 なし なし なし
Inspiron 3480 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3481 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 3490 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 3493 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3501 1.4.0 なし なし なし
Inspiron 3580 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3581 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 3583 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3584 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 3590 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 3593 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3668 1.15.0 なし なし なし
Inspiron 3670 2.17.0 なし なし なし
Inspiron 3671 1.5.0 なし なし なし
Inspiron 3780 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3781 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 3790 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 3793 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 3880 1.3.1 なし なし なし
Inspiron 3881 1.3.1 なし なし なし
Inspiron 3891 1.0.2 なし なし なし
Inspiron 5300 1.5.0 なし なし なし
Inspiron 5301 1.6.1 なし なし なし
Inspiron 5390 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 5391 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 5400 2-in-1 1.5.0 なし なし なし
Inspiron 5400 AIO 1.3.1 なし なし なし
Inspiron 5401 1.5.1 なし なし なし
Inspiron 5402 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5406 2-in-1 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5408 1.5.1 なし なし なし
Inspiron 5409 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5480 2.9.0 なし なし なし
Inspiron 5481 2-in-1 2.9.0 なし なし なし
Inspiron 5482 2.9.0 なし なし なし
Inspiron 5490 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5490 AIO 1.7.0 なし なし なし
Inspiron 5491 2-in-1 1.8.1 なし なし なし
Inspiron 5493 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5494 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 5498 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5501 1.5.1 なし なし なし
Inspiron 5502 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5508 1.5.1 なし なし なし
Inspiron 5509 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5570 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 5580 2.9.0 なし なし なし
Inspiron 5583 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5584 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5590 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5591 2-in-1 1.8.1 なし なし なし
Inspiron 5593 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5594 1.10.0 なし なし なし
Inspiron 5598 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 5770 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 7300 1.6.1 なし なし なし
Inspiron 7300 2-in-1 1.2.4 なし なし なし
Inspiron 7306 2-in-1 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 7380 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 7386 1.9.0 なし なし なし
Inspiron 7390 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 7391 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 7391 2-in-1 1.9.1 4.61.136.013、A01 なし なし
Inspiron 7400 1.6.1 なし なし なし
Inspiron 7472 1.6.1 なし なし なし
Inspiron 7490 1.6.0 4.60.111.017、A03 なし なし
Inspiron 7500 1.5.1 4.61.124.009、A01 なし なし
Inspiron 7500 2-in-1(ブラック) 1.2.4 なし なし なし
Inspiron 7500 2-in-1(シルバー) 1.5.0 なし なし なし
Inspiron 7501 1.5.1 4.61.124.009、A01 なし なし
Inspiron 7506 2-in-1 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 7580 1.12.0 なし なし なし
Inspiron 7586 1.9.0 なし なし なし
Inspiron 7590 1.8.0 なし なし なし
Inspiron 7590 2-in-1 1.11.0 なし なし なし
Inspiron 7591 1.8.0 なし なし なし
Inspiron 7591 2-in-1 1.9.1 4.61.136.013、A01 なし なし
Inspiron 7700 1.3.1 なし なし なし
Inspiron 7706 2-in-1 1.4.1 なし なし なし
Inspiron 7786 1.9.0 なし なし なし
Inspiron 7790 1.7.0 なし なし なし
Inspiron 7791 1.9.1 4.61.136.013、A01 なし なし
Inspiron 5491 AIO 1.7.0 なし なし なし
Latitude 12 7285 1.9.2 4.46.146.001、A05 なし なし
Latitude 12 Rugged Extreme 7214 1.28.0 なし なし なし
Latitude 12 Ruggedタブレット7212 1.31.2 なし なし なし
Latitude 14 Rugged 5414 1.28.0 なし なし なし
Latitude 14 Rugged Extreme 7414 1.28.0 なし なし なし
Latitude 3120 1.0.5 なし なし なし
Latitude 3180 1.13.2 なし なし なし
Latitude 3189 1.13.2 なし なし なし
Latitude 3190 1.13.1 なし なし なし
Latitude 3190 2-in-1 1.13.1 なし なし なし
Latitude 3300 1.10.1 なし なし なし
Latitude 3301 1.13.0 なし なし なし
Latitude 3310 1.8.3 なし なし なし
Latitude 3310 2-in-1 1.17.1 なし なし なし
Latitude 3380 1.13.1 なし なし なし
Latitude 3390 1.14.2 なし なし なし
Latitude 3400 1.16.0 なし 74.64 なし
Latitude 3410 1.5.1 なし なし なし
Latitude 3470 1.19.0 なし なし なし
Latitude 3480 1.15.1 なし なし なし
Latitude 3480モバイル・シン・クライアント 1.15.1 なし なし なし
Latitude 3490 1.14.1 なし 7.2.0.2 なし
Latitude 3500 1.16.0 なし 74.64 なし
Latitude 3510 1.5.1 なし なし なし
Latitude 3570 1.19.0 なし なし なし
Latitude 3580 1.15.1 なし なし なし
Latitude 3590 1.14.1 なし 7.2.0.2 なし
Latitude 5175 1.8.1 なし なし なし
Latitude 5179 1.8.1 なし なし なし
Latitude 5200 1.14.0 4.46.134.002、A04 なし なし
Latitude 5280 1.19.3 なし なし なし
Latitude 5280モバイル・シン・クライアント 1.19.3 なし なし なし
Latitude 5285 2-in-1 1.11.2 なし なし なし
Latitude 5288 1.19.3 なし なし なし
Latitude 5289 1.22.2 なし なし なし
Latitude 5290 1.16.3 なし 7.2.0.2 なし
Latitude 5290 2-in-1 1.13.1 4.46.147.001、A03 7.2.0.2 なし
Latitude 5300 1.14.0 なし 74.64 なし
Latitude 5300 2-in-1 1.14.0 4.46.134.002、A04 74.64 なし
Latitude 5310 1.5.2 4.61.131.007、A00 なし なし
Latitude 5310 2-in-1 1.5.2 4.61.131.007、A00 なし なし
Latitude 5320 1.14.0 なし なし なし
Latitude 5320 2-in-1 1.14.0 なし なし なし
Latitude 5400 1.10.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 5401 1.11.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 5410 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Latitude 5411 1.4.3 4.60.119.008、A01 なし なし
Latitude 5420 1.5.2 なし なし なし
Latitude 5480 1.19.3 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 5488 1.19.3 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 5490 1.16.3 なし 7.2.0.2 なし
Latitude 5491 1.14.1 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 5495 1.4.0 なし なし なし
Latitude 5500 1.10.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 5501 1.11.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 5510 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Latitude 5511 1.4.3 4.60.119.008、A01 なし なし
Latitude 5520 1.5.1 なし なし なし
Latitude 5580 1.19.3 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 5590 1.16.3 なし 7.2.0.2 なし
Latitude 5591 1.14.1 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 7200 2-in-1 1.10.1 4.46.114.005、A03 74.64 なし
Latitude 7210 2-in-1 1.5.1 4.60.130.010、A01 なし なし
Latitude 7275 1.9.0 4.26.10.001、A08 なし なし
Latitude 7280 1.20.2 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 7290 1.18.0 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 7300 1.12.0 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 7310 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Latitude 7320 1.5.0 なし なし なし
Latitude 7370 1.22.3 4.26.10.001、A08 なし なし
Latitude 7380 1.20.2 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 7389 1.22.2 なし なし なし
Latitude 7390 1.18.0 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 7390 2-in-1 1.17.0 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 7400 1.12.0 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Latitude 7400 2-in-1 1.10.0 4.46.112.010、A03 74.64 なし
Latitude 7410 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Latitude 7420 1.5.0 なし なし なし
Latitude 7480 1.20.2 4.46.155.001、A06 なし なし
Latitude 7490 1.18.0 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Latitude 7520 1.5.0 なし なし なし
Latitude 9410 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Latitude 9510 1.4.2 4.60.116.012、A01 なし なし
Latitude E5270 1.24.3 なし なし なし
Latitude E5470 1.24.3 なし なし なし
Latitude E5570 1.24.3 4.26.10.001、A08 なし なし
Latitude E7270 1.27.3 なし なし なし
Latitude E7270モバイル・シン・クライアント 1.20.3 なし なし なし
Latitude E7470 1.27.3 なし なし なし
Latitude Rugged 5420 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
Latitude Rugged 5424 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
Latitude Rugged 7424 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
Latitude Rugged Extreme 7424 1.12.0 なし なし なし
Latitude Rugged Extremeタブレット7220 1.9.1 なし 74.64 なし
Latitude Rugged Extremeタブレット7220EX 1.9.1 なし 74.64 なし
OptiPlex 3040 1.14.2 なし なし なし
OptiPlex 3046 1.11.1 なし なし なし
OptiPlex 3050 1.15.1 なし なし なし
OptiPlex 3050 AIO 1.16.1 なし なし なし
OptiPlex 3060 1.9.1 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 3070 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 3080 1.3.1 なし なし なし
OptiPlex 3090 Ultra 1.0.10 なし なし なし
OptiPlex 3240 All-in-One 1.11.1 なし なし なし
OptiPlex 3280 AIO 1.3.1 なし なし なし
OptiPlex 5040 1.17.1 なし なし なし
OptiPlex 5050 1.15.1 なし なし なし
OptiPlex 5055 A-Serial 1.2.9 なし なし なし
OptiPlex 5055 Ryzen APU 1.2.8 なし なし なし
OptiPlex 5055 Ryzen CPU 1.1.20 なし なし なし
OptiPlex 5060 1.9.1 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 5070 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 5080 1.3.10 なし なし なし
OptiPlex 5250 All-In-One 1.16.1 なし なし なし
OptiPlex 5260 All-In-One 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 5270 AIO 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 5480 AIO 1.4.0 なし なし なし
OptiPlex 7040 1.19.0 なし なし なし
OptiPlex 7050 1.15.1 なし なし なし
OptiPlex 7060 1.9.1 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 7070 1.7.2 なし なし なし
OptiPlex 7070 Ultra 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 7071 1.7.2 なし なし なし
OptiPlex 7080 1.13.0 なし なし なし
OptiPlex 7090 Ultra 1.0.10 なし なし なし
OptiPlex 7440 AIO 1.14.1 なし なし なし
OptiPlex 7450 All-In-One 1.16.1 なし なし なし
OptiPlex 7460 All-In-One 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 7470 AIO 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 7480 AIO 1.6.2 なし なし なし
OptiPlex 7760 AIO 1.12.0 なし 7.2.0.2 なし
OptiPlex 7770 AIO 1.7.0 なし なし なし
OptiPlex 7780 AIO 1.6.2 なし なし なし
OptiPlex XE3 1.9.1 なし 7.2.0.2 なし
Precision 17 M5750 1.7.2 なし なし なし
Precision 3240 CFF 1.4.0 なし なし なし
Precision 3420 Tower 2.17.1 なし なし なし
Precision 3440 1.13.0 なし なし なし
Precision 3510 1.24.3 4.26.10.001、A08 なし なし
Precision 3520 1.19.3 4.46.155.001、A06 なし なし
Precision 3530 1.14.1 4.46.107.019、A04 7.2.0.2 なし
Precision 3540 1.10.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Precision 3541 1.11.1 4.46.135.003、A04 74.64 なし
Precision 3550 1.5.1 4.60.142.001、A01 なし なし
Precision 3551 1.4.3 4.60.119.008、A01 なし なし
Precision 3560 1.5.1 なし なし なし
Precision 3620 Tower 2.17.1 なし なし なし
Precision 3640 1.4.3 なし なし なし
Precision 5510 1.16.1 4.26.11.001、A09 なし なし
Precision 5520 1.22.1 4.26.12.001、A04 なし なし
Precision 5530 1.18.1 4.46.152.001、A02 7.2.0.2 なし
Precision 5530 2-in-1 1.12.9 4.46.145.001、A02 7.2.0.2 なし
Precision 5540 1.9.1 4.46.110.002、A02 7.2.0.2 なし
Precision 5550 1.7.1 4.60.117.022、A00 なし なし
Precision 5720 AIO 2.8.1 なし なし なし
Precision 5820 XL Tower 2.8.0 なし なし なし
Precision 7520 1.19.2 4.46.155.001、A06 なし なし
Precision 7530 1.15.3 4.62.102.019、A02 7.2.0.2 なし
Precision 7540 1.11.2 4.62.108.013、A03 なし なし
Precision 7550 1.6.2 4.62.120.007、A01 なし なし
Precision 7720 1.19.2 4.46.155.001、A06 なし なし
Precision 7730 1.15.3 4.62.102.019、A02 7.2.0.2 なし
Precision 7740 1.11.2 4.62.108.013、A03 なし なし
Precision 7750 1.6.2 4.62.120.007、A01 なし なし
Vostro 13 5370 1.17.0 なし なし なし
Vostro 14 (5468) 1.14.1 なし なし なし
Vostro 14 5471 1.17.0 なし なし なし
Vostro 15 (5568) 1.14.1 なし なし なし
Vostro 15 7570 1.12.1 4.46.151.001、A05 なし なし
Vostro 15 7580 G-Series 1.15.0 4.46.153.001、A02 なし なし
Vostro 3070 2.17.0 なし なし なし
Vostro 3267 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3268 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3400 1.4.0 なし なし なし
Vostro 3401 1.1.0 なし なし なし
Vostro 3470 2.17.0 なし なし なし
Vostro 3471 1.5.0 なし なし なし
Vostro 3480 1.12.0 なし なし なし
Vostro 3481 1.11.0 なし なし なし
Vostro 3490 1.10.0 なし なし なし
Vostro 3491 1.15.0 なし なし なし
Vostro 3500 1.4.0 なし なし なし
Vostro 3501 1.1.0 なし なし なし
Vostro 3580 1.12.0 なし なし なし
Vostro 3581 1.11.0 なし なし なし
Vostro 3583 1.12.0 なし なし なし
Vostro 3584 1.11.0 なし なし なし
Vostro 3590 1.10.0 なし なし なし
Vostro 3591 1.15.0 なし なし なし
Vostro 3660 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3667 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3668 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3669 1.15.1 なし なし なし
Vostro 3670 2.17.0 なし なし なし
Vostro 3671 1.5.0 なし なし なし
Vostro 3681  1.3.1 なし なし なし
Vostro 3690 1.0.2 なし なし なし
Vostro 3881 1.3.1 なし なし なし
Vostro 3888 1.3.1 なし なし なし
Vostro 3890 1.0.2 なし なし なし
Vostro 5090 1.5.0 なし なし なし
Vostro 5300 1.5.0 なし なし なし
Vostro 5301 1.6.1 なし なし なし
Vostro 5390 1.10.0 なし なし なし
Vostro 5391 1.11.0 なし なし なし
Vostro 5401 1.5.3 なし なし なし
Vostro 5402 1.4.1 なし なし なし
Vostro 5410 1.5.1 なし なし なし
Vostro 5481 2.9.0 なし なし なし
Vostro 5490 1.12.0 なし なし なし
Vostro 5491 1.12.0 なし なし なし
Vostro 5501 1.5.1 なし なし なし
Vostro 5502 1.4.1 なし なし なし
Vostro 5581 2.9.0 なし なし なし
Vostro 5590 1.12.0 なし なし なし
Vostro 5591 1.12.0 なし なし なし
Vostro 5880 1.3.0 なし なし なし
Vostro 5890 1.0.2 なし なし なし
Vostro 7500 1.5.1 4.61.124.009、A01 なし なし
Vostro 7590 1.8.0 なし なし なし
Wyse 5070 1.9.0 なし 7.2.0.2 なし
Wyse 5470 1.6.0 なし なし なし
Wyse 5470 All-In-One 1.7.0 なし なし なし
Wyse 7040シンクライアント 1.10.1 なし なし なし
XPS 12 (9250) 1.9.0 4.26.10.001、A08 なし なし
XPS 13 (9360) 2.15.0 4.26.13.001、A04 なし なし
XPS 13 (9370) 1.14.3 4.46.149.001、A04 7.2.0.2 なし
XPS 13 2-in-1 (9365) 2.15.0 4.46.148.001、A03 なし なし
XPS 13 7390 1.7.0 4.46.106.027、A01 なし なし
XPS 13 7390 2-in-1 1.7.1 なし 74.64 なし
XPS 13 9300 1.4.1 なし 74.64 なし
XPS 13 9305 1.0.5 なし なし なし
XPS 13 9310 2.2.0 なし なし なし
XPS 13 9310 2-in-1 2.2.1 なし なし なし
XPS 13 9380 1.12.0 4.46.101.063、A02 7.2.0.2 なし
XPS 15 (9560) 1.22.0 4.26.12.001、A04 なし なし
XPS 15 2-in-1(9575) 1.14.1 4.46.144.001、A03 7.2.0.2 なし
XPS 15 9500 1.7.1 4.60.117.022、A00 なし なし
XPS 15 9570 1.18.1 4.46.152.001、A02 7.2.0.2 なし
XPS 17 9700 1.7.2 なし なし なし
XPS 27 AIO (7760) 2.8.1 なし なし なし
XPS 7590 1.9.1 4.46.110.002、A02 7.2.0.2 なし
XPS 8900 2.9.1 なし なし なし
XPS 8940 2.0.11 なし なし なし
Dell Dock WD15 なし なし なし 1.0.8
Dell Dock WD19 なし なし なし 01.00.15
Dell Thunderbolt Dock TB16 なし なし なし 1.0.4
Dell Thunderbolt Dock TB18DC なし なし なし 1.0.10

表B:影響を受けるファームウェア アップデート ユーティリティー パッケージ(BIOSアップデート ユーティリティー、Thunderboltファームウェア アップデート ユーティリティー、TPMファームウェア アップデート ユーティリティー)を搭載した、サポートが終了したDell製プラットフォーム。
 
 プラットフォーム
Alienware 14 Inspiron 580s OptiPlex 780
Alienware 17 51m r2 Inspiron 620 OptiPlex 790
Alienware Area-51 Inspiron 660 OptiPlex 9010
Alienware M14xr2 Inspiron 660s OptiPlex 9020
Alienware M15 R4 Inspiron 7359 OptiPlex 9030 AIO
Alienware M17xr4 Inspiron 7368 OptiPlex 990
Alienware M18xr2 Inspiron 7437 OptiPlex Fx130
Asm100 Inspiron 7520 OptiPlex Fx170
Asm100r2 Inspiron 7537 OptiPlex Xe2
Cheng Ming 3967 Inspiron 7548 Precision 7510
Dell Canvas Inspiron 7558 Precision 7710
Dell Latitude 14 Rugged Extreme Inspiron 7559 Precision M4600
Inspiron 1122 Inspiron 7720 Precision M4700
Inspiron 11-3162 Inspiron 7737 Precision M6600
Inspiron 1210 Inspiron 7746 Precision M6700
Inspiron 14-3452 Inspiron One 19 Precision R5500
Inspiron 14-5459 Inspiron One 2020 Precision T1700
Inspiron 15-3552 Latitude 3150 Precision T3500
Inspiron 1545 Latitude 3160 Precision T3600
Inspiron 15-5559 Latitude 3310 2-in-1 Precision T3610
Inspiron 15-5565 Latitude 3330 Precision T5500
Inspiron 1564 Latitude 3340 Precision T5600
Inspiron 15z Latitude 3350 Precision T5610
Inspiron 17-5759 Latitude 3440 Precision T5810
Inspiron 20-3052 Latitude 3450 Precision T7500
Inspiron 2330 Latitude 3460 Precision T7600
Inspiron 24-3452 Latitude 3460 Wyse TC Precision T7610
Inspiron 24-3455 Latitude 3550 Precision T7810
Inspiron 24-5475 Latitude 3560 Precision T7910
Inspiron 3043 Latitude 5250 Vostro 14 3458
Inspiron 3048 Latitude 5285 Vostro 14-3446
Inspiron 3147 Latitude 5450 Vostro 1450
Inspiron 3157 Latitude 5520 Vostro 14-5459
Inspiron 3168 Latitude 5550 Vostro 15 3561
Inspiron 3252 Latitude 7285 Vostro 1550
Dell™ Inspiron 3421 Latitude 7350 Vostro 20 3052
Inspiron 3437 Latitude E5420 Vostro 20 3055
Inspiron 3442 Latitude E5430 Vostro 220s
Inspiron 3443 Latitude E5440 Vostro 230
Inspiron 3520 Latitude E5530 Vostro 2521
Dell™ Inspiron 3521 Latitude E5540 Vostro 260
Inspiron 3537 Latitude E6220 Vostro 270
Inspiron 3542 Latitude E6230 Vostro 270s
Inspiron 3543 Latitude E6320 Vostro 3010
Inspiron 3646 Latitude E6330 Vostro 3252
Inspiron 3647 Latitude E6430 Vostro 3560
Inspiron 3655 Latitude E6430 ATG Vostro 3800
Inspiron 3656 Latitude E6440 Vostro 3900
Inspiron 3847 Latitude E6530 Vostro 3900g
Inspiron 5323 Latitude E6540 Vostro 3901
Inspiron 5348 Latitude E7240 Vostro 3902
Inspiron 5423 Latitude E7250 Vostro 3905
Inspiron 5443 Latitude E7270 Wyse TC Vostro 470
Inspiron 5448 Latitude E7440 Vostro 5480
Inspiron 5485 2-in-1 Latitude E7450 XPS 13 9343
Inspiron 5520 Latitude XT3 XPS 8700
Inspiron 5521 OptiPlex 3010 XPS 9350
Inspiron 5537 OptiPlex 3011 AIO XPS 9530
Inspiron 5543 OptiPlex 3020 XPS One 2710
Inspiron 5548 OptiPlex 3030オールインワン XPS  13 9343
Inspiron 5576 Optiplex 390 XPS 8700
Inspiron 5577 OptiPlex 5055 XPS 9350
Inspiron 5676 OptiPlex 7010 XPS 9530
Inspiron 5737 OptiPlex 7020 XPS 9550
Inspiron 5749 OptiPlex 7090 Ultra XPS ONE 2710

このデル・テクノロジーズのセキュリティ アドバイザリーの情報を読み、本書に記載されている問題によって発生する可能性がある状況を回避するのに役立ててください。デル・テクノロジーズは、セキュリティ アドバイザリーを配布し、影響を受ける製品のユーザーに重要なセキュリティ情報をお知らせします。デル・テクノロジーズは、インストールされているさまざまなシステムの平均リスクに基づいてリスクを評価します。これは、お客様のローカル インストールと個々の環境に対する実際のリスクを表していない可能性があります。すべてのユーザーが個々の環境に対するこの情報の適用可能性を判断し、適切な措置を講じることをお勧めします。ここに記載されている情報は「現状のまま」提供され、いかなる保証も伴いません。デル・テクノロジーズは、商品性、特定目的との適合性、権原、および非侵害の保証を含め、明示的か黙示的かを問わず、すべての保証を明示的に放棄します。いかなる場合も、デル・テクノロジーズ、その関連会社、またはサプライヤーは、本書に記載されている情報またはお客様がその情報に基づいて講じた措置に起因または関連するあらゆる損害(直接的、間接的、偶発的、派生的損害、営業利益の損失、特別な損害を含む)について、かかる損害の可能性について報告を受けていたとしても、責任を負わないものとします。一部の州では、派生的または偶発的な損害に対する責任の免除または制限が許可されないため、上記の制限は、法律で許容される範囲に適用されるものとします。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Product Security Information

最後に公開された日付

14 6月 2021

バージョン

5

文書の種類

Dell Security Advisory

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字