Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Integrated Dell Remote Access Controller (iDRAC)のデフォルトのユーザー名とパスワードについて

Summary: iDRACのデフォルト パスワードの変更は、サーバーのセキュリティにとって重要です。iDRACのデフォルトのユーザー名とパスワードに関する情報が表示されます。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

Integrated Dell Remote Access Control (iDRAC)を搭載したPowerEdge、PowerFlex、VXRail、PowerVaultなどのシステムでは、工場出荷時のパスワードに関していくつかのオプションを使用できます。選択肢は、Secure Default Password、Legacy Password、Force Change Passwordです。

 

安全なデフォルト パスワード

デフォルトでは 、すべてのPowerEdgeサーバーは、安全性を強化するために、ランダムに生成された固有のiDRACパスワードとともに出荷されます。この固有のパスワードは工場で生成され、シャーシ前面のサーバー資産タグの近くにある引き出し式情報タグに記載されています。このオプションを選択したお客様は、この一意のランダムなパスワードをメモし、iDRACへの初回ログイン時に使用する必要があります。セキュリティ保護のため、デフォルトのパスワードを変更することを強くお勧めします。

 

レガシー パスワード

既知のレガシー パスワード「calvin」を希望するお客様は、このオプションを選択する必要があります。このオプションを選択する理由の 1 つは、現在のスクリプトとの整合性を確保することです。セキュリティ上の理由から、以前のパスワードを変更することを強くお勧めします。

 

パスワードの強制変更

「パスワードの強制変更」機能は、デバイスの工場出荷時のデフォルト パスワードを変更するようにユーザーに求めます。ユーザー認証が成功すると、Force Change Password画面が表示されます。スキップすることはできません。ユーザーがパスワードを入力した後にのみ、通常のアクセスと操作が許可されます。

 

注:iDRACに関するその他のチュートリアルは、「 インフラストラクチャ製品のサービス タグ/シリアル番号/製品ID/PSNTの位置確認」を参照してください。

起動時に F2 を押すと、iDRAC設定からパスワードをリセットできます。また、次のracadmコマンドを使用して、パスワードを工場出荷時のデフォルトにリセットすることもできます。

racadm racresetcfg -all

パスワードをレガシー パスワードにリセットするには、次のRacadmコマンドを使用します。

racadm racresetcfg -rc

注:iDRACに関するその他のチュートリアルについては、Dellナレッジベース記事「 iDRACおよびCMCのサポート記事」を参照してください。

Cause

iDRACの「デフォルトパスワードの警告」とは何ですか? (SEC0701)

iDRACのデフォルトのユーザー名とパスワードは広く知られたものであり、誰でもサーバーにアクセスして、デフォルトの資格情報で変更を行うことができます。デフォルトのログイン資格情報を変更しないでおくと、iDRACのデフォルト パスワード警告機能が警告を表示します。

ユーザー設定権限を持つユーザーが、iDRACまたはSSH/Telnetにログインしたり、デフォルトのログイン資格情報を使用してRACADMコマンドをリモートで実行したりすると、システムに警告メッセージ (SEC0701)が表示されます。UIおよびSSH/Telnetユーザーはセッションごとにログインが必要なため、セッションのたびに警告メッセージが表示されます。リモートのRacadmユーザーはコマンド毎にログインするため、コマンド毎に警告メッセージが表示されます。

デフォルトのログイン資格情報を使用しているiDRACは、システムが別の信頼境界を使用する大規模ネットワークの一部の場合や、インターネット アクセスが可能な場合は、システムのセキュリティはさらに低下します。次のいずれかの項目が設定されている場合は、iDRACにインターネットからアクセスできる可能性があります。

ユーザー設定権限を持つユーザーが、デフォルトのログイン認証情報を使用してWeb UIでiDRACにログインすると、デフォルト パスワード警告メッセージが表示されます。ユーザーは、ページ上でrootユーザーのパスワードを変更することも、何も変更せずにiDRACにログインすることもできます。ユーザーがパスワードを変更しない場合、Default Password Warning Messageを無効にするオプションがこのページに表示されます。

SLN306783_en_US__3image(13087)
図2: iDRAC9デフォルト パスワードの警告

iDRAC8デフォルト パスワードの警告
図3: iDRAC8デフォルト パスワードの警告

デフォルト パスワード警告は、[iDRAC Overview]、[iDRAC Settings]、[User Authentication]、[Local Users]ページの[Default Password Warning]セクションから有効または無効 にすることができます。

Resolution

iDRACパスワードを忘れた

iDRACパスワードを紛失した場合は、iDRACをデフォルト設定にリセットする必要があります。この手順については、「 PowerEdgeサーバー上の内部Dell Remote Access Controller (iDRAC)をリセットする方法」を参照してください

デフォルトのパスワードでiDRAC9にログインする方法

再生時間:00:00:54 (hh:mm:ss)利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)
の言語設定を選択できます。

Additional Information

Videos


 
Need more help?  
Find additional PowerEdge and PowerVault articles
Watch Part Replacement Videos for Enterprise products
   

Visit and ask for support in our Communities

   

Create an online support Request

Article Properties


Affected Product
iDRAC7, iDRAC8, iDRAC9, PowerEdge XR2, PowerEdge C4130, Poweredge C4140, PowerEdge c6320, PowerEdge c6320p, PowerEdge C6420, PowerEdge C6520, PowerEdge C6525, PowerEdge C6615, PowerEdge C6620, Poweredge FC430, Poweredge FC630, PowerEdge FC640 , Poweredge FC830, PowerEdge FM120x4 (for PE FX2/FX2s), PowerEdge HS5610, PowerEdge HS5620, PowerEdge M420, PowerEdge M520, PowerEdge M520 (for PE VRTX), PowerEdge M620, PowerEdge M620 (for PE VRTX), PowerEdge M630, PowerEdge M630 (for PE VRTX), PowerEdge M640, PowerEdge M640 (for PE VRTX), PowerEdge M820, PowerEdge M820 (for PE VRTX), PowerEdge M830, PowerEdge M830 (for PE VRTX), PowerEdge MX740C, PowerEdge MX750c, PowerEdge MX760c, PowerEdge MX840C, PowerEdge R220, PowerEdge R230, PowerEdge R240, PowerEdge R250, PowerEdge R320, PowerEdge R330, PowerEdge R340, PowerEdge R350, PowerEdge R420, PowerEdge R420XR, PowerEdge R430, PowerEdge R440, PowerEdge R450, PowerEdge R520, PowerEdge R530, PowerEdge R530xd, PowerEdge R540, PowerEdge R550, PowerEdge R620, PowerEdge R630, PowerEdge R640, PowerEdge R6415, PowerEdge R650, PowerEdge R650xs, PowerEdge R6515, PowerEdge R6525, PowerEdge R660, PowerEdge R660xs, PowerEdge R6615, PowerEdge R6625, PowerEdge R720, PowerEdge R720XD, PowerEdge R730, PowerEdge R730xd, PowerEdge R740, PowerEdge R740XD, PowerEdge R740XD2, PowerEdge R7415, PowerEdge R7425, PowerEdge R750, PowerEdge R750XA, PowerEdge R750xs, PowerEdge R7515, PowerEdge R7525, PowerEdge R760, PowerEdge R760XA, PowerEdge R760xd2, PowerEdge R760xs, PowerEdge R7615, PowerEdge R7625, PowerEdge R820, PowerEdge R830, PowerEdge R840, PowerEdge R860, PowerEdge R920, PowerEdge R930, PowerEdge R940, PowerEdge R940xa, PowerEdge R960, PowerEdge T130, PowerEdge T140, PowerEdge T150, PowerEdge T320, PowerEdge T330, PowerEdge T340, PowerEdge T350, PowerEdge T420, PowerEdge T430, PowerEdge T440, PowerEdge T550, PowerEdge T560, PowerEdge T620, PowerEdge T630, PowerEdge T640, PowerEdge XE2420, PowerEdge XE7420, PowerEdge XE7440, PowerEdge XE8545, PowerEdge XE8640, PowerEdge XE9680, PowerEdge XR11, PowerEdge XR12, PowerEdge XR4510c, PowerEdge XR4520c, PowerEdge XR5610, PowerEdge XR7620, PowerEdge XR8610t, PowerEdge XR8620t ...
Product
Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes, Dell EMC vSAN Ready Nodes, NX Series, PowerFlex appliance R650, PowerFlex appliance R6525, Powerflex appliance R750, VxFlex Ready Node R640, PowerFlex appliance R640, PowerFlex appliance R740XD , PowerFlex appliance R7525, PowerFlex appliance R840 ...
Last Published Date

02 Oct 2023

Version

17

Article Type

Solution