Dell PowerEdge - iDRAC 9およびLifeCycle ControllerネットワークIPの設定方法

Summary: iDRAC9およびLife Cycle Controller 3の初期設定。ビデオと手順が含まれているので、Dell Power Edgeサーバーのセットアップを迅速に行うことができます。

Article Content


Symptoms

文書の概要:この記事では、リモート管理カード、DRACのIPアドレスの設定方法と、Webインターフェイスに接続する方法について説明します。この文書の後半では、同時に起動した場合に、Lifecycle Controllerのネットワーク設定を行う方法について説明します。

 

SLN306877_en_US__1icon 注:この記事は、ここからアクセスできる「Dell PowerEdgeサーバー スタートアップ ガイド」ページの一部です。 


目次
  1. iDRAC 9の設定
  2. LCDを使用したiDRAC 9の設定(ビデオ)
  3. LifeCycle Controller(LCC)の設定
  4. iDRACプロトコル ポート

 

iDRAC 9の設定 

Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)は、システム管理者の生産性を高め、デルシステムの全体的な可用性を向上させるように設計されています。iDRACは、システムの問題を管理者に警告して、リモートシステム管理を実行しやすくし、システムへの物理的なアクセスの必要性を減らします。

1.iDRACのIPアドレスを設定するためのオプション

iDRACと相互に通信できるように、ネットワークインフラストラクチャを基にして初期ネットワークを設定する必要があります。IPアドレスを設定するには、次のいずれかのインターフェイスを使用します。

SLN306877_en_US__1icon :ブレード サーバーの場合は、CMCの初期設定時にのみ、シャーシのLCDパネルを使用してネットワークを設定することができます。シャーシを導入した後は、シャーシのLCDパネルを使用したiDRACの再設定はできなくなります。


2.「iDRAC設定ユーティリティ」を使用したiDRAC IPのセットアップ(起動中にF2キーを押します)


ビデオ「How to configure iDRAC9 at the initial setup of your Dell EMC PowerEdge Server」

IPアドレスを設定するか、デフォルトのiDRAC IPアドレス192.168.0.120を使用して、DHCPの設定やiDRACの静的IPの設定を含む、初期ネットワーク設定を行います。デフォルトでは、専用のiDRACネットワークカードは無効です。iDRACはLOM 1(LAN On Motherboard: 内蔵ネットワークアダプタ)でネットワークカードを共有しています。ブレードサーバの場合は、iDRACネットワークインターフェイスがデフォルトで表示されます。

 

SLN306877_en_US__1icon注:共有LOMを使用している場合は、そのネットワーク上の別のシステムを使用してiDRACにアクセスする必要があります。これは、ネットワークが同じネットワーク ポートを介してリクエストを返さないためです。

 

iDRAC設定ユーティリティを使用したiDRAC IPのセットアップの例(起動中にF2を押します)

  1. 管理対象のシステムの電源を入れます
  2. 電源投入時の自己診断(POST)中にF2キーを押します。

    SLN306877_en_US__4image(8980)

     
  3. 「System Setup Main Menu(システムセットアップのメインメニュー)」ページで「iDRAC Settings(iDRAC設定)」をクリックします。「iDRAC Settings(iDRAC設定)」ページが表示されます。

    SLN306877_en_US__5image(4201)

     
  4. [ネットワーク]をクリックします。「Network(ネットワーク)」ページが表示されます。

    SLN306877_en_US__6image(4202)

     
  5. ネットワーク設定を指定します。[NICの有効化]で[有効]を選択します。
    - [Shared LOM](1、2、3、4)は、マザーボード上のいずれか1つのNICを共有します
    - [Dedicated NIC]は専用のネットワーク インターフェイスを使用します。

    SLN306877_en_US__7image(4203)

     
  6. ローカル設定に応じて、IPv4またはIPv6ネットワーク設定を行います。

    SLN306877_en_US__8image(4204)

     
  7. 「Back(戻る)」「Finish(完了)」「Yes(はい)」の順にクリックします。ネットワーク情報が保存され、システムが再起動します

    SLN306877_en_US__9image(13197)

    SLN306877_en_US__10image(13198)
     

これでiDRACの設定が完了します。サポートされている任意のブラウザ(IE、Firefox、Chrome、Safari)でiDRAC Webユーザインターフェイスにアクセスできるようになります。その場合、iDRACはIP「192.168.0.120」
で応答します。アクセスの問題がある場合は、次の手順を実行します。

  • iDRAC IPに対してpingを試し、ネットワーク構成が応答することを確認します。
  • iDRACネットワーク設定でどのLOM(ネットワークカード)が選択されているかを確認します。サーバー ネットワーク カード間でLOMを共有することも、専用のiDRAC NICを使用することもできます。
重要iDRAC IPアドレスを設定した後は、デフォルトのユーザー名とパスワードを変更するようにしてください。

iDRAC IPが設定されると、サポートされるブラウザーを使用してインターフェイスにアクセスできます。この記事では、使用されるユーザー名とパスワードについて説明します。iDRACのデフォルト パスワードは何ですか? 

SLN306877_en_US__1icon 注:iDRACの設定で、Microsoft ADまたはLDAPのディレクトリーのログインを有効にすることができます。

iDRACへのログインとiDRACライセンスの詳細については、Dell.com/idracmanualsで最新の『Integrated Dell Remote Access Controllerユーザーズ ガイド』を参照してください


iDRACインターフェイスに接続すると、「There is a problem with this website's security certificate」というメッセージが表示されます。iDRACからのSSL証明書は自己署名であり、外部プロバイダーによる認証は行われていないため、これは正常な動作です。接続するには、[このWebサイトに進む]をクリックしてください。

SLN306877_en_US__12image(8982)
 


2.LCDを使用したiDRAC 9の設定


ビデオ「Setting up the iDRAC9 of your new Dell EMC PowerEdge Server using the LCD」(英語)


 3.LifeCycle Controller(LCC)の設定


ビデオ:「iDRAC 9 initial Setup via Lifecycle Controller on your new PowerEdge Server」

Dell Lifecycle Controllerは、Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)を使用したリモートサーバ管理を可能にする高度な埋め込み型システム管理テクノロジーです。Lifecycle Controllerを使用すると、ローカルのまたはデルベースのファームウェアリポジトリを使用して、ファームウェアをアップデートすることができます。Lifecycle Controllerで使用可能なOS導入ウィザードを使用して、オペレーティングシステムを導入することができます。

LCCにアクセスするには、起動中にF10キーを押してください。Lifecycle Controllerは、いずれかのサーバ・ネットワーク・カードとIPアドレスを共有します。アップデートおよびOSのインストール機能を使用するには、IPアドレスを少なくとも1回設定する必要があります。

Lifecycle Controllerを使用してPowerEdgeサーバーを設定するには、次の手順に従います。
1.ビデオ ケーブルをビデオ ポートに接続し、ネットワーク ケーブルをiDRACおよびLOMポートに接続します。

図1ビデオ ポート、iDRAC専用ポート、およびLAN On Motherboard(LOM)ポート

SLN306877_en_US__13abc (11)SLN306877_en_US__14abc (1)SLN306877_en_US__15abc (2)
iDRAC9専用ポートの場所はモデルによって異なる場合があります。ここでは、例としてPowerEdge R740を設定します。

SLN306877_en_US__16image(11912)

サーバーの電源を入れるか、または再起動し、F10を押してLifecycle Controllerを起動します。


SLN306877_en_US__17image(13206)
図2:Lifecycle Controllerの起動

 

SLN306877_en_US__1icon メモ: F10キーを押し忘れたら、電源ボタンを3秒間押し続けてサーバを再起動します。

 

 

SLN306877_en_US__1icon :Lifecycle Controllerを初めて起動したときにのみ、初期セットアップ ウィザードが表示されます。

 

言語およびキーボード タイプを選択し、[次へ]をクリックします。

SLN306877_en_US__20image(13199)
図3:[Language and Keyboard Selection]ページ


製品概要を読み、[次へ]をクリックします。

SLN306877_en_US__21image(13200)
図4:[Product Overview]ページ


ネットワーク設定を構成して、設定が適用されるまで待ち、[次へ]をクリックします。

SLN306877_en_US__22image(13201)
図5:[Lifecycle Controller Network Settings]ページ


iDRACネットワーク設定を構成して、その設定が適用されたら[次へ]をクリックします。

SLN306877_en_US__23image(13202)
図6:[iDRAC Network and Credential Configuration]ページ


適用されているネットワーク設定を確認し、[完了]をクリックして初期セットアップ ウィザードを終了します。

SLN306877_en_US__24image(13203)
図7:「Summary(サマリ)」ページ

 

SLN306877_en_US__1icon 注:Lifecycle Controllerを初めて起動したときにのみ、初期セットアップ ウィザードが表示されます。設定を後で変更したい場合は、サーバを再起動し、F10キーを押してLifecycle Controllerを起動します。そして、Lifecycle Controllerのホームページから「Settings(設定)」または「System Setup(システムセットアップ)」を選択します。

 

[Firmware Update]、[Launch Firmware Update]の順にクリックして、画面の指示に従ってファームウェアをアップデートします。

SLN306877_en_US__26image(13204)
図8:[Firmware Update]ページ


[Click OS Deployment]>[Deploy OS]の順にクリックし、画面の指示に従ってオペレーティング システムを導入します。


図9:[OS Deployment]ページ


次の記事に記載されている手順に従って、オペレーティング システムをインストールします。「Dell PowerEdgeサーバー上にオペレーティング システムをインストールする方法(OSの導入)

 

iDRACプロトコル ポート

 

iDRACが接続をリッスンする

 

ポート番号

タイプ

プロトコル

構成可能

最大暗号化レベル

22

TCP

SSH

はい

256ビットSSL

23

TCP

Telnet

はい

なし

80

TCP

HTTP

はい

なし

161

UDP

SNMPエージェント

はい

なし

443

TCP

HTTPS

はい

256ビットSSL

623

UDP

RMCP/RMCP+

いいえ

128ビットSSL

5900

TCP

vConsole/vMedia

はい

128ビットSSL

5901

TCP

VNC

いいえ

128ビットSSL

 

 

 

 

 

iDRACがクライアントとして使用する

 

25

TCP

SMTP

はい

なし

53

UDP

DNS

いいえ

なし

68

UDP

DHCP。

いいえ

なし

69

TFTP

TFTP

いいえ

なし

123

UDP

NTP

いいえ

なし

162

UDP

SNMPトラップ

はい

なし

445

TCP

CIFS

いいえ

なし

636

TCP

LDAPS(LDAP SSL)

いいえ

256ビットSSL

2049

TCP

NFS

いいえ

なし

3269

TCP

LDAPS(グローバル カタログ)

いいえ

256ビットSSL

 

 

 

 

さらにヘルプが必要ですか?  
SLN306877_en_US__27cloud 追加のPowerEdgeとPowerVaultの記事を参照する
エンタープライズ製品のパーツ交換用ビデオを見る
   
SLN306877_en_US__28chat

デルのコミュニティを訪問し、サポートを依頼する

   
SLN306877_en_US__29key

オンラインサポート要請を作成する

 

Cause

 

Resolution


Article Properties


Affected Product

Servers, PowerEdge, iDRAC9, PowerEdge C6400, PowerEdge C6420, PowerEdge R340, PowerEdge R440, PowerEdge R540, PowerEdge R640, PowerEdge R6515, PowerEdge R740, PowerEdge R740xd, PowerEdge R740xd2, PowerEdge R7415, PowerEdge R7425, PowerEdge R7515Servers, PowerEdge, iDRAC9, PowerEdge C6400, PowerEdge C6420, PowerEdge R340, PowerEdge R440, PowerEdge R540, PowerEdge R640, PowerEdge R6515, PowerEdge R740, PowerEdge R740xd, PowerEdge R740xd2, PowerEdge R7415, PowerEdge R7425, PowerEdge R7515, PowerEdge R840, PowerEdge R940, PowerEdge R940xa, PowerEdge T340, PowerEdge T440, PowerEdge T640, Precision 7920 RackSee more

Last Published Date

23 Apr 2021

Version

8

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters