メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell Display Managerとは

概要: Dell Display Manager (DDM)ソフトウェアの機能について説明します。Dell製モニター用のDDMのインストール方法、および解像度、輝度、複数のアプリケーションのスナップイン、キーボード、ビデオ、マウスの共有設定など、ディスプレイのニーズを管理する方法について説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

Dell Display Manager (DDM)は、包括的な管理ツールによって日常の生産性を向上させ、最適なスクリーン体験、効率的なディスプレイ管理、簡単なマルチタスク処理を提供します。

メモ: Dell Display Managerは、Dell製モニター向けのソフトウェアであり、ノートパソコンには適用されません。Dell Display ManagerをサポートしているDell製モニターの一覧を参照してください。

原因

原因に関する情報はありません。

解決方法

Dell Display ManagerをサポートしているDell製モニターの一覧を参照してください。お使いのモニターがDDM 1.xとDDM 2.0の両方でサポートされている場合は、Dell Display Manager 2.0をダウンロードして使用することをお勧めします。

マルチモニター セットアップでは、DDM 1.xとDDM 2.0の両方を同時にコンピューターにインストールできます。ただし、すべてのモニターがDell Display Manager 2.0でサポートされている場合は、Dell Display Manager 1.xをアンインストールし、Dell Display Manager 2.0のみを使用することを強くお勧めします。

お使いのDell製モニター用にDell Display Managerをダウンロードしてインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ドライバおよびダウンロード ページにアクセスします。
  2. お使いのDellモニターを確認します。
    1. Dell製モニターのサービス タグまたはモデル番号を入力して、[検索]をクリックします。
    2. または、[すべての製品の参照]をクリックして、カタログからお使いのDell製モニターを手動で選択します。
  3. お使いのコンピューターにインストールされているオペレーティング システムを選択します。
  4. Dell Display Managerの横にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。

    Dell Display ManagerをサポートしているDell製モニターの一覧を参照して、サポートされているDell Display Managerのバージョンを確認してください。

  5. エクスプローラー(別名Windowsエクスプローラー)を使用して、ダウンロードしたファイルを保存した場所を参照します。
  6. ダウンロードした.exeドライバー インストール ファイルをダブルクリックし、画面の指示に従ってインストール プロセスを完了します。
  7. インストールが完了したら、コンピューターを再起動します。

モニターを接続する

モニターのユーザー ガイドの説明に従って、モニターをコンピューターに接続します。

モニターをデスクトップ コンピューターに接続するための図
図1: モニターをデスクトップに接続する

モニターをノートパソコンに接続するための図
図2:モニターをノートパソコンに接続する

メモ: 接続図は、説明のためのものです。完全な情報については、モニターのユーザー ガイドを参照してください。

Dell Display Managerを起動する

Dell Display Managerを起動する前に、モニターのオンスクリーン ディスプレイ メニューの[その他]に移動し、DDC/CI機能が有効になっていることを確認します。

DDM2.0を使用する前にDELL製モニターのOSDメニューでDDC/CIを有効にする方法を示す画像
図3:DDM2.0を使用する前に、DellモニターのOSDメニューでDDC/CIを有効にする

このセクションでは、DDM 2.0の機能について簡単に説明します。機能の完全なリストと詳細については、Dell Display Manager 2.0のマニュアルにあるDDM 2.0ユーザー ガイドを参照してください。

メモ: 一部の機能は、お使いのモニター モデルには適用されない場合があります。使用可能な機能の詳細については、お使いのモニターのユーザー ガイドを参照してください。

Easy Arrange

Easy Arrange]メニューは、モニター上のアプリケーションのウィンドウ構成を簡素化します。これを使用するには、次の手順を実行します。

  • あらかじめ定義されたレイアウトを選択することで、画面を仮想的に複数のゾーンに分割できます。
  • 選択したゾーンにアプリケーションをドラッグすると、アプリケーションをゾーンに配置できます。アプリケーションは選択したゾーンにスナップします。

Easy Arrangeのレイアウト
図4:Easy Arrangeのレイアウト

好みに合わせて設定できるEasy Arrange設定
図5:好みに合わせて設定できるEasy Arrange設定

 

Application Windows Snap

Application Windows Snap]は、プログラムを任意の画面にすばやく配置するのに役立ちます。Dell Display Manager 2.0で有効にした場合、アプリケーション ウィンドウをドラッグすると、最近使用したEasy Arrangeレイアウトを含むフローティング メニューが表示されます。リストされているレイアウトのいずれかにアプリケーションをドロップすることで、ウィンドウの配置を実行できます。

ステータス バーのDDMアイコンからApplication Windows Snapを有効化する
図6:ステータス バーのDDMアイコンからApplication Windows Snapを有効化/無効化する

メモ: 複数のモニターでスパニングを使用する場合は、Windows Snap機能をオフにすることができます。

 

Gaming設定

AlienwareおよびDell Gamingモニターでのみ使用できるゲーミング メニューを設定できます。詳細については、『DDM 2.0ユーザー ガイド』を参照してください。

Gamingメニュー - [General]設定
図7:Gamingメニュー - [General]設定

Gamingメニュー - [Vision Engine]設定
図8:Gamingメニュー - [Vision Engine]設定

メモ: Vision Engineは、一部のDell Gamingモニターでのみ使用できます。

 

KVM

この機能を使用すると、複数のコンピューター間でキーボードとマウスを共有できます。KVMは、USB KVMウィザードを使用して簡単にセットアップできます。

KVM機能は、接続されているモニターがKVM機能をサポートしている場合に使用できます。DDM 2.0は、モニターに別のコンピューターの映像が表示されている場合でも、モニターとの通信を行います。

[USB KVM Settings]
図9:[USB KVM Settings]

KVMのセットアップ方法の詳細については、Dell Display Manager 2.0 | マニュアルおよび文書にあるユーザー ガイドの「Setting up the KVM」の項を参照してください。

 

ファームウェアとソフトウェアのアップデート

DDM 2.0では、モニターのファームウェアやソフトウェアの新しいアップデートの自動通知を受け取ることができます。

DDM2.0ファームウェアとソフトウェアのアップデート
図10:ファームウェアとソフトウェアのアップデート

 

色管理

DDM 2.0では、モニターの色空間と、関連するインターナショナル カラー コンソーシアム(ICC)プロファイルを同期させることができます。

DDM 2.0の色管理
図11:色管理

 

リモート管理と制御(ITマネージャーのみ)

DDM 2.0には、資産インベントリー ログの照会や基本的なモニター設定を行うCLIコマンドが付属しています。CLIコマンドは、ITマネージャー専用に制限されています。詳しくは、Dellのセールス担当者にお問い合わせください。

 


メモ: サポートされている機能および性能の完全なリストについては、お使いのDellモニターのDELL製品マニュアルにある『DDM 2.0ユーザー ガイド』を参照してください。

 

Dell Display Manager (DDM)の機能と最新のEasyArrangeレイアウトに、これまで以上に簡単にアクセスできます。事前設定されたホットキーをキーボードで入力するだけで、Dell Display Manager (DDM) UIを起動できます。また、お気に入りのEasyArrangeレイアウトとテンプレートを簡単に切り替えることができます。

表1:Dell Display Manager用ホットキー
機能 ホットキー
Dell Display Manager (DDM) UIを有効にするクイック キー Ctrl+Shift+D
(ユーザーがカスタマイズ可能)
Easy Arrangeレイアウトの切り替え。 Page UpまたはPage Down
または
「>」アイコンをクリックしてレイアウト間を移動します。
最近使用した5つのレイアウトへのアクセス Ctrl+Shift+Home
(ユーザーがカスタマイズ可能)

モニターの設定をより直感的に行う方法があります。Dell Display Manager UIメニューをモニター間でドラッグ アンド ドロップするだけです。マルチモニター構成で、モニタリング設定を簡単に管理および変更できます。

Dell Display Managerの設定画面
図12:Dell Display Managerの設定画面

個別の環境設定に基づいてデータを表示するための追加のカスタマイズ オプション。これにより、ユーザーは最大48のゾーンを容易にカスタマイズし、それに応じて割り当てることができます。

Dell Display Managerのゾーン カスタマイズ画面
図13:Dell Display Managerのゾーン カスタマイズ画面

Dell Display Managerでの画面レイアウトへの名前付け
図14:Dell Display Managerでの画面レイアウトへの名前付け

名前ポップアップ ボックス
図15:カスタム レイアウト ボックスの名前を変更

Dell Display Manager (DDM)を縦長モードで表示および使用できるようになりました。モニターの方向が垂直に回転されると、Dell Display Manager (DDM)のEasyArrangeテンプレートは自動的に縦長モードに切り替わります。

Dell Display Managerの縦長モード画面
図16:Dell Display Managerの縦長モード画面

KVMのセットアップを簡略化するためのKVMウィザードです。Dell Display Manager (DDM)ユーザー インターフェイスの[KVM wizard]アイコンをクリックして、詳細なポップアップ ウィンドウ ガイドに従います。(KVM機能付きの一部のDell製モニターでのみ使用可能)。

Dell Display Managerの[インプット マネージャー]
図17:Dell Display Managerの[Input Manager]

リモート管理と制御(ITマネージャーのみ)

  • ITマネージャーは、特定の指示をDell Display Manager (DDM)にコマンド ライン経由で発行して、特定の時間内に個々のモニターまたはモニター セット全体でタスクを実行できます
  • リモート制御機能(電源のオン/オフ、出荷時のデフォルト設定の復元、モニターの前面設定の変更、最適な解像度、ディスプレイ モード、OSDメニューへのアクセスの無効化、入力切り替えなど)。
  • 資産管理機能(モニター資産インベントリーのモニタリング、使用時間に関する診断レポートの生成など)。

Dell Display Managerのデモ

メモ: 一部の機能は、特定のDell製モニターの機能に基づいています。

Dell Display Manager 1.x

再生時間:06:45
字幕:英語のみ


マルチタスクをもっと快適に

最大38レイアウト:Dell Display ManagerのEasyArrangeを使用すると、複数のアプリケーションを画面上で整理し、任意のテンプレートにスナップすることができるため、マルチタスクを簡単に行うことができます。

Dell Display Managerの[Recently used]テンプレート
図18:Dell Display Managerの[Recently used]テンプレート

Easy Arrangeを使用すると、デュアル モニターを左右に並べてパーソナライズしたり、2台のモニターにまたがってデスクトップ スペースを拡大したりすることもできます。

Dell Display Managerのデュアル モニター
図19:Dell Display Managerのデュアル モニター

Dell Display Managerでのデュアル モニター表示の調整
図20:Dell Display Managerでのデュアル モニター表示の調整

シームレスな移行:自動復元機能を使用して再接続すると、中断した場所を記憶して、前回のアプリケーション ウィンドウをすばやく復元します。

システム トレイのリストア アイコン
図21:システム トレイのリストア アイコン

システム トレイ メニューの[ウィンドウのレイアウトを自動復元]
図22:システム トレイ メニューの[ウィンドウのレイアウトを自動復元]

Input Manager:

  • 複数の入力を簡単に切り替え可能
  • ユーザーは各入力に名前を割り当て、複数の接続デバイスにすばやく簡単にアクセスできるショートカット キーを定義できるため、プログラマーやゲーマーに役立ちます

Dell Display Managerでの複数入力の使用
図23:Dell Display Managerでの複数入力の使用


最適なスクリーン体験

最適な作業環境の構築:明るさ、コントラスト、解像度をソフトウェアから直接調整して、最適なスクリーン体験を実現します。

Dell Display Managerでの最適な画面解像度
図24:Dell Display Managerでの最適な画面解像度

表示を簡単に最適化:自動モードを使用すると、マルチタスク時にプリセット ディスプレイ設定に簡単に設定できます。

Dell Display Managerでのアプリケーションごとのプリセット設定
図25:Dell Display Managerでのアプリケーションごとのプリセット設定


効率的な管理性

資産レポートの作成:ITマネージャーは、モニターの資産情報を保存および文書化できます。

資産レポートの作成
図26:資産レポートの作成

モニター資産レポートを生成するには、次の手順を実行します。

  1. Shiftキーを押しながら、タスクバーのDell Display Managerアイコンを右クリックします。
  2. モニタ画面資産レポートを保存する]を選択し、MIFファイルを保存します。
  3. ファイルを保存した後、メモ帳アプリを使用してファイルを開くことができます。

例えば、C2722DEのログには、次の情報が含まれています。
Name = "ModelName" - "Dell C2722DE"
Name = "SerialNumber" - "Service Tag-xxxxxxxxxx"
Name = "UsageTime" - Value = "xxx hours"
Name = "OptimalResolution" - Value = "2560x1440 at 60 Hz"

PowerNap: Manage energy consumption using power management settings.

Dell Display ManagerでサポートされているDell製ディスプレイ(モニター)モデル(Windowsオペレーティング システム)

Dell Display Manager 2.0には、Windows 11またはWindows 10ビルド17763以降が必要です。

表2: DDM 2.0とDDDM 1.xのディスプレイ モデル互換性リスト
モデル DDM 2.0をサポート DDM 1.xのみをサポート
Alienware
モニター
AW2521HF
AW2521HFA
AW2521HFL
AW2521HFLA
AW2523HF
AW2720HF
AW2720HFA
AW2723DF
AW5520QF
AW2518HF
Dell Gaming
モニター
G2422HS
G2722HS
G2723H
G2723HN
G3223D
G3223Q
 
Dell Cシリーズ
ディスプレイ
C2422HE
C2423H
C2722DE
C2723H
C3422WE
C5519Q
C5519QA
C5522QT
C6522QT
C7520QT
C8621QT
C5517H
C5518QT
C7016H
C7017T
C8618QT
Dell SEシリーズ
ディスプレイ
SE2219H
SE2219HX
SE2222H
SE2222HV
SE2419H
SE2419HR
SE2419HX
SE2422H
SE2422HM
SE2422HR
SE2422HX
SE2423DS
SE2719H
SE2719HR
SE2722H
SE2722HR
SE2722HX
SE2723DS
SE3223Q
SE1918HV
SE2018HL
SE2018HR
SE2018HV
SE2216H
SE2216HM
SE2216HV
SE2218HL
SE2218HV
SE2416H
SE2416HM
SE2416HX
SE2417GR
SE2417HG
SE2417HGR
SE2417HGX
SE2716H
SE2717H
SE2717HR
SE3218H
SP2318H
SP2418H
Dell Pシリーズ
ディスプレイ
P1917S
P2219H
P2219HC
P2222H
P2223HC
P2319H
P2418HT
P2419H
P2419HC
P2421
P2421D
P2421DC
P2422H
P2422HE
P2423
P2423D
P2423DE
P2719H
P2719HC
P2720D
P2720DC
P2721Q
P2722H
P2722HE
P2723D
P2723DE
P2723QE
P3221D
P3222QE
P3223DE
P3223QE
P3421W
P1913
P1913B
P1914S
P1917SWH
P2014H
P2016
P2017H
P2018H
P2213F
P2214H
P2217
P2217H
P2217WH
P2314H
P2314T
P2317H
P2317HWH
P2414H
P2415Q
P2416D
P2417H
P2418D
P2418HZ
P2418HZM
P2714T
P2715Q
P2717H
P2815Q
P3418HW
P4317Q
Dell Sシリーズ
ディスプレイ
S2319H
S2319HN
S2319HS
S2319NX
S2419H
S2419HGF
S2419HM
S2419HN
S2419NX
S2421H
S2421HGF
S2421HN
S2421HS
S2421HSX
S2421NX
S2422HG
S2422HZ
S2522HG
S2719DC
S2719DGF
S2719DM
S2719H
S2719HN
S2719HS
S2719NX
S2721D
S2721DGF
S2721DGFA
S2721DS
S2721H
S2721HGF
S2721HN
S2721HS
S2721HSX
S2721NX
S2721Q
S2721QS/S2721QSA
S2722DC
S2722DGM
S2722DZ
S2722QC
S2723HC
S3219D
S3220DGF
S3221QS/S3221QSA
S3222DGM
S3222HG
S3222HN
S3222HS
S3422DW
S3422DWG
S3423DWC
S2216H
S2216M
S2218H
S2218M
S2316H
S2316M
S2317HJ
S2317HWI
S2318H
S2318HN
S2318HX
S2318M
S2318NX
S2415H
S2418H
S2418HN
S2418HX
S2418NX
S2715H
S2718D
S2718H
S2718HN
S2718HN
S2718HX
S2817Q
Dell Eシリーズ
ディスプレイ
E1715S
E1916HV
E1920H
E2016HV
E2020H
E2219HN
E2220H
E2221HN
E2222H
E2222HS
E2223HN
E2223HV
E2420H
E2420HS
E2421HN
E2422H
E2422HN
E2422HS
E2423H
E2423HN
E2720H
E2720HS
E2722H
E2722HS
E2723H
E2723HN
E1713S
E1913
E1913S
E1914H
E1916H
E1916HE
E1916HL
E1916HM
E2013H
E2014H
E2014T
E2015HV
E2016
E2016H
E2016HL
E2016HM
E2213
E2213H
E2214H
E2214HV
E2215HV
E2216H
E2216HV
E2218HN
E2313H
E2314H
E2318H
E2318HN
E2318HR
E2318HX
E2416H
E2417H
E2418HN
E2715H
E2715HM
E5515H
Dellデジタル ハイエンド シリーズ(U)ディスプレイ
U2419H
U2419HC
U2419HS
U2419HX
U2421E
U2421HE
U2422H
U2422HE
U2422HX
U2520D
U2520DR
U2719D
U2719DC
U2719DS
U2719DX
U2720Q
U2720QM
U2721DE
U2722D
U2722DE
U2722DX
U2723QE
U2723QX
U3023E
U3219Q
U3223QE
U3223QZ
U3419W
U3421WE
U3423WE
U3821DW
U4021QW
U4320Q
U4323QE
U4919DW
U2412M
U2413
U2414H
U2415
U2417H
U2417HA
U2417HJ
U2417HWI
U2515H
U2518D
U2518DA
U2713H
U2713HM
U2715H
U2717D
U2717DA
U2718Q
U2718QM
U2913WM
U2917W
U3014
U3415W
U3417W
U3818DW
UZ2215H
UZ2315H
UZ2715H
Dellデジタル ハイエンド シリーズPremier Color (UP)ディスプレイ
UP2720Q/UP2720QA
UP3218K/UP3218KA
UP3221Q
UP2414Q
UP2516D
UP2715K
UP2716D
UP2716DA
UP2718Q
UP3017
UP3017A
UP3017Q
UP3214Q
UP3216Q

Dell Display and Peripheral Manager (For macOS)でサポートされているDell製ディスプレイ(モニター)モデル

MacOSユーザーは、一部のモデルでDell Display and Peripheral Managerを介してサポートされています。詳細については、「Dell Display and Peripheral Manager for macOS」を参照してください。

その他の情報

よくあるお問い合わせ(FAQ)

DDM 2.0は、Microsoft Windowsオペレーティング システム(Windows 11およびWindows 10ビルド17763以降)で作動します。
DDM 1.xは、Microsoft Windowsオペレーティング システム(Windows 11、Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7)で作動します。

macOSの場合は、Dell Display and Peripheral Managerをダウンロードします。詳細については、「Dell Display and Peripheral Manager for macOS」を参照してください。

Dell Display and Peripheral Managerは、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Mini(2018年以降)、Mac Pro(2019年以降)でサポートされています。Dell Display and Peripheral Managerは、iMacではサポートされていません。サポートされているmacOSバージョンは10.14、10.15、11、12です。

 

Dell Display Manager (DDM)は、一部のDellモニターでのみ作動します。詳細については、下記のリストを参照してください。

 

いいえ。DDM 1.x、2.0ともに全モデル共通です。ただし、提供される機能はモデルによって異なる場合があります。

 

はい。最大16台のモニターをサポートできます(一部のハイエンド グラフィックス カードは最大4台の外部モニターをサポート可能で、このようなカードを4枚使用すると、Dell Display Manager (DDM)は最大16台のモニターをサポートできます)。

 

Dell Display and Peripheral Manager (DDPM) for Macに対応するには、お使いのDell製モニターを最新のファームウェア バージョンにアップデートする必要があります。ディスプレイ ファームウェアをアップデートするには、次の手順を実行します。

  1. Dellの「ドライバーおよびダウンロード」に移動します。
  2. お使いのDellモニターを確認します。
    1. Dell製モニターのサービス タグまたはモデル番号を入力して、[検索]をクリックします。
    2. または、[すべての製品の参照]をクリックして、カタログからお使いのDell製モニターを手動で選択します。
  3. オペレーティング システムをApple macOSとして選択し(図24(英語のみ)を参照)、ファームウェア パッケージをダウンロードします。
  4. USB-CまたはThunderboltケーブルをお使いのモニターに接続し、ファームウェア パッケージを実行し、画面の指示に従ってモニターのファームウェア アップデートを完了します。

DellサポートWebサイト(Dell.com/support/drivers)でドロップダウンから[Apple Mac OS]を選択
図27:Dellの[Drivers]ページのドロップダウンで[Apple OS]を選択

メモ: ファームウェア アップデートが完了するまでに数分かかる場合があります。モニターのファームウェアをアップデートする際は、お使いのMacでスリープ モードを無効にします。
 

Dell Display Manager (DDM)は、VDIデスクトップではサポートまたはテストされていません。

 

Dell Display Manager (DDM)は、NVIDIA、AMD、インテルなどの主要グラフィックス カード ベンダーのすべてのグラフィックス カードと互換性があります。

  • 複数の入力を簡単に切り替え可能。
  • ユーザーは各入力に名前を割り当て、複数の接続デバイスにすばやく簡単にアクセスできるショートカット キーを定義できるため、プログラマーやゲーマーに役立ちます。
 

プログラムをアンインストールする方法の詳細については、Microsoftのナレッジベース記事「Windows でアプリとプログラムをアンインストールまたは削除する外部リンク」を参照してください。

メモ: このプログラムはDell Display Manager としてリストに表示されます。
 

いいえ、各コンピューターで実行されているDell Display Managerのバージョンは異なっていてもかまいません。ただし、最新の修正プログラム、拡張機能、新しいデバイスの有効化を利用できるよう、最新バージョンのDell Display Managerを実行することをお勧めします。

 

いいえ。Dell Display Managerには、設定できるさまざまな設定があります。同じ設定である必要はありません。使用する設定はユーザー次第です。

メモ: レイアウトを簡単に並べ替えるために、各入力ソースに最も適したレイアウトを選択して、生産性を向上させることができます。ホットキーやその他の設定では、両方の入力ソースを一貫性のある方法で管理できるように、設定を同じにしておく方が簡単な場合があります。
 

âêîôûなどのアクセント キーを使用すると、^^a^^e^^i^^o^^uとなる場合があります。
この問題は修正されました。最新のDDMバージョン(バージョン2.0.0.135以降)をダウンロードしてインストールします。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Alienware and Dell Gaming Monitors, C Series, E Series, P Series, S Series, SE Series, UltraSharp Premier (UP) Series, UltraSharp (U) Series, Dell Display Manager 2.0, Dell Webcam WB7022

最後に公開された日付

27 10 2022

バージョン

34

文書の種類

Solution