メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

TPMバージョン1.2から2.0へのアップグレードが可能なDellコンピューター

概要: 次の記事では、Dellから出荷されたコンピューターで、Trusted Platform Module (TPM)をファームウェア バージョン1.2からバージョン2.0にアップグレードできるコンピューターについての情報を提供します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

メモ: インテル第6世代および第7世代プロセッサー(i7-7xxx、i5-7xxx、i3-7xxx、i7-6xxx、i5-6xxx、i3-6xxx)を搭載したシステムは、Windows 11へのアップグレードの対象になりません。TPM 2.0にアップグレードしても、このMicrosoftの要件はバイパスされません。

Trusted Platform Module(TPM)ファームウェア

2015年から2018年の間に構築されたDell PCは、Trusted Platform Module (TPM)ファームウェア バージョン1.2が搭載されて工場から出荷されている場合があります。

この記事では、TPM 1.2搭載のPCモデル一覧を提供します。これを参照して、必要に応じて、TPMファームウェアをバージョン2.0にアップグレードできます。

2019年以降にリリースされたコンピューターでは、ダウングレードするオプションはありませんが、TPMファームウェア2.0をサポートしています(Windows 10搭載で、レガシー サポートがないまたは制限されているシステム)。

アップグレードまたはダウングレードする前に、次の記事をよくお読みください。

お使いのPCがTPMファームウェア バージョン2.0にアップデートできることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Dell製品のサポート ページを開きます。

  2. サービス タグを入力するか、製品リストからお使いのモデル番号を選択します。

  3. ドライバーおよびダウンロード]タブをクリックします。

  4. ドロップダウン カテゴリー ボックスから[セキュリティ]を選択します。

  5. Dell TPM 2.0ファームウェア アップデート ユーティリティーを探します。

  6. 表示されている場合は、アップデートを実行できることを確認します。

TPM 2.0のアップグレード

図1:Dellサポートの[ドライバーおよびダウンロード])

参照リンク:

トップに戻る

原因

原因に関する情報はありません。

解決方法

TPM 1.2ファームウェアを搭載したシステム

Latitude
Latitude E7470  Latitude E7270  Latitude E5570  Latitude E5470 
Latitude E5270  Latitude 5480/5488  Latitude 7480  Latitude 7424 Rugged Extreme 
Latitude 7414 Rugged  Latitude 5420 Rugged  Latitude 5414 Rugged  Latitude 7389 2-in-1 
Latitude 7380  Latitude 7370  Latitude 5424 Rugged  Latitude 7285 2-in-1 
Latitude 7280  Latitude 7275  Latitude 7214 Rugged Extreme  Latitude 7202 Ruggedタブレット 
Latitude 5289 2-in-1  Latitude 5285 2-in-1  Latitude 5280/5288  Latitude 5179 2-in-1 
Latitude 5175 2-in-1  Latitude 3189  Latitude 3580/3588  Latitude 3570 
Latitude 3180  Latitude 3480/3488  Latitude 3470  Latitude 3380 
Precision Workstation
Precision 3430/3430XL SFF  Precision 3510  Precision 3520  Precision 3530 
Precision 5510  Precision 5520  Precision 5530  Precision 5530 2-in-1 
Precision 5720 AIO  Precision 7510  Precision 7520  Precision 7530 
Precision 7710  Precision 7720  Precision 7730  Precision Rack 3930/3930XL 
Precision Tower 3420  Precision Tower 3620  Precision Tower 3630/3630XL *  Precision Tower 5810/5810XL * 
Precision Tower 5820/5820XL *  Precision Tower 7810/7810XL *  Precision Tower 7820/7820XL *  Precision Tower 7910/7910XL * 
Precision Tower 7920/7920XL *       
 
メモ: TPM 2.0の場合は、これらのコンピューターのBIOSを最初に利用可能な最新リビジョンにアップデートする必要があります。
 
OptiPlex
OptiPlex 3040  OptiPlex 3046  OptiPlex 3050  OptiPlex 3050 All-In-One 
OptiPlex 3060  OptiPlex 3240 All-in-One  OptiPlex 5040  OptiPlex 5050 
OptiPlex 5055 Ryzen APU  OptiPlex 5060  OptiPlex 5250 All-In-One  OptiPlex 5260 All-In-One 
OptiPlex 7040  OptiPlex 7050  OptiPlex 7060  OptiPlex 7440 All-In-One 
OptiPlex 7450 All-In-One  OptiPlex 7460 All-In-One  OptiPlex 7760 All-In-One  OptiPlex XE3 
XPS
XPS 13 9350  XPS 13 9360  XPS 13 9365 2-in-1  XPS 13 9370 
XPS 13 9380  XPS 13 9380  XPS 15 9550  XPS 15 9560 
XPS 15 9570  XPS 15 9575 2-in-1  XPS 27 7760   
その他
Dell Edge Gateway 5000  Dell Edge Gateway 5000 OEM-Ready  Dell Edge Gateway 5100  Dell Edge Gateway 5100 OEM-Ready 
Dell Embedded Box PC 5000  Dell Embedded Box PC 5000 OEM     

トップに戻る

その他の情報

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Latitude, XPS, Fixed Workstations, Mobile Workstations, Dell Edge Gateway 5000, Dell Edge Gateway 5100, Dell Embedded Box PC 5000, Dell Edge Gateway 5000 OEM Ready, Dell Edge Gateway 5100 OEM Ready, Dell Embedded Box PC 5000 OEM

最後に公開された日付

13 12月 2023

バージョン

9

文書の種類

Solution