メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell Repository Manager (DRM)

概要: Dell Repository Manager(DRM)は、Dell PowerEdgeサーバーが最新のBIOS、ドライバー、ファームウェア、およびソフトウェアで最新であることを確認します。DRMを使用すると、カスタマイズされたコンポーネントとアップデートのリポジトリーを作成したり、Microsoft WindowsおよびLinuxオペレーティング詳細を表示する

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

Dell Repository Manager(DRM)は、IT管理者がシステム アップデートを管理できるDell OpenManageポートフォリオ内のアプリケーションです。Dell Repository Managerは、Dell Update Packages(DUP)のバンドルおよびリポジトリと呼ばれるカスタム ソフトウェア コレクションを作成するために使用される検索可能なインターフェイスを提供します。

SLN283183_en_US__1icon メモデルカタログ毎週金曜日に更新されます。 
SLN283183_en_US__1icon メモ:Microsoft Office 365のEメールはサポートされていません。  
 

目次

  1. Dell Repository Manager(DRM)とは何ですか?
  2. リソース
  3. Dell Repository Managerの仕組み
  4. リリースの概要

原因

「解決方法」セクションを参照してください。

解決方法


1.Dell Repository Manager(DRM)とは何ですか?

Dell Repository Manager(DRM) は、IT管理者がシステム アップデートを管理できる Dell OpenManageポートフォリオ 内のアプリケーションです。Dell Repository Managerは、Dell Update Packages(DUP)バンドルおよびリポジトリと呼ばれるカスタム ソフトウェア コレクションを作成するために使用される検索可能なインターフェイスを提供します。これらのバンドルおよびリポジトリは、複数のファームウェアアップデートの同時展開を可能にします。

Dell Updateパッケージ(DUP)は、標準パッケージ形式の自己完結型実行可能ファイルであり、DellサーバまたはDellストレージのBIOS、デバイスドライバ、ファームウェアをはじめとするソフトウェアアップデートなどの特定ソフトウェア要素のアップデートを行います。

また、Dell Repository Managerを使用すると、特定のプラットフォームの特定のアップデートを簡単に見つけてダウンロードできるため、時間を節約できます。

SLN283183_en_US__1icon メモDell Repository Manager(DRM)は、WindowsまたはLinuxオペレーティング システムにのみインストールできます。

利用可能な機能

  • バンドル レベルとコンポーネント レベルの両方で、2つのリポジトリー間の違いを比較します。
  • カスタムリポジトリを使用した導入ツールの作成
  • Dell Data Center(サーバーおよびストレージ)で利用可能
  • Dell OpenManage EnterpriseDell Management Plugin for VMware vCenterなどのDellシステム管理製品との統合
  • これらのコンソールからインベントリー情報を読み取り、インストールされた情報よりも新しいアップデートを作成することで、カスタム リポジトリーの作成を自動化します。

2.Dell Repository Managerのリソース

ダウンロード

Dell Repository Manager(DRM)の最新バージョンは3.4.2です。


DRMの最新リリースでは、いくつかの機能拡張が提供されています。
 

修正と機能拡張:

  1. ツール バーからPowerEdgeプラットフォームブータブルISOを作成します。
    1. 特定のPowerEdgeサーバーのプラットフォーム ブータブルISOを非常に高速に作成できます。
    2. 以前にパッケージ化されたプラットフォーム固有のブータブルISOを置き換える
    3. 注:  追加のカスタマイズについては、スマート ブータブルISOオプションを引き続き使用できます。
  2. スマート ブータブルISOは、PowerEdgeサーバーで実行されている場合に自動再起動するオプションで強化されています。
  3. データベースパスワード
    1. データベースパスワード暗号化によるセキュリティの強化。
  4. Windows 11およびUbuntu 20.04
    1. Windows 11およびUbuntu 20.04ベースのシステムからDRMを実行する
  5. DSA-2022-076/CVE-2022-26856に対応 


解決された問題の完全なリストについては、 ユーザー ガイド にあるこのリリースのDRM Readmeファイル を参照してください。 

 

製品マニュアル

ドキュメントにアクセスするには、このリンク「Dell Repository Managerのバージョン」でDRMバージョンを選択し、[Documents]タブをクリックします。ユーザーズ ガイドとその他のドキュメント: 「トラブルシューティング ガイド」、「クイック スタート ガイド」、「リリース ノート」が表示されます。

ビデオ

以下は、Repository Managerの機能の使用方法を説明するチュートリアルのプレイリストです。左上隅をクリックして、利用可能なビデオのリストを表示してください

このプレイリストには、次のリソースがあります。
  • 新規バンドルの追加
  • アプリケーションの個人設定 
  • CMCインベントリを使用したカスタムリポジトリの作成 
  • カスタムブータブルISOの作成 
  • カスタムカタログの作成とアップデートのダウンロード 
  • カスタムSmart Deployment Script Packの作成 
  • カスタム サーバー アップデート ユーティリティーの作成およびその他のビデオ。
その他のビデオ:  

3.Dell Repository Managerの仕組み

DRMを使用すると、IT管理者はアップデートのリポジトリーを手動で作成するか、OpenManage Enterprise v3.0以降、OpenManage Integration with VMware vCenter、OpenManage Integration with Microsoft System Center、Chassis Management Controller、iDRACなどの他のDellツールと統合して、カスタム リポジトリーの作成を自動化することができます。リポジトリの作成後、新しいアップデートの検索をスケジュールできるため、Dellサポート サイトを手動で検索する場合に比べて時間を節約できます。管理者は、Dell Tools、カスタム サーバー アップデート ユーティリティー、スクリプト導入パック、ブータブルISOによって使用されるカスタム カタログなどのカスタム導入ツールを作成することもできます。

DRMは、利用可能なDell Update Packages(DUP)に関する情報を含むアップデートのDell オンライン カタログ に接続します。ユーザーがアップデートを選択すると、Dell Repository Manager は特定の要求されたファイルをダウンロードします。

また、Dell Repository Managerは、最新バージョンのアップデート パッケージを使用してリポジトリーの更新を自動化するか、比較を実行して、管理者がリポジトリに含める新しいアップデートを選択します。次に、DRMを使用して、リポジトリのコンテンツから導入ツールを作成することができます。


4.リリースの概要

新機能とダウンロード

     
  新機能 日付
v3.4.2
  • DRM Javaランタイム環境(JRE)がアップグレードされました。
  • カタログ のインポートでは、新しい公開キーがサポートされます。
  • DRMが一部のx86ハードウェアにインストールされない問題に対処しています。
2022
年6月9日 ダウンロード
v3.4.1
  • ツール バーからPowerEdgeプラットフォームブータブルISOを作成します。
  • スマート ブータブルISOは、PowerEdgeサーバーで実行されている場合に自動再起動するオプションで強化されています。
  • データベースパスワード暗号化によるセキュリティの強化。
  • Microsoft Windows 11およびUbuntu 20.04のサポート
2022
年3月31日 ダウンロード
V3.3.2
  • 場所が有効でないか、アクセス拒否のメッセージがブラウザ ウィンドウに表示されます。
  • 製品ウィザードで[No update available for product]ウィザードで[Ok]をクリックすると、DRMが応答しなくなり、DRM接続が失われたというエラー メッセージが表示されます。
  • [ヘルプ]ボタンの[OK]ボタンをクリックすると、DRM接続が失われるというメッセージが表示される問題。
  • 特殊文字を使用する場合の Dell OpenManage Integration for Microsoft System Center(OMIMSSC)リポジトリの作成の統合。
2021年8月13
ダウンロード
V3.3.1
  • プロキシ認証情報の設定に関する問題。
  • リポジトリ内のDUP(すべてのシステムでサポート)を1つずつ、複数のバンドルにインポートする場合の問題。
  • 午前12:00に更新ジョブのスケジュール設定に関する問題。
  • スマート ブータブルのカスタム スクリプトにiDRACコンポーネントが含まれている問題。
  • フィルターが適用されたときにメッセージを表示する方法が強化されました。
  • カスタム スクリプトの使用を強化しました。
2020年7月7日
 
V3.3
  • Ubuntu ® 18.04 LTSのサポート。
  • 拡張コマンド ライン インターフェイス(CLI)によるすべてのサポートされる統合タイプのリポジトリ作成のサポート。
  • DUPのインポート、リポジトリのアップデート スケジュールなど、リポジトリの編集操作のための拡張コマンド ライン インターフェイス(CLI)のサポート。
  • プラグイン、カタログ、プロキシ、ストア パスなどのアプリケーション プリファランスの構成に対する拡張コマンド ライン インターフェイス(CLI)のサポート。
  • フィルター カテゴリー、コンポーネント タイプ、重要度、変更タイプを使用したアップデートおよび削除機能の拡張。
  • CLIでのアップデートおよび導入操作の非同期サポート。
  • アプリケーション環境設定でのユーザー インターフェイスの操作性の向上。
  • Dependency DUPサポートの追加。
  • UIエクスペリエンスの向上と問題の修正。 
2020年1月3日
 
v3.2
  • OpenManage Enterpriseリポジトリの作成におけるユーザー エクスペリエンスの強化
  • OpenManage Integration for Microsoft System Centerリポジトリの作成におけるユーザー エクスペリエンスの強化
  • スマート ブータブルISOのデフォルト スクリプトを置き換えるオプション。
  • スマート導入スクリプトのデフォルト スクリプトを置き換えるオプション。
  • スマート導入スクリプトとスマート ブータブルISOを使用したDellシステムの自動アップデート。
  • [比較]ウィンドウでのUIエクスペリエンスの向上。
  • 手動でのリポジトリ作成および手動でのバンドル追加における操作性体験の強化
  • ダウンロードしてアプリケーションで使用するすべてのアーチファクトの署名検証。
  • HTTPSプロトコルのみがサポートされます。
2019年3月29日
v3.1
  • Dell MXプラットフォームのサポート
  • DUPインポート中の署名検証の機能拡張
  • フィルターおよび比較オプションの改善。
  • Dell OpenManage EnterpriseおよびDell Integration for System Center Virtual Machine Managerコンソールとの接続をサポートします。
2018年11月1日
v3.0.1
  • 同じシステムでOM EssentialsとDRMを実行します。
  • 導入ツールの作成時にフォルダーを作成するサポート。
  • コンポーネントの機能拡張を削除します。
  • リポジトリのカタログファイルのみをエクスポートするサポート。

2018年5月2日

v 3.0
  • 新しいHTML5ベースのインターフェイス
  • LinuxとWindowsの両方のバージョンで同一の機能、特長、外観
  • コマンド ライン インターフェイス(CLI)オプション : 日常的なプロセスのカスタマイズされた自動化を可能にします。
  • リポジトリ作成のための新しいワークフロー
  • プラットフォーム、オペレーティング システム、および必要なデバイスを簡単に選択
  • ロールバック(または転送)のためのリポジトリのバージョン管理
  • 将来のDellコンソールをサポートするためのWebサービスAPI。
  • DRM 3.0のインストール中に、DRM 2.2で移行リポジトリを作成
  • 複数のリポジトリを一度に削除可能
  • 複数のリポジトリを一度に導入するツールを作成。
  • スマート ブータブルISOおよびスマート導入パック スクリプト -- アップデート プロセスをオーケストレーションするためのDellシステム アップデート(DSU)を搭載。
  • 新しいカタログの自動検出と自動ロード。

2018年1月29日

表1:新機能とダウンロード

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Repository Manager, Dell Repository Manager Version 2.1, Dell Repository Manager Version 2.2, Dell Repository Manager Version 2.0, Dell EMC Repository Manager 3.0, Dell EMC Repository Manager 3.0.1

最後に公開された日付

19 6 2022

バージョン

12

文書の種類

Solution