インテル® Core™ プロセッサー
インテルの詳細情報

Windows Server 2012 R2サポート期限終了

10年以上という長期にわたって提供されていた Windows Server 2012 のサポートが、2023年10月10日に終了。また、2022年7月12日にはMicrosoft SQL Server 2012のサポートも終了しました、IT部門が多忙になることが予想されます。

対策はお早めに

サーバーの移行は、計画から本番運用までおよそ2年かかります

必要性を認識ながらも、人員不足やコストの問題からサーバーの移行作業は遅れがちです。余裕を持って移行の検討を始めることが大切です。

2023年10月10日にマイクロソフト社のサポート終了。

Windows Server 2012/2012 R2 サポートスケジュール


Windows Server 2012/2012 R2 サポートスケジュール


放置することによって起こるリスク

winserver

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムの配信を含むすべてのサポートがなくなります。

マルウェアなど OS の脆弱性を狙った攻撃は日々巧妙になっており、最新のセキュリティ更新されていない状態では、防御は非常に難しくなります。

また、障害が発生してもマイクロソフトからのサポートはないため、重要業務がストップするなどリスクが高まります。

  1. 01

    サポート終了後のリスク

    • サポート非対応
    • セキュリティ更新なし
    • ハードウェア老巧化

  2. 02

    さらに放置する場合のリスク

    • 障害発生時の対応不可
    • 脆弱性を狙った攻撃
    • 故障の危険度高

  3. 03

    それによるお客様へのリスク

    • 機密情報・顧客情報の流出
    • 企業競争力・企業価値の低下
    • 信頼の失墜


リスクを回避する対策

Windows Server 2022でセキュリティを強化する

セキュリティの脅威に対する防御を実現し、大切なデータには安全に接続する。

高度な防御

セキュリティの基盤

セキュリティレベルの高いDellサーバーとマイクロソフトWindowsによる機能連携で、堅牢なセキュリティ基盤を実現

予防的な防御

多層セキュリティ対策

ハードウェア、ファームウェア、OSを統合した多層セキュリティ対策

セキュリティをよりシンプルに

予防的な防御

セキュリティ攻撃の怪しい動作を検知し、プロアクティブに防御

マイクロソフト Windows Server 2022のセキュリティ対策

・ウィルス対策ソフトウェアだけでは保護できないファームウェア、ドライバを狙った攻撃が増加しています。Windows Server 2022の「Secured-core Server」は、 「セキュリティの基盤」となるファームウェアやドライバなどシステムの基本部分を攻撃から保護することができます。多くのDell PowerEdgeサーバーが、この「Secured-core Server認定」を取得しています。

・サーバー・ハードウェア、ファームウェア、OS全体にわたる包括的な「多層セキュリティ対策」により、新たな脅威に対する保護効果を最大限に高めます。

「予防的な防御」としてTPM2.0 を活用し、セキュリティの基盤となるハードウェアの root-of-trust (信頼の根源) を担保、さらにいくつかの仮想化ベースのセキュリティ機能により、仮想化においてコードの改ざんや実行を防止し、脅威からWindowsカーネルを保護します。

・高度な脅威対策により、ゼロデイ攻撃、ネットワーク攻撃、データ侵害を検出して防ぎます。

・Windows Server 2022、Windows 11、Microsoft Defender for Business (オプション)の使用や、Azureと連携した高度なクラウド・バックアップにより、さらに高いセキュリティを確保することができます。

推奨サーバーモデル

セキュリティ向上に対応した多目的サーバー

Dell PowerEdgeサーバーとマイクロソフトWindows Server 2022による多層セキュリティ対策に対応したファイルサーバー、Webサーバー等幅広い用途にご利用いただけます。
これらのモデル以外にも多くのサーバーが対応しています。
チャットにお問い合わせいただくことで、ご予算や用途に合ったサーバー構成など、ご購入をサポート致します。

製品を選んで比較
ファイルサーバー、汎用用途に最適

PowerEdge T150 Smart Selection Flexi + Windows Server 2022

411,455円
税込・配送料込

インボイス制度、電子帳簿保存法など自社ファイルサーバーへの電子データ、ファイル保存、バックアップ、メールサーバー用途など汎用用途向け WinSvr2022Std搭載サーバー
・Xeon E-2324G
・16GBメモリ ×2
・4TB NLSAS ×2
・Win2022Std導入済
・DGメディア同梱(Win2022Std, 2019)
・ProSupport 3年翌営業日対応保守

ご利用可能な支払い方法

個人のお客様は合計11万円以上のご購入で分割払い金利0% | 詳細はこちら

発注コード: pet15012a
製品を選んで比較
ファイルサーバー、汎用用途に最適

PowerEdge T350 Smart Selection Flexi + Windows Server 2022

567,520円
税込・配送料込

インボイス制度、電子帳簿保存法など自社ファイルサーバーへの電子データ、ファイル保存、バックアップ、メールサーバー用途など汎用用途向け
WinSvr2022Std搭載サーバー
・Xeon E-2334
・16GBメモリ ×2
・4TB NLSAS ×2
・Win2022Std導入済
・DGメディア同梱(Win2022Std, 2019)
・ProSupport 3年翌営業日対応保守

ご利用可能な支払い方法

個人のお客様は合計11万円以上のご購入で分割払い金利0% | 詳細はこちら

発注コード: pet35012a
製品を選んで比較

PowerEdge R250 Smart Selection Flexi + Windows Server 2022

566,783円
税込・配送料込

インボイス制度、電子帳簿保存法など自社ファイルサーバーへの電子データ、ファイル保存、バックアップ、メールサーバー用途など汎用用途向け
WinSvr2022Std搭載
・Xeon E-2324G
・16GBメモリ ×2
・4TB NLSASホットプラグ ×2
・Win2022Std導入済
・DGメディア同梱(Win2022Std, 2019)
・ProSupport 3年翌営業日対応保守

ご利用可能な支払い方法

個人のお客様は合計11万円以上のご購入で分割払い金利0% | 詳細はこちら

発注コード: per25020a
製品を選んで比較

PowerEdge R350 Smart Selection Flexi + Windows Server 2022

580,985円
税込・配送料込

インボイス制度、電子帳簿保存法など自社ファイルサーバーへの電子データ、ファイル保存、バックアップ、メールサーバー用途など汎用用途向け
WinSvr2022Std搭載
・Xeon E-2324G
・16GBメモリ ×2
・480GB SSDホットプラグ ×2
・Win2022Std導入済
・DGメディア同梱(Win2022Std, 2019)
・ProSupport 3年翌営業日対応保守

ご利用可能な支払い方法

個人のお客様は合計11万円以上のご購入で分割払い金利0% | 詳細はこちら

発注コード: per35020a

デル・テクノロジーズの安心サポート

お客様に安心してご利用い頂くため、デル・テクノロジーズでは、宮崎のカスタマーセンターと国内に設置しているグローバルコマンドセンターを起点に、専門のサポートスタッフが受付からトラブル解決まで一貫して行います。ご不明な点や問題を迅速に解決する事ができます。


  • リモートエンジニアは100%正社員対応
  • 自社の国内センターで24時間365日サポート
  • 4時間以内のオンサイト対応・全国カバー率95%
  • サポートコールお客様満足度91.1%
  • みやざきコールセンターコンテスト2019 ベストカンパニーアワード受賞(全9社中)
  • グローバルコマンドセンター(国内)にて、人員配置及び部品在庫を徹底管理


ITシステムのモダン化

クラウドとオンプレミスの連携によるメリット



ハイパーコンパージドインフラストラクチャ (HCI) は、ITインフラのモダン化を検討する上で、最初に検討すべきソリューションです。
特に、オンプレミスのMicrosoft Azure Stack HCI は、コストを最適化しながらクラウド側のAzureと連携することで生産性を最大化できることが特長です。
クラウドとオンプレミスそれぞれのメリットを生かしたハイブリットクラウドを専用管理ツールでシームレスに管理することができます。

一例として、クラウドを利用することで、オンプレミスのファイルサーバーだけでは実現できない効率的なファイル保存、バックアップ、セキュリティ向上や、さらにサイトリカバリー機能を利用したBCP(事業継続計画)にも対応することができます。
この例の他にもハイブリットクラウドには多くのメリットがあります。

また、既に複数台運用している古いサーバーを、 Microsoft Azure Stack HCI を利用して仮想化統合することもできます。
サーバー更新は、ITシステムをモダン化できるチャンスです。

ITシステムのモダン化、ハイブリットクラウド化、仮想化についても、デル・テクノロジーズ・アドバイザーがご支援します。

SQL サーバーの移行も視野に

データベースサーバーでは、データ量が増加すればするほど読み書き、バッチ処理などの時間がかかり、利用者がストレスを感じたり、処理が時間内に終わらなかったりといった事態が発生しています。

Microsoft SQL Server 2012 のサポート終了に向けて、最新の Microsoft SQL Server 2019 への移行する場合、最適なサーバー構成の選択と、移行アセスメント、設計・構築からバックアップまで最適なデータベース環境を整える必要があります。


オンラインチャットでのサーバー購入サポート

オンラインチャットでのサーバー購入サポート

専門知識を持つスタッフが、サーバー導入に必要なハードウェアなど技術的なご相談、導入作業や導入後の運用などサポートについてのご相談など、幅広くお応え致します。

ハイパー・コンパージド・インフラストラクチャ (HCI) 、SQLサーバー等のITインフラの更新、既存サーバー管理作業の軽減、セキュリティ対策等にもご対応します。

デル・テクノロジーズ・アドバイザーが、企業規模、案件規模を問わず、技術的側面からお客様の課題支援を提供します。

インテル® Core™ プロセッサー
インテルの詳細情報