Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell EMC OpenManage Mobileのサポート

Summary: Dell EMC OpenManage Mobile(OMM)は、Dell EMC PowerEdgeサーバー、MX7000シャーシ、およびその他のデータセンター デバイスをAndroidおよびiOSモバイル デバイスからモニタリングおよび管理するためのモバイル アプリケーションです。このサポート記事では、このモバイルSee more

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

Dell EMC OpenManage Mobile

Dell EMC OpenManage Mobile

  • AndroidまたはiOSモバイル デバイスを使用してPowerEdgeサーバーまたはMXモジュラー インフラストラクチャにアクセス
  • 設定、モニタリング、および修復タスクを実行
  • Quick Syncで有効化されたPowerEdgeサーバーまたはモジュラー インフラストラクチャを安全にワイヤレスで設定、モニタリング、修復
  • モニタリングされているすべてのDell EMCおよびサードパーティー製ITインフラストラクチャにOpenManage EnterpriseまたはEssentialsによってアクセス
  • モバイル デバイスでアラート通知を自動的に受信し、修復アクションを実行

Dell EMC OpenManage Mobile(OMM)は、Dell EMC PowerEdgeサーバー、MX7000シャーシ、およびその他のデータセンター デバイスをAndroidおよびiOSモバイル デバイスからモニタリングおよび管理するためのモバイル アプリケーションです。OpenManage Mobileを使用すると、IT管理者は、サーバーの設定、モニタリング、トラブルシューティング、修復タスクの一部をどこからでも実行できます。

OpenManage Mobileのメリット

アクセス方法:PowerEdgeサーバーおよびMX7000シャーシ/スレッドにネットワーク経由1、サーバーで23、またはOpenManage EnterpriseまたはEssentialsコンソールを介して接続します。詳細 >
OpenManage EnterpriseまたはEssentialsコンソールからの通知
  • モバイル デバイスでOpenManage EnterpriseまたはEssentialsからアラート通知を受信
  • アラートをモバイル デバイスから承認、転送、および削除
PowerEdgeサーバーまたはMX7000シャーシをモニタリングおよび管理
  • 個々のサーバーについてサーバーの詳細、正常性ステータス、ファームウェア インベントリー、システム イベント ログ、LCログを参照し、必要に応じて共有/転送します。
  • システム コンソールにアクセスするために、タブレットをクラッシュ カートとして使用します。
  • SupportAssistレポート、またはクラッシュ画面およびビデオにアクセスし共有します。
  • モバイル デバイスからサーバー保証情報にアクセスします。
  • VNCを使用してシステム コンソールにアクセスし、iDRAC VNC対応サーバー4でサーバーOSデスクトップを表示します。これには、AndroidおよびiOSデバイスで使用可能なサードパーティー製のVNCクライアント アプリケーションが必要です。詳細 >
  • 拡張現実機能によってMX7000シャーシのステータスを表示します。
  • モバイル アプリケーションから、電源オン、パワー サイクル、再起動、シャットダウンなどのサーバー管理機能を実行します。
PowerEdgeサーバーとMX7000インフラストラクチャを構成とプロビジョニング
  • QRコードに格納されているiDRACの資格情報をスキャンするだけの、容易で高速な初回ログイン
  • Dell License Manager(バージョン1.5以降)を使用したDell EMC PowerEdge 14世代以降のサーバーのサーバー パスワードを一括更新します。
  • 1台のサーバーを手動で、または複数のサーバーを同時に構成します。OMMからサーバーの自動更新フラグをアップデートすることもできます。これは、MX7000シャーシのコンピュート スレッドにも当てはまります。
  • PowerEdgeサーバーまたはMXインフラストラクチャをプロビジョニングします(電源ケーブルの接続、サーバーまたはシャーシへのモバイル デバイスの接続、IPアドレスの割り当て、資格情報の変更、BIOS属性のアップデート)
  • RACADMコマンドを実行して、モバイル デバイスで直接出力を取得します。
[Demo Mode]:[Demo Mode]にアクセスして、アプリに含まれる事前設定済みのオフライン「デモ データベース」を使用してOpenManage Mobileの機能をプレビューし、学習します。
 
 

OpenManage Mobile

OpenManage Mobile 4.0の機能

Dell EMCはOpenManage Mobileを改良し続けています。

監視と管理:
  • OpenManage Enterpriseに接続されている場合:
    • 電力ポリシーおよび温度ポリシーなどのすべてのレポートをダウンロードして表示
    • 任意の場所から緊急時の電力削減を実施
    • 名前、モデル番号、サービス タグ、IPアドレスのいずれかで任意のデバイスを簡単に検索
  • PowerEdgeサーバーに接続されている場合:
    • 内蔵ストレージの監視、ストレージ固有のログの表示、物理および仮想ディスクのLEDの点滅
  • PowerEdge MX7000インフラストラクチャに接続されている場合:
    • タブレットの使用など、拡張現実による監視の機能拡張
    • シャーシ、コンピューティング デバイス、ストレージ デバイス、ネットワーク デバイスの正常性のサマリーの表示
    • アラートのサマリーを簡素化
    • Quick Sync 2を介してリード シャーシに接続されている場合、グループ全体のシャーシおよびコンポーネント情報にアクセス(以前は、この機能はネットワーク経由でのみ使用可能でした)
修復作業:
  • フル パワー サイクル(サーバーからの電源ケーブルを取り外して再度取り付けることと同様)をリモートで実行
  • 改善ガイダンス付きの障害ログ
  • LCログで改善ガイダンスが利用可能
セキュリティ:
  • 改善された証明書のコンプライアンス ステータスが潜在的なセキュリティの問題を強調表示
  • 認証局(CA)を使用しているiDRAC証明書は自動的に認証(対応するCAがモバイル デバイスに存在する場合)
エクスペリエンス:
  • 優れたエクスペリエンスを実現するためにホーム画面を再設計
  • 拡張検索により最近の検索候補を保存
MX7000のモニタリングとプロビジョニング
  • ARモードではシャーシの背面もモニタリング
  • プロビジョニング中に冗長リード シャーシを割り当て
  • リード シャーシへのアクセス時に、OpenManage Enterpriseモジュラーの場合と同じケーブル接続ビューとグループ トポロジーを表示
以前の拡張機能のリストの表示
修復作業:
  • フル パワー サイクル(サーバーからの電源ケーブルを取り外して再度取り付けることと同様)をリモートで実行
  • 改善ガイダンス付きの障害ログ
  • LCログで改善ガイダンスが利用可能
セキュリティ:
  • 改善された証明書のコンプライアンス ステータスが潜在的なセキュリティの問題を強調表示
  • 認証局(CA)を使用しているiDRAC証明書は自動的に認証(対応するCAがモバイル デバイスに存在する場合)
エクスペリエンス:
  • 優れたエクスペリエンスを実現するためにホーム画面を再設計
  • 拡張検索により最近の検索候補を保存
MX7000のモニタリングとプロビジョニング
  • ARモードではシャーシの背面もモニタリング
  • プロビジョニング中に冗長リード シャーシを割り当て
  • リード シャーシへのアクセス時に、OpenManage Enterpriseモジュラーの場合と同じケーブル接続ビューとグループ トポロジーを表示
  • 新しい拡張現実機能によって、MX7000モジュラー シャーシを簡単かつ迅速に監視、診断、およびトラブルシューティングできるようになりましたデバイスのカメラをMX7000に向けるだけで、Quick Sync 2経由で接続され、MX7000のイメージの上に正常性オーバーレイが表示されます。
  • ネットワークを介したMX7000のモニタリングと管理 - この新機能により、いつでもどこでもモジュラー インフラストラクチャーにアクセスできます。認証済みのユーザーは、単一のシャーシにアクセスするか、リード シャーシにアクセスすることによってグループ全体にアクセスできます。
  • OpenManage Mobileからのリード シャーシとグループの設定の定義 – 以前はこれらの設定はPCコンソールで完了されたため、展開プロセスの「中断」が必要でしたが、1つのアプリケーション内でこれらの設定を定義できるようになりました。
  • OpenManage Mobile内からSupportAssistコレクション レポートを表示してアップロード - この機能が紹介される前は、SupportAssistコレクション レポートを表示するには、IT管理者がPCにレポートをアップロードして、その後Dell EMCサポートに送信する必要がありましたが、お客様がOpenManage Mobileから直接表示し、送信することができるようになりました。この機能は、iSMがインストールされていない、または使用できない場合(たとえば、何らかの理由でサーバーにアクセスできない場合)にも便利です。
  • OpenManage MobileからiDRACをDell EMCサポートに登録 - OpenManage Mobileのユーザーは、このモバイル アプリケーションから直接、接続されているiDRACをDell EMCサポートに登録できるようになりました。
  • OpenManage Enterprise 3.0コンソールにアクセスして、このコンソールを使用して管理されているDell EMC PowerEdgeサーバー、シャーシ、ストレージ、ネットワーク、ファイアウォール アプライアンス、およびその他のサポート対象のサード パーティー アプライアンスを管理します。モバイル デバイスでアラート通知を自動的に受信します。
  • 「シャーシでの」最新のMX7000モジュラー インフラストラクチャーを管理し、シャーシまたはそのスレッドを設定、監視、トラブルシューティング、改善します。
  • アプリ全体の操作性を向上
  • 「サーバーでの」システム管理用の新しいQuick Sync 2モジュールへのアクセス
    • PowerEdge第14世代サーバーで利用可能
    • 使いやすさのための「タッチ & ローミング」機能を含む高度な機能
    • (Androidモバイル デバイスに加えて)iOSでもサポート
    • BluetoothおよびWi-fiテクノロジーを活用してOMMをiDRACに接続
    • サーバーを使用したPOSとシステム購入後の両方での可用性(POSを強く推奨)
    • サーバー内部に配置(ベゼルではない)
  • サーバーを手動設定および一括設定*
    IPアドレスの割り当て、iDRAC資格情報とNIC設定の変更、起動順序の変更、場所や主要BIOS属性のアップデートを行います。
    *サーバーの一括設定機能は、主にPowerEdge第14世代サーバーで使用可能であることに注意してください。機能はサーバーの世代とアクセス方法によって異なります。
  • PowerEdge第14世代サーバーのSupportAssistレポートへのアクセス
    SupportAssistレポート、前回の起動キャプチャー、またはクラッシュ ビデオにアクセスして共有します。最後のクラッシュまたはOSプレビュー画面を表示して共有します。
  • RACADMコマンドの実行によるPowerEdge第13世代および第14世代のサーバーへのアクセスと管理
    任意のRACADMコマンドを実行して、モバイル デバイス上に出力を直接取得します。使用頻度の高い5個のRACADMコマンドは、アプリケーションに事前に入力されており、モバイル ディスプレイの指のタッチで開始することができます。
  • 仮想コンソール(VNC経由のSSH)への安全なアクセス
    AndroidおよびiOSモバイル デバイスの両方からSSHを介してコンソールに安全にアクセス
    Android用bVNC(Google Playストアで無料で入手可能)
    iOS用Remotix(Apple App Storeで購入可能)
  • Dell EMC PowerEdgeサーバーの工場出荷時のデフォルト サーバー パスワードの一括アップデート(この機能にはDell License Manager 1.5が必要)
    • PowerEdge第14世代サーバーで利用可能
 
 

OpenManage Mobileタブレット デバイスでのモバイル アクセス

OpenManage Mobileのアクセス方法

OpenManage Mobileは、複数の接続方法でPowerEdgeサーバーとMX7000シャーシにアクセスして管理できます。

iDRAC PowerEdgeサーバーまたはMX7000シャーシを介したネットワーク経由での管理
  • OpenManage Mobileは、iDRAC対応のPowerEdgeサーバー1にどこからでもネットワーク経由でリモート アクセスできます
  • IPアドレスの構成、サーバー インベントリーの表示、ヘルス ステータスとログ、サーバーの電源の再投入
Quick Syncを使用した「サーバーで」のPowerEdgeサーバーまたはMX7000シャーシの管理
  • Quick SyncベゼルまたはQuick Sync 2モジュールを使用したPowerEdgeサーバーまたはMX7000シャーシを安全かつワイヤレスに構成、モニタリング、修復
  • オプションのQuick Sync 2モジュールは、一部のPowerEdgeサーバーおよびMX7000シャーシで利用可能です2
  • オプションのQuick Syncベゼルは、一部のPowerEdgeサーバーでサポートされています3
OpenManage EnterpriseまたはEssentialsコンソールを使用した管理
  • OpenManage Enterprise(バージョン3.1以降)またはEssentials(バージョン2.5以降)によって管理されるすべてのDell EMCおよびサード パーティー製インフラストラクチャへのアクセス
  • モバイル デバイスでのアラート通知の受信、アラートの確認または転送、および修復ステップの実行
 
 
 

OpenManage Mobileのダウンロードとインストール

Dell EMC OpenManage Mobileは、Apple Store、Google Playストア、MyApp/Tencent(中国)および360 Mobile Assistant(中国)からモバイル デバイス用の無料アプリケーション ダウンロードとして入手できます

  • iOS版OpenManage Mobile
    お使いのAppleデバイス用のOpenManage Mobileをダウンロードしてください。
    SLN310980_en_US__4OMM-Apple-Store-Icon
  • Android版OpenManage Mobile
    お使いのAndroidデバイス用のOpenManage Mobileをダウンロードしてください。
    SLN310980_en_US__5OMM-GooglePlay-Store-Icon
  • Android版OpenManage Mobile(中国)
    QRコードをスキャンするかクリックして、360 Mobile AssistantからOpenManage Mobileをダウンロードしてください。
    SLN310980_en_US__6OMM-China360Download SLN310980_en_US__7360-Mobile-Assitant-Icon360 Mobile Assistant
 
 
 

OpenManage Mobileのリソース

コミュニティ

OpenManage Systems Managementコミュニティーに参加すると以下を利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

ドキュメンテーション

最新の文書については、Dell EMC OpenManage Mobileの文書を参照してください。

ホワイト ペーパー

OpenManage拡張現実

『Understanding Augmented Reality in OpenManage Mobile』


2020年6月
10ページのホワイト ペーパー
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage Mobileと拡張現実モニタリングを使用してMX7000シャーシをモニタリングおよびトラブルシューティングする方法について説明します。

ホワイト ペーパーを読む
PowerEdge Quick Syncベゼルと同期しているモバイル デバイスのOpenManage Mobile

『Understanding OpenManage Mobile and Quick Sync Security (PowerEdge servers and MX Chassis)』


2019年10月
11ページのホワイト ペーパー
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、サーバー側、リモートの場合、およびそのモバイル デバイス自体でOpenManage Mobileが使用するセキュリティ制御について説明しています。

ホワイト ペーパーを読む
OpenManage拡張現実

『OpenManage Enterprise integration with OpenManage Mobile』


2019年3月
23ページのホワイト ペーパー
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、OpenManage EnterpriseのOpenManage Mobileとの完全な統合の概要について説明します。

ホワイト ペーパーを読む
VNCサーバー用iDRAC9設定

『Accessing Remote Desktop using VNC on Dell PowerEdge Servers and MX7000 Modular Infrastructure』


2019年2月
36ページのホワイト ペーパー
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、標準VNCクライアントを使用して、サーバー ホストのオペレーティング システム(OS)への安全なリモート デスクトップ接続を確立する方法について説明しています。

ホワイト ペーパーを読む
PowerEdge第14世代Quick Syncベゼルと同期しているモバイル デバイスのOpenManage Mobile

『Understanding Quick Sync 2 for Dell EMC PowerEdge 14th Gen Servers and MX7000 Chassis』


2018年9月
14ページのホワイト ペーパー
このテクニカル ホワイトペーパーでは、拡張ワイヤレス設定、モニタリング、およびトラブルシューティングについて説明しています。

ホワイト ペーパーを読む
PowerEdge第14世代Quick Syncベゼルと同期しているモバイル デバイスのOpenManage Mobile

『Save server management time and effort for IT staff』


2017年7月
19ページのホワイト ペーパー
従来の方法と比較して、新しいPowerEdgeサーバーの基本セットアップを実行するのに必要な時間と手順が少ないことを特定したPrincipled Technologiesの事例。デル・テクノロジーズの委託。

ホワイト ペーパーを読む
PowerEdge第13世代Quick Syncベゼルと同期しているモバイル デバイスのOpenManage Mobile

『Dell iDRAC Quick Sync for 13th Generation PowerEdge servers』


2014年11月
13ページのホワイト ペーパー
近距離無線通信(NFC)テクノロジーをDell第13世代PowerEdgeサーバー(特にR730、R730xd、およびR630モデル)にオプションで統合するためのハードウェア テクニカル ガイド。

ホワイト ペーパーを読む

ビデオ

『Systems Management with OpenManage Mobile』

OpenManage Mobileプロダクト マネージャーのManoj Malhotra氏による、Dell EMC OpenManage Mobileの概要。

2020年4月

『Manage the PowerEdge MX with Augmented Reality』

OpenManage Mobile 3.2(およびそれ以降のバージョン)では、PowerEdgeプラットフォームを管理するのに拡張現実が追加されています。

2019年4月

『OpenManage Mobile and Quick Sync 2』

OpenManage MobileおよびQuick Sync 2でDell EMC PowerEdgeサーバーを管理して時間と労力を節約します

2017年10月

『Introducing OpenManage Mobile and Quick Sync 2』

Quick Sync 2を使用したOpenManage MobileおよびPowerEdgeサーバーのデモ

2017年7月
  1. OpenManage Mobileは、データ センター、Enterprise、またはExpressエディション ライセンスを使用してiDRAC 7、8、9以降に接続することができます。
  2. オプションのQuick Sync 2モジュールは現在、MX7000、R940、R940xa、R840、R7515、R7425、R7415、R740、R740xd、R6525、R6515、R6415、R640、R540、R440、T640でサポートされています。詳細については、モデルのシステム文書と構成を参照してください。
  3. Quick SyncベゼルはDell EMC PowerEdge R730、R730xd、およびR630サーバーのオプションとして使用できます。
  4. iDRAC VNCは、データ センターまたはEnterpriseエディション ライセンスを使用してiDRAC 7(ファームウェア バージョン1.50.50以降)、8、9以降で使用できます。

Cause

Dell EMC

Resolution

Dell Technologies 2021

Article Properties


Affected Product

Software, OpenManage Mobile, Dell EMC OpenManage Enterprise

Last Published Date

11 Feb 2021

Version

5

Article Type

Solution