Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell Display and Peripheral Manager for macOS

Summary: Dell Display and Peripheral Manager (DDPM)は、DellモニターとWebカメラの生産性とカスタマイズをmacOS上で強化するソフトウェアです。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Instructions

Dell Display and Peripheral Manager for macOS

メモ: Dell Display and Peripheral Manager (DDPM)は、macOS向けのDell Display Managerに代わるものです。macOS向けのDDPMをダウンロードして、引き続きこれまでと同じ様にデバイスをお使いください。

Dell Display and Peripheral Managerをダウンロードしてインストールする方法

  1. 参照先:デルの「Drivers & Downloads(ドライバおよびダウンロード)」
  2. ご利用のDellモニターまたは周辺機器を識別します。
    1. サービス タグまたはモデル番号を入力して、[検索]をクリックします。
    2. または、[すべての製品を参照]をクリックして、カタログからお使いのモデルを選択します。
    メモ: 製品を識別せずにDDPMをダウンロードするには、「Dell Display and Peripheral Manager」に移動します。次に、[ドライバーおよびダウンロード]を選択します。
  3. Apple Mac OS]をオペレーティング システムとして選択します。
    メモ: DellサポートWebサイトは、お使いのコンピューターで使用されているオペレーティング システムを検出し、[オペレーティング システム]フィールドに設定します。Macデバイスを使用している場合は、[Dell Display and Peripheral Manager]のダウンロード リンクがMac OS用に表示されます。または、[オペレーティング システム]を[オペレーティング システム]ドロップダウンから選択できます。
  4. Dell Display and Peripheral Managerの横にある[ダウンロード]ボタンをクリックします。
  5. Finderを使用して、[ダウンロード]フォルダーを参照します。
  6. ダウンロードした.zipファイルをダブルクリックして、パッケージを解凍します。
  7. 解凍したフォルダーに移動して、DDPM_Installer.pkgを実行することでDDPMをインストールします。
  8. インストール手順に従ってインストールを完了します。
  9. インストール後、LaunchPadからDDPMを起動します。
メモ: DDPMでは、ドキュメントを開き、サイズを変更して選択したレイアウトに配置するために、EasyArrangeおよびEasy Memoryのアクセシビリティーと自動化の権限が必要です。OSからプロンプトが表示されたら、[OK]をクリックしてアクセスを許可します。
Webカメラが接続されている場合は、プロンプトが表示されたらDDPMがカメラにアクセスすることを許可します。Webカメラのファームウェアをアップデートするには、ダウンロードしたファームウェア パッケージにアクセスするための自動化と、ファームウェアをアップデートするためのアップデート ツールの入力監視が必要です。
これらの権限は、[システム設定]の[プライバシーとセキュリティ]から有効にすることもできます。

トップに戻る


モニターで利用できる主な機能

  • 最適なスクリーン体験:[Menu Launcher]ダイアログ ボックスでは、次のような一般的に使用される機能にすばやくアクセスできます。
    1. 解決策
    2. 明るさとコントラスト
    3. Easy Arrange
    4. KVMおよびWebカメラ(該当する場合)

    これらのコントロールにアクセスするには、ステータス バーの[Dell Display and Peripheral Managers]アイコンをクリックします。複数のDellモニターがMacに接続されている場合は、任意のモニターをドロップダウン メニューから選択できます(図1)。
    [Dell Display and Peripheral Manager]メニュー
    図1: [Dell Display and Peripheral Manager]メニュー
  • ディスプレイ:[Display]メニューには、解像度、リフレッシュ レート、向き、Smart HDRなどを含むモニターのディスプレイ関連設定をカスタマイズするための単一のウィンドウが表示されます(図2)。
    [Dell Display and Peripheral Manager]の[ディスプレイ]メニュー
    図2:[Dell Display and Peripheral Manager]の[ディスプレイ]メニュー
  • [Brightness/Contrast]:このメニューでは、スケジュールされた時間に基づいて、モニターの輝度またはコントラストの設定を手動および自動で調整できます(図3~5)。
    Dell Display and Peripheral Managerの明るさまたはコントラストの手動モード
    図3:[Brightness/Contrast]の[Manual]モード
    Dell Display and Peripheral Managerの明るさまたはコントラストのスケジュール モード
    図4:[Brightness/Contrast]の[Schedule]モード
    Dell Display and Peripheral Managerのスケジュール モードでの明るさまたはコントラストの設定時間のスケジュール
    図5:[Brightness/Contrast]の[Schedule]モードでの時間設定
    環境証明センサー搭載のモニターでは[Auto]モードを使用して、周囲の光の状態に基づいて輝度と色温度を自動的に調整できます。希望に応じて輝度範囲を定義することができます(図6)。
    Dell Display and Peripheral Managerの明るさまたはコントラストの自動モード
    図6:明るさまたはコントラストの自動モード
  • [入力信号]:[入力ソース]メニューでは、複数のビデオ入力をDellモニターで管理できます。これによって、複数のコンピューターで作業する際に簡単に入力を切り替えることができます。Picture in Picture (PIP)モードまたはPicture By Picture (PBP)モードで入力を並べ替えることができます(図7および8)。
    メモ: 使用可能な入力とキーボード、ビデオ、マウス(KVM)機能の可用性については、お使いのモニターのユーザー ガイドを参照してください。

    Dell Display and Peripheral Managerの[Input Source]の[General]コントロール
    図7:[Input Source]の[General]コントロール
    Dell Display and Peripheral Managerの[Input Source]の[PIP/PBP]コントロール
    図8:[Input Source]の[PIP/PBP]コントロール
  • Color(カラー): [Color]メニューでは、任意の[Preset Mode]をアプリケーションに関連付けられます。[Auto]モードが有効になっている場合、DDPMアプリケーションは対応するプリセット モードに自動的に切り替わります。これは、関連付けられているアプリケーションがアクティブ化されるたびに発生します(図9)。
    [Dell Display and Peripheral Manager Color]メニュー
    図9:[Dell Display and Peripheral Manager Color]メニュー
  • EasyArrange:EasyArrangeによって、複数のアプリケーションを画面上で整理して任意のテンプレートにスナップできるため、マルチタスクを簡単に行うことができます。定義済みまたはカスタムの各レイアウトから選択して、画面レイアウトを構成できます(図10)。

    Easy Arrangeを使用すると、デュアル モニターを左右に並べてパーソナライズしたり、2台のモニターにまたがってデスクトップ スペースを拡大したりすることもできます。
    [Dell Display and Peripheral Manager Easy Arrange]メニュー
    図10:[Easy Arrange]メニュー
  • Easy Arrangeメモリー:この機能では、Easy Arrangeのパーティションにアプリケーションやファイルを割り当て、レイアウトを保存してプロファイルを作成し、プロファイルを復元することができます(図11)。
    メモ: 初めてEasy Memoryに追加される各アプリの場合、DDPMに自動化権限を明示的に付与する必要があります。コンピューターにアクセス許可ダイアログが表示されたら、[OK]をクリックする必要があります。
    許可しない]をクリックすると、DDPMが単独でアプリを起動することが禁止されます。プロファイルを保存することはできなくなります。

    [Dell Display and Peripheral Manager]の[Easy Arrange Memory]
    図11:[Easy Arrange Profile Configuration]
    メモ: Easy Arrangeメモリーの操作性は、アプリケーションの種類や起動時の動作によって異なる場合があります。Easy Memoryは、Microsoft Office、Adobe、Webブラウザーなどの一般的な生産性アプリケーションに対応しています。
    次のいずれかが発生した場合、Easy Memoryは起動時にウィンドウ領域分割を実行できないことがあります。
    • アプリの起動時にダイアログ ボックスが表示される(つまり、ログイン画面、エラー ダイアログ、または未保存のファイル)
    • アプリケーションが全画面モードで起動する
    • ファイルがアプリ内の個々のタブとして開く
    • EasyArrangeレイアウトのオーバーラップ表示
  • アプリケーション ウィンドウのスナップ:この機能は、プログラムを任意の画面にすばやく配置するのに役立ちます。Dell Display and Peripheral Managerで有効にした場合、アプリケーション ウィンドウをドラッグしたときに、最近使用したEasyArrangeレイアウトを含むフローティング メニューが表示されます。リストされているレイアウトのいずれかにアプリケーションをドロップすることで、ウィンドウの配置を実行できます(図12)。
    Application Windows Snap
    図12:Application Windows Snap
  • KVM:macOS向けDell Display ManagerおよびDell Peripheral Managerでは、KVMをセットアップする方法として、USB KVMとネットワークKVMの2つがあります。KVM機能は、接続されているモニターがKVM機能に対応している場合に使用できます。(図13)。
    [Dell Display and Peripheral Manager]の[USB KVM設定]
    図13:[USB KVM Settings]
     
    1. ネットワークKVM
      この機能を使用すると、クラスター内のクライアント デバイス間でキーボードとマウスを共有し、ファイルを転送できます。OS間でのファイル共有(WindowsデバイスからmacOSデバイスへ、またはその逆)もサポートされています(図14)。
      ネットワーク KVM 設定
      図14:ネットワークKVM設定

      クラスターは、クライアント デバイスとモニターで構成されています。最大4台のクライアント デバイスをクラスターに追加できます。クラスターは、次の3つの異なる方法でセットアップできます(図15-17)。
      マルチディスプレイ
      (図15: 複数のディスプレイ)(


      シングル ディスプレイ(PBPオン)図16: シングル ディスプレイ(PBPオン))


      シングル ディスプレイ(PBPオフ) (図17: シングル ディスプレイ(PBPオフ)
       
      注:
      1. ネットワークKVM機能を使用できるかどうかは、企業/IT部門が設定したネットワーク ポリシーによって異なります。この機能では、ネットワークの送受信トラフィック制御のために、ネットワーク アクセス制御リスト(ACL)を開く必要があります。
      2. ネットワークKVMはモジュラー型です(インストールはオプション)。デフォルトではインストールされず、ユーザーはソフトウェアのダウンロード中にインストールしないことを選択し、Dell Display Managerの他の機能を使用できます。ユーザーが後でネットワークKVMをインストールする場合は、バージョン2.3以降を新規にインストールする必要があります。
      3. ネットワーク レイテンシの制限により、ネットワーク KVM 上のリモート コンピューターからの応答が遅れる場合があります。
      4. 特定のキーの組み合わせ、ファンクション キー、特殊キー、およびタッチ バー キーは、リモート コンピューターの制御ではサポートされていません。クラスター内でクリップボードを共有している間、カット アンド ペーストはリモート コンピューターではサポートされません。
      5. ネットワークKVMの電源がオフ状態からオンに戻った後、メイン コンピューターがサスペンド状態から復帰した後、またはサポートされているモニターに接続した後、確立されたクラスターが接続を再開しない場合があります。この場合、ドロップダウン リストからクラスターを手動で切り替えるか、ネットワーク KVM メイン ページからオフライン コンピューターを手動で接続できます。
      6. Dell Display Managerを使用すると、エンドツーエンドの暗号化を使用して、コンピューター間でコンテンツとファイルを安全に共有できます。ただし、マルウェア対策ソフトウェアとしては機能せず、転送中の悪意のあるファイルに対するスキャンや保護は提供されません。ネットワークKVMでファイルおよびコンテンツ転送を使用する前に、マルウェア対策またはその他のセキュリティ ツールをインストールすることをお勧めします。コンピューター間でファイルを共有したくない場合は、KVM設定に移動し、クラスターの管理を使用してこの機能をオフにすることができます。
      7. クラスターにWindowsデバイスとMacデバイスが混在している場合は、リモートMacデバイスにアクセスできないため、可能であればキーボードとマウスをMacに接続します。
      8. Apple Universal ControlとNetwork KVMの両方をオンにすることは、混乱を招く可能性があるためお勧めしません。
      9. セットアップ方法の詳細については、次の場所にあるユーザー ガイドの「ネットワークKVMのセットアップ」セクションを参照してください。Dell Display ManagerおよびDell Peripheral Manager |マニュアルおよび文書
  • USB-C優先順位付け: ユーザーは、[Display]メニューの[Advanced Settings]にある[High Data Speed Priority]または[High Resolution through USB-C Prioritization]オプションを選択できます(図18)。
    macOS向けDell Display ManagerおよびDell Peripheral Manager USB C優先順位付け
    図18:macOS向けDell Display ManagerおよびDell Peripheral Manager USB C優先順位付け
  • 節電:サポートされているDellモデルでは、PowerNapの省電力オプションを[その他]メニューで利用できます。モニターの明るさを最小レベルに設定するか、スクリーンセーバーがアクティブ化されているときにモニターをスリープ状態にするかを選択できます(図19)。
    [PowerNap]設定によるDell Display and Peripheral Managerの省電力
    図19:[PowerNap]設定による省電力
  • 色の管理:この機能を使用すると、モニターの色空間を、関連するインターナショナル カラー コンソーシアム(ICC)プロファイルと同期させることができます(図20)。
    [Dell Display and Peripheral Manager]の[色の管理]
    図20:色管理

トップに戻る


Dell Webカメラおよびビデオ会議モニターのカメラで使用可能な主な機能は何ですか?

  • [Webcam Control]機能
    • AI Auto Framing
      AI自動フレーミングは、あなたの動きを追跡し、それに応じて調整することで、画面の中心にあなたを維持します。
    • 視野角(FOV)]の調整
      自分と周囲の様子を表示する範囲をカスタマイズできます。
      • 65° FOV:対面での会話に最適です
      • 78° FOV:アイ コンタクトを維持しながら、周囲の状況を一目で確認できます
      • 90° FOV:広角で、対象物およびホワイトボードのコンテンツを表示するのに適しています
    • その他の機能は、[Preset]、[Autofocus]、[Exposure]、および[Priority]です(図21)。
      [Dell Display and Peripheral Manager Webcam Control]メニュー
      図21:[Dell Display and Peripheral Manager Webcam Control]メニュー
  • [Color and Image]:このオプションを使用すると、ハイ ダイナミック レンジ(HDR)を使用して、さまざまな照明条件で最適な画質を実現できます。Dell Webカメラの[Auto White Balance]、[Brightness]、[Sharpness]、[Contrast]、[Saturation]、[Anti-Flicker]などのその他の設定により、選択した画像を簡単に取得できます(図22)。
    メモ: [AIオートフレーム]と[HDR]は、USB 3.0ケーブルを使用してMacに接続されているWB7022 Webカメラで使用できます。

    [Dell Display and Peripheral Manager Webcam Color and Image]メニュー
    図22:[Dell Display and Peripheral Manager Webcam Color and Image]メニュー
  • [Camera Microphone]:内蔵マイクのオンとオフを切り替えて、個人のワークスペースに最適な明瞭なコミュニケーションを実現できます。
    メモ: マイクは、WB5023 Webカメラに搭載されています。
  • [Firmware Updates]:ファームウェアのアップグレードは、[Settings]ダイアログで行います。[ Update ]をクリックすると、Dell Webカメラのファームウェアをすぐにダウンロードしてアップデートできます(図23)。
    [Dell Display and Peripheral Manager Webcam Firmware]メニュー
    図23:Dell Display and Peripheral ManagerのWebカメラのファームウェア メニュー
  • [Remote Management and Control](ITマネージャーのみ):Dell Display and Peripheral Managerは、次の場合にCLIコマンドを使用します。
    1. アセット管理:モニター インベントリー ログのクエリー
    2. ディスプレイ情報とモニター制御:現在のモニター設定を照会し、明るさ、カラー プリセット、ボリューム、解像度などの基本的なモニター設定を行うことができます。
    3. 設定のエクスポートとインポート:Export Settingsコマンドは、アクティブな全モニターのすべてのDDPM設定を指定されたファイルに書き出します。Import Settingsコマンドは、指定されたファイル名に記録されたすべての設定を読み取り、同じモデルの他のモニターに割り当てます。
     
    メモ: CLIコマンドは、ITマネージャー専用に制限されています。詳しくは、Dellのセールス担当者にお問い合わせください。

トップに戻る


Dell Display and Peripheral Manager for MacでサポートされているDell製モニターはどれですか?

表1:サポートされているモニター
Dell Cシリーズ モニター Dell UltraSharp (U)シリーズ モニター Dell UltraSharp PremierColor (UP)シリーズ モニター Dell Pシリーズ モニター
C2722DE U3219Q UP2720Q P2424HEB
C2422HE U3419W UP2720QA P2724DEB
C3422WE U4919DW UP3221Q P3424WEB
C2423H U2520D   P5524Q
 C2723H U2520DR   P5524QT
C8621QT U2720Q   P6524QT
C5519Q U2720QM   P7524QT
C5519QA  U4320Q   P8624QT
C5522QT U2421E   P2425E型
C6522QT U2421HE   P2425HE
C7520QT U2721DE   P2725HE
  U3421WE    
  U3821DW    
  U4021QW    
  U2422H    
  U2422HE    
   U2422HX    
  U2722D    
  U2722DE    
  U2722DX    
  U2723QE    
  U2723QX    
  U3023E    
  U3223QE    
  U3223QZ
(このモデルではWebカメラの機能も利用可能)
   
  U3423WE    
   U4323QE    
  U3224KB
(このモデルではWebカメラの機能も利用可能)
   
  U3224KBA
(このモデルではWebカメラの機能も利用可能)
   
  U4924DW    
  U2424H    
  U2424HE    
  U2724D    
  U2724DE    
  U3824DW    
  U3425WE    
  U4025QW    
注:Dell Display and Peripheral Manager for MacのWebカメラ機能は、表1に示されている一部のモニター モデルでのみ使用できます。

トップに戻る


Dell Display and Peripheral Manager for MacでサポートされているDell製周辺機器類はどれですか?

表2:サポート対象周辺機器類
Dell Webcam
WB7022
WB3023
WB5023

トップに戻る


よくある質問/FAQ

  • macOS向けDell Display ManagerおよびDell Peripheral ManagerはVDIデスクトップでサポートされていますか?
    macOS向けDell Display ManagerおよびDell Peripheral Managerは、VDIデスクトップやその他の仮想化環境をサポートしていません。
  • Dell Display and Peripheral Managerソフトウェアは、すべてのApple製品で作動しますか?
    Dell Display & Peripheral Managerは、2018年以降に発売されたMacBook Pro、MacBook Air、Mac Mini、Mac Proをサポートしています。iMacには対応していません。macOSバージョン12、13、14がサポートされています。
  • Dell Display and Peripheral Manager for MacをサポートするためにDell製モニターのファームウェアをアップデートする必要がありますか?
    はい。Dell Display and Peripheral Manager for Macで動作させるには、お使いのDell製モニターを最新のファームウェア バージョンにアップデートする必要があります。
    ディスプレイ ファームウェアをアップデートするには、次の手順を実行します。
    1. Dellサポートの「ドライバーおよびダウンロード」ページにアクセスします。
    2. ご利用のモニターのモデル番号またはサービス タグを入力します。
    3. Apple Mac OS]を選択してファームウェア パッケージをダウンロードします。
    4. Type-CまたはThunderboltケーブルをご利用のモニターに接続してファームウェア パッケージを実行し、画面の指示に従ってモニターのファームウェア アップデートを完了します。
    メモ: ファームウェア アップデートが完了するまでに数分かかる場合があります。モニターのファームウェアをアップデートする際は、お使いのMacでスリープ モードを無効にします。
    1. 一部のハードウェア依存機能は、これらの機能をサポートするモニターまたはWebカメラでのみ利用できます。使用可能な機能の詳細については、お使いのモニターまたはWebカメラのユーザー ガイドを参照してください。
    2. このドキュメントのスクリーンショットは、説明のみを目的としています。一部の機能がモニターまたは周辺機器で利用不能な場合は、ユーザー インターフェイス(UI)が異なる場合があります。
    3. ここに記載されている各機能の詳細については、お使いのDellモニターのDell製品マニュアルにある『macOS向けのDell Display and Peripheral Managerユーザー ガイド』を参照してください。

トップに戻る

Additional Information

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。

Article Properties


Affected Product
Dell C2423H, Dell C2723H Monitor, Dell C5519QA, Dell 24 Video Conferencing Monitor I C2422HE, Dell 27 Video Conferencing Monitor I C2722DE, Dell 34 Video Conferencing Curved Monitor I C3422WE, Dell C5519Q, Dell C5522QT, Dell C6522QT, Dell C7520QT , Dell C8621QT, Dell Display and Peripheral Manager, Dell Pro Webcam WB5023, Dell U2421E, Dell U2421HE, Dell U2422H, Dell U2422HE, Dell U2422HX, Dell U2520D, Dell U2520DR, Dell U2720Q, Dell U2720QM, Dell U2721DE, Dell U2722D, Dell U2722DE, Dell U2722DX, Dell U3219Q, Dell U3419W, Dell U3421WE, Dell U3821DW, Dell U4021QW, Dell U4320Q, Dell U4919DW, Dell UP2720Q, Dell UP3221Q, Dell Webcam WB3023, Dell Webcam WB7022, Dell P2424HEB, Dell P2425E, Dell P2425HE, Dell P2724DEB, Dell P2725HE, Dell P3424WEB, Dell P5524Q, Dell P5524QT, Dell P6524QT, Dell P7524QT, Dell P8624QT, Dell U2424H, Dell U2424HE, Dell U2723QE, Dell U2723QX, Dell U2724D, Dell U2724DE, Dell U3023E, Dell U3223QE, Dell U3223QZ, Dell U3224KB, Dell U3423WE, Dell U3425WE, Dell U3824DW, Dell U4025QW, Dell U4323QE, Dell U4924DW ...
Last Published Date

01 Apr 2024

Version

22

Article Type

How To