メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

スリープ状態から再開した後のWindowsの移動またはサイズ変更の表示

概要: この記事では、モニターがスリープ状態から復帰した後にウィンドウが移動またはサイズ変更される4Kディスプレイについて説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

Dell 4K Ultra HDモニターのリフレッシュ レートの問題

Windows 10、Windows 8(8.1)、およびWindows 7からスリープ状態から復帰した後、開いているウィンドウのサイズを変更してモニターの左上隅に移動するDisplayPort接続を使用して接続するDell 4K Ultra HDモニターで問題が発生することがあります。この問題は、次のDellモニター タイプで特定されています。UP3214Q、P2715Q、P2415Qで、最大解像度は3840 x 2160、リフレッシュ レートは60 Hzに設定されています。さらに、これらの特定の設定と接続タイプを備えたデル製以外の4K Ultra HDモニターでも、同じ問題が発生します。

原因

P2415Q(およびほとんどの4Kディスプレイ)のようなモニターでは、Windows設定内からリフレッシュ レートを変更することはできません。

解決方法

モニターのリフレッシュ レートの変更

この問題を解決するには、モニター設定のリフレッシュ レートを60~30 Hzに変更します。

リフレッシュ レートは、モニターのオンスクリーン ディスプレイ(OSD)メニューで設定されます。

モニターOSDメニュー
図1: モニターOSDメニュー

OSDメニューには、マルチストリーム トランスポート(MST)またはDisplayPort 1.2(DP1.2)のいずれかのオプションが含まれている必要があります。

MSTオプションの設定:

  • 消灯 = 60 Hz(4 Kディスプレイの場合)
  • Primary = デイジー チェーン セットアップ用に予約済み(4 Kディスプレイの場合は30 Hz)
  • セカンダリ = デイジー チェーンセットアップ用に予約済み(4 Kディスプレイの場合は30 Hz)

DP1.2オプションの設定

  • DP1.2オプションを 無効に設定: --> DP 1.1 = 30 Hz(4 Kディスプレイ)
  • DP1.2オプションを Enabledに設定: --> DP 1.2 = 60 Hz(4kディスプレイの場合)

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Dell P2415Q, Dell P2715Q , Dell UP3214Q

最後に公開された日付

04 8 2022

バージョン

8

文書の種類

Solution