• Dell PowerEdge 2ソケット サーバー

    AMD搭載のPowerEdgeサーバー



    • 革新的なスピードでビジネス上の成果を達成

      第4世代AMD EPYCTMプロセッサーを搭載したDell PowerEdgeサーバーは、カスタマイズされたITとビジネスのソリューションにより、ワークロード処理の限界を押し広げます。

       

    • AMD EPYC™を搭載したPowerEdgeサーバーのポートフォリオは、バランスの取れたエコシステムを提供し、お客様のビジネスに次のようなメリットをもたらします。

      • 競争力のある成果を短期間で達成
      • 効率的なデータセンター管理機能
      • エンドツーエンドのインフラストラクチャ セキュリティ
    • お客様のイノベーション、適応、成長をサポートするために構築されたラック サーバー ソリューション

    • AMD EPYC™プロセッサーを搭載したDell PowerEdgeサーバーは、エッジからクラウド、コアに至るまで、極めて過酷なワークロードにも対応できるように設計されています。統合IT管理システムであるOpenManageとPowerEdgeラック サーバーを組み合わせることにより、お客様はビジネスの成長に集中できるようになります。

    • AIイノベーションを加速

      AIイノベーションを加速

      最新世代のPowerEdgeサーバーは、データベースと分析、仮想化、ソフトウェアデファインド ストレージ、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)、コンテナ化、HPC、AI、MLなどの革新的なワークロードをサポートする機能を備えており、ビジネスの俊敏性を高め、市場投入までの期間を短縮します。

    • 直感的なシステム管理

      直感的なシステム管理

      OpenManage Systems Managementポートフォリオは、PowerEdgeサーバーの検出、導入、監視、管理、更新を支援するツールや、日常的な管理タスクの自動化を簡単に実装できるツールを備えており、ITインフラストラクチャの複雑さを軽減するために役立ちます。

    • 構想から廃棄まで一貫したセキュリティ

      構想から廃棄まで一貫したセキュリティ

      PowerEdgeサーバーは、安全なやり取りを確保し、潜在的な脅威を予測できる設計となっています。ハードウェアの整合性を暗号によって検証する機能、動的なシステム ロックダウン、堅牢なブート保護とファームウェア保護を備え、シリコン ルート オブ トラスト(シリコン レベルの信頼性)によって支えられています。ゼロ トラスト セキュリティ戦略への移行を加速化できます。

    • サステナビリティを推進する

      サステナビリティを推進する

      Dell PowerEdgeは、お客様がサステナビリティ目標を達成できるよう支援するために、エネルギー効率に優れたソリューションの推進に取り組んでいます。排熱や冷却のための高度なオプションで、データセンターの効率とパフォーマンスを高めることができます。さらに、OpenManage Enterprise Power Managerに備わっている、エネルギー消費量を測定、管理するためのテレメトリー ツールを利用すると、コストと二酸化炭素排出量を削減できます。


    • 導入事例

    • 日鉄ソリューションズ株式会社システム研究開発センター

      大容量データの機械学習モデルの分析にPowerEdge XE8545を採用

      日鉄ソリューションズのシステム研究開発センターでは、GPUサーバーで機械学習モデルの分析を行っているが、近年のデータの大容量化に伴い性能が不足し、分析を実施するサイクルに多くの時間を要してしまう課題を持っていた。同課題解決に向け、高性能GPU「NVIDIA A100」を4基搭載可能なPowerEdge XE8545を導入し、処理性能が大幅に向上した。

    • 沖縄科学技術大学院大学

      PowerEdgeで世界的な科学研究を支援する

      大学の成長・拡大により、研究分野、研究者、学生が増え、より高性能なCPUとサーバーを使ってコア数を増やしたシステムを構築する必要に迫られていた沖縄科学技術大学院大学(OIST)では、学内のすべての研究者や学生が利用する計算基盤としてAMD EPYCプロセッサーを搭載したPowerEdge C6525サーバーを採用した。

    • エックスサーバー株式会社

      高性能で安定したレンタルサーバーサービスを展開

      性能が高く、安定したサービス提供のために常に最新のサーバーをウォッチしているエックスサーバー株式会社は、第3世代AMD EPYCに注目し、同CPUを搭載したPowerEdgeを採用してサービス品質の向上を実現した。

    • 株式会社レニアス

      生産性を向上させることで、売上を増加させながら週休3日制を目指す

      レニアスではデル・テクノロジーズのAMD EPYC搭載PowerEdgeサーバーやストレージ、ネットワーク製品等を利用して短期間にVDI環境を構築、PC運用管理に関する手間を大幅に削減することに成功。

    • Banco Daycoval社

      モダン アプリケーションで 銀行部門を変革

      ブラジルの金融機関であるBanco Daycovalは、与信申請、顧客満足度、銀行決済の分野でイノベーションを促進しています。

    • パデュー大学

      リサーチ コンピューティングの需要を 満たすパワーとパフォーマンス

      リサーチコンピューティングのニーズが新しい分野へと拡張する中、パデュー大学はハイ パフォーマンス コンピューティング(HPC)を推進するデル・テクノロジーズのソリューションを選びました。

    • Cinesite社

      アニメーション映画の ポストプロダクションを支援

      Cinesiteは、AMD EPYCTMプロセッサーを搭載したDell PowerEdgeサーバーを導入して、映画のレンダリング処理の高速化とコスト削減を実現しています。

    • Verne Global社

      自然の力をフル活用 — アイスランドの中心から

      Verne Globalは、クリーンで手頃な価格のエネルギーを利用して、高負荷コンピューティングサービスを提供しています。

    • 関連記事

    • 旧筐体20ラックを2ラックに削減、GMOインターネットが語るサーバ管理コスト削減の秘訣

    • 今こそAIへの投資を再開すべきとき、ニューノーマル時代を見据え最新の高性能サーバで開発力強化を

    • インフラを変え、ビジネスを変えるAMDの「第3世代EPYC」プロセッサ、その実力は?

    • ついに「第3世代EPYC」搭載サーバーが登場。その「進化」と「利用メリット」に迫る

    • 「HPC as a Service」が促すHPCの民主化とは――有識者が語る現在の“課題”と“これから”

    • 重要性が増すCAE解析業務を効率化するには? HPCを活用するという選択肢

    • 国内x86サーバー年間シェア 2年連続No.1(*)

      (*)出典:IDC Quarterly Server Tracker, 2022Q4 Share by Company, Product Category:x86。出荷金額および出荷台数について。 IDC Japan 承諾番号:IDCJ-23-0099

    • Dell EMC vSAN Ready Nodes

      vSAN Ready Nodeは柔軟性が高く、VMware vSANを実行するために事前構成済みかつ共同認定済みです。AMDプロセッサーを搭載した30以上の構成を取り揃えています4。各Ready Nodeには、最適な容量のCPU、メモリー、ネットワークI/Oコントローラー、HDD、SSDが搭載されており、固有のワークロードに対応します。

      • OpenManage Integration for VMware vCenterにより、導入を130%高速化5  

      • VMwareの認定を受けた1,800人以上のDell EMCプロフェッショナルによるサポートを、一元化された窓口で提供

      • vLCMおよびOMIVVを使用することで、8ノード クラスターのハイパーバイザーとファームウェアのアップデートにおける実作業時間を最大98%短縮し、手順を98%削減6

      • AMDプロセッサーを搭載した5つのプラットフォーム オプションから選択可能(アイデンティティ モジュールを搭載した2つのvSAN Ready Nodeシャーシ ファミリー製品を含む)


    • 1 AMD Naples構成を備えた同等のDell PowerEdgeサーバーと比較した、Dellの社内分析に基づきます。

      2 PowerEdge OpenManageと手動での導入を比較した、Dellの社内分析に基づきます。

      3 Dellの社内部分析に基づきます。

      2020年8月28日のVMware vSAN互換性ガイドに記載されているすべてのOEMを対象とした、vSAN RN製品のDellレビューに基づきます。

      PowerEdgeおよびOMIVVとCisco UCSの手動OS導入について実施したDell社内での競合テストに基づきます。

      *手動でのアプローチと比較しています。Dellの委託によるPrincipled Technologiesのテスト レポート『New VMware vSphere 7.0 features reduced the time and complexity of routine update and compatibility-checking tasks』(2020年7月)に基づきます。レポートの全文はこちらをご覧ください:http://facts.pt/eon978k