カート

小計:
JPN
JPN

    PowerEdgeサーバー テレワークソリューション

    PowerEdge の統合されたサーバー・セキュリティ機能

    経済雑誌エコノミストの最近の記事によると「世界で最も重要なリソースはもはや石油ではない。データである」データは多くの組織にとって最も重要な資産になりました。
    高度なマルウェアがさらに複雑化し、その量が増大していることによって、IT インフラストラクチャの保護も複雑化しています。
    その為、サーバのセキュリティが企業のセキュリティ全体の基礎になります。
    PowerEdgeサーバー

    PowerEdge サーバー

    PowerEdge サーバーは、サイバー攻撃に対する「防御」「検知」「復旧」のためのNIST準拠の各セキュリティ機能を「サイバーレイジリエントアーキテクチャ」として実装し、その技術情報も公開しています。また、製品の製造サイトはもちろん、製品輸送時の悪意ある改ざんや異物混入のリスクに対するサプライチェーンセキュリティーについても、ホワイトペーパー*1で解説しています。

    *1 : Dell EMC PowerEdge サイバー レジリエント アーキテクチャー「ホワイトペーパー」

    統合されたサーバーセキュリティ機能
    • セキュリティをハードウェア設計に組込み
    • 「サイバー・レジリエント・アーキテクチャ」を実装、サイバー攻撃への防御・検知・復旧機能を装備
    • NIST準拠のセキュリティと、明確なサプライチェーン保証

    お問い合わせはこちら



    万一の場合も在宅勤務を支援する頼もしいサポート

    IT管理者

    IT管理者がテレワークで在宅時に、会社のサーバーに不具合が発生したらどうなるでしょうか。デルのSupportAssistリモート監視なら、ProSupport Plusサービスとの組み合わせで、不具合発生時には自動的にデル保守チームに不具合情報が通知され情報システム担当者の手を煩わすことなく、デル保守チームからお客様に直接連絡がいくので安心です。

    SupportAssist との連携による自動問題検出 ProSuport Plusとの組み合わせで最大90%時間短縮

    万一の場合も在宅勤務を支援する頼もしいサポート
    • 在宅時、万一不具合が起きた場合でも、デルサービスチームにサーバーの状況が自動的に通知され、デルからお客様にご連絡、不具合時のお客様の初動作業を軽減
    • デルのテクノロジーが実現した予兆を含む障害情報の検知・通知を実施 
    • 障害解決までのお客様の手間と時間を短縮
    • ハードウェア安定運用に必要なレポートの自動取得と送信
    • アセット情報による保守満了、延長などを早期に計画可能

    お問い合わせはこちら



    テレワークを推進する優れたリモート機能

    テレワークを推進する優れたリモート機能

    PowerEdgeサーバーが、お客様のシステムに最適な理由【システムの自動化】
    • 前世代から5倍高速化した管理プロセッサー「iDRAC9」
    • 統合管理ソフト「Open Manage」で管理タスクを自動化・シンプル化 
    • 充実の他社製ツール連携 ~ZabbixからServiceNowまで~
    PowerEdgeカタログはこちら

    テレワークを推進する優れたリモート機能
    • 社内サーバーの遠隔操作、電源ON/OFF、状態監視など(iDRAC Enterprise、 OS非依存)
    • Windowsリモートデスクトップ機能により、複数サーバーベンダー環境でもOSより上のレイヤーでの遠隔操作を実施可能
    • OpenManage Enterpriseによる複数サーバーのBIOS、OSドライバーアップデート、デプロイメントの自動化など
    • OpenManage Mobileによるスマホ、タブレットからサーバー監視 

    お問い合わせはこちら



    管理ツールOpenManageによるサーバーの効率的管理

    Dell EMC OpenManageによるサーバー管理機能は、ストレージ、 ネットワークスイッチ、 他社製サーバーも含めて、統合管理を実現します。

    サーバーと周辺製品も含めた統合管理を実現
    • サーバー、ストレージ、スイッチ、さらには他社サーバーも含めすべての管理対象を検知し統合管理
    • テンプレート化によるシステムのクローン作製や、新規システムを一括して、導入、展開することで作業を簡素化
    • システム更新はスケジューリングでもオンデマンドでも実施可能。 RAIDやHDDなどのデバイスの管理基準を設定することで監視、基準値を超えた場合の対応を事前に設定可能
    • VMware vCenterなど、使い慣れた管理ツールへサーバーHW状態の監視機能を追加でき、管理の統合を実現 OpenManage Mobileによるスマホ、タブレットからサーバー監視
    サーバーと周辺製品も含めた統合管理を実現

    OpenManage Mobileアプリ(無料)についてはこちら

    お問い合わせはこちら





    ファイナンスソリューション「Payment Flexibility Program」

    ファイナンスソリューション

    ビジネスのニーズに合わせたファイナンスソリューション「Payment Flexibility Program」*1

    •  デル テクノロジーズのサーバー、ストレージ、ネットワーキング ソリューションを金利ゼロで提供 - ユーザー企業は、多額の初期費用を必要とせずに、テクノロジーの利用が可能。
    • すべてのデータセンター向け製品とサービスについて、最初の支払いを最長180日まで据え置き可能 - キャッシュフローを適切に管理可能。
    • テレワークやeラーニング向けの短期利用オプション - ラップトップおよびデスクトップについて、短期12カ月間レンタルで利用可能。

    • 「Dell Technologies On Demand(DTOD)」プログラムに、期間を1年間とする柔軟な従量課金オプションを追加 - デル テクノロジーズのコンバージド、ハイパーコンバージド、ハイブリッド クラウド、ストレージ、データ保護ソリューションの利用をスケールアップ/スケールアウト可能。「DTOD」ポートフォリオでは、3~5年の「Flex on Demand」オプションも提供。 
    • VMwareとのパートナーシップにより、今後もデル テクノロジーズは、ユーザー企業のデジタル トランスフォーメーションをサポートする柔軟な支払ソリューションを提供。
    *1 Dell Financial Services L.L.C. またはその関連企業もしくは指定者(「DFS」)が適格性の認められた顧客に提供する支払いソリューション。新プログラムの有効期間は2020年7月31日までとなります。国によっては、利用できない場合もしくは内容が変わる場合があります。内容は、通知なく変更される場合があります。また、最低取引金額が適用される場合があるとともに、与信審査とDFSが提供する書類でのご契約締結が条件となります。金利ゼロのリース: 期間は24カ月または36カ月。料金に定期レンタル料以外の手数料は含まれません。その他、税金、手数料、配送料などがかかる場合があります。すべてのお客様が対象となるわけではありません。DFSはこのプログラムを予告なく変更または中止する権利を有します。

    詳しくはこちら



    デル テクノロジーズ アドバイザーへの購入・導入相談はこちらより

    チャットでのご相談

    (従業員99名以下の法人・個人事業主のお客様専用)
    営業時間:平日9:00~17:30
         (土日・祝日休み)