• Dell EMC ObjectScale

    Dell ObjectScale

    • ソフトウェアデファインド オブジェクト ストレージで、データ センターをモダナイズしましょう。

      Dell ObjectScaleは、Kubernetes向けに設計されたエンタープライズ オブジェクト ストレージの新たな進化です。ObjectScaleは、任意の容量に拡張したり、数回のクリックでエッジからコアまで復数サイトを接続したりすることができます。クラウドネイティブ、IoT、AI、Big Data分析、アーカイブ アプリケーションなどの企業クラスのワークロードを対象とし、グローバルにアクセス可能なデータ レイクとして機能します。

    • ObjectScaleでストレージ環境を変革する方法について説明します

    • エッジからコアまで、最新のワークロードと従来のワークロードをObjectScaleでサポートします

    • シンプルなソフトウェアデファインド: DevOpsチームにソフトウェア デファインド アーキテクチャのKubernetesネイティブなオブジェクト ストレージを提供します

    • エンタープライズ分野での実績: エンタープライズ クラスのテクノロジーとサービスを使用して、大規模な環境でも自信をもって導入できます

    • モダン アプリケーションの強化: 人工知能、分析、メディア コンテンツなどの最新のS3ワークロードをサポートします

    • Dell EMC ECS EX500

      ECSのコンセプトを一新

      ObjectScaleは、デル・テクノロジーズの業界をリードするオブジェクト ストレージ プラットフォームECSをベースに開発されました。今後のObjectScaleリリースでは、ECSの既存のお客様向けにデータ イン プレース アップグレード パスを提供する予定です。 ターンキーのオブジェクト ストレージ アプライアンスをお探しなら、ぜひ安心して投資いただけるECSポートフォリオをご覧ください。

    • Red HatでObjectScale

      エンタープライズ対応Kubernetesへの導入

      ObjectScaleは、オープン ハイブリッド クラウド戦略向けに構築された、Red Hatの業界をリードするエンタープライズKubernetesプラットフォームであるOpenShift上で実行できるように設計されています。開発者は、拡張性に優れたS3準拠のストレージをセルフサービス方式で自由にプロビジョニングできるようになりました。一方、ITオペレーターはポリシーに従って環境を管理できます。

      Deploy on enterprise-ready Kubernetes
    • Transform your data center

      VMwareでObjectScale

      データ センターを変革

      VMwareは、KubernetesをVMware vSphere with Tanzu1の中核に統合することで、従来のVMに加え、コンテナの導入および管理を可能にしています。開発者は、ObjectScaleストレージでクラウドネイティブのアプリケーションに対応できるようになるため、ITの複雑さが軽減され、DevOps運用が促進されます。

    • 相乗効果:VxRailでObjectScale

      VxRailなら、VMware向けに最適化されたターンキーのハイパーコンバージド インフラストラクチャを実現できます。ObjectScaleとVMware vSphere with Tanzu2のネイティブ統合により、VxRailの利用を拡大できます。

      • 単一のインフラストラクチャ上にS3データ レイクを構築 
      • 自動化された包括的ハイブリッド クラウド プラットフォームで一貫性のある運用を実現
      • Dellのサービス、サポート、フレキシブル コンサンプション モデルを活用
      • Dell ObjectScale Community Edition

        無料版ObjectScaleをお客様のデータセンターでお試しください

        ソフトウェアデファインド エンタープライズ ストレージがどれほどシンプルなのか、直接実感いただけるよう、ObjectScaleの試用版をご用意しました。ObjectScale Community Editionでは、最大30TBのストレージを、非本番用途ならば時間無制限でご利用いただけます。

  • ご不明な点は
    お気軽にお問合せください
    専門的なアドバイスの提供から複雑な問題の解決まで、お客様を確実にサポートします。
    • 1vSAN Data PersistenceプラットフォームであるVMware vSphere 7 U3以降が必要です。

      2vSAN Data PersistenceプラットフォームであるVMware vSphere 7 U3以降が必要です。VxRailシステムでは、VxRail Manager 7.0.300以降が必要です。

      3Gartner Inc.、『Magic Quadrant™ for Distributed File Systems and Object Storage』、Julia Palmer、Jerry Rozeman、Chandra Mukhyala、Jeff Vogel著、2022年10月19日。