選択ガイド:メモリー

ランダム アクセス メモリー(RAM)は、お使いのシステムのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。 

一般に、システムのメモリーが多いほど、以下を実現しやすくなります。 

  • Webサイトやアプリケーションでより高速なパフォーマンスを実現する 
  • 大容量ファイルをより迅速に開く 
  • 同時に開いたファイルとアプリケーションをより適切に処理する 
  • ゲームのパフォーマンスを高める  
必要なRAMの量は、実行するタスクまたはプログラムの強度によって異なります。

  1. RAMとは

    PCのメモリーは、RAM(ランダム アクセス メモリーの略)とも呼ばれます。

    • データのフローを一時的に保存します。
    • 頻繁に使用されるプログラム、アプリケーション、ドキュメントを記憶します。
    • お使いのシステムのアーキテクチャと連携して、アプリケーションの実行速度と一度に実行できるプログラムの数を判断できるよう支援します。

  2. DRAMとは何ですか?

    ダイナミック ランダム アクセス メモリー(DRAM)は、一般にデータまたはプログラム コードに使用されるメモリーのタイプです。

    • データを保持するには、継続的な電力供給が必要です。
    • パーソナル コンピューター(PC)、ワークステーション、サーバー用の一般的なタイプのアクセス メモリーです。

  3. DDR5とは何ですか?

    DDR5は、RAMメモリーの一種であるダブル データ レート5の略です。これは、同期ダイナミック ランダム アクセス メモリー(SDRAM)の最新バージョンです。

    • アプリケーションを切り替えたり、ドキュメントを開いたり、毎日のタスクを迅速にこなしたりするのに役立ちます。
    • 先行モデルのDDR4と比較して消費電力を低く抑えながら、メモリー帯域幅を増やすことを目的としています。

主な用途とメモリー

新しいPCに追加するメモリー量を決める際には、まずPCをどのような用途に使用するかを考えてください。

Eメール送信やインターネット ブラウジングが主な用途なら、基本的なメモリー構成で十分です。しかし、ゲームをしたり、マルチメディア処理などの重い作業を行ったりする場合は、メモリーの追加を検討した方がよいでしょう。
メモリー サイズ パフォーマンス レベル
32GB以上 比較的大きなファイルや要求の厳しいアプリケーションにわたるマルチタスク処理に対応できる優れたパフォーマンス。
16GB 大容量ファイル、データベース、およびメインストリーム アプリケーションの操作、複雑な写真の編集、高精細(HD)ビデオの編集に対応できる良好なパフォーマンス。ハイエンドのPCゲームおよびグラフィックス デザインに適しています。
12GB 大規模データベースでの作業、複雑な写真の編集、高精細(HD)ビデオの編集に対応できる十分なパフォーマンス。
8GB 基本的なアプリケーションとオフィス向け生産性アプリケーションに対応できる許容可能なパフォーマンス。Webサイトの閲覧、Eメールの送信、ソーシャル ネットワーキング、音楽やビデオのストリーミング、シンプルなPCゲームのプレイ、写真の表示、CDまたはDVDの使用、文章の作成、スプレッドシートの作成、その他のオフィス タスクに適しています。

FAQ

DIMM(デュアル インライン メモリー モジュール)は、複数のRAMチップを小型の回路基板上に実装したものです。DIMMはPCのマザーボード上のソケットに装着します。

DDR4 SDRAMは、「ダブル データ レート タイプ4同期ダイナミック ランダム アクセス メモリー」の略です。DDR4 SDRAMを使用すると、アプリケーション間を切り替えたり、文書を開いたり、日常業務を処理したりする作業を迅速にこなすことができます。

強力なプロセッサーを搭載したPCでも、アプリケーションの動作速度の上限はメモリーの能力によって決まります。メモリーがプロセッサーについて行けなければ、プロセッサーは処理するデータを受け取れないからです。マルチチャネル メモリーを使用すれば、メモリー チャネルが増えた分だけ有効なメモリー帯域幅が増加します。これにより、メモリー負荷をチャネルの間で分散させて、処理速度を上げることができます。トリプルチャネル メモリーは最新世代のマルチチャネル メモリーであり、ゲームやビジネス アプリケーションに求められるグラフィックス能力や処理能力の増加に伴って、最高のコンピューティング体験に不可欠な要素となっていくでしょう。

PCのメモリーの速度は、MHzという単位で表されます。ほとんどのPCのメモリーは2400 Mhz~2933 MHzであり、最新のPCアプリケーションを効率的に処理する能力を備えています。メモリー速度をアップグレードすれば、将来、メモリー負荷の高いアプリケーションが登場した場合にも十分対応できます。

インテル® Optane™ メモリーは、第7世代および第8世代インテル® Core™ プロセッサー プラットフォーム向けのシステム高速化ソリューションです。このソリューションはモジュール形式で提供され、プロセッサーと低速のSATAベース ストレージ デバイス(HDD、SSH、またはSATA SSD)との間にこの新しいメモリー メディアを設置すると、よく使用されるデータやプログラムをプロセッサーの近くに保存できるため、こうした情報へのアクセスが高速になり、全体的なシステム パフォーマンスが向上します。

インテル® Optane™ メモリーは、「メモリー」と「ストレージ」のギャップを埋めるユニークなテクノロジーです。RAMのように、PCのメモリー階層内に配置されます。インテル® Optane™ メモリーでは、頻繁に使用するデータやプログラムをプロセッサーの近くに格納することにより、これらの情報に対するシステムからのアクセスを高速化できるため、システム全体の応答性を向上させることができます。インテル® Optane™ メモリーはDRAMを完全に置き換えるものではありません。これらの2つのメモリー テクノロジーは、システム内で相互補完の関係にあります。インテル® Optane™ メモリー モジュールをDRAMに追加して、システムのパフォーマンスを向上させることができます。

はい。インテル® Optane™ メモリーは、SATA SSDを含むSATAベースのストレージ メディアの高速化に使用できます。ただし、インテル® Optane™ メモリーの追加によるパフォーマンス向上の効果は、HDDなどの低速ストレージ デバイスに対するほうが大きくなります。

お客様の要件に基づいて、選択できます。通常、大容量ストレージが必要な場合は、HDDを選択します。SSDは容量が小さいことが多く、コストが高くなる傾向があります。インテル® Optane™ メモリーをHDDと組み合わせると、SSDの応答性とHDDの大容量の両方が得られます。

32GBと16GBの主な違いは、高速化できるアプリケーションの数です。32Gbモジュールは、プロシューマーやゲーム ユーザーなど、さまざまな高負荷アプリケーションを使用するパワー ユーザーに最適です。同時に複数のゲームをプレイする場合にもお勧めします。

アプリケーションやファイルを2回目に使用するときに高速化され、大きなメリットが得られます。3回目に起動すると、インテル® Optane™ メモリーの効果が最大になります。注意:インテル® Optane™ メモリーはよく使用されるアプリケーションやファイルを優先するので、使用頻度の低いファイルやアプリケーションはキャッシュから脱落します。

具体的な数についてはお答えできません。なぜなら、使用しているゲームのサイズとソフトウェアのアーキテクチャ、その他のソフトウェアの使用やプラットフォームの構成によって、大きく左右されるからです。

ゲームのプレイは、SSDベースのシステムでもHDDベースのシステムでも違いはありません。ゲームはプレイ中にはDRAMに読み込まれているからです。