インテル® Core™ プロセッサー
比較する

選択ガイド:RAID構成

レベル/説明 フォールト トレランス メリット デメリット
RAID 0
データを複数のドライブにマッピングし、大きな仮想ディスクを作成します。各物理ディスクはリクエストの一部分のみを処理するのでパフォーマンスが向上します。ただし、1台のドライブに障害が発生するとその仮想ディスクはアクセス不可能になり、データは永久的に失われてしまいます。
なし。 パフォーマンスの向上とストレージの追加 重要なデータの保存には適していません。
RAID 1
データをミラーリング、つまり2台のドライブに冗長化して保存します。一方のディスクに障害が発生した場合、他のディスクがこれを引き継ぎ、プライマリー ドライブとして機能します。
ディスク エラー。1台のディスク障害。 高速な読み取りパフォーマンス。
ドライブ故障時の迅速なリカバリー。
データ冗長性。
管理オーバーヘッドが大きい。
容量が少ない。
RAID 5
データを複数のドライブにマッピングし、各データ ストライプのパリティ ビットを仮想ディスク内のそれぞれ異なるドライブに保存します。パリティ ビットには、1台のディスクが障害を起こした場合に、故障したディスクのデータを残りのディスクから再生するための情報が含まれています。
ディスク エラー。1台のディスク障害。 ドライブ容量の効率的な使用。
高速な読み取りパフォーマンス。
中~高速の書き込みパフォーマンス。
ディスク障害による中程度の影響。
パリティの再計算による長い再構築時間。
RAID 6
データを複数のドライブにマッピングし、各データ ストライプのパリティ ビットを仮想ディスク内のそれぞれ異なるドライブに保存します。RAID 5とは異なり、RAID 6では2種類のパリティ計算(P+Q)を行うため、2台のディスクに障害が発生した場合に対応できます。
ディスク エラー。2台のディスク障害。 データ冗長性。
高速な読み取りパフォーマンス。
2種類のパリティ計算により書き込みパフォーマンスが低下。
ディスク2台相当がパリティ専用になるため追加コストが発生。
RAID 10
ミラー セットをストライピングします。ディスクのオーバーヘッドは高いものの、ハイ パフォーマンス、冗長性、およびドライブ障害時の最も高速なリカバリーを必要としている場合に優れたソリューションです。
ディスク エラー。1つのミラー セットに対し1台のディスク障害。 高速な読み取りパフォーマンス。
最大192台のドライブによる大容量RAIDグループをサポート。
最もコストが高い。
RAID 50
RAID 5セットをストライピングします。パリティ計算のためのディスク読み取り回数が少なくなる分、構成次第でRAID 5よりも高いパフォーマンスを得ることが期待できます。
ディスク エラー。1つのスパンに対し1台のディスク障害。 高速な読み取りパフォーマンス。
中~高速の書き込みパフォーマンス。
最大192台のドライブによる大容量RAIDグループをサポート。
ディスク障害による中程度の影響。
パリティの再計算による長い再構築時間。
RAID 60
RAID 6セットをストライピングします。パリティ計算のためのディスク読み取り回数が少なくなる分、構成次第でRAID 6よりも高いパフォーマンスを得ることが期待できます。
ディスク エラー。1つのスパンに対し2台のディスク障害。 高速な読み取りパフォーマンス。
最大192台のドライブによる大容量RAIDグループをサポート。
2種類のパリティ計算により書き込みパフォーマンスが低下。
ディスク2台相当がパリティ専用になるため追加コストが発生。
インテル® Core™ プロセッサー
比較する