• APEX Hybrid Cloud

    ハイブリッド クラウドの導入を加速させる

    APEX Hybrid Cloudでは、プライベート クラウドとパブリック クラウドの双方で一貫性のある安全なインフラストラクチャと運用を実現するコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングの各リソースを提供します。

    インテル イノベーティブな機能を内蔵
    • 概要

      クラウド環境全体にわたってデータ センターを安全に拡張

      APEX Hybrid Cloudは、データ センター、コロケーション施設、エッジ ロケーション、パブリック クラウド導入など、複数の環境にわたるオートメーションとオーケストレーションにより、一貫性のある安全な運用を実現します。プロアクティブなモニタリングやメンテナンスなどの分野で、Dellのサポートを受けて自動化された独自のインフラストラクチャを管理できます。

      VMwareワークロード向けのAPEX Consoleとクラウド リソースを利用したセルフサービスを、わずか14日間でサイトに導入できます1。  

    • オートメーションとオーケストレーション

      フル スタック アップグレードをシンプルにする自動化されたインテリジェントなライフサイクル管理(LCM)により、クラウド運用を合理化します。

    • アプリケーションのモダナイズ

      本番稼働対応のKubernetesプラットフォームを使用してVMware Tanzuを導入し、エンタープライズ アプリケーションのさらなる進化を活用します。

    • 選択の自由

      マルチクラウド環境全体でワークロードにとって最適な場所を決定し、ワークロードをシームレスに移動します。

    • セルフサービス インフラストラクチャの提供

      開発者はオープンAPIを介してカタログまたはプロビジョニングを自由に選択し、セルフサービス リソースを利用できます。


    • 業界最速のハイブリッド クラウド導入1

    • 競合製品との比較

    • APEX Hybrid Cloud上の仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)を、他のパブリック クラウドと比較してみましょう

      • 優れたユーザー エクスペリエンス:APEX Hybrid Cloud上のHorizonのユーザー エクスペリエンスは、AWS上のAmazon WorkSpacesに比べて最大2.5倍優れている2
      • 優れた生産性:生産性の損失がない(AWS上のAmazon WorkSpacesでは1週間に平均で最大2.97時間の損失が生じる)2
      • Zoomアプリケーションのレイテンシーが低い:AWS上のAmazon WorkSpacesとの比較では平均で最大54%、Azure上のWVDとの比較では平均で最大34%レイテンシーが低減される2
    • 仕組み


    • APEX Consoleでハイブリッド クラウドへの移行を制御

      APEX Consoleは、すべてのクラウド サービスを1か所にまとめ、サブスクライブ、運用、最適化、拡張を行えるセルフサービス型Webポータルです。





    • お客様のエンタープライズ ワークロード向けに設計されたインスタンスを導入する

      仮想化およびコンテナ化されたワークロードに適した極めて高いメモリー対CPUコア比のタイプ、人工知能、機械学習、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)ワークロードに適したNVIDIATMのグラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)を使用した専用インスタンス タイプなど、5つのインスタンス タイプから選択できます。


    • 価格設定

    • 単一のシンプルな価格と予測可能な月額コスト

      お客様に適したクラウドを簡単に構築できるようになりました。サブスクリプション サービスの期間は、いずれも1年または3年となっており、1か月の料金にハードウェア、ソフトウェア、サービス要素(導入、ラック統合、サポート、アセット リカバリー)が含まれています。

      価格設定オプションは選択した構成に基づいており、例として挙げたものです。幅広いワークロードをサポートするために、その他のオプションも利用できます。例えば、異なるインスタンス タイプの組み合わせや、ストレージ タイプの選択(オール フラッシュ、NVMe、ハイブリッド)などです。

    •   小規模な導入 中規模の導入 大規模な導入
      説明 コンピューティング最適化インスタンス タイプを使用して、100個のCPUコアで簡単に開始します(メモリーとコアの比率は4GB)。 コンピューティング、メモリー、ストレージ リソースのバランスが取れているため、このオプションはこれらのリソースを同等の比率で使用するワークロードに最適です。汎用インスタンス タイプを使用する、200個のCPUコアの中規模導入(メモリーとコアの比率は8GB)。 メモリー内の非常に大規模なデータ セットを処理するワークロード向けに、高速なパフォーマンスを提供します。大規模メモリーに最適化されたインスタンス タイプを使用する、500個のCPUコアの大規模導入(メモリーとコアの比率は非常に高い32GB)。
      インスタンス タイプ コンピューティング最適化 汎用 大規模メモリー最適化
      コア数 最大100コア 最大200コア 最大500コア
      物理メモリ 400GB 1.6TB 16TB
      ストレージ オール フラッシュ:10TB オール フラッシュ:75TB オール フラッシュ:735TB
      サブスクリプション期間 3年間 3年間 3年間
      個別の管理クラスター VMware Cloud Foundation – Enterpriseエディション、All Flash Storage使用、61TB VMware Cloud Foundation – Enterpriseエディション、All Flash Storage使用、61TB VMware Cloud Foundation – Enterpriseエディション、All Flash Storage使用、61TB
      価格 推定月額合計 20,664ドル 推定月額合計 29,497ドル 推定月額合計 75,658ドル
    • 免責事項:推定月額の合計は、事前構成された特定のインスタンスベースの構成とデル・テクノロジーズの統合ラック オプションに基づきます。価格は、インスタンス ブロックの数とタイプ、構成に含まれているストレージ、およびサブスクリプション条件によって異なります。変更される場合があります。詳細については、デル・テクノロジーズのセールス担当者までお問い合わせください。

  • 次のステップ

    • 関連資料

    •  

      e-book:モダン アプリケーション戦略の推進

      モダン アプリケーションへの取り組みを推進するための4つの方法と、モダン アプリケーションがお客様にもたらすメリットをご紹介します。

    •  

      インタラクティブ デモ:APEX Hybrid Cloud

      APEX Hybrid Cloudを使用して仮想マシンを導入および構成する方法、またはコンテナベースのアプリケーション向けにVMware Tanzuを使用する方法をご覧ください。

    • 1. 導入時間は注文受諾から稼働開始までの日数です。14日間での導入は、一部のNVMeストレージ タイプ ソリューションに適用され、1,000を超えるインスタンスの注文は除外されます。専用の管理クラスターを備えたAPEX Hybrid Cloudを含む、その他のソリューションと標準構成はわずか28日間で導入できます。APEX Hybrid Cloudの導入には、一部のvRealize(vRA、vRO)コンポーネントおよびその他一部の機能は含まれません。発注前に、必要な関係者によるAPEX条件への同意を得ていること、与信承認を得ていること、サイト調査を実施していること、導入施設でのリソースの可用性を確認していること、設定ワークブックの記入を完了していることが条件となります。製品の提供状況、海外配送、祝日、その他の要因によって、導入時間に影響が出る場合があります。詳細については、セールス担当者にお問い合わせください。対象となる国は、米国、英国、フランス、ドイツのみです。 

      2. デル・テクノロジーズが作成を依頼したCloud Evolutions社のレポート『Virtual Desktop Performance and User Experience Comparison: A Comparison of Horizon on DTCP, Amazon WorkSpaces on AWS, and Microsoft Windows Virtual Desktop on Azure』に基づきます。このレポートのデータは、2020年11月に行われたLakeside SysTrackによるリモート エンド ユーザーのエクスペリエンスのシミュレーション、SysTrackによるテレワーク社員セッションの生産性に対する影響の評価、SysTrackによるZoomコラボレーション アプリケーションのシミュレーションでユーザー エクスペリエンスが90%以上向上したという、セッションでの報告に基づいています。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文はこちらをご覧ください。