メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

UbuntuまたはLinuxでDellオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードして使用する方法

概要: LinuxベースまたはWindows以外のコンピューターを使用して、お使いのDell製コンピューターのオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードする方法について説明します。回復イメージをダウンロードし、お使いのDellコンピューターにオペレーティング システムをインストールするための回復USBドライブまたはDVDを作成する方法について説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

システム クラッシュ、ハード ドライブの交換などのために、お使いのDell製コンピューターにオペレーティング システムを再インストールする必要がありますか?

Dellでは、工場出荷時にお使いのPCにインストールされていたWindows、Ubuntu、またはLinuxのオペレーティング システムの回復イメージを提供します。Dellのオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードし、それを使用して、お使いのDell製コンピューターでクリーン インストールを実行したり、Windows、Ubuntu、またはLinuxを再インストールしたりすることができます。

メモ: Dellのオペレーティング システムの回復イメージでは、出荷時にDell PCに搭載されていた元のオペレーティング システムの回復イメージを使用できます。

以下が必要です。

  • オペレーティング システムをインストールするDell PCのサービス タグ。
  • 16 GB以上の空き容量がある空のUSBフラッシュ ドライブ。
  • 管理者ユーザー権限およびDellオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードするハード ドライブでの16 GB以上の使用可能な領域。

オペレーティング システムの回復イメージのDellのカスタマイズには、Windows、Ubuntu、またはLinuxオペレーティング システムと、その特定のプラットフォーム用に工場出荷時にインストールされたすべてのデバイス ドライバーが含まれます。

メモ: Dellオペレーティング システムの回復イメージはDell PCでのみ使用してください。Dell以外のPCでの使用を意図した設計およびテストはおこなわれていません。

Windowsベースのコンピューターを使用してオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードする方法についての説明は、Dellナレッジベース記事「Dellオペレーティング システムのリカバリー イメージをダウンロードして使用する方法」を参照してください。

USBリカバリー メディアの作成

必要なもの

  • LinuxベースのPCには、スタートアップ ディスクの作成ツールがインストールされている必要があります。
  • 16 GB以上の空き容量がある空のUSBフラッシュ ドライブ。
  • オペレーティング システムをインストールするDell PCのサービス タグ。
  • DELL OSリカバリー イメージをダウンロードします。
警告:Dellでは、USBフラッシュ ドライブから重要なデータをバックアップすることをお勧めします。ブータブルUSB回復メディアの作成によってUSBフラッシュ ドライブがフォーマットされ、USBフラッシュ ドライブ上のデータはすべて完全に消去されます。

ブータブルUSBメディアを作成する方法

  1. イメージングに使用するUSBフラッシュ ドライブの容量が16GB以上であることを確認します。
  2. DELL OSリカバリー イメージをダウンロードします。
  3. .isoファイルをPCに保存します。
  4. リカバリー イメージがダウンロードされたLinuxベースのPCに、USBフラッシュ ドライブを挿入します。
  5. 起動ディスク作成ツールを開きます。
    1. Ubuntuで、Ubuntuロゴをクリックします。
    2. Startup Disk」と入力します。
    3. 表示されるアプリケーションを選択します。
  6. ツールで、ダウンロードした.isoイメージ ファイルを参照して選択します。
  7. ツールで、接続されているUSBデバイスを選択します。
  8. Make Startup Disk]をクリックして、USBフラッシュ ドライブに回復イメージをインストールします。
  9. リカバリー イメージがUSBフラッシュ ドライブにコピーされたら、USBフラッシュ ドライブをPCから安全に取り外します。
  10. 手順に従って、Dell OS回復メディアを使用したオペレーティング システムのインストールします。

トップに戻る

必要なもの

  • LinuxベースのPCには、ddディスク ツールがインストールされている必要があります。
  • 16 GB以上の空き容量がある空のUSBフラッシュ ドライブ。
  • オペレーティング システムをインストールするDell PCのサービス タグ。
  • DELL OSリカバリー イメージをダウンロードします。
警告:Dellでは、USBフラッシュ ドライブから重要なデータをバックアップすることをお勧めします。ブータブルUSB回復メディアの作成によってUSBフラッシュ ドライブがフォーマットされ、USBフラッシュ ドライブ上のデータはすべて完全に消去されます。

ブータブルUSBメディアを作成する方法

  1. イメージングに使用するUSBフラッシュ ドライブの容量が16GB以上であることを確認します。
  2. DELL OSリカバリー イメージをダウンロードします。
  3. .isoファイルをPCに保存します。
  4. リカバリー イメージがダウンロードされたLinuxベースのPCに、USBフラッシュ ドライブを挿入します。
  5. OSリカバリー イメージは、RAWデバイス(パーティションなし)にフラッシュされることが意図されています。Linuxでは、次の例のように実行できます。
    1. ログイン:$ dd if=my_usb_image.iso of=/dev/sdX bs=4M
    2. my_usb_image.isoまたはmy_usb_image.imgファイルは、ダウンロードして解凍されたリカバリー ファイルで、ddツールへの入力ファイルとして提供されます。
    3. /dev/sdXは、Linux PCによってUSBフラッシュ ドライブに割り当てられたドライブで、/dev/sdb、/dev/sdcなどです。
    4. 挿入されたUSBフラッシュ ドライブの/dev/割り当てを確認するには、cat partitionsコマンドを使用します。
      このUSBフラッシュ ドライブの/dev/は、ddツールへの出力ファイルとして提供されます。
  6. リカバリー イメージがUSBフラッシュ ドライブにコピーされたら、USBフラッシュ ドライブをPCから安全に取り外します。
  7. 手順に従って、Dell OS回復メディアを使用したオペレーティング システムのインストールします。

トップに戻る

Dell OS Recovery Toolは、お使いのDell PC用にカスタマイズされたオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードし、USB回復メディアを作成するのに役立ちます。Dell OS Recovery Toolを使用すると、お使いのDell PCにプリインストールされていたMicrosoft Windows、Ubuntu、またはLinuxオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードできます。

Dellオペレーティング システムのリカバリー イメージをダウンロードして使用する方法」を参照してください。

トップに戻る

USB回復メディアを使用したオペレーティング システムのインストール

Microsoft Windows 11、Windows 10、Windows 8.1、Windows 7のインストール

  1. USB回復メディアをMicrosoft Windows 8.1またはWindows 7をインストールするDell PCに接続します。Windows 11またはWindows 10をインストールするには、「SupportAssist OS Recoveryを使用したコンピューターの復元」を参照してください。
  2. コンピューターを再起動します
  3. Dellのロゴ画面で、画面の右上隅に[Preparing one time boot menu]と表示されるまで、F12キーをタップします。
  4. 起動メニューの[UEFI boot]の下で、USB回復ドライブを選択してEnterキーを押します。
  5. Windowsセットアップが表示されたら、言語とキーボードの環境設定を選択します。
  6. 「Windows Installation(Windowsのインストール)」ダイアログボックスで、「Install Now(今すぐインストール)」をクリックします。
  7. ライセンス契約を確認し、[同意します]を選択してインストールを続行します。
  8. [インストールの種類を選んでください]ウィンドウで、[カスタム (詳細)]をクリックします。
  9. 9.[Windowsのインストール場所を選んでください。]ウィンドウが表示されたら、最もサイズの大きい内部ディスクをプライマリー パーティションとして選択して、[次へ]をクリックします。
    プライマリー パーティションの空き領域が0 GBの場合は、[未割り当て領域]を選択し、[次へ]をクリックします。
  10. Windowsセットアップが自動的にパーティションを作成してフォーマットし、Windowsのインストールを開始します。
  11. インストール プロセスには多少時間がかかり、またPCが何度か再起動することがあります。
  1. USB回復メディアを、Microsoft UbuntuまたはLinuxをインストールするDell製コンピューターに接続します。
  2. コンピューターを再起動します
  3. Dellのロゴ画面で、画面の右上隅に[Preparing one time boot menu]と表示されるまで、F12キーをタップします。
  4. 起動メニューの[UEFI boot]の下で、USB回復ドライブを選択してEnterキーを押します。
  5. 画面の指示に従って、インストール処理を完了します。インストール プロセスには多少時間がかかり、またPCが何度か再起動することがあります。

その他の情報

よくあるお問い合わせ(FAQ)

Windows 10の回復イメージを使用すると、PCのハード ドライブをフォーマットし、Windows 10のクリーンなコピーをインストールできます。この回復イメージのファイル サイズは、「Windows 10 Automated by SupportAssist」よりも大幅に大きくなります。

「Windows 10 Automated by SupportAssist」という名前の回復イメージを使用すると、SupportAssist OS RecoveryをサポートするUSB回復メディアを作成できます。
「Windows 10 Automated by SupportAssist」イメージと「Windows 10」イメージの違い
図3:「Windows 10 Automated by SupportAssist」イメージと「Windows 10」イメージの違い(英語の画像)

SupportAssist OS Recoveryをサポートできるのは、デルの工場出荷時にインストールされたMicrosoft Windows 10オペレーティング システムを実行している一部のデル製PCのみです。

SupportAssist OS Recoveryの主な機能は次のとおりです。

  • ハードウェアのスキャン - PCで診断スキャンを実行し、ハードウェアの問題を検出します。
  • システムの修復 - PCがオペレーティング システムを起動する前に発生する可能性のある一般的な問題をトラブルシューティングします。このオプションを使用すると、PCを出荷時の状態に復元する必要がなくなります。
  • ファイルのバックアップ - 外部ストレージ デバイス上に個人ファイルのコピーを作成します。
  • システムの復元 - オペレーティング システムおよびデフォルトのアプリケーションを、Dellの工場出荷時のPCの状態に復元します。
  • クラウド イメージの復元 - お使いのPCに、新しいオペレーティング システムとデフォルトのドライバーおよびアプリケーションをダウンロードしてインストールします。

SupportAssist OS Recoveryの詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell SupportAssist OS Recoveryを使用したシステムの復元」を参照してください。

Dell SupportAssist OS Recoveryは、PCのオペレーティング システム起動前に発生する可能性のある問題を診断およびトラブルシューティングするツールを備えた回復環境を提供します。何度試してもPCのオペレーティング システムを起動できない場合に、SupportAssist OS Recoveryが自動的に開始されます。回復環境を使用すると、ハードウェアの問題の診断、PCの修理、ファイルのバックアップ、工場出荷時の状態へのPCの復元を行うことができます。

SupportAssist OS Recoveryをサポートできるのは、デルの工場出荷時にインストールされたMicrosoft Windows 10オペレーティング システムを実行している一部のデル製PCのみです。SupportAssist OS Recoveryを利用できるシステムのリストは、Dell.com/ServiceabilityToolsの『Dell SupportAssist OS Recovery Support Matrix』を参照してください。

メモ: ハード ドライブ上のパーティションが、何らかの方法で変更された場合(Windowsまたはその他のオペレーティング システムのクリーン インストール)、SupportAssist OS Recoveryのパーティションが使用できなくなる場合があります。

Dellオペレーティング システムの回復イメージは、Dell製以外のPCを使用してダウンロードできます。

  • WindowsベースのPCの場合 - Dell OS Recovery Toolを使用してオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードし、USB回復メディアを作成することをお勧めします。Dellのナレッジベース記事「Dellオペレーティング システムのリカバリー イメージをダウンロードして使用する方法」を参照してください。
  • UbuntuまたはLinuxベースのコンピューターの場合、この記事のUSB回復メディアの作成の手順に従います。
  • MacまたはAndroidデバイスの場合
    • Dell回復イメージWebサイトを参照してください。
    • Dell PCのサービス タグと検証コードを入力し、[Check Availability]をクリックします。
    • Windows、Ubuntu、またはLinuxオペレーティング システムを選択し、[Download Selected Files]をクリックします。
    • 契約条件を確認し、[Continue]をクリックしてファイルをダウンロードします。
    • オペレーティング システムの回復イメージ ファイル(ISOファイル形式)を保存します。
    • WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復メディアを作成します。
メモ: Macコンピューターの内蔵ディスク ユーティリティーでは、NTFSファイル システムを使用したドライブのフォーマットはサポートされていません。Windowsオペレーティング システムのinstall.wimファイルは4 GBを超えているため、USB回復キーの作成中にエラーが発生することがあります。Dellでは、WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復ドライブを作成することをお勧めします。
メモ: 一部のAndroidデバイスからはターミナル ユーティリティーにアクセスできない場合があります。Androidデバイスでは、USBドライブをデバイスに接続するために特別なUSB OTGアダプターが必要になる場合もあります。Dellでは、WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復ドライブを作成することをお勧めします。

Dellオペレーティング システムの回復イメージは、Windows、Ubuntu、Linux、Mac、Androidのいずれかのデバイスを使用してダウンロードできます。

  • WindowsベースのPCの場合 - Dell OS Recovery Toolを使用してオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードし、USB回復メディアを作成することをお勧めします。Dellのナレッジベース記事「Dellオペレーティング システムのリカバリー イメージをダウンロードして使用する方法」を参照してください。
  • UbuntuまたはLinuxベースのコンピューターの場合、この記事のUSB回復メディアの作成の手順に従います。
  • MacまたはAndroidデバイスの場合
    • Dell回復イメージWebサイトを参照してください。
    • Dell PCのサービス タグと検証コードを入力し、[Check Availability]をクリックします。
    • Windows、Ubuntu、またはLinuxオペレーティング システムを選択し、[Download Selected Files]をクリックします。
    • 契約条件を確認し、[Continue]をクリックしてファイルをダウンロードします。
    • オペレーティング システムの回復イメージ ファイル(ISOファイル形式)を保存します。
    • WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復メディアを作成します。
メモ: Macコンピューターの内蔵ディスク ユーティリティーでは、NTFSファイル システムを使用したドライブのフォーマットはサポートされていません。Windowsオペレーティング システムのinstall.wimファイルは4 GBを超えているため、USB回復キーの作成中にエラーが発生することがあります。Dellでは、WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復ドライブを作成することをお勧めします。
メモ: 一部のAndroidデバイスからはターミナル ユーティリティーにアクセスできない場合があります。Androidデバイスでは、USBドライブをデバイスに接続するために特別なUSB OTGアダプターが必要になる場合もあります。Dellでは、WindowsベースまたはLinuxベースのPCを使用してUSB回復ドライブを作成することをお勧めします。

Dell Windows回復イメージは64ビットのMicrosoft Windowsオペレーティング システムで使用できます。32ビット バージョンのWindowsはダウンロードできません。

Dell PCでUSB回復メディアを正常に起動してMicrosoft Windows 7をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. コンピューターを再起動します
  2. Dellのロゴ画面で、画面の右上隅に[Preparing one time boot menu]と表示されるまで、F12キーをタップします。
  3. 矢印キーを使用してBIOSまたはシステム セットアップを選択し、Enterキーを押します。
  4. 「Secure Boot(セキュアブート)」を無効にします。
  5. BIOSで「Legacy Boot(レガシー起動)」を有効にします。
  6. BIOS設定を保存し、PCを再起動します。
メモ: BIOSで[Secure Boot]または[Legacy Boot]を有効または無効にする方法については、お使いのDell PCのユーザー ガイドを参照してください。

Dellオンライン アプリケーションから大容量ファイルをダウンロードする場合(Dell OS Recovery Toolなど)、「Not enough space on drive」というエラーが表示されることがあります。これは、ファイルの保存先のハード ドライブの容量が制限されていることが原因で発生します。一部のオペレーティング システムの回復イメージは、ファイル サイズが最大16 GBになる可能性があります。

このエラーを修正するには、ハード ドライブで追加のディスク領域を解放します。Microsoft Windowsでディスク領域を解放する方法の詳細については、Dellナレッジベース記事「Microsoft Windowsでディスク領域を解放する方法(英語)」を参照してください。

より多くのディスク領域がある外部ハード ドライブまたは2台目のハード ドライブがある場合は、そのドライブを選択してファイルを保存します。

別のブランドのUSBドライブを使用してこの問題を解決できる場合があります。特定のブランドのUSBドライブは、この問題の原因となる場合があります。

オペレーティング システムの回復イメージには、デル製PCの最新デバイス ドライバーが含まれない場合があります。最新のデバイス ドライバーは、Dell.com/support/driversから入手できます。オペレーティング システムがインストールされたら、最新のデバイス ドライバーをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

デバイス ドライバーのダウンロードとインストールの詳細については、Dellナレッジベース記事「Dellドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

  • Windows 10、8.1、8 - Microsoft Windows 10、8.1、8のいずれかを搭載して出荷されたDell製コンピューターでは、コンピューターのシステム ボード(マザーボード)にMicrosoft Windowsのプロダクト キーが組み込まれています。ライセンス認証のプロセスでは、システム ボードからプロダクト キーを自動的に取得します。Windows 10を搭載して出荷されたデル製システムの場合、ライセンス認証情報は、お使いのPCのセットアップに使用したMicrosoftアカウントにリンクされます。
  • Windows 7 - Microsoft Windows 7を搭載して出荷されたDell製コンピューターでは、Microsoft Windows 7のプロダクト キーは、Dell製デスクトップの上部にあるラベル、およびDell製ノートパソコンの底面パネルにあるラベルに記載されています。

Windowsライセンス認証の詳細については、デルのナレッジベース記事「Windowsプロダクト キーのよくある質問(FAQ)」を参照してください。

オペレーティング システムの回復イメージには、デル製PCにプリインストールされていたソフトウェアは含まれていません。

Dellのプリインストール済みソフトウェアのダウンロードとインストールの詳細については、Dellのナレッジベース記事「デルコンピュータ用のドライバおよびデルがインストールしたソフトウェアはどこでダウンロードできますか?」を参照してください。

Dell OS Recovery Toolは、Windowsコンピューター上でのみ機能します。Dell OS Recovery Toolがインストール後に起動できない場合、またはWindowsコンピューターでインストーラーを実行してもインストール プロセスが開始されない場合は、コンピューターにインストールされているウイルス対策またはアンチマルウェア ソフトウェアを一時的に無効にして、アプリケーションまたはインストーラーを再度実行してください。

Dell OS Recovery Toolにこのエラーが表示される場合、またはお使いのDell PCのサービス タグが認識されない場合は、Dellテクニカル サポートにお問い合わせください。

Dell OS Recovery Toolの詳細モードを使用すれば、オペレーティング システムのイメージ ファイル(ISOファイル形式)を使用してUSB回復メディアを作成できます。これは、Ubuntu、Linux、Mac、またはAndroidデバイスを使用してオペレーティング システムの回復イメージをダウンロードして、Dell OS Recovery Toolを使用してWindowsベースのコンピューターでUSB回復メディアを作成する場合に便利です。

ISOイメージを使用してUSB回復メディアを作成する方法

  1. Windows PCにDell OS Recovery Toolをダウンロードしてインストールします。
  2. [スタート]をクリックして、Dell OS Recovery Toolアプリケーションを開きます。
    メモ: 「User Account Control(ユーザー・アカウント・コントロール)」プロンプトが表示されたら、「Yes(はい)」をクリックします。
  3. 検索](虫眼鏡アイコン)をクリックします。
  4. ポップアップ ウィンドウで、オペレーティング システムのISOイメージ ファイルを保存したフォルダーの場所を参照します。
  5. .isoファイルを選択して、[開く]をクリックします。
  6. 次へ]をクリックします
  7. 16 GB以上の使用可能なストレージ スペースがあるUSBフラッシュ ドライブをPCに接続します。このUSBフラッシュ ドライブはフォーマットされて、USB回復メディアを作成するために使用されます。
  8. USBドライブ]で、USB回復メディアの作成に使用するUSBフラッシュ ドライブを選択し、[I understand that the selected drive will be reformatted and existing data will be deleted.]ボタンにチェックを入れます。
    警告:Dellでは、USBフラッシュ ドライブから重要なデータをバックアップすることをお勧めします。Dell OS Recovery ToolによってUSBフラッシュ ドライブがフォーマットされ、USBフラッシュ ドライブ上のデータはすべて完全に失われます。
  9. パーティションのスタイル]を選択します。
    • GPT - Windows 10
    • MBR - その他のオペレーティング システム
  10. USB回復メディアの作成を開始するには、[Burn OS]をクリックします。
  11. プロセスが完了するとメイン詳細モード画面に戻ります。
Dell OS Recovery ToolでのISOイメージを使用したUSB回復メディアの作成
図2:Dell OS Recovery ToolでのISOイメージを使用したUSB回復メディアの作成(英語の画像)

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。


保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国カナダ英国フランスドイツ中国の個人向けPCのお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

文書のプロパティ


最後に公開された日付

29 11月 2023

バージョン

15

文書の種類

How To