メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

「Dell Peripheral Managerの使用方法とトラブルシューティング方法」

概要: Dell Peripheral Managerを使用すると、お使いのDell製キーボード、マウス、または外部Webカメラの機能を設定できます。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

Dell Peripheral Managerのダウンロード、使用、設定の詳細については、展開セクションを選択してください。このアプリケーションは、Dellキーボードおよびマウス、Dellアクティブ ペン、Dell WebカメラWB7022、Dell Pro WebカメラWB5023、スピーカーまたはヘッドセットなどの周辺機器を対象としています。

目次

  1. Dell Peripheral Managerソフトウェアのダウンロードとインストール
  2. Webカメラのセットアップ
  3. Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス
  4. Zoom使用時のクイック アクセス メニュー
  5. Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート
  6. その他のリソース、よくある質問/FAQ、トラブルシューティング手順
  7. Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法
  8. Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

1.Dell Peripheral Managerソフトウェアのダウンロードとインストール

  1. WebカメラのケーブルをPCのUSB 3.0ポートに挿入し、もう一方の端がWebカメラにしっかりと接続されていることを確認します。

  2. 最新バージョンのDPMが自動的にダウンロードおよびインストールされます(最大20分かかります)。

  3. DPMが自動的にインストールされない場合は、次のいずれかの手順を実行します。

    • 最新のWindowsおよびドライバーのアップデートがインストールされていることを確認します。

      1. Microsoftサポート技術情報の記事:「Windows Update:よくあるご質問このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照し、最新バージョンのWindowsおよびアップデートを入手する方法を確認してください。

      2. SupportAssistアプリケーションを使用してドライバーをアップデートします。詳細については、「家庭用PC向けSupportAssist」ページを参照してください。

      3. Dellドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

    • Dell Peripheral Managerソフトウェアを手動でインストールします。

      1. Dell Peripheral Managerのダウンロード ページにアクセスします。

      2. 「Download(ダウンロード)」をタッチまたはクリックします。

        メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアは、Windows 11およびWindows 10(64ビット)とのみ互換性があります。
      3. お使いのブラウザーに応じて、さまざまなオプションが表示されます。次の手順は、Chromeブラウザーを使用した場合のオプションです

      4. Dell Peripheral Managerをダウンロードしたら、画面の下に表示されているファイルをタッチまたはクリックして、インストール プロセスを開始し、画面の指示に従ってください。

トップに戻る

2.Dell Webカメラのセットアップ

  1. Dell Peripheral Managerは、インストール後に起動します。

    メモ: Dell Peripheral Managerを手動で起動するには、次の手順に従います。
    1. WindowsWindowsキー)キーを押しながらqキーを押します。

    2. スタート メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

    3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

  2. Get Started]をタッチまたはクリックします。

  3. Preset]ページで、カメラでの画像の見え方を選択できます(図1を参照)。

    Peripheral Managerの[Preset]ページ
    図1:Peripheral Managerの[Preset]ページ(英語のみ)

表1:図1:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Default]:
画像調整を無効にし、元の設定にリストアします。
キャプション2 [Warm]:
画像を暖かいトーンに調整します。
キャプション3 [Smooth]:
タッチアップして、外観をスムーズにします。
キャプション4 [Vibrant]:
画像の色と鮮やかさを強調します。
  1. 決定したら、[Next]をタッチまたはクリックします。

  2. AI Auto Framing]をオン/オフのどちらにするかを決定します(図2を参照)。

    メモ: AI自動フレーミングは、インテリジェントなシーン分析、顔検出、顔追跡を提供し、移動時にビューをズームおよびパンします。

    Peripheral Managerの[AI Auto Framing]ページ
    図2:Peripheral Managerの[AI Auto Framing]ページ(英語のみ)

  3. 決定したら、[Next]をタッチまたはクリックします。

  4. HDR](ハイ ダイナミック レンジ)をオンにするかどうかを決定します(図3を参照)。

    メモ: HDRは、さまざまな照明条件で最適な画質を実現する自動補正を提供します。

    Peripheral Managerの[HDR]ページ
    図3:Peripheral Managerの[HDR]ページ(英語のみ)

  5. 決定したら、[Next]をタッチまたはクリックします。

  6. [Presence Detection]ページでは、Webカメラから離れたり、Webカメラに近づいたりした際のカメラの反応方法を選択できます(図4を参照)。

    Peripheral Managerの[Presence Detection]ページ
    図4:Peripheral Managerの[Presence Detection]ページ(英語のみ)

表2:図4:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Proximity Sensor]:
Webカメラは、視野角内にいるときに存在を検知します。
キャプション2 [Walk Away Lock]:
カメラから離れると、PCをロックしディスプレイの電源を切ります。
キャプション3 [Wake on Approach]:
カメラに近づくとPCを起動します。
  1. 決定したら、[Next]をタッチまたはクリックします。

  2. More Settings]をタッチまたはクリックします。

  3. [Help us improve Dell Peripheral Manager]ページで、[I Do not Consent]または[I Consent]をタッチまたはクリックします。これで、ユーザー インターフェイス画面が表示されます。

トップに戻る

3.Dell Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス

メモ: Dell Peripheral Managerの最新リビジョンでは、ライト ユーザー インターフェイスに代わるダーク ユーザー インターフェイスがサポートされています。

初めてDell Peripheral Managerを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. Windows (Windowsキー)キーを押しながらQキーを押します。

  2. スタート メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

  3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

Peripheral Managerのダーク テーマのユーザー インターフェイス
図5:Dell Peripheral Managerユーザー インターフェイスはダーク テーマをサポートしています(英語のみ)

各機能の詳細については、表のリンクをタッチまたはクリックしてください。

表3:図5:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Preset]
キャプション2 [Camera Control]
キャプション3 [Color and Image]
キャプション4 [Presence Detection]
キャプション5 キャプチャ
キャプション6 メディア フォルダーを開く:
ビデオ録画を保存または開く場所を選択します。
キャプション7 録画の開始および停止:
ビデオ録画を開始または停止します。
キャプション8 Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション9 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアとドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション10 Setting
[General]:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション11 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション12 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

[Preset]

[Default]、[Warm]、[Smooth]、[Vibrant]モードを選択します。さらに、カスタム セットアップを作成します(図6を参照)。

Peripheral Managerの[Preset]ページ
図6:Peripheral Managerの[Preset]ページ(英語のみ)

表4:図6:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Default]:
画像調整を無効にし、元の設定にリストアします。
キャプション2 [Smooth]:
タッチアップして、外観をスムーズにします。
キャプション3 [Vibrant]:
画像の色と鮮やかさを強調します。
キャプション4 [Warm]:
画像を暖かいトーンに調整します。
キャプション5 [Add new preset]:
独自のプリセットを作成します。

[Camera Control]

カメラの切り替え、視野角、AI自動フレーミング、ズーム、自動フォーカス、優先度の設定を調整します(図7を参照)。

Peripheral Managerの[Camera Control]ページ
図7:Peripheral Managerの[Camera Control]ページ(英語のみ)

表5:図7:コールアウト
番号については上記の図を参照:
- [AI Auto Framing]:
AI自動フレーミングは、インテリジェントなシーン分析、顔検出、顔追跡を提供し、移動時にビューをズームおよびパンします。
AIフレーミング オフ
AIフレーミング オフ
AIフレーミング オン
AIフレーミング オン
- [Camera Transition]:
カメラが中心を保つように、フレームを移動させる方法を変更します。オフにすると、フレームがジャンプし、連続したスムーズな動きにはなりません。
- [Tracking Sensitivity]:
オプションは[Normal]と[Fast]です。
- [Frame Size]:
オプションは[Narrow]と[Standard]です。
キャプション1 [Field of View]:
カメラの視野角を選択します(65、78、または90度)。
キャプション2 [Zoom]:
スライダーを動かして、ズームを拡大または縮小します。
キャプション3 [Autofocus]:
カメラ レンズをインテリジェントに調整して、ピントを合わせて鮮明に表示します。
キャプション4 優先度:
ビデオの画質を優先するには[Frame Rate](フレーム/秒)を優先し、最適な光のレベルを維持するには[Exposure]を選択します。
- [Prioritize External Webcam]をオンまたはオフ:
オンに設定すると、Dellの外部Webカメラが使用可能な唯一のWebカメラとなり、他のすべてのWebカメラは無効になります。
メモ:
  • オフに設定すると、ZoomやTeamsなどのアプリケーションを使用するときに使用するカメラを選択できます。
  • 一度に1台のカメラのみを有効にしてアクセスできます。
  • Windows Helloは、顔認識に有効なWebカメラを使用します。
- Windows Hello:
Microsoft Windows Hello顔認識アプリケーションでサインインしています。このリンク(矢印)をクリックすると、Windowsの設定に移動します。
キャプション5 メディア フォルダーを開く:
ビデオ録画を保存または開く場所を選択します。
キャプション6 録画の開始および停止:
ビデオ録画を開始または停止します。
- Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション7 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアおよびドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション8 Setting
[General]:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション9 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション10 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

[Color and Image]

ハイ ダイナミック レンジ(HDR)を使用して、さまざまな照明条件で最適な画質を得るために自動補正を調整できます。(その他の設定:Dell Webカメラの[Auto White Balance]、[Brightness]、[Sharpness]、[Contrast]、[Saturation]、[Anti-Flicker]などの設定を使用すると、望みどおりの画像が簡単に得られます)(図8を参照)。

Peripheral Managerの[Camera Control]ページ
図8:Peripheral Managerの[Color and Image]ページ(英語のみ)

表6:図8:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [HDR](ハイ ダイナミック レンジ):
さまざまな照明条件で最適な画質を自動的に補正します。
キャプション2 [Auto White Balance]オン/オフおよび調整:
スライダーを動かして、バランスを調整します。
キャプション3 [Brightness]:
スライダーを動かして、明るさを増減します。
キャプション4 [Sharpness]:
スライダーを動かして、シャープネスを増減します。
キャプション5 [Contrast]:
スライダーを動かして、コントラストを増減します。
キャプション6 [Saturation]:
スライダーを動かして、彩度を増減します。
- [Anti-Flicker]:
人工照明下で録画する場合のフリッカー低減(50 Hzまたは60 Hzを選択)。
キャプション7 メディア フォルダーを開く:
ビデオ録画を保存または開く場所を選択します。
キャプション8 録画の開始および停止:
ビデオ録画を開始または停止します。
- Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション9 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアとドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション10 Setting
[General]:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション11 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション12 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

[Presence Detection]

近接センサーの視野角内に入ったときに、カメラに応答させます。[Adjust Walk Away Lock]と[Wake on Approach]の設定を変更できます(図9を参照)。

Peripheral Managerの[Presence Detection]ページ
図9:Peripheral Managerの[Presence Detection]ページ(英語のみ)

表7:図9:コールアウト
上記の番号付き参照図:
キャプション1 [Proximity Sensor]オン/オフ:
近接センサーが有効になっている場合、[Walk Away Lock]および[Wake on Approach]設定が有効になります。視野角内にいるときに存在を検知します。
キャプション2 [Walk Away Lock]オン/オフ:
オンにした場合、カメラから離れると画面がロックされます。
walk away options.jpg
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Walk Away Lock]のスヌーズ:
[Walk Away Lock]設定は、ユーザー インターフェイスの[Snooze]オプションを使用して、 一定期間一時的に 無効にすることができます。
キャプション2 [Walk Away Lock]のタイマー:
[Walk Away Lock]のタイミングは、ドロップダウン メニュー ボックスを使用して設定できます。
キャプション3 [Wake on Approach]オンまたはオフ:
視野角内に入るとその存在に反応し、画面を起動します。
キャプション4 Windows Hello:
顔認識アプリケーションを使用してサインインしています。矢印をタッチまたはクリックすると、Windowsの設定にリダイレクトされます。

キャプチャ

Dell Webカメラの[Capture]設定は、希望する最高の録音体験を実現するために変更できます。1秒あたりのフレーム数、解像度、ファイルの場所の設定を好みに合わせて調整します(図10を参照)。

Peripheral Managerの[Capture]ページ
図10:Peripheral Managerの[Capture]ページ(英語のみ)

表8:図10:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 解決策:

使用しているWebカメラに応じて、さまざまなオプションが表示されます。

キャプション2 [FPS](フレーム数/秒):

使用しているWebカメラに応じて、さまざまなオプションが表示されます。

キャプション3 [3-2-1 countdown]:
録画を開始する前に準備時間が得られます。
キャプション4 [Framing grid]:
画面にグリッド オーバーレイが表示されるため、フレーム内でご自身またはオブジェクトを中央に配置できます。
キャプション5 [Media Files Location]:
ビデオ録画を保存または開く場所を選択します。
キャプション6 メディア フォルダーを開く:
ビデオ録画を保存または開く場所を選択します。
キャプション7 録画の開始および停止:
ビデオ録画を開始または停止します。
- Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション8 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアとドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション9 Setting
[General]:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション10 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション11 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

トップに戻る

4.Zoom使用時のクイック アクセス メニュー

Zoom電話会議に入ると、画面の左側に表示される小さなウィジェット アイコンをクリックすることで、ビデオ設定にすばやくアクセスしたり制御したりできます。(例:自動フレーミング、ズーム、プリセット、視野)。( 図11を参照)。

クイック アクセス メニュー
図11:クイック アクセス メニュー(英語のみ)

Dell Peripheral Manager設定で対応するオプションを切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. [Settings]を選択します。
  2. [Quick Settings]を選択します。
  3. Zoom会議通話中に[Active Quick Settings]ウィジェットのスライダーをアクティブにするかどうかをスライダーで選択します。

 

トップに戻る

5.Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイスでオプションが表示されたら、[Update Available]をタッチまたはクリックして、利用可能なアップデートのリストを表示します(図12を参照)。

ソフトウェア アップデート機能は、以下のアップグレードに使用されます。

  • ペアリングされたデバイスのファームウェア
  • Dell Peripheral Managerアプリケーション自体

Peripheral Managerのソフトウェア アップデート
図12:Peripheral Managerのソフトウェアまたはファームウェア アップデート(英語のみ)

注:無線周波数(RF)デバイスのソフトウェア アップデートには、アクティブなユーザー入力が必要です。画面の指示に従ってファームウェア アップデートを開始する必要があります図13を参照)。

Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート
図13:Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート(英語のみ)

ファームウェア アップデートに関する注意

  • ファームウェア アップデート中に、デバイスまたはドングルを切断しないでください。
  • ファームウェア アップデート中は、コンピューターを再起動またはシャットダウンしたり、スリープまたは休止状態に設定したりしないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、複数のドングルを接続しないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、同じモデルのデバイスを複数接続しないでください。一度に1台のデバイスのファームウェア アップデートだけを行うことを推奨します。
  • ファームウェア アップデートを開始する前に、Windowsを最新バージョンにアップデートして、OS関連の修正をすべて取得します。
  • 指示に従って、RF接続のファームウェア アップデートを開始します。
  • ファームウェア アップデートが完了するまでに最大10分かかる場合があります。ファームウェア アップデート中は、電源に接続し、デバイスをドングルの近くに置いておくと、ファームウェア アップデートを高速に行うことができます。
  • ファームウェア アップデートでは、コンピューターを必ずインターネットに接続してください。
メモ: 企業のファイアウォールが、ファームウェアの自動アップデートをブロックすることがあります。

トップに戻る

6.その他のリソース、よくある質問/FAQ、トラブルシューティング手順

Webカメラの一般的な使用方法とビデオ会議ソフトウェアの入手方法の詳細については、次のDellナレッジベース記事を参照してください。 「Dell Webカメラの使用方法、テスト、ドライバーの問題のトラブルシューティング方法および解決方法」

サポート記事およびユーザー ガイドについては、Dell Webcam WB7022のサポート サイトを参照してください。

サポート記事およびユーザー ガイドについては、Dell Webcam WB5023のサポート サイトを参照してください。


よくある質問/FAQ

Webカメラで問題が発生している場合は、原因が次のいずれかであるかを確認し、推奨される回避策を試してください。

質問:DPMのユーザー インターフェイスに4K UHDオプションが表示されないのはなぜですか?
考えられる原因:Webカメラで4Kの解像度を出力するには、USB 3.0が必要です。USB 3.0接続が検出されないと、この問題が発生する可能性があります。Webカメラに接続されているコンピューターまたはモニターまたはハブのUSBポートがUSB 3.0であることを確認します。

質問:ドッキング ステーションで接続されている場合、DPMがカメラを検出できないのはなぜですか?
考えられる原因:ドッキング ステーションがUSB経由で十分な電力を供給していない可能性があります。ドックのファームウェアが古くなっている可能性があります。ドックのファームウェアが最新バージョンにアップデートされ、USBポートがフルUSB 3.0電源をサポートできることを確認してください。

質問:DPMに[Presence Detection]機能が表示されないのはなぜですか?
考えられる原因:この機能は、Dell製コンピューターでのみサポートされています。お使いのシステムのBIOSとドライバーがDellサポート サイトから最新バージョンにアップデートされていることを確認します。

質問:内蔵Webカメラまたはコンピューターに接続されている他のWebカメラが無効になっているのはなぜですか?
考えられる原因:外部Webカメラを使用してWindows Hello顔認識をサポートするために、Dell Peripheral Managerソフトウェアが内蔵Webカメラまたはその他のDell製以外のWebカメラを無効にしている可能性があります。他のWebカメラを使用するには、 [Prioritize External webcam] オプション(DPMの [Camera Control] セクション)をオフにしてください。

質問:近接センサーの視野角内にいるときにWake On Approach (WOA)がPCで機能しないのはなぜですか?
考えられる原因:Dell Peripheral Managerソフトウェアで、内蔵Webカメラまたはその他のDell製以外のWebカメラが無効になっている可能性があります。これは、外部Webカメラを使用してWindows Hello顔認識機能をサポートするためです。他のWebカメラを使用するには、 [Prioritize External webcam] (DPMアプリケーションの [Camera Control] )を使用して、この機能を無効または有効にします。

質問:カウントダウンが発生し、その直後にPCがロックされるのはなぜですか?
考えられる原因:Webカメラには、近接センサーと呼ばれる存在検知センサーが搭載されています。センサーが指定された時間内にその視野角内で人の存在が検出されなかった場合は、PCをロックできます。これは [Walk Away Lock]という機能で、 Dell Peripheral Managerアプリケーションの [Proximity Detection] で制御できます。[Proximity Detection]機能が有効になっている場合、Webカメラのレンズを覆わないでください。Webカメラが人の存在を検出できなくなります。Dell製PCの一部のモデルには、内蔵近接センサーが搭載されています。これらのPCのいずれかを使用している場合は、競合する動作を回避するため、Dell Peripheral Managerアプリケーションでこの機能を無効にすることをお勧めします。

質問:PCにDell Peripheral Managerアプリケーションをインストールできないのはなぜですか?例えば、ARMベースのMicrosoft Surface Proなどです。
考えられる原因:Dell Peripheral Managerアプリケーションは、Windows 10 64ビット オペレーティング システムでのみサポートされています。Windowsドライバーを使用する基盤テクノロジーにより、ARMベースのパーソナル コンピューターではサポートされていません。

質問:近接センサーの視野角内にいる場合でも、コンピューターでWake On Approach (WOA)が機能しないのはなぜですか?
考えられる原因:ユーザーが視野角(FOV)から20秒以上離れる前にFOVに現れた場合、Wake on Approachはトリガーされません(Wake On Approachは、バッテリー モードのS3コンピューターでは機能しません。BIOSでUSBウェイクアップが有効になっていない場合、またはコンピューターが休止モードまたはシャットダウン モードの場合は機能しません)。

質問:カメラのクイック ホット プラグ後にWebカメラのフィードが表示されないのはなぜですか?リカバリーするには、Webカメラを取り外してから再接続する必要がありますか?
考えられる原因: Webカメラを取り外してから接続するのが早すぎると、Microsoftフレーム サーバーはWebカメラのリソースを使用し、デバイスをロックします。この状態になると、他のアプリケーションは5~10分間Webカメラにアクセスできなくなります。Webカメラを取り外してから10秒以上待ってから、コンピューターに再接続してください。

トップに戻る

7.Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法

Dell Peripheral Managerを使用すると、Dellアクティブ ペン、Dellワイヤレス キーボード、マウス、スピーカーなどの追加デバイスをペアリングできます。

表示パネルの+記号をタッチまたはクリックします。新しいデバイスを接続するためのダイアログ ボックスが表示されます。目的のデバイスを選択します(図14を参照)。

DPMの[Add a new device]画面
図14:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

メモ: 選択したら、画面の指示に従います。

トップに戻る

8.Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

メモ: コンピューターに接続されているWebカメラしかない場合は、このオプションは表示されません。

Unpair]をクリックすると、[Unpair Device]ダイアログ ボックスが表示されます(図15を参照)。

Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
図15:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除(英語のみ)

注意:ペアリング解除後、デバイスは使用できなくなります。入力デバイスと再度ペアリングするには、追加のデバイスが必要になります。例えば、バックアップ マウス、またはタッチ スクリーンやトラックパッドなどの他のデバイスが使用可能であることを確認します。

接続されているDell製デバイスがない場合は、図16に示すようなDell Peripheral Managerウィンドウが表示されます。

Dell Peripheral Managerの[No device found]画面
図16:Dell Peripheral Managerの[No Device Found](英語のみ)

メモ: Dellワイヤレス キーボードとマウスを設定する方法の詳細については、「Dell製キーボードおよびマウス用のDell Peripheral Managerのダウンロード、使用、および設定」の項を参照してください。

トップに戻る

目次:

  1. Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法
  2. Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス
  3. Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法
  4. Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
  5. Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート
  6. よくある質問とトラブルシューティング手順
  7. デバイス ステータスの確認

1.Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法

  1. キーボードまたはマウス ドングルを挿入します。

  2. 最新バージョンのDPMが自動的にダウンロードおよびインストールされます(最大20分かかります)。

  3. DPMが自動的にインストールされない場合は、次のいずれかの手順を実行します。

    • 最新のWindowsおよびドライバーのアップデートがインストールされていることを確認します。

      1. Microsoftサポート技術情報の記事:「Windows Update:よくあるご質問このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照し、最新バージョンのWindowsおよびアップデートを入手する方法を確認してください。

      2. SupportAssistアプリケーションを使用してドライバーをアップデートします。詳細については、「家庭用PC向けSupportAssist」ページを参照してください。

      3. Dellドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

    • Dell Peripheral Managerソフトウェアを手動でインストールします。

      1. Dell Peripheral Managerのダウンロード ページにアクセスします。

      2. 「Download(ダウンロード)」をタッチまたはクリックします。

        メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアは、Windows 11およびWindows 10(64ビット)とのみ互換性があります。
      3. お使いのブラウザーに応じて、さまざまなオプションが表示されます。次の手順は、Chromeブラウザーを使用した場合のオプションです

      4. Dell Peripheral Managerをダウンロードしたら、画面の下に表示されているファイルをタッチまたはクリックして、インストール プロセスを開始し、画面の指示に従ってください。

トップに戻る

2.Dell Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス

メモ: Dell Peripheral Managerの最新リビジョンでは、ライト ユーザー インターフェイスに代わるダーク ユーザー インターフェイスがサポートされています。

初めてDell Peripheral Managerを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. WindowsWindowsキー)キーを押しながらqキーを押します。

  2. 前面メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

  3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

ワイヤレス デバイスに同梱されているDell Universalドングルは、そのデバイス用に事前ペアリングされています。PCのアクティブなUSBポートにドングルを接続した後、Dell Peripheral Managerウィンドウでデバイスにアクセスすることができます。

キーボード用ユーザー インターフェイス

キーボード用ユーザー インターフェイス
図1:Dell Peripheral Managerのキーボード用ユーザー インターフェイス(英語のみ)

表9:図1:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 Device Status
バッテリー ステータス、キーボードが前回ペアリングされたデバイス、およびファームウェア バージョンを表示します。
キャプション2 デバイスのペアリング解除
キャプション3 ハイライト表示されたキーにアクションを割り当てます。
オレンジ色の枠で囲まれたボタンをクリックして、カスタム プログラム可能なアクションを割り当てます。

オプションは、次のとおりです。

  • 現在の割り当てを削除する
  • 現在の割り当てを編集する
  • 推奨されるアクション
  • 生産性アクション
  • Windowsアクション
  • Windowsアクション
  • マルチメディア アクション
  • その他のアクション
メモ: ボタンの右下隅にある オレンジ色または青色の「フラグ」は、 カスタム アクションが割り当て済みであることを示します。
キャプション4 Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション5 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアとドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション6 設定:
全般:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション7 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション8 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

マウス用ユーザー インターフェイス

マウス用ユーザー インターフェイス
図2:Dell Peripheral Managerのマウス用ユーザー インターフェイス(英語のみ)

表10:図2:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 Device Status
バッテリー ステータス、キーボードが前回ペアリングされたデバイス、およびファームウェア バージョンを表示します。
キャプション2 [Mouse Settings]
  • [Primary Mouse Button]では[Left]または[Right]を選択できます。

  • ドット/インチ(DPI)設定

    選択:

    • 1000
    • 1600
    • 2400
    • 4000
キャプション3 デバイスのペアリング解除
キャプション4 ハイライト表示されたキーにアクションを割り当てます。

オレンジ色または青色の枠で囲まれたスクロール ホイールをクリックして、カスタム プログラム可能なアクションを割り当てます。

オプションは、次のとおりです。

  • 現在の割り当てを削除する
  • 現在の割り当てを編集する
  • 推奨されるアクション
  • 生産性アクション
  • Windowsアクション
  • Windowsアクション
  • マルチメディア アクション
  • その他のアクション
メモ: ボタンの右下隅にある オレンジ色または青色の「フラグ」は、 カスタム アクションが割り当て済みであることを示します。
キャプション5 Update Available
表示されている場合は、ソフトウェアまたはハードウェア ファームウェアのアップデートされたバージョンが使用可能です。
キャプション6 ヘルプ
アプリケーションのソフトウェアとドライバーのバージョンが提供されます。
キャプション7 設定:
全般:ロックキー通知とバッテリー残量低下の通知をオンまたはオフにすることができます。
更新:ソフトウェアおよびハードウェア ファームウェアのアップデート バージョンを確認できます。
分析:Dellへの診断送信をオプトインまたはオプトアウトします。
キャプション8 Switch Devices
設定するデバイスを変更します。
キャプション9 Add New Device
[Add New Device]画面に移動します。ここで、Dellワイヤレス キーボードおよびマウスを追加できます。

アプリケーション固有の設定

デバイス パネルで[Application Specific Settings]を展開して、設定を構成するアプリケーションを選択できます。マウス内で選択したボタンに基づいて、これらのアプリケーションにカスタム アクションを割り当てることができます(例:Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPointなど)。

マウスのアプリケーション固有の設定
図3:マウスのアプリケーション設定のカスタマイズ(英語のみ)

メモ:
  • 一部のハイエンドDellキーボードには、ZoomおよびTeams会議を制御するための特別なコラボレーション タッチパッド キーが付いています。会議が開始されると、特殊キーが点灯し、アプリケーションでコラボレーション アイコンが有効になります。(例:アクティブなミーティングでは、ビデオのオンとオフ、オーディオのオンとオフを切り替えたり、チャットウィンドウを表示したり、画面を共有したりできます。アプリケーションで個々の機能をオン/オフにして、きめ細かい制御が可能。ダブル タップを有効にするには、コラボレーションタッチパッドをダブルタップして個々のズーム機能を制御する必要があります)。
  • この機能は、 職場または学校の Teams 向け Windows デスクトップ アプリケーション (バージョン 1.6.00.24078 以降) で動作します。コラボレーション タッチ コントロール オプションは、家庭向け Teams、Web 上の Teams、スリムコア バージョン、Teams 個人アカウント、無料版では使用できません。
  • Zoom通話では、コラボレーション タッチ コントロール オプションは、Zoom MSIインストーラーおよびZoomデスクトップ バージョン5.9.3以降で動作します。タッチ コントロール オプションは、Zoomウェブ バージョンでは使用できません。

トップに戻る

3.Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法

Dell Peripheral Managerを使用すると、Dellアクティブ ペン、Dellワイヤレス キーボード、マウス、スピーカーなどの追加デバイスをペアリングできます。

設定に応じて、表示パネルで+記号をタッチまたはクリックします。新しいデバイスを接続するためのダイアログ ボックスが表示されます。目的のデバイスを選択します(図4を参照)。

DPMの[Add a new device]画面
図4:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

メモ: 選択したら、画面の指示に従います。

トップに戻る

4.Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

Unpair]をクリックすると、[Unpair Device]ダイアログ ボックスが表示されます(図5を参照)。

Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
図5:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除(英語のみ)

注意:ペアリング解除後、デバイスは使用できなくなります。入力デバイスと再度ペアリングするには、追加のデバイスが必要になります。例えば、バックアップ マウス、またはタッチ スクリーンやトラックパッドなどの他のデバイスが使用可能であることを確認します。

接続されているDell製デバイスがない場合は、図7に示すようなDell Peripheral Managerウィンドウが表示されます。

Dell Peripheral Managerの[No device found]画面
図7:Dell Peripheral Managerの[No Device Found](英語のみ)

トップに戻る

5.Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

ソフトウェア アップデート機能は、以下のアップグレードに使用されます。

  • ペアリングされたデバイスのファームウェア
  • Dell Peripheral Managerアプリケーション自体

オプションが表示されたら、[Update Available]をタッチまたはクリックして、利用可能なアップデートのリストを表示します(図8を参照)。

Peripheral Managerのソフトウェア アップデート
図8:Peripheral Managerのソフトウェアまたはファームウェア アップデート(英語のみ)

注:RFデバイスのソフトウェア アップデートには、アクティブ ユーザーの入力が必要です。画面の指示に従ってファームウェア アップデートを開始する必要があります図9を参照)。

Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート
図9:Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート(英語のみ)

ファームウェア アップデートに関する注意

  • ファームウェア アップデート中に、デバイスまたはドングルを切断しないでください。
  • ファームウェア アップデート中は、コンピューターを再起動またはシャットダウンしたり、スリープまたは休止状態に設定したりしないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、複数のドングルを接続しないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、同じモデルのデバイスを複数接続しないでください。一度に1台のデバイスのファームウェア アップデートだけを行うことを推奨します。
  • ファームウェア アップデートを開始する前に、Windowsを最新バージョンにアップデートして、OS関連の修正をすべて取得します。
  • 指示に従って、RF接続のファームウェア アップデートを開始します。
  • ファームウェア アップデートが完了するまでに最大10分かかる場合があります。ファームウェア アップデート中は、電源に接続し、デバイスをドングルの近くに置いておくと、ファームウェア アップデートを高速に行うことができます。
  • ファームウェア アップデートでは、コンピューターを必ずインターネットに接続してください。
メモ: 企業のファイアウォールが、ファームウェアの自動アップデートをブロックすることがあります。

トップに戻る

6.よくある質問とトラブルシューティング手順

ワイヤレス マウスの一般的な使用方法とトラブルシューティング

現象:マウス ボタンが作動しない。

考えられる原因は次のとおりです。

  • チャネルが誤って変更されている可能性があります(RFからBluetoothなど)。正しい接続チャネルに接続します。
  • ボタンを押したままデバイスを切断すると、オペレーティング システムはボタン/キーを解放することができません。さらに、Bluetoothでは、デバイスを再接続しても、ボタンは放されません。
  • マウスがオンになっていることを確認します。

マウスの詳細とトラブルシューティングについては、Dellナレッジベース記事:「マウスの使用方法とトラブルシューティング ガイド」を参照してください。

ワイヤレス キーボードの一般的な使用方法とトラブルシューティング

  • チャネルが誤って変更されている可能性があります(RFからBluetoothなど)。正しい接続チャネルに接続します。
  • ボタンを押したままデバイスを切断すると、オペレーティング システムはボタン/キーを解放することができません。さらに、Bluetoothでは、デバイスを再接続しても、ボタンは放されません。
  • キーボードがオンになっていることを確認します。

キーボードとトラブルシューティングの詳細については、Dellナレッジベース記事「キーボードの使用方法とトラブルシューティングガイド」を参照してください。

トップに戻る

7.デバイス ステータスの確認

Device Status]で、次の詳細を表示することができます。

Dell Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス画面で、[Device Status]を選択します(図10を参照)。

キーボードのデバイス ステータス
図10:デバイス ステータスの確認(英語のみ)

表11:図10:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 バッテリー持続時間と接続性インジケーター
キャプション2 Bluetoothペアリング履歴
メモ: RF接続性インジケーターの上にマウス ポインターをかざすと、USBレシーバーのバージョンが表示されます。

トップに戻る

目次:

  1. Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法
  2. Dell Peripheral Managerを初めて起動してDellアクティブ ペンをペアリングする方法
  3. Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス
  4. Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法
  5. Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
  6. Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

1.Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法

メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアがまだインストールされていない場合は、最初にソフトウェアを手動でインストールする必要があります(Dell製アクティブ ペンのペアリング プロセスは他のデバイスとは異なるため、自動的にインストールされません)。Dell Peripheral Managerソフトウェアがすでにインストールされている場合は、「Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法」セクションに移動します。
  1. Dell Peripheral Managerソフトウェアを手動でダウンロードしてインストールするには、次の手順を実行します。

    1. Dell Peripheral Managerのダウンロード ページにアクセスします。

    2. 「Download(ダウンロード)」をタッチまたはクリックします。

      メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアは、Windows 11およびWindows 10(64ビット)とのみ互換性があります。
    3. お使いのブラウザーに応じて、さまざまなオプションが表示されます。次の手順は、Chromeブラウザーを使用した場合のオプションです

    4. Dell Peripheral Managerをダウンロードしたら、画面の下に表示されているファイルをタッチまたはクリックして、インストール プロセスを開始し、画面の指示に従ってください。

トップに戻る

2.Dell Peripheral Managerを初めて起動してDellアクティブ ペンをペアリングする方法

初めてDell Peripheral Managerを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. WindowsWindowsキー)キーを押しながらqキーを押します。

  2. 前面メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

  3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

  4. タッチペン アイコンをクリックします(図1を参照)。

    DPMのタッチペンのペアリング画面
    図1:タッチペンのペアリング画面(英語のみ)

    メモ: ペアリング画面が自動的に開かない場合は、表示パネルで+記号または[表示パネルで]をタッチまたはクリックします。
  5. 適切なアイコンを選択した後、画面にペン先を押し当てると、特別なウィンドウがアクティブになり、デバイスのペアリングが可能になります。そこでペアリングを確定します(図2を参照)。

    DPMの[Pair your pen]画面
    図2:タッチペンのペアリング(英語のみ)

トップに戻る

3.Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス

メモ: Dell Peripheral Managerの最新リビジョンでは、ライト ユーザー インターフェイスに代わるダーク ユーザー インターフェイスがサポートされています。

チップとチルトの感度

Dellアクティブ ペンには、圧力(チップ)と角度(チルト)検出機能があります。これらの設定は、それぞれのDell Peripheral Managerパネルのスライダー バーを使用して調整できます(図3を参照)。

DPMの[Tip/Tilt Sensitivity]画面
図3:Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス画面(英語のみ)

Microsoft Whiteboardなどのアプリケーションがサポートされています(感度設定は、画面に適用されるペン先の圧力と角度に基づいて筆幅が異なります)(図4を参照)。

DPMの[Tip/Tilt Sensitivity]画面
図4:Peripheral Managerソフトウェアの筆幅の例

バレル ボタン

Dellアクティブ ペンの円柱状の本体に沿ったボタンは、「バレル ボタン」 と呼ばれます。 これらのボタンにアクションを割り当てるには、ペン プレビューの各領域をクリックします(図5のオレンジ色で囲まれた部分を参照)。

DPMのバレル ボタン
図5:バレル ボタンの位置

ボタンをクリックすると、[Assignable Actions]メニューが表示されます。次のオプションのリストを参照してください。

  • ホバーでクリック
  • 無効
  • 左クリック
  • 中央クリック
  • 右クリック
  • キーストローク
  • 4回目のクリック
  • 5回目
  • 開くまたは実行
  • 消去
  • バレルボタン
  • 戻る
  • 進む
  • アプリケーション切り替え
  • ラジアル メニュー
  • コピー
  • 貼り付け
  • 取り消し
  • やり直し
  • Page up
  • Page down
  • OneNote
  • ウェブブラウザ
  • Eメール
  • 再生または一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラック
  • ボリュームアップ
  • ボリュームダウン
  • ミュート
  • Windows検索
メモ: ドロップダウン リストのオレンジ色のドットは、割り当てられたアクションを示します。
メモ: 特に注意すべき点は、「 ホバーでクリック」オプションです。このオプションを使用すると、ペン先を画面に近づけるだけで割り当てられたアクションが実行されます。

ラジアル メニュー

ラジアル メニューは、いずれかのバレル ボタンに割り当てることができる特別なアクションです。複数のアクションを一度に構成できます(図6を参照)。

DPMのラジアル メニュー
図6:ラジアル メニュー画面

バレル ボタンを押すと、カスタマイズされたピンホイールが表示されます。選択されている領域は、ラベル付けされたアクションを実行します(図7を参照)。

DPM radial menu example.jpg
図7:ラジアル メニューの例

トップに戻る

4.Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法

Dell Peripheral Managerを使用すると、Dellアクティブ ペン、Dellワイヤレス キーボード、マウス、スピーカーなどの追加デバイスをペアリングできます。

設定に応じて、表示パネルで+記号をタッチまたはクリックします。新しいデバイスを接続するためのダイアログ ボックスが表示されます。目的のデバイスを選択します(図8を参照)。

DPMの[Add a new device]画面
図8:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

メモ: 選択したら、画面の指示に従います。

トップに戻る

5.Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

Unpair]をクリックすると、[Unpair Device]ダイアログ ボックスが表示されます(図9を参照)。

Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
図9:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除(英語のみ)

注意:ペアリング解除後、デバイスは使用できなくなります。例えば、キーボードまたはマウスのペアリングを解除する際には、バックアップ マウス、またはタッチ スクリーンやトラックパッドなどの他のデバイスが使用可能であることを確認します。

接続されているDell製デバイスがない場合は、図10に示すように、Dell Peripheral Managerの[Add a new device]ウィンドウが表示されます。

Dell Peripheral Managerの[No device found]画面
図10:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

トップに戻る

6.Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

ソフトウェア アップデート機能は、以下のアップグレードに使用されます。

  • ペアリングされたデバイスのファームウェア
  • Dell Peripheral Managerアプリケーション自体

オプションが表示されたら、[Update Available]をタッチまたはクリックして、利用可能なアップデートのリストを表示します(図11を参照)。

Peripheral Managerのソフトウェア アップデート
図11:Peripheral Managerソフトウェアまたはファームウェア アップデートの例(英語のみ)

注:RFデバイスのソフトウェア アップデートには、アクティブ ユーザーの入力が必要です。画面の指示に従ってファームウェア アップデートを開始する必要があります(図12を参照)。

Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート
図12:Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート(英語のみ)

ファームウェア アップデートに関する注意

  • ファームウェア アップデート中に、デバイスまたはドングルを切断しないでください。
  • ファームウェア アップデート中は、コンピューターを再起動またはシャットダウンしたり、スリープまたは休止状態に設定したりしないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、複数のドングルを接続しないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、同じモデルのデバイスを複数接続しないでください。一度に1台のデバイスのファームウェア アップデートだけを行うことを推奨します。
  • ファームウェア アップデートを開始する前に、Windowsを最新バージョンにアップデートして、OS関連の修正をすべて取得します。
  • 指示に従って、RF接続のファームウェア アップデートを開始します。
  • ファームウェア アップデートが完了するまでに最大10分かかる場合があります。ファームウェア アップデート中は、電源に接続し、デバイスをドングルの近くに置いておくと、ファームウェア アップデートを高速に行うことができます。
  • ファームウェア アップデートでは、コンピューターを必ずインターネットに接続してください。
メモ: 企業のファイアウォールが、ファームウェアの自動アップデートをブロックすることがあります。

トップに戻る

目次:

  1. Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法
  2. Dell Peripheral Managerを初めて起動してDellスピーカーフォンまたはSlim Conferencing Soundbarをペアリングする方法
  3. Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス
  4. Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法
  5. Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
  6. Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

1.Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法

メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアがまだインストールされていない場合は、最初にソフトウェアを手動でインストールする必要がありますDellスピーカーフォンまたはスリム会議サウンドバーのペアリング プロセスは、他のデバイスとは異なるため、自動的にインストールされません。Dell Peripheral Managerソフトウェアがすでにインストールされている場合は、「Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法」セクションに移動します。
  1. Dell Peripheral Managerソフトウェアを手動でダウンロードしてインストールするには、次の手順を実行します。

    1. Dell Peripheral Managerのダウンロード ページにアクセスします。

    2. 「Download(ダウンロード)」をタッチまたはクリックします。

      メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアは、Windows 11およびWindows 10(64ビット)とのみ互換性があります。
    3. お使いのブラウザーに応じて、さまざまなオプションが表示されます。次の手順は、Chromeブラウザーを使用した場合のオプションです

    4. Dell Peripheral Managerをダウンロードしたら、画面の下に表示されているファイルをタッチまたはクリックして、インストール プロセスを開始し、画面の指示に従ってください。

トップに戻る

2.Dell Peripheral Managerを初めて起動してDellスピーカーフォンまたはSlim Conferencing Soundbarをペアリングする方法

初めてDell Peripheral Managerを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. WindowsWindowsキー)キーを押しながらqキーを押します。

  2. 前面メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

  3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

  4. スピーカー アイコンをクリックします(図1を参照)。

    Dell Peripheral Managerの[No device found]画面
    図1:スピーカーのペアリング画面(英語のみ)

    メモ: ペアリング画面が自動的に開かない場合は、表示パネルで+記号または[表示パネルで]をタッチまたはクリックします。
  5. 適切なアイコンを選択した後、画面の指示に従います。

トップに戻る

3.Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス

メモ: Dell Peripheral Managerの最新リビジョンでは、ライト ユーザー インターフェイスに代わるダーク ユーザー インターフェイスがサポートされています。

[Speaker Preset]

[Default]、[Speech]、[Treble Boost]、および[Bass Boost]のスピーカー プリセット モードから選択できます。これは、Dell Peripheral Managerでサポートされているスピーカーフォンまたはサウンドバーで、スピーチ、低音、または高音をそれぞれ強化する必要があるかどうかによって異なります(図2を参照)。

DPMの[Speaker Preset]画面
図2: Dell Peripheral Managerの[Speaker Preset](英語のみ)

[Audio Settings]

スピーカーフォンまたはサウンドバーの設定は、[Audio Settings]セクションで表示または変更できます。[Audio Equalizer]下にあるスライダーを動かして、目的のオーディオ レンジを選択することで、低音、中音、および高音のレベルを変更できます。マイクの[Intelligent Noise Cancellation]機能をオンにして、周囲の雑音を取り除き、音声がはっきりと聞こえるようにします(図3を参照)。

サウンドは、ボリュームがレベルごとに調整されている場合、または[Volume Adjustment Tone]設定が最小および最大レベルの場合にのみ再生できます。

DPMの[Audio Settings]画面
図3:Dell Peripheral Managerの[Audio Settings](英語のみ)

表12:図3:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 [Audio Equalizer]
キャプション2 [Intelligent Mic Noise Cancellation]
キャプション3 [Volume Adjustment Tone]

[Sounds and Notifications]

マイクのミュートまたはミュート解除時にサウンドを再生するには、[Sounds and Notifications]の下にある[Microphone Mute Sound]の通知をオンにします(図4を参照)。

[Sounds & Notifications]
図4:[Microphone Mute Sound](英語のみ)

表13:図4:コールアウト
青いドットは上記の図を参照:
青いドット マイクの音声のミュート

その他の情報

選択 デフォルトにリセット オーディオ デバイスのユーザー インターフェイスで、デフォルト設定を復元します。イコライザー、インテリジェント マイク ノイズ抑制、およびボリューム レベルに関連する設定。

お使いのDellオーディオ デバイスには、ハードウェア ボタンも搭載されています。デバイスのユーザー インターフェイスでボタンの上にカーソルを合わせると、各ボタンで使用できるアプリケーションを確認できます。一般的なアプリケーションには、Microsoft Teams、Zoom、Google Meetなどがあります(図5を参照)。

スピーカーフォン
図5:スピーカーフォンのオプション(英語のみ)

表14:図5:コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 デフォルトにリセット
キャプション2 ハードウェア ボタンと互換性のあるアプリケーション(ホバー有効)

トップに戻る

4.Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法

Dell Peripheral Managerを使用すると、Dellアクティブ ペン、Dellワイヤレス キーボード、マウス、スピーカーなどの追加デバイスをペアリングできます。

設定に応じて、表示パネルで+記号をタッチまたはクリックします。新しいデバイスを接続するためのダイアログ ボックスが表示されます。目的のデバイスを選択します(図6を参照)。

DPMの[Add a new device]画面
図6:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

メモ: 選択したら、画面の指示に従います。

トップに戻る

5.Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

Unpair]をクリックすると、[Unpair Device]ダイアログ ボックスが表示されます(図7を参照)。

Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
図7:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除(英語のみ)

注意:ペアリング解除後、デバイスは使用できなくなります。例えば、キーボードまたはマウスのペアリングを解除する際には、バックアップ マウス、またはタッチ スクリーンやトラックパッドなどの他のデバイスが使用可能であることを確認します。

接続されているDell製デバイスがない場合は、図8に示すようなDell Peripheral Managerウィンドウが表示されます。

Dell Peripheral Managerの[No Device Found]
図8:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

トップに戻る

6.Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

ソフトウェア アップデート機能は、以下のアップグレードに使用されます。

  • ペアリングされたデバイスのファームウェア
  • Dell Peripheral Managerアプリケーション自体

オプションが表示されたら、[Update Available]をタッチまたはクリックして、利用可能なアップデートのリストを表示します(図9を参照)。

Peripheral Managerのソフトウェア アップデート
図9:Peripheral Managerソフトウェアまたはファームウェア アップデートの例(英語のみ)

注:RFデバイスのソフトウェア アップデートには、アクティブ ユーザーの入力が必要です。画面の指示に従ってファームウェア アップデートを開始する必要があります(図10を参照)。

Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート
図10:Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート(英語のみ)

ファームウェア アップデートに関する注意

  • ファームウェア アップデート中に、デバイスまたはドングルを切断しないでください。
  • ファームウェア アップデート中は、コンピューターを再起動またはシャットダウンしたり、スリープまたは休止状態に設定したりしないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、複数のドングルを接続しないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、同じモデルのデバイスを複数接続しないでください。一度に1台のデバイスのファームウェア アップデートだけを行うことを推奨します。
  • ファームウェア アップデートを開始する前に、Windowsを最新バージョンにアップデートして、OS関連の修正をすべて取得します。
  • 指示に従って、RF接続のファームウェア アップデートを開始します。
  • ファームウェア アップデートが完了するまでに最大10分かかる場合があります。ファームウェア アップデート中は、電源に接続し、デバイスをドングルの近くに置いておくと、ファームウェア アップデートを高速に行うことができます。
  • ファームウェア アップデートでは、コンピューターを必ずインターネットに接続してください。
メモ: 企業のファイアウォールが、ファームウェアの自動アップデートをブロックすることがあります。

トップに戻る

目次:

  1. Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法
  2. Dell Peripheral Managerを初めて起動してヘッドセットをペアリングする方法
  3. Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス
  4. Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法
  5. Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
  6. Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

1.Dell Peripheral Managerのダウンロード方法とインストール方法

  1. Dell Peripheral Managerソフトウェアを手動でダウンロードしてインストールするには、次の手順を実行します。

    1. Dell Peripheral Managerのダウンロード ページにアクセスします。

    2. 「Download(ダウンロード)」をタッチまたはクリックします。

      メモ: Dell Peripheral Managerソフトウェアは、Windows 11およびWindows 10(64ビット)とのみ互換性があります。
    3. お使いのブラウザーに応じて、さまざまなオプションが表示されます。次の手順は、Chromeブラウザーを使用した場合のオプションです

    4. Dell Peripheral Managerをダウンロードしたら、画面の下に表示されているファイルをタッチまたはクリックして、インストール プロセスを開始し、画面の指示に従ってください。

トップに戻る

2.Dell Peripheral Managerを初めて起動してヘッドセットをペアリングする方法

初めてDell Peripheral Managerを使用する場合は、次の手順に従います。

  1. WindowsWindowsキー)キーを押しながらqキーを押します。

  2. 前面メニューの検索ボックスに「peripheral manager」と入力します。

  3. 検索結果リストで、[Dell Peripheral Manager(アプリ)]をタッチまたはクリックします。

  4. ヘッドセット アイコンをクリックします(図1を参照)。

    ヘッドセットの[no device found]
    図1:ヘッドセットのペアリング画面(英語のみ)

    メモ: ペアリング画面が自動的に開かない場合は、表示パネルで+記号または[表示パネルで]をタッチまたはクリックします。
  5. 適切なアイコンを選択した後、画面の指示に従います。

トップに戻る

3.Peripheral Managerソフトウェアのユーザー インターフェイス

メモ: Dell Peripheral Managerの最新リビジョンでは、ライト ユーザー インターフェイスに代わるダーク ユーザー インターフェイスがサポートされています。

[Audio Settings]

[Audio Settings]の下で、モードとして保存されているヘッドセット設定を表示または変更することができます(図2を参照)。

[Audio Settings]
図2: Dell Peripheral Managerのヘッドセットの[Audio Settings](英語のみ)

アクティブ ノイズ キャンセリング

  • アクティブ ノイズ キャンセリング機能をオンにして、バックグラウンドと周囲のノイズを除去します。
  • 透明度を調整して、聞こえる周囲の音のレベルを制御します。

[Audio Settings]
図3:[Audio Settings]

コラボレーション

マイクのインテリジェント ノイズ キャンセリング機能をオンにして、バックグラウンド ノイズを除去し、音声がはっきりと聞こえるようにします( 図4を参照)。

サイドトーン スライダーを調整して、通話中に自分の声を聞く量を制御します( 図4を参照)。

メモ: これらの機能は通話モードでのみ使用できます。

[Collaboration]設定
図4:Dell Peripheral Managerの[Collaboration]設定(英語のみ)

一部のヘッドセットには、ノイズ キャンセリングをカスタマイズする高度な機能があります。

  • インテリジェント マイクロフォンの発信オーディオ ノイズ キャンセリング機能をオンにすると、近端のマイク ノイズが抑えられ、通話相手のオーディオ体験を向上させることができます。
  • 遠端のマイク ノイズを制限して、他の人により良いオーディオ体験を提供するインテリジェント マイク着信オーディオ ノイズ キャンセリング機能をオンにします。
    Dell Peripheral Managerのコラボレーション設定
表15:図4 コールアウト
番号については上記の図を参照:
キャプション1 マイク ノイズ キャンセル
キャプション2 サイドトーン

マルチメディア

必要なサウンドに応じて、デフォルト、低音ブースト、スピーチブースト、トレブルブースト、およびカスタムのスピーカープリセットモードから選択できます( 図5を参照)。

[Audio Equalizer]でスライダーを動かして目的のオーディオ範囲を実現することで、低音、中音、および高音のレベルを変更できます( 図5を参照)。

メモ: この機能は、音楽モードでのみ使用できます。これは、包括的(アイドル)モードとコール モードで無効になります。

マルチメディア設定
図5:Dell Peripheral Managerのマルチメディア設定(英語のみ)

表16:図5 吹き出し
番号については上記の図を参照:
キャプション1 オーディオ出力のプリセット
キャプション2 [Audio Equalizer]

自動化されたアクション

摩耗検出

装着検出をオンにすると、ヘッドセットを外したときに自動アクションを有効にできます。

  • 音楽の一時停止機能をオンにすると、音楽を外すと自動的に再生が一時停止され、再び装着すると再生が再開されます。
  • マイクの音楽をミュートする機能をオンにすると、ヘッドセットが取り外されたときにマイクが自動的にミュートされます。
  • クイックポーズをオンにすると、イヤーカップを耳から離したときに音楽が自動的に一時停止されます。この機能の感度は、[Normal]または[Sensitive]に設定できます。

自動化されたアクション
図6 自動アクション

Device Settings(デバイス設定)

通話中にビジー ライト機能をオンにして、インジケーター ライトを有効にします( 図7を参照)。

音声ガイダンス機能をオンにして、デバイス機能のオーディオ プロンプトとお知らせを聞きます( 図7を参照)。

  • Full(完全): 音声プロンプトのフル セット
  • 「最小」: 基本的な音声プロンプトのみ

 

Device Settings(デバイス設定)
図7:Dell Peripheral Managerの[Device Settings](英語のみ)

表17:図7 吹き出し
番号については上記の図を参照:
キャプション1 ビジー ライト
キャプション2 音声ガイダンス

その他の情報

オーディオデバイスのユーザーインターフェイスで「デフォルトにリセット」を選択すると、コラボレーションモードとマルチメディアモードに関連するデフォルト設定を復元できます。

トップに戻る

4.Dell Peripheral Managerで他のデバイスとペアリングする方法

Dell Peripheral Managerを使用すると、Dellアクティブ ペン、Dellワイヤレス キーボード、マウス、スピーカー、ヘッドセットなどの追加デバイスをペアリングできます。

設定に応じて、表示パネルで+記号をタッチまたはクリックします。新しいデバイスを接続するためのダイアログ ボックスが表示されます。目的のデバイスを選択します(図8を参照)。

DPMの[Add a new device]画面
図8:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

メモ: 選択したら、画面の指示に従います。

トップに戻る

5.Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除

Unpair]をクリックすると、[Unpair Device]ダイアログ ボックスが表示されます(図9を参照)。

Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除
図9:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング解除(英語のみ)

注意:ペアリング解除後、デバイスは使用できなくなります。例えば、キーボードまたはマウスのペアリングを解除する際には、バックアップ マウス、またはタッチ スクリーンやトラックパッドなどの他のデバイスが使用可能であることを確認します。

接続されているDellデバイスがない場合は、 図10に示すようにDell Peripheral Managerウィンドウが表示されます。

ヘッドセットの[no device found]
図10:Dell Peripheral Managerのデバイスのペアリング(英語のみ)

トップに戻る

6.Dell Peripheral Managerのソフトウェアおよびファームウェア アップデート

ソフトウェア アップデート機能は、以下のアップグレードに使用されます。

  • ペアリングされたデバイスのファームウェア
  • Dell Peripheral Managerアプリケーション自体

オプションが表示されたら、[Update Available]をタッチまたはクリックして、利用可能なアップデートのリストを表示します(図11を参照)。

Peripheral Managerのソフトウェア アップデート
図11:Peripheral Managerソフトウェアまたはファームウェア アップデートの例(英語のみ)

注:RFデバイスのソフトウェア アップデートには、アクティブ ユーザーの入力が必要です。画面の指示に従ってファームウェア アップデートを開始する必要があります(図12を参照)。

Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート
図12:Peripheral ManagerのRFデバイスのソフトウェア アップデート(英語のみ)

ファームウェア アップデートに関する注意

  • ファームウェア アップデート中に、デバイスまたはドングルを切断しないでください。
  • ファームウェア アップデート中は、コンピューターを再起動またはシャットダウンしたり、スリープまたは休止状態に設定したりしないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、複数のドングルを接続しないでください。
  • ファームウェア アップデートでは、同じモデルのデバイスを複数接続しないでください。一度に1台のデバイスのファームウェア アップデートだけを行うことを推奨します。
  • ファームウェア アップデートを開始する前に、Windowsを最新バージョンにアップデートして、OS関連の修正をすべて取得します。
  • 指示に従って、RF接続のファームウェア アップデートを開始します。
  • ファームウェア アップデートが完了するまでに最大10分かかる場合があります。ファームウェア アップデート中は、電源に接続し、デバイスをドングルの近くに置いておくと、ファームウェア アップデートを高速に行うことができます。
  • ファームウェア アップデートでは、コンピューターを必ずインターネットに接続してください。
メモ: 企業のファイアウォールが、ファームウェアの自動アップデートをブロックすることがあります。

トップに戻る

その他の情報

新世代製品(全機能をサポート)

お使いのデバイスの詳細については、リンクを参照してください。

旧世代製品

(2.4 GHzペアリングのみサポート)

  • Dellワイヤレスキーボード&マウスコンボ - KM714
  • Dellワイヤレス キーボード&マウス - KM636
  • Dellワイヤレス・レーザー・マウス - WM514
  • Dellワイヤレスマウス - WM326
  • Dellワイヤレス マウス - WM126
  • Dell Premierワイヤレス キーボードおよびマウス - KM717
  • Dell Premierワイヤレス マウス - WM527
  • Dell PremierワイヤレスANCヘッドセットWL7024
  • Dell ProワイヤレスANCヘッドセット - WL5024
  • Dell Pro有線ANCヘッドセット - WH5024
  • Dell有線ヘッドセット - WH3024

トップに戻る

USBレシーバー上のロゴや、キーボードやマウスの底面にあるロゴをチェックして、所有しているテクノロジーを確認します。

表15:推奨ソフトウェア

デバイス

Dell Universal Pairingソフトウェア

Dell Peripheral Managerソフトウェア

Dell Secure Link USB Dell Secure Link USB Type-Aレシーバー

(ドングルの色は黒、オレンジ色のリンクあり)

互換性なし

推奨

Dell Peripheral ノートパソコン向けDell Peripheral Managerドングル

(ドングルの色はグレー)

非推奨(「メモ:」を参照)

推奨

Dell Universal ノートパソコン向けDell Universal Pairingドングル

(ドングルの色はブラック)

推奨

動作しません

メモ: Dell Peripheral Managerがインストールされていなければ、Dell Peripheral(グレー)のドングルはDell Universal Pairingソフトウェアで機能します。

リストの該当製品のマニュアル ページを参照してください。[マニュアルおよび文書]セクションで、該当する文書の右側にある[ PDFの表示 ]をタッチまたはクリックします。

メモ: キーボードまたはマウスの底面を見て、パッケージに記載されているモデルを探し、お使いのキーボードまたはマウスのモデルを確認してください。または、デバイス独自のマニュアルを確認することもできます。
メモ: Windows 10には、PDFリーダーが搭載されています。PDFリーダーがインストールされていない場合は、PDFリーダー(Acrobat Reader)をAdobe このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。から無料で入手できます。

トップに戻る

所有しているテクノロジーを最も簡単に確認するには、USBレシーバー上のロゴをチェックします。

表16:識別情報

デバイス

Dell Peripheral Managerソフトウェア

互換性情報

Dell Secure Link USBレシーバーWR3
Dell Secure Link USBレシーバーWR3

(Dell Secure Linkロゴ)

推奨
(KB900、MS900、KM900)

KB900、MS900、KM900のみとの互換性

Dell Universal PairingレシーバーWR221
Dell Universal PairingレシーバーWR221

(Dell Universal Pairingロゴ)

推奨
(KM7321W、MS7421W、KM5221W、MS3320W、MS5120W、MS5320W、KM7120W)

互換性の完全なリストについては、 表17を参照してください。

表17:Dell Universal PairingレシーバーWR221との完全な互換性リスト

デバイス

クイック スタートとユーザー ガイド

Dell Premierマルチデバイス ワイヤレス キーボードおよびマウス - KM7321W

Dell Premierマルチデバイス ワイヤレス キーボードおよびマウス - KM7321W

Dell Premier充電式ワイヤレス マウス - MS7421W

Dell Premier充電式ワイヤレス マウス - MS7421W

Dell Proワイヤレス キーボードおよびマウス - KM5221W

Dell Proワイヤレス キーボードおよびマウス - KM5221W

Dellモバイル ワイヤレス マウス - MS3320W

Dellモバイル ワイヤレス マウス - MS3320W

Dell Mobile Proワイヤレス マウス - MS5120W

Dellトラベル ワイヤレス マウス - MS5120W

Dellマルチ デバイス ワイヤレス マウス - MS5320W

Dellマルチ デバイス ワイヤレス マウス - MS5320W

Dellマルチデバイス ワイヤレス キーボードおよびマウスの組み合わせ - KM7120W

マルチデバイス ワイヤレス キーボードおよびマウスの組み合わせ - KM7120W

Dellワイヤレス キーボードおよびマウス - KM636
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dellワイヤレス キーボード&マウス - KM636

Dellワイヤレス マウス - WM126
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dellワイヤレス マウス - WM126

Dell Premierワイヤレス キーボードおよびマウス - KM717
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dell Premierワイヤレス キーボードおよびマウス - KM717

Dell Premierワイヤレス マウス - WM527
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dell Premierワイヤレス マウス - WM527

Dellワイヤレス レーザー マウス - WM514
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dellワイヤレス・レーザー・マウス - WM514

Dellワイヤレス マウス - WM326
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dellワイヤレスマウス - WM326

Dell Premierワイヤレス キーボード - WK717
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dell Premierワイヤレス キーボード - WK717

Dellワイヤレス キーボードおよびマウス - KM714
(Dell Universal Pairingのみをサポート。Dell Peripheral Managerはサポートされていません)

Dellワイヤレスキーボード&マウスコンボ - KM714

Dell Peripheral Managerのインストールまたは使用中にエラー メッセージが表示される場合があります(例として図1を参照)。

Dell Peripheral Managerエラー メッセージ
図1:Dell Peripheral Managerエラー メッセージの例

以下の表でエラーを見つけ、エラーがリストされている表の上に記載されている手順を実行します。

Dell Peripheral Managerエラー コード

Dell Peripheral Managerのインストールまたは使用中にエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。

メモ: 特定のエラーの詳細については、表18を参照してください。
  1. コンピューターに十分なリソースがあることを確認します。(例:メモリー、ハード ディスク領域など)。

    メモ: Dell Peripheral Managerには、最大250 MBのメモリー領域が必要です。
  2. ウイルス対策ソフトウェアがDell Peripheral Managerコンポーネントをブロックしないようにします。

  3. コンピューターを再起動します

  4. Dell Peripheral Managerソフトウェアをアンインストールして再インストールすると、一部のファイルが破損する可能性がなくなります。

表18:Dell Peripheral Managerエラー コード

エラー コード

名前

説明

考えられる理由

256

ErrorSecurity

セキュリティ エラー

デジタル署名のチェックに失敗しました。ファイルが破損しているか、署名されていません。

257

ErrorDeviceManagerInstance

デバイス マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しています。インストールが正常に完了しませんでした。

258

ErrorDeviceManagerStart

DPeMデバイス マネージャーの起動に失敗しました

ファイルが破損しています。インストールが正常に完了しませんでした。

259

ErrorMetaDataManagerInstance

メタデータ マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しています。インストールが正常に完了しませんでした。

260

ErrorMetaDataManagerStart

メタデータ マネージャーの起動に失敗しました

メタデータが破損しているか、存在していません。

261

ErrorPluginManagerInstance

プラグイン マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

262

ErrorPluginManagerStart

プラグイン マネージャーの起動に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

263

ErrorProfileManagerInstance

プロファイル マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

264

ErrorProfileManagerStart

プロファイル マネージャーの起動に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

265

ErrorSessionManagerInstance

セッション マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

266

ErrorSessionManagerStart

セッション マネージャーの起動に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

267

ErrorDriverNotInstalled

DPeMドライバーがインストールされていません。

DPeMドライバーのインストールに失敗しました

268

ErrorUpdateManagerInstance

アップデート マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

269

ErrorUpdateManagerStart

マネージャーのアップデートの開始に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

270

ErrorVirtualCompositeDeviceStart

仮想複合デバイスの起動に失敗しました

ドライバーが正しくインストールされていないか、破損しています。

271

ErrorAppSettingsManagerInstance

設定マネージャーのインスタンス化に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

272

ErrorAppSettingsManagerStart

設定マネージャーの起動に失敗しました

ファイルが破損しているか、見つかりません。

273

ErrorAnalyticManagerInstance

分析マネージャーのインスタンス化に失敗しました

テレメトリー関連のファイルが見つからないか、破損しています。

274

ErrorAnalyticManagerStart

分析マネージャーの起動に失敗しました

テレメトリー関連のファイルが見つからないか、破損しています。

Dell Peripheral Managerアップデート関連のエラー コード

Dell Peripheral Managerまたはデバイス ファームウェアのアップデート中にエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。

メモ: 特定のエラーの詳細については、表19を参照してください。
  1. https://dpmupdates.indilogic.com/updates/v2/MetaData.jsonこのハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照して、コンピューターがテストURLにアクセスできるかどうかを確認します。

  2. Windowsネットワーク トラブルシューティング ツールを実行します。 このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。 

  3. コンピューターにインストールされているSupportAssistアプリケーションで[Optimize Network]を実行します。お使いのコンピューターでSupportAssistが使用できない場合は、次の手順に進みます。

  4. ネットワーク アダプターでSupportAssist診断を実行します。

表19:Dell Peripheral Managerアップデート関連のエラー コード

エラー コード

エラーの説明

1

ErrorUrl

2

ErrorDestination

3

ErrorNetwork

4

ErrorTimeOut

21

ConnectionRefusedError

22

RemoteHostClosedError

23

HostNotFoundError

24

TimeoutError

25

OperationCanceledError

26

SslHandshakeFailedError

27

TemporaryNetworkFailureError

28

NetworkSessionFailedError

29

BackgroundRequestNotAllowedError

30

TooManyRedirectsError

31

InsecureRedirectError

121

ProxyConnectionRefusedError

122

EProxyConnectionClosedError

123

ProxyNotFoundError

124

ProxyTimeoutError

125

ProxyAuthenticationRequiredError

221

ContentAccessDenied

222

ContentOperationNotPermittedError

223

ContentNotFoundError

224

AuthenticationRequiredError

225

ContentReSendError

226

ContentConflictError

227

ContentGoneError

321

ProtocolUnknownError

322

ProtocolInvalidOperationError

419

ProtocolFailure

421

InternalServerError

422

OperationNotImplementedError

423

ServiceUnavailableError

Dell Peripheral Managerアップデート関連のエラー コード(原因不明)

Dell Peripheral Managerまたはデバイス ファームウェアのアップデート中にエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。

メモ: 特定のエラーの詳細については、表20を参照してください。
  1. https://dpmupdates.indilogic.com/updates/v2/MetaData.jsonこのハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照して、コンピューターがテストURLにアクセスできるかどうかを確認します。

  2. Windowsネットワーク トラブルシューティング ツール このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を実行します。

  3. コンピューターにインストールされているSupportAssistアプリケーションで[Optimize Network]を実行します。お使いのコンピューターでSupportAssistが使用できない場合は、次の手順に進みます。

  4. ネットワーク アダプターでSupportAssist診断を実行します。

  5. CtrlAltキーを押したまま、Deleteキーを押します。

  6. タスク マネージャー]を選択します。

  7. 詳細]を選択します(まだ選択されていない場合)。

  8. サービス]タブを選択します。

  9. DPMService](Dell Peripheral Manager Service)を右クリックして、[再起動]を選択します。

  10. [タスク マネージャー]ウィンドウを閉じて、アップデートを再試行します。

表20:Dell Peripheral Managerアップデート関連のエラー コード(原因不明)

エラー コード

エラーの説明

119

UnknownNetworkError

219

UnknownProxyError

319

UnknownContentError

519

UnknownServerError

推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。

文書のプロパティ


影響を受ける製品
Dell Active Pen - PN5122W, Dell Premier Rechargeable Active Pen - PN7522W, Dell Bluetooth Travel Mouse MS700, Dell Premier Collaboration Keyboard - KB900, Dell Premier Collaboration Keyboard and Mouse – KM900, Dell Laser Wired Mouse MS3220 , Dell Mobile Pro Wireless Mouse MS5120W, Dell Mobile Wireless Mouse MS3320W, Dell Premier Rechargeable Mouse - MS900, Dell Multi-Device Wireless Keyboard and Mouse Combo KM7120W, Dell Multi Device Wireless Mouse MS5320W, Dell Peripheral Manager, Dell Premier Multi Device Wireless Keyboard and Mouse KM7321W, Dell Premier Rechargeable Wireless Mouse MS7421W, Dell Premier Wireless Keyboard and Mouse KM717, Dell Premier Wireless Mouse WM527, Dell Pro Webcam WB5023, Dell Pro Wireless Keyboard and Mouse KM5221W, Dell Slim Conferencing Soundbar - SB522A, Dell Speakerphone - SP3022, Dell Webcam WB3023, Dell Webcam WB7022, Dell Wired Headset – WH3024, Dell Pro Wired ANC Headset - WH5024, Dell Wireless Keyboard and Mouse- KM636 (black), Dell Wireless Keyboard & Mouse KM714, Dell Wireless Laser Mouse WM514, Dell Wireless Mouse WM126, Dell Wireless Mouse WM326, Dell Wireless Headset - WL3024, Dell Pro Wireless ANC Headset - WL5024, Dell Premier Wireless ANC Headset - WL7024, Dell P2424HEB, Dell P2724DEB, Dell P3424WEB, Dell U3223QZ, Dell U3224KB ...
製品

Dell U3224KB

最後に公開された日付

02 4月 2024

バージョン

60

文書の種類

How To